誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説

小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
子テーマ: 推理小説 SF小説 BL小説 ミステリー小説 携帯小説 ライトノベル 恋愛小説 ホラー小説 オリジナル小説 小説家 連載小説 夢小説 時代小説 短編小説
テーマ「小説」のブログを一覧表示!「小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「小説」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

”代替わり”をして織田家当主となった織田信長が動いた。何と木下藤吉郎に黒田官兵衛が立て篭もる墨俣砦を攻略するための橋頭保として長良川を挟んだ向かいに砦を同じく一晩で築いたのだ。藤吉郎「信長様、いかがですか。」信長「よくや ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

異なる美術作品のそれぞれをテーマにして、超有能な美術探偵が活躍する物語である。ポッチェッリ、フェルメールや江戸時代の涅槃図など、いくつかの美術作品を扱い、真贋を見分けるというものである。著者はさまざまな知 ... » more
テーマ 小説

虹色の雑草小説完結
既刊「厳冬の惑星」の続編「残月」が、ようやっと完結しました。いずれブログやどこかのサイトに掲載する予定です。内容的にはかなり迷走しましたが、なんとか収拾がついた感じです。厳冬の惑星ともども、よろしくお願いいたします。 ... » more
テーマ 小説

山桐ノアのお話と語らいの部屋
糸井重里さんにも川崎さんにも師事したもののふたりとも熱意をもつことということを言い忘れていた尤もぼくは彼らを批判するような立場にはない川崎さんは超ヤバイ言葉才能 ... » more

ごろ-の寝言短冊小説「不幸ガエル」
短冊小説「不幸ガエル」 だれも信用しないから、言わないのだが、数年前、おいらは突然、カエルに話しかけられた。「なに、こんなところで、ボンヤリ景色を見てるんだ…」そりゃ、びっくりしたさ。横を見ると緑のカエルがオレに話しかけてんだもの。 ... » more

美しくかつ戸惑うこんな若き日の特権を描いたカロッサ「美しき惑いの年」。これを今回は紹介しよう♡主人公は美少年である。しかし医師を志すしたがって賢いだ ... » more

エレウシスオンライン、3章の16話、招待状4を更新しました。http://ncode.syosetu.com/n9039dk/ ... » more
テーマ 小説

【墨俣砦の攻防戦】で惨敗をした織田家は、嫡男である織田信長への異例の代替わりが行われた。その信長が那古屋城の大広間の正面に座り織田の家督を継いだことを家中に宣言した。信長「異例ではあるが本日よりこの織田信長が織田の” ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

ひきこもり神官と潔癖メイド 秋杜フユ著集英社コバルト文庫2015久しぶりに図書館で借りてきました。どうしても時間をつぶさなくてはいけなくなって見ているうちに借りてきました。見ていると、読んでみたくなりますね。さすがにコバルト文庫 ... » more
テーマ 濫読本 小説

四☆月読み何者
何者 朝井リョウ新潮文庫2015朝井リョウの直木賞受賞作品。2012年に戦後最年少で受賞。このたび、映画化決定を受け、買い求めました。表紙が、映画宣伝バージョンで、キャストがよかったのでついつい。おはなしはとい ... » more
テーマ 濫読本 小説

チョコレート・コンフュージョン 星奏なつめ著メディアワークス文庫2016本屋さんで衝動買いしました。金色の帯に「恋愛小説オブザイヤー第1位と言わざるを得ません」「メディアワークス文庫賞受賞作」なんてあったので、ついつい。作者については、 ... » more
テーマ 濫読本 小説

二、三十年ぶりで松本清張の読む、短篇集「駅路」が面白かった 松本清張は30年ほど前に、いやもっと前か、「点と線」や「ゼロの焦点」など何作か読んだが、その後はテレビのサスペンスドラマで放送されると観ていたが、原作のほうは遠ざかっていた。それがなぜか、有吉佐和子の「悪女について」を読み終わった後、何を読 ... » more
テーマ 松本清張

美濃領主の斎藤道三が美濃に帰還し、黒田官兵衛が出迎えたその頃、敗退した織田軍が尾張に撤退するためにしんがりを務めた織田信長が占拠してる支城を大将の滝川一益に任せて那古屋城へ戻った。評定で斎藤軍との今後の戦の方針を決めるた ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

――私はミスター・ローレンス。妻子もなく、たった一人で暮らす五十二歳の男。人工知能が世界を統治することになってから、世界は平和そのものだ。世界じゅうに色んな国があってそれぞれ代表がいて、という時代は過去のもの。いや国自体 ... » more
テーマ 短編 小説

