誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説

小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
子テーマ: 推理小説 SF小説 BL小説 ミステリー小説 携帯小説 ライトノベル 恋愛小説 ホラー小説 オリジナル小説 小説家 連載小説 夢小説 時代小説 短編小説
テーマ「小説」のブログを一覧表示!「小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「小説」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

冴えない彼女の育てかた 5を読みました。丸戸史明さんの小説になります。詩羽先輩のシナリオが脱稿して、ゲーム作りも佳境に入ろうというところ、二人で打ち上げに行った別れ際に、エンディングの第二稿を渡された倫也。どちらのエンディングを取る ... » more
テーマ 小説

「マスター、同じものもう一杯」「俺もです」「かしこまりました」健と友之は飲むピッチが上がってくる。時々きゃあきゃあ言う若い女子のグループが静けさを破る。2人はそのまま飲み続ける。健はつい愚痴ってしまう。「どーにもなんないすよ ... » more
テーマ 恋愛小説

時間の経過も忘れ弥生は初めて他人の営みを盗み見していた。「え・・、ま〜なんて事・・」体位が変化すると受ける真咲の肉が筋肉で硬直、そうしてそのまま震えが起きると、顔を仰け反り大泣き、その姿たるや女の弥生すら最高に羨ましい形、自分は ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◆◆「うぐっ・・・・・・あ・・・・・・」どれほどの時間が経っただろうか。あらゆる幻想を殺せる少年の、決して諦めることのない意思も、衰退の色を見せていた。赤い男の逸物は幻想などではない。陵辱と暴力は、れっきと ... » more

妹に送るメ−ルの中身も最近は様変わり、其処には誰もが入られない空間が生じて来る。雅満の赤裸々な告白と経験は冴美をその場所にとどめてしまう。其れほど雅満の報告は今じゃ、谷の様子と共に必ず女性との関係と中身をしつこく催促されてい ... » more
テーマ エッセイ 小説

【アニメ】感想 銀河英雄伝説 Die Neue These  十話「幕間狂言」 いよいよクライマックス。銀河英雄伝説 Die Neue These 第十話「幕間狂言」 感想です。ここにきて存在感を増してきたルビンスキー。そしてレムシャイド伯。‥‥なかなか個性的な髪型で(笑)。フェザーン自治領で一 ... » more

◆◆◆「掴んだ・・・」赤い男は、愉快げに唇を歪ませた。男の手に掴まれて、少年はそれを振りほどけない。「・・・・・・なんで」それだけで少年の顔を絶望で染めるには十分だった。少年が能力者や魔術師と ... » more

「お母ちゃん、どが〜しんさったん、まだ酔っておるん」「お前な、未だ経験が浅いから無理はない、こんな喜び受けた事が無いがね、もう余韻が凄いが未だほら・・」「え〜余韻って・・」「勿体ないが、わしの膣は今もしびれてる、其処からあの喜び ... » more
テーマ エッセイ 小説

季語は・・・桜桃忌上水は 木下闇に 桜桃忌【去年の今日】遊話§一日一句〜小さな音楽会〜 ... » more
テーマ 俳句 小説

◆◆◆「・・・・・・ようやく、少しは分かってきたぞ?」予想外の闖入者を相手に、赤い男は得心いった顔を見せた。多大な労力を費やした要塞を、無造作に破壊されて尽くしても、男の目には塵ほどの怒りもない。無機質で幸福 ... » more

しんせいのブログ公園の巨人
公園の巨人 僕が座った公園のベンチは軋んで大きな音を立てた。僕は持ってきたパンを鞄から取り出し、鳥が近くに現れるのを待った。カラスは頭上の枝に一段降りて来たが、その場所に留まった。しばらくして一羽の雀が仲間との会話の途中でたまたま地面に降 ... » more
テーマ 小説

ブラックペアン1988 久しぶりに読書など・・・「嫁さん文庫」の中から最近TVドラマで話題になった原作を読んでみた。ドラマは随分解釈を変えているのね〜内容(「BOOK」データベースより引用)外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手 ... » more
テーマ 読書 小説

「お邪魔するけ〜良いかのう・・」「どうぞ」「なんと、わしの思い悟られたがね」「いえ、其処は願望が有るが」「何居んさる、わしらは既にそう決めて来ているが」「お母さん・・」「玲子じゃろうがね、わしは芯から好きじゃ、房子さんに負けん、 ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◆◆学園都市にて、研究者ひとり眼鏡を拭く。「あー、あー、あー、疲れるなあ、もう。」火傷のような刺青の彼は、木原数多。何かに怯えるような表情は、彼の心境であり、彼の本質でもある。「はあ・・・」 ... » more

