誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    エストニア

エストニア

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「エストニア」のブログを一覧表示!「エストニア」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「エストニア」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「エストニア」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

地球逍遥聖ピーター・ポール教会
聖ピーター・ポール教会 何故か英語表記でピーター・ポールと書いてあったが、つまり聖ペテロ、聖パウロのことだ。聖ペテロの町、サンクトペテルブルグと関係あるのだろうか。二人の聖人を祭る教会は、シンメトリーに建てられていた。 ... » more

地球逍遥心残り
心残り 日本を出発前、タリン行きは不確定だったこともあり、エストニアのガイドブックも入手しなかった。それでもネット上でタリン旅行記はちょこっと見てみてた。ら、一つ気になる情報発見した。「エストニアチーズのフライが激美味。エストニアビ ... » more

地球逍遥すっくり
すっくり 土の上に着地できたその小さな幸運をしっかり根で抱きかかえ空へとすっくり身を伸ばし花まで咲かせるどんなに小さな土でも最大限に活かしてこの健やかさ逞しさだから植物って好きなんだAug08Tallin/ ... » more

地球逍遥黒で装う
黒で装う 門の中に気になる色が見えた。それは黒いテーブルクロス。日本で黒布といえば、忌むべきものを想起させるからだろうか、あまりこうしたコーディネイトを見かけないように思う。もちろん欧州でも黒は喪の色だが、 ... » more

地球逍遥再び城壁を辿る
再び城壁を辿る 再び城壁に沿って、今度は山の手から下町へと歩く。この坂道には「ピック・ヤルケ=長い足」という名前がついている。足の長さが、何ですと?と思ったら、長くて緩やかな「長い足」に対し、山の手と下町をつなぐもう一つの坂道は、短 ... » more

地球逍遥鳥でも呼んでみようか
鳥でも呼んでみようか 展望台から覗いていたらラピュタでパズーとシータが鳥に朝ごはんをあげる場面を思いだしたよ。そういえばこの街、宮崎アニメっぽい。半円の窓もそんな感じだなー。Aug08Tallin/ESTONI ... » more

地球逍遥朱い屋根の波
朱い屋根の波 南北に2kmほどの城壁に囲まれたタリン旧市街の、南側が小高い丘になっていて、トームペアと呼ばれています。いわゆる山の手にあたり、トームペア城があるのがこちら。北側の港に近い、山の下が、いわゆる下町。ラエコヤ広場があった場所です。 ... » more

地球逍遥タリンのお土産やさん
タリンのお土産やさん 中世の街並みがウリのタリン旧市街。だったらお土産屋さんも中世っぽく。バルト海沿岸は琥珀の産地。琥珀屋さんもありました。こういう所で良品を見極める自信がなく、手がでませんでしたとさ。とほ。A ... » more

地球逍遥石の門 石の家
石の門 石の家 石を組んだ門に呼ばれて集合住宅っぽいけど隙間からちょっとお邪魔します…。門とお揃いの石壁バルコニーまで石づくり。こんな家住んでみたい。バルコニーで梢を眺めたり皮表紙の本読んだりしてみた ... » more

地球逍遥ななめドア 進化形
ななめドア 進化形 右ななめと左ななめ。あわせると菱形に。だんだん図形の授業みたいになってきた。斜め模様の扉バリエーションは留まるところを知らない。Aug08Tallin/ESTONIA ... » more

地球逍遥エストニア美術館
エストニア美術館 洒落たバルコニーが印象的な若草色の建物は、エストニア美術館なのだそうだ。エストニアの美術ってどんなの?教会で見た、武骨な聖人像みたいな感じ?それとも…?関心はあったけど、次第に帰りの船の時間を意識せざるをえなくなってきた ... » more

地球逍遥展望台より 青い空 緑の海
展望台より 青い空 緑の海 大聖堂の向かいにある展望台にでる。胸にパイプオルガンの高揚を抱えたまま、青い風に吹かれる。なんていい気持ち。眼下のタリン新市街は、緑の木々に包まれている。梢が風に揺れる様は波のよう。いつまでも ... » more

地球逍遥降り注ぐ 光と音楽と
降り注ぐ 光と音楽と 2008年夏のタリン。パイプオルガンを備えた教会でオルガンコンサートが開かれるとの告知が街のあちこちで見かけられました。ここ大聖堂は、私たちが訪れた日の夜のコンサート会場。立ち寄った昼の時間、丁度リハーサルが行われていま ... » more

地球逍遥大聖堂
大聖堂 聖母マリアをまつっている教会ですがどの地図でも「大聖堂」とのみ書いてある。タリンで「大聖堂」といえば13世紀初頭にデンマーク人によって建てられたこの聖堂のことなのです。エストニア最古の聖堂。その長い歴史がこの教会 ... » more

地球逍遥人の道 車の道
人の道 車の道 右側、平坦に整えられたのが歩きやすい人の道:歩道。左側、でこぼこがたがた石畳が車の道:車道。タリン旧市街内には、車も走っています。が、石畳の上をぼこぼこゆるゆると…。石畳は、スピード抑制の為? ... » more

