誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説

小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
子テーマ: 推理小説 SF小説 BL小説 ミステリー小説 携帯小説 ライトノベル 恋愛小説 ホラー小説 オリジナル小説 小説家 連載小説 夢小説 時代小説 短編小説
テーマ「小説」のブログを一覧表示!「小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

電マは無情にも、海雪の敏感な箇所を責め続ける。海雪が腰をガクガクさせながら激しく昇天してしまったところを、多くの男たちが興味津々に見ていた。全裸を晒すだけでも精神が崩壊するほどのショックなのに、電マで責められて、イッちゃうと ... » more

室町幕府に献上された石見銀山を接収した陶晴賢は、幕府の権威復権にかける京都奉行の斎藤道三の怒りを買い、出雲の尼子晴久と安芸の毛利元就に晴賢の討伐令が出された。こうなるように裏で仕掛けたのは、毛利家の与力となっていた黒田官兵衛 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

満載!Myど−らく夏草の賦
夏草の賦 真田太平記でもそうですが、長曾我部氏の描かれ方は戦国英雄の中ではあまり英雄然と描かれていない・・・という、いかにも「ミーハー」な理由から、司馬遼太郎が描いているにもかかわらず今まで読んでいなかった「夏草の賦」。賦・・・も、読み方 ... » more
テーマ ホビー 読書 小説

力ずくで奪うってことは、しちゃいけないことなんだよね。ぼくだって知ってる。でも、その理由は知らない。誰も知らない。少なくとも、ぼくの周りの大人は誰ひとり知らないね。おかしいよね。だめだって言っておきながら、その理 ... » more
テーマ エスパー奇譚 千里 小説  トラックバック(1)

四☆月読みケーキ王子の名推理
ケーキ王子の名推理 七月隆文著新潮社文庫2015「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の作者だと思ったので本屋さんで衝撃的に購入。全く違う話だと思いました。どちらかというと、笑って楽しめる本でした。ケーキ好きな女子高生が主人公で ... » more
テーマ 濫読本 ライトノベル

ぼくは明日、昨日のきみとデートする 七月隆文著宝島社文庫2014本屋さんで平積みになっていて、ずっと気になっていた本です。偶然、片道20分の地下鉄に乗ることになって駅近くの本屋さんで衝動買いしました。せつない初々しい恋愛に若かった時の気持ちを重 ... » more

黒田官兵衛の活躍で尼子家から石見を奪還して毛利家は恩賞として領地を手に入れた。だが、当主の毛利隆元は、石見を頂くつもりでいたため不満だったので父の元就に不平を述べた。隆元「何で石見を陶殿に譲ったのですか?」すると元就は、 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

ダスティンのテストダスティンの肘の回復を見るためもあって会議の会場は東京ドーム(別名:ビッグ・エッグ)でした。他球団への情報漏れに配慮し、巨人軍の職員以外誰もいない状態で開かれました。驚いたのは、長嶋監督直々に、挨拶だけですが、二人 ... » more
テーマ 小説

色気とゆうか何か物凄い迫力が有った。裸を魅せられると輝之はもう蛇ににらまれた蛙同然、本当にこんな気持ちは初めて、相手が百戦錬磨の女性、しかも絶世の美女、今迄も相当な美人を抱いて来たが、此処は別格だった。渋渋従い出るが、何と驚 ... » more
テーマ エッセイ 小説

昇天寸前の敏感な肉体は、あと少しの刺激にも耐えられそうもなかった。特に股をサボテン電マで責められてしまったら、確実にイッしまいそうなので、海雪は神妙にしていた。生意気な態度なんか取ったら、出鼻をくじくまで意地悪されるに決まっ ... » more

嘘は、いけないことだ。嘘は、悪いことだ。だから私は、今でこそ嘘つきだけど、子供の頃は正直な子供だったんだ・・。ただし、頭に“馬鹿”がつく方のね。正直というのは損をするということだ。野球をしていて町長の家の窓ガ ... » more
テーマ エスパー奇譚 千里 小説  トラックバック(1)

