誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説

小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
子テーマ: 推理小説 SF小説 BL小説 ミステリー小説 携帯小説 ライトノベル 恋愛小説 ホラー小説 オリジナル小説 小説家 連載小説 夢小説 時代小説 短編小説
テーマ「小説」のブログを一覧表示!「小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「小説」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

nkp book short comment真山仁 海は見えるか
311のあとすぐ連載をはじめた短編集、神戸で被災した小野寺教師が被災地の小学校に応援派遣、坊っちゃん風キャラで二十四の瞳風の感動エピソード。これは続編だが先に読んだ。 ... » more
テーマ 小説

花織ちゃぶ念と鯰
念と鯰 「ざっくり」について鯰と念になんの関係あるの?犬と猫に因縁と怨念が昔から言われているので当然鯰にも念があんねんでかいツボにぎゅうっと詰めて共食いさせて生き残ったやつの怒りや苛立ち ... » more
テーマ 食べ物 小説

織田信長が”天下統一”の足掛かりとして播磨を手中にする事が狙いだと竹中半兵衛から聞いた黒田官兵衛。その夜、その半兵衛から姫路城で酒を飲みかわしながら話を聞いた蜂須賀小六が心配した。小六「それで大丈夫か?あんまり官兵衛 ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

南方熊楠をもっと早く知っておけばヨカッタ 台風が接近しているせいかなんとなく皮膚下がゾヨゾヨします。さて高円寺のギャラリー来舎さんで開催中の「熊楠と猫」展に行って来ました。ワタクシおハズカシイことに南方熊楠について今回初めて知 ... » more
テーマ 教育 日記 小説

一気に回りが騒がしく為り出す、だが雅満はそれどころじゃない、何とか頑張り遂に一週間懸って田植えまでこなしてしまう。此れは根気が無い男にとって大変な出来事。その所為か一段と雅満の顔に精気が溢れて来た。其処はほかの事でそうなった ... » more
テーマ エッセイ 小説

小説投稿サイトで人気を得た作品が、出版社から本として発売される(いわゆるメジャーデビュー)経路があり、すでにベストセラーとして名をとどろかせているものもありますそんな名の知られた作品のうち、「二度目の人生を異世界で」がアニメ ... » more

赤松政秀の娘の誘拐の真相を主君の小寺政職から聞き出した黒田官兵衛。その官兵衛は、竹中半兵衛と共に主家である守護赤松家の当主赤松義祐の置塩城に訪れていた。義祐「ワシが政職に赤松政秀の娘を拐うように命じたと?」半兵衛「え ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

今日は。 小説の執筆状況と『運・巡り合い』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログ​http://blog.goo.ne.jp/to ... » more

何から何までまるで夢の中、そんな雅満をけしかける素材がこの谷には有った。其処には総てそうなり得る出来事や動きが、最初から見えたような気がするのは雅満じゃない、大阪の羽曳野で居る冴美ノ先見。最近は雅満から送られてくるメ−ルが待 ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◎田宮行方の世界・近いうちに第26話を更新します。ラストで、ちょっとした「選択」が待っているので、第27話を投稿しようと思っている人は、そのあたりの相談もすることになります。(管理人が書く場 ... » more
テーマ デュエル 田宮行方の世界 小説  コメント(4)

夕方に為ると、案の定房子さんが家に来られる。其処で大賑わい、家の母親と抱き合い久し振りと感激の再開、娘も呆れる程母が房子さんを先輩と言うから、其処は忘れていた中学時代に帰られたんだと思えた。「じゃ何ね、この人とス−パ−で出会 ... » more
テーマ エッセイ 小説

冴えない彼女の育てかた 3を読みました。丸戸史明さんの小説になります。プロットも出来上がってこれからというところで、波島兄妹が登場したり、英梨々の引き抜き(引き抜かれそうな展開にはならないけど)話が持ち上がったり。夏コミで出雲(波島 ... » more
テーマ 小説

保坂和志さんとの『惑星のハウスダスト』(水声社)刊行記念トークイベント「詩を前にして、小説はどこまで自由なのか」(5月26日下北沢B&B[にて)の動画をアップしました。80人の聴衆の方たちを前に、保坂さんと現代詩の接続という稀有な出来事とな ... » more
テーマ 保坂和志 小説

小説「コードブルー」はフジテレビ系で放送された医療テレビドラマ(ドクターヘリ緊急救命)を小説にしたものだ。(脚本:林宏司、ノベライズ:沢村光彦)単行本で全4巻(1st、2ndシーズン、3rdシーズン上、3rdシーズン下)となる ... » more
テーマ 読書 独り言 小説

本来もう少し先に書く予定だった最終回です。お久しぶりです。体裁だけではありますが、最終回を一応載せておこうと思います。完全に打ち切りではありますが、いずれ書こうと思っていた話であることは確かです。最初からここまで読ん ... » more
テーマ ときめきメモリアル 小説 5期 定演編

