誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説

小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
子テーマ: 推理小説 SF小説 BL小説 ミステリー小説 携帯小説 ライトノベル 恋愛小説 ホラー小説 オリジナル小説 小説家 連載小説 夢小説 時代小説 短編小説
テーマ「小説」のブログを一覧表示!「小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

カズオ・イシグロ ‘日の名残り’ 今更ながら、ノーベル文学賞受賞者のカズオ・イシグロ氏の小説‘日の名残り’をようやく読みました。この小説は、主人公の執事が休暇旅行(といっても、目的はあったのですが・・・)をしながら、自身の仕事を振り返り、品格とは何かということを自問自答して ... » more

天涯無限 アルスラーン戦記 16 を読みました。田中芳樹さんの新刊になります。とうとう最終巻です。Amazonで酷評されてたので覚悟して読みましたが、それほどひどくはなかったです。なんというか中国の歴史小説とかでよくある最後はシオシ ... » more
テーマ 小説

【ネタバレ】 「死ぬのは奴らだ」 イアン・フレミング LIVE AND LET DIE (1954) Ian Flemingカリブの秘宝をめぐってハードボイルドから冒険小説へ脱皮!みなさん、来年の目標は決まりましたか?管理人の2018年の目標は・・・「生 ... » more

アルファポリスで再スタートしました『何でも屋』! 自分の作品の紹介をすっかりと忘れていた、どうもポテトバサーです。「心霊調査ビッグサマー」に夏目監督に西川千尋さんにと、立て続けに記事を書いていたものですから(笑)。まぁ、自分の小説の記事となると、グンッと閲覧数も下がり、悲しくなるの ... » more
テーマ オリジナル小説 何でも屋 小説

一片氷心2017年11月読書記録(2)
2017年11月読書記録(2)血界戦線 魔封街結社 (ジャンプコミックス)ニューヨークが一晩で崩落し、再構成されて出現した、異界と人界とを繋げる接点の街ヘルサレムズ・ロット。そこで世界の均衡を守るために暗躍する秘密結社ライブラと、特 ... » more

「ひかりの魔女」山本甲士著(双葉文庫)を読んで 「ひかりの魔女」山本甲士著双葉文庫の小説の紹介文はこちら。「浪人生の真崎光一は一日中家にいる。そこへ祖母が同居することになった。小柄で温厚で普通のおばあちゃん……と思ったらなんだかめちゃめちゃ多くの人に慕われてるし!?周囲の問題 ... » more
テーマ 日記 小説

一片氷心2017年11月読書記録(1)
2017年11月読書記録読んだ本の数:63冊読んだページ数:9780ページベストは「後宮に星は宿る」ボールルームへようこそ(9) (講談社コミックス月刊マガジン)続刊が出るのに随分間が空いたので、完結してから読も ... » more

【ネタバレ】 「シャドー81」 ルシアン・ネイハム SHADOW 81 (1975) Lucien Nahumシャドー81 (ハヤカワ文庫NV)早川書房 ルシアン ネイハム Amazonアソシエイト by 飛行機乗りだから考えついた新手のハイジャック ... » more
テーマ 小説 冒険小説

神性のない曲、逆に言えばもしかしたら魔性の作品なのかもしれない。静香はそう思うと、そういう雅也の曲に惹きつけられたということを否定できない。ただ、彼女も彼の創作を美しいと感じ、彼と恋に落ち、そして引き裂かれた。ボロボロになった彼女はいっとき ... » more
テーマ 恋愛小説

【ネタバレ】 「鋼鉄都市」 アイザック・アシモフ THE CAVES OF STEEL (1953) Isaac Asimov鋼鉄都市 (ハヤカワ文庫 SF 336)早川書房 アイザック・アシモフ Amazonアソシエイト by 宇宙人が被害者でロボット ... » more

何度も何度もエズク美咲、慎吾は構わず腰を揺すり、なんとかあそこがいきり立って来る。犯罪、正真正銘の性犯罪、無理やり口に捻じ込んだまでは良いが、其処で慎吾は豹変、今迄こんな動き方は無かった、其れだけ興奮と犯罪意識と凶暴さが重な ... » more
テーマ エッセイ 小説

日記。 『ロードス島戦記』の価格高騰という謎の現象を目撃。 ... » more
テーマ 小説

思えば夏の盛りの交通事故に合い、其れからというもの慎吾はあれよあれれと言う間に世間が大きく開き始めた。会社も辞めてしまうが其処もどうにか可笑しな展開に成り出して忙しい身、今まで毎朝出勤していた事が嘘のように思えた。十月も変わ ... » more
テーマ エッセイ 小説

BL小説 「春より早く[増補版]」/あいだ 「お前のこと、バカにしたの。……きれいなやつだなって思ってて、でもどうせ俺みたいなのに手に入るわけないから、悪口言ったんだ」*ここらへんの件が青春しててキュンキュンしました。石和の攻キャラすごく好き苦労人の転校生×傲慢で無邪気な ... » more
テーマ BL小説