オレは神様なんか信じちゃいない。我慢して、大人の言う事聞いて……そんな人生の何が面白い?世の中好き勝手やって、自分が楽しんだ者勝ちだろ。そう思ってた。事実、そう生きてきた。 ... » more
テーマ 小説

あれから、数年程の月日が流れた。私達は今後の相談を主先生に相談し、生き方を決めた。私は、高校を卒業後、主さんの家に住み込む事となり、ジェンダークリニックに通い始めた。結果、診断書を手に入れて、もうすぐ性適合手 ... » more
テーマ 小説

静かだ……主に家の近くまで車で送って貰ったオレと日織は、二人で夜道を歩いていた。「お前が無事で良かったよ。」オレの不手際で、日織まで迷惑をかけてしまった。守るっていう約束なのに、オレは何をやっているんだろ ... » more
テーマ 小説

「いい加減しつこすぎるぞ。」ガリガリと鉄パイプを引きずりながら、ゆっくりとこっちに近づいてくる。「誰一人、ここから逃がさねぇよ。」――おせぇよ一瞬で決着はついた。いや、最初から決まって ... » more
テーマ 小説

「くそっ!」どんなに押し返そうとしてもびくともしない。くそ、またなのか……またオレは――「葉月!」オレがここで折れたら、日織まで!「お前には雌の良さを教え込んでやるよ!」「くそ ... » more
テーマ 小説

言葉と同時にオレは渾身の拳を奴の右頬にぶち込む。面白いくらいに、将大は地面に倒れ転がっていった。「なんだよ、それで終わりか?」将大はぴくりとも動かない。鍛えているとはいえ、所詮は女の拳だ。何か企んでいるの ... » more
テーマ 小説

しばらくすると開けた場所に出た。月明りに照らされて二人の人影が映りだされている。一人が間違いなく日織。もう一人は――おそらく主の妹の東子だ。その姿は無残で、衣服は引き裂かれ、どのような行為が行われたか容易に想像で ... » more
テーマ 小説

目的地に着いたオレは、日織の携帯を鳴らした。「着いたぞ。」電話相手にそう短く伝えて通話を切った。しばらくすると、中から将大が出てきた。「一人で来たんだろうな?」「そうだ。日織はどこだ?」 ... » more
テーマ 小説

意識が朦朧とする。誰かの悲鳴と誰かの怒号が聞こえる……頭が上手く回らない、何が起きているのだろう?悲鳴は嗚咽に変わり、怒号は罵倒に変わる。あぁ、きっとここは地獄なんだ。鬼が人を拷問にかけている最中なのだ。 ... » more
テーマ 小説

井上理恵には手紙を出したら、避けるようになってそれっきり。丹羽登紀子は私に運転練習を勧めてきた。丹羽の父親所有の車を借りて、郊外の人の少ない場所を走る事になった。これが更なる大きな失敗を招く。元々、北海道の様な広い車通り ... » more

茉莉はじーっと天井を見ている。「ね、アレ、何してんの?天井じーっと見て」健は真二に心配そうに疑問を投げかける。「あー、アレは、状況の把握。ホラ、ココはどこ?私はダレ?ってやつ」2人はじっと彼女を見守る。彼女は天井を見たまま、 ... » more
テーマ 恋愛小説

雑草から解放されたアジサイが最期の足掻きか見事に咲いている。雨ももう終わりなのかこれも最後のどしゃ降りだろうか・・、縁側で自然の力を知らされていた。「え・・」どしゃ降りの中、見知らぬ軽が入って来る。「あ・・、恵さん・・」「ひ ... » more
テーマ エッセイ 小説

「ほどいてほしい?」弘が聞く。「ええ」「わかったほどいてあげる」とブラジャーの紐をほどく。「あああ、やめなさい、こらあ・・・あああああ!」まさか。ブラジャーを取られてしまった。海雪は気が動転した。胸を思いきり ... » more

