誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    夢小説

夢小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「夢小説」のブログを一覧表示!「夢小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「夢小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「夢小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『平良、落ち着かないわね。ご飯の時くらい携帯切りなさい!!』『だって…』絶えず鳴り響く携帯電話。あ〜もー!!!なるべく3コール以内にでてはいたけど、もう限界…。途中から携帯を枕に沈めて机にう ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

次の日の昼休み、折れた携帯を見つめながら中庭で寝転がっていた。『可愛そうなケータイくん。。ファーストキスが勝己ならよかったのに…』家が隣通しの幼馴染みでよく遊んだりしてた。小さい頃からずっと好きだった、私の ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

『みんな♪ありがとうございましたっ!!』CDも何枚か売れたし、上々上々♪『さぁて帰るか♪あっ、バッティングセンター行こうかな〜勝己起きてるかな〜電話しちゃえ!!』いつものように路上で歌った帰りに、商店街を歩 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

作品完成(*≧∀≦*)キミコイ。菊地龍也編♪最初っから読まないとわからないかも…もはやオリキャラ笑 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

いつもより嵐の手に力が込められていた。『っ…!』『嵐…痛いよ…』嵐がキスをしてきて耳元で言った。『ジャンはオマエが好きみたいだ…生まれてはじめて嫉妬した。オレはずっとオマエがマネージャーになるっ ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

『一本!!』会場が歓声に包まれた。一流体育大学に進学した嵐は日本代表として世界大会にまででる選手になっていた。『嵐さんマジパネェよ!!』とか言いながら号泣しているジュンを横に私もつられて泣いていた。 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

ときめきメモリアルgirls side story
ずっとまえに書きためていた嵐さんその後〜バージョンです!いろんな視点から書いてます!! ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

結城さんに抱き締められているボロボロの私を見るなり、和真の顔が怒りに変わった。『てめぇ!!平良に触ってんじゃねぇ!!』『和真違うの!!この人はっ…』殴りかかりそうな和真を珪さんがとめた。『落ち着 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

風間平良を襲った日から、菊地の様子がおかしくなった。あの女がつけていたチョーカーを肌身放さず持っていたし、たまにぼんやりそれを見ている時もあった。毎日とっかえひっかえだった女もあしらうようになったし、私のマンションに ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

機械の音が鳴り響く。今日は葉月が撮影でいないから、平良とルイさんと三人で店を回していた。『いらっしゃいませ!!』若い二人組の男が店に入ってきた。『何かお探しですか?』気にしすぎなのか…。 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

逃げれない…。『中だしok?』『好きにすれば?』さっきの金髪の人が私に近づいてくる。冷たく、つり上がった瞳。『来ないで!!来ないで!!』彼は着ていた上着を脱いで私にかけると、優しく抱き締めて ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

『カンパァイ!!』絆も一歳をすぎて、授乳も終えた平良は初めてのお酒の味に酔いしれていた。『平良大丈夫か?飲みやすい酒は足にくる。って聞いてんのか!?』平良はグイグイ飲んでるし…後で苦しむな。 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

相手を許す…本当にそんなことが出来るのだろうか。吹雪さんは唯さんと乗り越えたんだ。だけど、和真は自分を責めるんじゃ…小さな吐息をたてながら眠っている絆を抱き締めた。…ー翌朝私は絆を連 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

夏の大会の幕が下ろされた。『平良ちゃん!!』準決勝の日、暫く入院していた平良が球場に来ていた。車イスを竜子さんにおされていた。昔と変わらないあの笑顔で、ニコニコ笑っていた。『ずっと来れなくて ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

『よっ♪久しぶり!!』絆の一歳の誕生日のクリスマスが近づいてきた頃、絆の服やプレゼントを見ていると後ろからカラッとした声がした。『ふっ、吹雪さん!!』ニット帽にダウンのジャケットにサルエルパンツ。 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

和真の仕事を手伝うようになって一ヶ月。仕事っていっても、売上書をまとめたり、発注したり、申請書を作ったりってゆう事務的な仕事だけど。すごく好き。こうゆう単純作業だけど、遣り甲斐があって、和真の役に立ててるっ ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