地球逍遥半地下の窓
半地下の窓 半地下…アンダーグラウンドなのに光は差し込む場所。何故か昔から惹かれる空間。秘密基地的だからか、巣穴的だからか。そんな半地下にかわいい窓がついてる。これまた最高。止め金のS字までが、洒落た字体に見えてくる。“タリン病 ... » more

地球逍遥トームペア郵便局
トームペア郵便局 郵便局の印が、西欧でよく見かける、ホルンの形だった。エストニアの郵便システムはヨーロッパ文化圏に属するのだ。因みに何故ホルンのマークかというと、昔郵便やさんが「手紙を配達しにきたよ」と知らせるために、ホルンを吹いたから、らしいで ... » more

地球逍遥トームペア城
トームペア城 我々はここでまた、ロシアの女帝と再会する。エカテリーナ2世。18世紀、城を今の形に整えさせたのが、あのエルミタージュ美術館を建てた女帝だった。トームペア城のガラスに、対面に建つアレクサンドル・ネフ ... » more

地球逍遥文化の混在
文化の混在 手前がロシア。奥がドイツ。こういう混ざった空間は嫌いじゃない。アンダルシアでキリスト教とイスラム教が隣接していたのを目にした時と同じ、わくわく感。それにしてもロシア正教会は、キャラがたってるね ... » more

アレクサンドル・ネフスキー教会 城壁の中に戻ってきたら、まずこの教会に出迎えられた。アレクサンドル・ネフスキー教会。ロシアの英雄の名を冠している、という以前にこの独特の外観が、ロシア正教の建物だと知らしめる。エストニア人にとって ... » more

地球逍遥カールリ大通り
カールリ大通り 片側2車線のアスファルトの道路。こんな道は、比較的歴史の短い国で見たような記憶がある。例えばカナダ・バンクーバーとか、オーストラリア・シドニーとか。ここタリンのカールリ大通りから、10mだけ移動すれば13世紀の石畳に出会 ... » more

地球逍遥城壁の外
城壁の外 城壁の外、タリン新市街に出たらいきなり工事中だった。聖ヨハネ教会も、漆喰塗りで数世紀を超えてきた旧市街の教会郡とは異なる外観をしている。アスファルト、コンクリート、ガラスで構成された新市街。一瞬夢から覚めたような感覚に陥 ... » more

地球逍遥城壁を辿る
城壁を辿る タリン旧市街は、ぐるりと城壁に囲まれている。南北に2km程度の楕円の壁の中に、中世の街がある。城壁の外に出られる個所は、ほんの数箇所しかない。なので外にでるときは、城壁沿いにぽくぽく歩く。写真左が普通の家の壁。右 ... » more

地球逍遥タリンの家のナゾ
タリンの家のナゾ タリン旧市街のカワイイ家々にはいくつか謎のパーツがある。その1。風見鶏?なのか避雷針?なのか十字架の変形?なのかかなり洒落たアンテナ状のものが屋根についてること。その2。窓の上のでっぱり。鉤つき。以前、ハンザ ... » more

地球逍遥Danse Macabre と白い光の世界
Danse Macabre と白い光の世界 聖ニコラス大聖堂には15世紀に画家バーント・ノトケの描いた『死のダンス(DanseMacabre)』が所蔵されている。DanseMacabreは14〜15世紀に発生した絵のモチーフで、王、王妃、司祭などの権力を得た人々が、ス ... » more

地球逍遥質実剛健な教会
質実剛健な教会 教会内は撮影禁止なので写真はないのですが…聖ニコラス大聖堂に入った印象は、質実剛健、という感じだった。石と木の素材感そのまま、荒削りにすら見える、純朴な教会。それはロシアで見てきたきらびやかさとは対極の世界。聖人像はせい ... » more

地球逍遥聖ニコラス大聖堂
聖ニコラス大聖堂 13世紀、エストニアにやってきて交易を行っていたドイツ商人たちが、商売と船の守護聖人・聖ニコラスを祭って建てた教会。巨大なだけでなく、壁が白いだけでなく、教会は商家とは一線を画している。静謐で重厚な空気が、教会を ... » more

地球逍遥ブタさんのいる窓
ブタさんのいる窓 ヨーロッパのプランターは、なかなかユニークなものが多い。ここではブタさんがお花を支えている^^。鎧戸は・o・←こんな顔になってるし(笑)。Aug08Tallin/ESTONIA ... » more

地球逍遥花籠のワンポイント
花籠のワンポイント 生花の周りは、街の生気が違ってくる。花籠は昼の街灯。街並みを活き活きとさせる。Aug08Tallin/ESTONIA ... » more

地球逍遥黄色い花の咲く小路
黄色い花の咲く小路 街を彩るのは建物ばかりではない。黄色い明るい花が、人ごみのラエコヤ広場を抜けてこちらの路地に入っておいでと誘ってくる。Aug08Tallin/ESTONIA ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 01:22

「エストニア」のブログ関連商品

» 「エストニア」のブログレビュー をもっと探す

「エストニア」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る