やってしまった…また何も進まんwwwこんばんは。何も進みませんので、気楽に流し見てくださいwwとかいいつつも文字数7000…ワロエナイっつーか次の土曜日でこの小説も4年目に入ってしまうんですよね。未だみんな1 ... » more
テーマ きら高吹奏楽部 5期 ときめきメモリアル 小説

いつだって、欲しいものは手に入らない。子供の頃から飢えていた。自分が持っていないものを、人は持っている。それは、お金だったり、おもちゃだったり、友達だったり、食べ物だったり、とにかくいろいろあるけれど・・・。何故なん ... » more
テーマ エスパー奇譚 千里 小説  トラックバック(1)

岩通信そらをみつめる子どもたち3
カレー屋さんを出た僕らは街をうろつき、CDショップや本屋さんやブティックをのぞいた。何も買わなかった。混み合っている帰りの電車の中で運良く僕らは座れた。「ああ、また日曜日が終わるね」と杏子が言った。「そりゃそうだよ」と僕は答 ... » more
テーマ そらをみつめる子どもたち 小説

岩通信そらをみつめる子どもたち2
杏子もこのハプニングをじっと見つめていた。そして座ったまま伸びをすると、僕に微笑みかけた。僕も微笑んだ。目的の駅についた僕らは改札を抜けると、近くのわりと大きなカレー屋さんに入った。僕はこの店のテントと同じ明るさの黄色いトレーナーシ ... » more
テーマ そらをみつめる子どもたち 小説

岩通信ウラとマイ♪励ましを書こう
ウラさん、小説を書き始めましたね。うん。書くことが楽しくなってきたよ。それはそうと、深田恭子さんや綾瀬はるかさんをモデルにまた新しい小説を書こうと考えているみたいだけど・・・そうなんだよ。名前は変えないといけないから ... » more
テーマ 倉木麻衣さんへ 恭子さん、ゴー! 小説

岩通信そらをみつめる子どもたち1
1日曜日の午後は明るい春の日差しに暖められてぽかぽかしている。今朝早くから降っていた小さな雨の跡も今は乾いて、道行く人々の表情も心なしかゆるやかだ。アスファルトの隙間から顔をのぞかせている雑草が、誰にも気づかれないたくましさ ... » more
テーマ そらをみつめる子どもたち 小説

 

最終更新日: 2016/06/26 01:51

「小説」のブログ関連商品

» 「小説」のブログレビュー をもっと探す

「小説」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

夏美のホタル【電子書籍】[ 森沢 明夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 夏美のホタル【電子書籍】[ 森沢 明夫 ]
楽天Kobo電子書籍ストア

【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説― の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 【掌編】The Cocktail Story ―あなたに贈る、20種類のカクテル小説―
ごきげんビジネス出版 長谷川 洋美

オーバーロード10 謀略の統治者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル オーバーロード10 謀略の統治者
KADOKAWA/エンターブレイン 丸山 くがね

ラストエンブリオ (3) 暴走、精霊列車! (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ラストエンブリオ (3) 暴走、精霊列車! (角川スニーカー文庫)
KADOKAWA/角川書店 竜ノ湖 太郎

この素晴らしい世界に祝福を! (9) 紅の宿命 (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル この素晴らしい世界に祝福を! (9) 紅の宿命 (角川スニーカー文庫)
KADOKAWA/角川書店 暁 なつめ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「小説」ブログのユーザランキング

For side 11 位.
For side
あああ 12 位.
あああ
634.rer.jp/blog 20 位.
634.rer.jp/blog
miaou de chat 24 位.
miaou de chat
岩通信 27 位.
岩通信
俺の独り言 37 位.
俺の独り言
Starship 21ZNA9 41 位.
Starship 21ZNA9

テーマのトップに戻る