誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説

小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
子テーマ: 推理小説 SF小説 BL小説 ミステリー小説 携帯小説 ライトノベル 恋愛小説 ホラー小説 オリジナル小説 小説家 連載小説 夢小説 時代小説 短編小説
テーマ「小説」のブログを一覧表示!「小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「小説」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

◆◆◆虚数レベル能力の誕生は、通常のデュエリスト能力が神の手に一歩近付いた偉業であった。その偉業を成し遂げたのは、6本指の異形、竜堂神邪。幾つか前の世界の。その世界でも、彼の母親は“神炎”(ゴッドフェニックス)と ... » more

四☆月読みRのつく月には気をつけよう
Rのつく月には気をつけよう 石持浅海著祥伝社2007図書館で借りてきました。本の装丁がかっこよかったのが借りようと思ったきっかけ。そしてタイトルから、牡蠣の話ではないかと私は勝手に解釈して牡蠣が肝になっている恋愛小説・・・・・・ ... » more
テーマ 濫読本 推理小説

四☆月読み三匹のおっさん ふたたび
三匹のおっさん ふたたび 有川浩著文藝春秋2012図書館で借りてきました。ついつい、返しに行くと借りてきてしまう。2週間で読める本は2冊かなと、2さつだけ借りた1冊。読後、スカッとするのがよいです。3匹のおっさんは剣道の達人清田清 ... » more
テーマ 濫読本 小説

A町とB町を結ぶコジマ電気へ家から行く近道を工事している。おもえばそんなに立派にしなくとも木で十分だった。車用のはちゃんとある。余計なことをするものだな。ある探偵はそう思った。しかし税金ってやつも使い ... » more
テーマ 雑記 小説 ブログ

姫。へー、何?今日の靴はご立派すぎまして足が痛いです。脱いだら爪を切るか?いくらでも・・・・おまえは少し優し過ぎじゃ(バチン)ごめんな、ちょっと強くたたき過ぎた。しかしでございますな。 ... » more
テーマ 小説 ブログ

あああ小説:天使の囀り
天使の囀りを読みました。貴志祐介さんの小説になります。週末医療の病院で女医さんをしている女の人が主人公の物語になります。恋人が調査団に参加してブラジルに渡っていてメールのやり取りから物語が始まります。てっきり最初は恋人の方が主人 ... » more
テーマ 小説

「コン、コン・・」ドアを叩く音がした。「は〜い・・」其れに呼応して部屋の住人がドアを開ける。「・・、・・」見た事も無い婦人が廊下に立たれていた。「何方でしょう・・」「あ・・、そうだわね、私、佐々木美咲と申します」「・・、えは ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◆◆「理解できないなら理解しなくていい」それが竜堂神邪という人物のモットーであり、口癖である。理解できないものを、無理に理解することはない。下手な理解をされることは、全く理解されないことよりも苦痛だ。 ... » more

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる特装版 12巻  感想ブログ 外側から見たハーレム星☆☆☆☆今巻は・鋭太が生徒会長として苦労する話・ヒメのブレイクに関する思惑・外側から見たハーレム・カオルの掘り下げの4つの項目が交錯しております。うーんなんという ... » more
テーマ アニメ 俺の彼女と幼なじみが ラノベ

エレウシスオンライン、3章の31話、変調3を更新しました。http://ncode.syosetu.com/n9039dk/ ... » more
テーマ 小説

ときめき2、17周年おめ!あとこれは小さい声でいうけど、この小説も360話超えおめ…!久々に書いた気がするけどやっぱり出番が多い気がする光タソwまあなおとくんと同じ楽器に置いたからには仕方ないね。っつーかマジたい ... » more
テーマ ときめきメモリアル 小説 5期 定演編

◆◆◆「理解できないなら理解しなくていい」それが竜堂神邪という人物のモットーであり、生き方である。理解できないものを、無理に理解することはない。理解が不可能なことは、理解の必要が無いものだ。人生は、子供の頃に ... » more

「ばつが悪い」という言い回しがあるが、これは「場都合が悪い」が語源になっているそうだ。 森絵都作「漁師の愛人」を読んだ。表題作の他に「少年とプリン」、「老人とアイロン」、「あの日以降」、「ア・ラ・モード」の五編が納められた短編集の一編を ... » more
テーマ 日記 独り言 小説

エレウシスオンライン、3章の30話、変調2を更新しました。http://ncode.syosetu.com/n9039dk/ ... » more
テーマ 小説

「なんだかへんですよ」よほどにやけていたのか健はスタッフに注意される。「いや、なんでもない」平静を装うと仕事にとりかかる。プログラミングを外部のエンジニアに頼むかどうか検討しないとならない。しばらく書類を精査するとコーヒーをいれ ... » more
テーマ 恋愛小説