平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』(16/04、毎日新聞出版)を読みました。クラシック・ギタリストとジャ−ナリストの物語です。ギタリスト蒔野聡史と、ジャ−ナリスト小峰洋子。38歳の男と二つ年上の年上の女は、男の演奏会の後の楽屋 ... » more
テーマ 音楽 小説

堂々のグランドホテル・スタイル「オリエント急行殺人事件」 原作も読み、監督:シドニー・ルメット、出演:ショーン・コネリー、イングリッド・バーグマン、ローレン・バコール、ジャックリーン・ビセット等々・・・、大スターを擁した1974年版を見ている者にとっては、「ケネス・ブラナーさん!お手並み拝見」と言 ... » more

データベースに無かったのでアマゾンで「.雨に泣いている」と一緒に2度買いしてしまった。 元政府高官で鷲津の顧問がFBIに拘束されるところで気がついてブログをチェックした。まあ面白いからしょうがないか。 なんで入っていなかったんだろう? ... » more
テーマ 小説

Overline(オーバーライン)、第6章リヴァイアス家を目指して1をを更新しました。http://ncode.syosetu.com/n0788ea/ ... » more
テーマ 小説

昼過ぎ現れた女性に慎吾は吃驚する、其れ程日本人離れされた体つきと姿、顔は日本人特有の瓜顔だから其処は安心するが、後ろからでは外人と思える程背が高く均整がとれた肉体だった。「紗代、此処から話す事よう聞いてな」「おばちゃん、何・・」 ... » more
テーマ エッセイ 小説

Overline(オーバーライン)、第6章セレニティア4をを更新しました。http://ncode.syosetu.com/n0788ea/ ... » more
テーマ 小説

Overline(オーバーライン)、第6章セレニティア3をを更新しました。http://ncode.syosetu.com/n0788ea/ ... » more
テーマ 小説

中卒の私小説作家。当初より期待して読んできた。何故かっていうと底辺までいった人間つまり半端じゃない人間のことがよくわかるから。作家は人間を書かなくてはいけない。所詮人間なんてど ... » more
テーマ 読書 小説 ブログ

此処での結果が如何であれ、慎吾はお構いなし、此処で年増の良さを十分に味わえると確信しているから、気は半端なく昇り詰めていた。「玲子さ〜ん、しゃぶって」「・・、あ、だね良いのかわしで・・」「早く〜」布団を退けて慎吾は叫ぶ。 ... » more
テーマ エッセイ 小説

養子三代 12 自分は、突然現れた三国老人の抱擁に、身体が浮き始めていた。如何してだろう?・・・・・・・・嫉妬した自分は居たが、眼の前に居なければ、忘れられるのに?・・・でも、顔を合わせれば、ましてや、唇まで合わせられれば、身体が反応してし ... » more
テーマ 官能小説 養子三代 小説

「あんた、此れ・・」「おうまげに嵌っているが、此れは傷はついて居ないがあんた良かったね新車じゃ無いか」「済みません迷惑懸けます」「良いが、じゃジャッキで上げるか」クレ−ン付きのトラックを動かして仕事を始められる。「パパ・・」 ... » more
テーマ エッセイ 小説

【淫道驀進】母がこんなにも思慮深く強かさとは今更知らされる。子供時分から話などそう多く無かったが、大人になると其処が違う、今じゃ何でも母には言えるし、母も芯から聞いてはくれていた。「あのな、此れはお前にとって都合が良い ... » more
テーマ エッセイ 小説

佐久間闇子と奇妙な世界同位角の世界
大郷番外編・第5弾です。◎同位角の世界救済の物語です。<これまでの大郷編>1、サトリンの世界2、フリークスの世界3、プロメテウスの世界4、真弓刹那の世界 ... » more
テーマ デュエル 田宮行方の世界 小説

カストロの尻・金井美恵子を読んでいるなんてカキカキするという行為はブログの場合どう思われるのカスィラまいいやこの作家読ませる文章で新聞や雑誌の細部をつついているのだがそ ... » more
テーマ 読書 小説 ブログ

金井さんはいつのころからかメタフィクションとでもいう小説を書くようになった。今回の小説もそうである言葉に対する態度は敬虔で頭が下がるそれにしても40年以上優れた小説を書き続ける ... » more
テーマ 読書 小説 ブログ

さて茉莉の羽根はどんな色合いなのだろうか。雅也は想像して胸を震わせる。そう、縁取りは赤く、しかしすぐに真紅は消え去り、ピンク色に変わる。それを眩しい光が包んでいる。彼女の表の顔は小悪魔的でもあり、それでいながら汚れが滲み出してはいない。隠れ ... » more
テーマ 恋愛小説

 

最終更新日: 2017/12/18 13:01

「小説」のブログ関連商品

» 「小説」のブログレビュー をもっと探す

「小説」ブログの人気商品

テーマのトップに戻る