あれから一年の時が流れた。オレと平良との間に生まれた赤ちゃんは四ヶ月を迎えた。二人で借りた小さなアパートに響く母親を求めた声。『平良〜なきやまねぇよ〜なんでだよー!!』食器と水が重なる音が止まり、パ ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

ライブ当日。武道館で行われる最高の舞台で、私の最後の花舞台が始まる。チケットは完売。すごい熱狂…。体の調子はいつもよりいい。『ReD:Cro'Z!!!!!』歓声が響き渡る。眩しいくら ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

月日が流れた。三度目の冬が来た。平良からの連絡はなかった。きっと生きてる。宝の小さなお墓を前に平良の名前を呼んだ。『冷えてきたね…風邪ひいちゃうよ?和真。』!!?背後から ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

『あのっ…平良ちゃん!!』汗だくになりながら、球場を後にする彼女をみつけた。球場裏の路地にはまだ誰もいない。『あ、さっきの…どうしました?』周りにはたくさんの部員や、友達らしき人がいた。『話 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

おばさんからすべて聞いた。『和真くん…平良の頼みでね、あなたには言わないでくれって言われていたの。あの暴力事件で失ったのは赤ちゃんだけじゃない。あの子はもう…永くないの…永くないのよぉ…』おばさ ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

『アンッあんっ…どぉしたのぉ?いきなり呼び出したかと思ったら、抱いてくれるだなんて…』全裸の美原とオレ。美原に打ち付けるように何度も出し入れを繰り返した。『…ねぇ…和真っ…あっいっちゃう!!紗枝って呼ん ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

『和真ぁ、合コン行こうぜ♪』ツレからたまに誘われる事があった。『頼む!!和真がいるとさ、いろいろ助かるんだよ!!』平良はReD:Cro'Zの打ち合わせで曲作りに専念していた。メールなんてこねぇし、電 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

【和真side】平良と中々会えない日が続いていく。テレビの向こうにいる彼女は手の届かない存在。ハリーさんとの息の合った演奏。中々繋がらない携帯。部活でもそんなに話せるわけじゃない。 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

志波side平良の様子がおかしいと気づき始めたのは、あの事件から数ヵ月たってからだった。幼馴染みで隣同士の家。帰りはよく送ったりしていた。もちろん、北村の了承も得て。地面に座り込んで ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

月日が流れ、私は三年生になった。一年生の部員が入ってくれたお陰でやっと補欠混みで試合にエントリーできる。練習試合ばっかの下積みから卒業だ。だけど、甲子園にいく最初で最後のチャンス。必死でやらない ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

暴行事件のことは、犯人がわからないままうやむやになった。だけどまだ高校生の平良が妊娠していたと噂されれば、あまりにも風当たりはキツくなる。これ以上は何もできなかった。しかもReD:Cro'Zはサマソン以 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

桜ヶ丘に着いたのが20時過ぎ。オレは嫉妬した。年の差ばかりを悔やんで…学校での平良を知らないってのが嫌で…。『独占欲強すぎだろ…マジだせぇ…』携帯が震える。知らない番号。胸騒ぎがした ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

桜舞い上がる季節…平良は羽ヶ崎学園に無事合格して、真新しい制服に身を包んでいた。『どう?高校生だぁ♪』嬉しそうに笑う平良を見ていると、年の差が悔しくなる。変な奴に好かれたら…オレ以外の男に触 ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

あの後、平良は野球の勉強も再開して受験勉強もまっさだ中になっていた。『和真ぁ…へへへ』『ダァメ!!まだ問題解けてないでしょ?』『あ〜ん食べたい食べたい食べたいー!!』オレはたまにケーキを持って平良の ... » more
テーマ ときめきメモリアルGS ときめきメモリアルGS夢小説 夢小説

 

最終更新日: 2016/11/22 02:29

「夢小説」のブログ関連商品

» 「夢小説」のブログレビュー をもっと探す

「夢小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る