言われる通り谷の奥に向かう、だがどこらへんかが分からないし、蛍はどんな場所を好むのかも知らない、本当に付近の荒れた田畑を眺めるだけだった。「あんたが蛍を探す人かね」「えっ、あ・まだ早いそうですね」「そうや、今な電話が来て探し ... » more
テーマ エッセイ 小説

姐さんの本棚酒と甘味
予約したのがようやく廻ってきた『居酒屋ぼったくり』第9巻をご紹介したいと思います。作者は秋川滝美です。いつのまにやら9巻まで進んでくると、登場人物の人生の段階も色々と変わってきております。今巻も日本の津々浦々のお酒を堪能 ... » more

【アニメ】感想 銀河英雄伝説 Die Neue These  特別編 イゼルローン訪問記 はい、今回もゆる〜くいきたいと思います。今回は特別編でしたね。キルヒアイス役の梅原裕一郎さん、めっちゃイケメンですな。そういえば先日、入院されたそうですけど、もう退院なさったのでしょうか。よくなられているとよ ... » more

そんな想いに囚われながら、健は友之に案内され、店の奥にあるバーに入る。そこへ着く前にビップルームらしき場所があり、踊るスペースと区切られていて、ちょっと音量が押さえられていた。確かにここなら話もできそうだった。バーはいがいと広くて、奥にテー ... » more
テーマ 恋愛小説

nkp book short comment真山仁 プライド
短編集。 表題作は不二家の新聞記事から取材せず食品偽装を小説化したという。 ほか蜜蜂とう農水省と農業問題をジャーナリスディックに小説化。ハゲタカではわからなかったけど、この人は現代を扱うジャーナリストだ。 ... » more
テーマ 小説

我が身に経験が無い分、思いは希薄、其れでも相手二人は知っている女性、芝居でもそうは出来ないと思うとついついその現場に立ち会う様に真咲はのめり込んで行く。事は既に時間が経過、最初に驚かされたのは男の持続時間と其の持ち物の物体の ... » more
テーマ エッセイ 小説

冴えない彼女の育てかた 2を読みました。丸戸史明さんの小説になります。2巻目ですね。なんとかゲームを作るサークルのメンバーが集まったところからの続きになります。詩羽先輩のプロットが出来上がったのですが、倫也はいいとは思いつつしっくり ... » more
テーマ 小説

龍野赤松家の赤松政秀の娘の誘拐に失敗した黒田官兵衛の義兄の櫛橋左京進が織田信長の命令(めい)を受けた滝川一益が率いる生駒衆に捕まった。これこそ信長が仕掛けた謀略(はかりごと)だった。その報告を奥方の光から聞いた官兵衛は、 ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

家に戻ると、其処は本当に雅満を中心で動かれる家族。小百合が苦笑いするほど母と叔母が雅満の世話をしていた。無論風呂でも其処は変わらない、叔母の姿は風呂場に在った。「こんばんわ・・」「あ・・、ま〜遅いがね早くきんさいや」「・・、 ... » more
テーマ エッセイ 小説

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 18 書籍化のお手本無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 18 (MFブックス)KADOKAWA 2018-05-25 理不尽な孫の手 Amazonアソシエイト by 時々書き下ろしなんかも入れつつ、原作に必要以上に手を加えず、コ ... » more
テーマ MFブックス ラノベ

気が戻ると、いや体を拭かれていたから戻れたのだが、其れをする相手が雅満で此れ又其処でも房子は驚愕、あれほど暴れ尽くした後、男も動けないだろうと思えたが、今相手は妹の体を丁寧に洗い拭いてくれている。其れを見ると今度は嬉し涙が零 ... » more
テーマ エッセイ 小説

姫路の代官となった羽柴秀吉に自らの姫路城を譲ると竹中半兵衛と蜂須賀小六に告げた栗田官兵衛。官兵衛は、その同意を得るために御着城で小寺家家中を集めて評定を開いた。当然、官兵衛は、小寺家の重臣たちから責められた。特に官兵 ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

「火星年代記」−2 前回に続いて「火星年代記」の話を少し。前回も少し触れたがこの小説は1950年に書かれたもの、そして1997年に改訂版が発表された。年代記と銘打たれているようにこれは地球人による火星への移住と火星人との衝突を年代ごとに ... » more
テーマ 小説

【ネタバレ】 「サンダーボール作戦」 イアン・フレミング THUNDERBALL (1961) Ian Flemingスペクター「原爆盗んだでー」ボンド「見つけたでー」あちゅい・・・けどがんばって核テロの恐怖祭り第3弾!核テロ小説の元祖はこれなのかなあ? ... » more

もう純文学とエンタメの境界はなくなってしまった。文学の不振が叫ばれていたときに村上春樹がいた果たして村上春樹とは何者なのか。とにかく吉本隆明さんにもウケていたのだからあの時代では寵児だ ... » more