あああ小説:魔術師たちの就職戦線
魔術師たちの就職戦線を読みました。嬉野秋彦さんの新刊になります。新しいシリーズのスタートですね。最近、他に2作新しいシリーズがスタートしてるのになんでかなぁと思ったらあとがきの方に説明が書かれてました。学園もの+魔術、呪術ものといっ ... » more
テーマ 小説

玄関を出て勢いよく歩き始めた茉莉は、でもなんだかむしゃくしゃしてくる。突き放したくせに今度は強引に連れ戻す、そんな健の態度にイライラしてくる。考えごとをして歩いていた彼女はクラクションを鳴らされる。「うるさい、うるさ〜い」彼女も喚き返す。以 ... » more
テーマ 恋愛小説

シャチになりましたオルカナティブ シャチ転生シャチになりましたオルカナティブ (角川スニーカー文庫)KADOKAWA 2016-10-01 にゃお Amazonアソシエイト by この生物、規格外。「ほら、私、16で死んじゃった訳じゃない?幸せな未来 ... » more
テーマ ☆☆☆☆★ 角川スニーカー文庫 ラノベ

エレウシスオンライン、3章の15話、招待状3を更新しました。http://ncode.syosetu.com/n9039dk/ ... » more
テーマ 小説

TOKIMEKICRITICALFINISH!多分ガシャットのマークは樹wいやネーミングがバッチリ合っちゃってるよなぁほんとやばいゆゆしき事態。妖怪ぷにぷににまたハマっちゃって書けてない…なんか再掲載し始めて ... » more
テーマ ときめきメモリアル 小説 5期 定演編

フレディ・M・ムーラーの「山の焚火」の「本なんか、読むな!馬鹿になるぞ」というセリフが実はズーッとひっかかっていた。はたしてそうかわからないぼくにはわからーない本なんて ... » more

エレウシスオンライン、3章の14話、招待状2を更新しました。http://ncode.syosetu.com/n9039dk/ ... » more
テーマ 小説

あああ小説:凶器は壊れた黒の叫び
凶器は壊れた黒の叫びを読みました。河野裕さんの新刊になります。階段島シリーズの4巻目です。これ続くのかな?前巻からの続きになります。魔女の正体が明らかになって、新しい魔女(の候補?)が現れて、魔女の力を奪おうとするみたいな展開がある ... » more
テーマ 小説

エレウシスオンライン、3章の13話、招待状1を更新しました。http://ncode.syosetu.com/n9039dk/ ... » more
テーマ 小説

エレウシスオンライン、3章の12話、広がる溝3を更新しました。http://ncode.syosetu.com/n9039dk/ ... » more
テーマ 小説

空白ノ翼は、私こと堕天王が描く、長編現代ファンタジーです。本編は、前の話を読まなくても分かるように努力して書いているため、やや説明過多な所が見受けられるかもしれません。下記の『空白ノ翼の説明書』をご覧になると、もう少し分かりやすくなるか ... » more
テーマ 空白ノ翼 小説

-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり ウェブ版は読了済みクマー<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)ホビージャパン 2016-10-29 海道左近 Amazonアソシエイト by -イン ... » more
テーマ ☆☆☆☆★ ラノベ HJ文庫

「敗者列伝」伊東潤 実業之日本社 日本史の中で敗者になった武将達の生涯と、なぜ敗者になったのかの理由と考察をまとめた短編集。ちょっとビジネス本っぽいところ、説教くさいところはあるのだけど、伊東さんの考察はなかなか鋭いなあ〜てうなづく所もあります。取り上げてい ... » more
テーマ 西郷隆盛 桐野利秋 時代小説

【墨俣砦の攻防戦】の初戦で織田軍を撃退した黒田官兵衛だったが差し向けた織田信長が潜ませていた伏兵によって追手に1千人以上の犠牲を出した。それからしばらくたつと美濃領主斎藤道三の本隊が美濃に帰還した。出迎えた官兵衛は、まず ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛が投入した3千の鉄砲によって兵3千を一瞬で失った織田軍は、織田信長をしんがりにして尾張への撤退をし始めた。だが、瀕死の織田軍に”美濃三人衆”を率いられた斎藤軍が追撃をし始めた。だがl戦で負けることを見越していた ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

ご存知原田マハ著の文庫本である。2013年に文庫化され、2016年で23刷となっているから、かなり読まれているのがわかる。小生の感想としても、非常に面白く読むことができた。スピーチ教則本にもなりうるのではないだろうか ... » more
テーマ 小説

 

最終更新日: 2016/12/04 04:40

「小説」のブログ関連商品

» 「小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る