姐さんの本棚小粒でも
すき間時間に少しずつ読んでも、一気読みしても楽しめる短編集『怪盗ニック全仕事』の第5巻をご紹介したいと思います。作者は、エドワード・D・ホックです。狙う獲物は無価値なもの、がモットーの怪盗ニック・ヴェルヴェットの冒険を堪 ... » more
テーマ ミステリ 小説

風呂から上がると既に美沙ちゃんが来て台所にいる。この谷に来てから何から何まで今までの雅満とは大違い、初めての事だらけは目を見張るほど驚いたが、其処に居るのが自分だと思うと、たまらなく痛快、セクハラ強姦まがいの事をしているが、 ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◆◆宣戦布告これは世界とそこに住む全人類を守る為の戦いである。今日、各地で起こっている温暖化や海面上昇などの環境破壊、石油やその他の化石燃料などの不足問題は全て学園都市の特異な科学技術が元凶となっている ... » more

◆◆◆別に大したことじゃない。誰もが一度は考えることさ。それでいて、最も実現は難しい。◆◆◆キャーリサ「ここはどこなの・・・?」イギリスの第二王女は、路上にぶっ倒れ ... » more

姐さんの本棚心の洗濯
みたび味わえたカフェ「マカン・マラン」のお話に心洗われたような気がしました。古内一絵の『きまぐれな夜食カフェ』をご紹介したいと思います。前の巻から大分間が空いてしまいまして、登場人物についての情報がうろ覚えになのが我ながらひ ... » more

時代小説の短編集である。「与茂七の帰藩」「笠折半九郎」「白石城死守」「豪傑ばやり」「矢押の樋」「菊屋敷」が納められているが、登場人物の武士らしい心情があらわされ、いずれも心に染みてくる小説で、大したものだと思う。「与茂七の帰藩」は、 ... » more

素人おっさん、転生サッカーライフを満喫するを読みました。ハーーナ殿下さんの小説になります。ワールドカップ前だし、サッカー関係の本出しとけば売れるかなというノリで出した本なのかと思ったけど、どうなんでしょうか。小説家になろうの方みたい ... » more
テーマ 小説

冴えない彼女の育てかた 4 を読みました。丸戸史明さんの小説になります。詩羽先輩と英梨々の作業は順調に進んで、ゲームづくりのためにスクリプト組み(流石にコーディングとかはせんのか)と音楽が必要というところで、倫也のもとに、バンド活動 ... » more
テーマ 小説

恋してるひまがあるならガチャ回せ!2を読みました。杉井光さんの新刊になります。スマホゲームに入れ込む廃課金ユーザの大学生を主人公にした物語の2巻目になります。今回はコスプレイヤーの女の子が登場。彼女が入っているモバイルゲーム研究 ... » more
テーマ 小説

【アニメ】感想 銀河英雄伝説 Die Neue These  九話「それぞれの星」 毎週、楽しみで仕方がない(笑)。ゆる〜くいきましょう。銀河英雄伝説Die Neue These 九話「それぞれの星」感想です。ジェシカとヤンについては、また後ほど。評議会のシーン。…自由惑星同 ... » more

ほどほどに酔いが回ってきて健はちょっと口を滑らせる。「ふられたって、どういう」「あ、聞くの?そこ、は〜ん?」友之は目を細めながら、危なげな視線をくるりと健に向ける。なんだかその瞳も赤くなってきている感じがする。聞いてから健はやば ... » more
テーマ 恋愛小説

何か物を書くのに、他人の文体を真似て書こうと試みることは普通のことなのかどうか。これまでに一度だけそんな真似をしたことがある。中学校3年生の時『赤ずきんちゃん気をつけて』という庄司薫の小説が芥川賞を受賞して、これはと思い ... » more
テーマ 読書 私事 小説

こよなく鋭角を愛する26話です。◎第26話「決闘倶楽部の世界」閉ざされた室内で、田宮は自らに枷を嵌め、純朴な少年に向かい合う。昂ぶる気持ちを抑え切れない少年に、田宮も呼応し、扉を開く。戦慄の決闘の果て ... » more
テーマ デュエル 田宮行方の世界 小説

まほろ駅前で便利屋を営む多田君が遭遇する色んな出来事、人々。気取らない文の中の優しさ、寂しさそして誠実さ。軽く見せて実は深い小説なんです。「舟を編む」「神去村〜〜」(林業を知りました)「まほろシリーズ」等々どれもすばらしい作 ... » more

「・・、え・あ・ああ〜・・」郁美が湯を止め様と壁にあるボタンを押している時、その悲鳴染みた声が出る。なんと其処からも驚愕、有ろう事か湯を溜めていた其処に頭からつんのめり込んでしまう。湯を強かに飲んでしまい慌てて顔を出すと、も ... » more
テーマ エッセイ 小説

2011年に書き初めた前編。作者の震災体験も投影している。震災津波を重くしない読物。フィクションにするのは難しかったろう。 ... » more
テーマ 小説