◆◆◆「・・・というわけだそうです、郁美さん。バツグンですね。」黒いフードのゴーストフェイスが、電話で話していた。レベル5能力者を狩ろうとしている集団がいて、泣笠と麦庭、それに海堂が、闇のデュエルに負けて、《魂の ... » more

【ネタバレ】「黄金の銃をもつ男」イアン・フレミング THE MAN WITH THE GOLDEN GUN (1965) Ian Flemingさらば原作ボンド!ちょっと寂しいシリーズ最終作雪降ってますけど秋の冒険小説祭り第5弾!原作者イアン・フレミン ... » more

エレウシスオンライン、3章の29話、変調1を更新しました。http://ncode.syosetu.com/n9039dk/ ... » more
テーマ 小説

三島由紀夫には矛盾がないとか三島は時間の感覚がしっかりしているとか色々いわれているけど本当はさみしいというかしらけているというかそんな内実をもった作家、それが三 ... » more

◆◆◆「ああ、昼休みって、けっこう長いなあ。」セミロングの茶髪を黄色いリボンでポニーテールに結い、麦庭桜は可愛らしく目を細めた。エキシビションマッチの観戦で熱狂し、食事で体に熱源を入れたので、けっこうな汗をかいた ... » more

あああ小説:掟上今日子の旅行記
掟上今日子の旅行記を読みました。西尾維新さんの新刊になります。忘却探偵シリーズの8巻目でしょうか。今回はタイトル通り?日本を飛び出してフランスはパリが舞台となります。今日も今日とて事件に巻き込まれた厄介。退職金(+口止め料)代わ ... » more
テーマ 小説

◆◆◆(間に合ったか・・・?)レッドラムは遠くで、泣笠の無事を祈っていた。◆◆◆泣笠葉継:LP2800、手札5(サイクロン、サンダー・ブレイク、おろかな埋葬、H−ヒートハート、H−ヒー ... » more

【ネタバレ】「野獣王ターザン」 E.R.バローズ TARZAN THE UNTAMED (1920) Edgar Rice Burroughsジャングルの王者、我が家の押し入れから復活!秋の冒険小説祭り第4弾!エドガー・ライス・バローズが生み出した世 ... » more
テーマ 小説 冒険小説

エレウシスオンライン、3章の28話、銀の狼4を更新しました。http://ncode.syosetu.com/n9039dk/ ... » more
テーマ 小説

ごめんクソお待たせwwポケモンめちゃくちゃたのしいいいいいいやばいマジハマってぜんぜん書けなかったごめんwwとりあえずな、次から学校戻るぜってかポケモンまじおもろいんだけどwいまクリアして、1〜2体妥協気味に ... » more
テーマ ときめきメモリアル 小説 5期 定演編

◆◆◆「え、えっへへ、ぼく、ネバネバ大好き。納豆、オクラ、山芋、食べるの好き。」小太りの少年が、デッキをシャッフルしながらニタニタ笑う。見てるだけで吐き気を催しそうだ。「糊で遊ぶの、好き。ボンドでネチャネ ... » more

葉桜の季節に君を想うということ 第4回ミステリー大賞!って触れ込み+タイトルの素敵な響きに惹かれて読んでしまった。歌野晶午という作家も初めてだったし。・・・読んでしまった、というのが読み終わってからの気持ちの全てというか、なんというか、な〜んかスッキリしないんだよ ... » more

春華夏月仄暗く愛おしい
「それなら、これからは仍雪の教育はお前に任せるとしようか?それなら、文句も無いだろう。何時でも、好きな時にこの体を抱く事が出来るのだから。」そう言うと彼は床に倒れている仍雪を抱き上げた。「ほら、この白い肌も細い腕も。全て今日から ... » more
テーマ 小説

春華夏月仄暗く愛おしい
父の部屋で、鏡乃信は我が目を疑いたくなるような光景を目にした。乱れた床の上、幼い仍雪を組み敷く父の姿。あまりのことに、声を出すことさえ出来ず鏡乃信はその場に立ち尽くした。「無粋な奴だな、人の部屋に入る時は一声かけてから入るものだと教 ... » more
テーマ 小説

◆◆◆「波佐間さん、遅いな〜。」稲守蛍は待ちくたびれていた。すっかり昼食は済ませてしまい、遠山も柊も午後のプログラムに向けて作戦を練っている。「・・・ふーん、となると自分のデッキが使えない場合の作戦も考え ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 04:40

「小説」のブログ関連商品

» 「小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る