誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説

小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
子テーマ: 推理小説 SF小説 BL小説 ミステリー小説 携帯小説 ライトノベル 恋愛小説 ホラー小説 オリジナル小説 小説家 連載小説 夢小説 時代小説 短編小説
テーマ「小説」のブログを一覧表示!「小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

こんな状況が続いたらいずれ関係は壊れていくと思うと、健は頭を震わせてしかめっ面をする。「どうしたらいいんだ」また独り言が出てくる。飲み終わったコーヒー缶をゴミ箱に入れると、彼は立ち上がりかけて、また座る。深いため息をつくと両手を ... » more
テーマ 恋愛小説

五月二十七日、素晴らしい天気、正之は朝起きると圭子さんが置かれたメモをじっくりと見る。「良し出掛けるか・・」徐に立ち上がり、衣服を整えると部屋を出た。車に乗り込み途中で買い物を終えると広島市内を出て祇園方面にと向かう。こ ... » more
テーマ エッセイ 小説

五月十八日、昼前携帯が鳴った、出ると圭子さん、部屋に早く来てと言われた。携帯が普及しだすと此処も様変わり、今まではどちらかが部屋に行っていたが、今じゃ携帯で呼ばれる。「何か・・」「座っててね、コ−ヒ−を出すし」相変わらず ... » more
テーマ エッセイ 小説

バレンタインに、ラギさんからのビターな番外編はいかが?◎traveler輪島の憤慨(番外編12複数の時期)生まれ落ちた原石たちは、互いに磨き合う。輝きを手にする為に、傷つくことも恐れはしない。 ... » more
テーマ デュエル 田宮行方の世界 小説

まじですみません体調崩した&忙しくて更新できませんでした。こんばんは。FFの曲最高すぎですね。サントラとかBLACKMAGESを聞いてしみじみそう感じてます。妖星乱舞めちゃくちゃいいっすよね。Wの最後の戦いと ... » more
テーマ ときめきメモリアル 小説 5期 定演編

平成十年五月、正之は二十九歳になっている。色々あってここまで来た、一番は広島で出会った人々の御陰、其れが積み重なりあれれという間に正之の周りには人が集まる。其処にはおぞましい繋がり、其れが上手く回り今日が有った。「ふ〜もう直 ... » more
テーマ エッセイ 小説

Overline(オーバーライン)、エピローグ無名の英雄2をを更新しました。http://ncode.syosetu.com/n0788ea/ ... » more
テーマ 小説

【ネタバレ】 「かわいい女(リトル・シスター)」 レイモンド・チャンドラー THE LITTLE SISTER (1949) Raymond Chandlerリトル・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫)早川書房 レイモンド チャンドラー Amazonアソシエイト by まず訃報か ... » more

『ダンまち』をストーリーは今一歩物足りないなと感じながら『文章がナンカイイ』からという理由でチマチマ読み進めていたんだけどアニメよりも後の範囲に行ったらストーリーもモリモリ面白くなってきた感が有って ... » more
テーマ 小説

Overline(オーバーライン)、エピローグ無名の英雄1をを更新しました。http://ncode.syosetu.com/n0788ea/ ... » more
テーマ 小説

横たえる秀肉、義母の肉は熟成されているし、若い娘の肉は硬く弾力性が有った。その転がる肉を眺めているとまたまた正之の股座が異変をきたす。そこからなんとま〜またも義母の好江に跨ってしまう、呆れるほど情欲をそそる肉体、未だ先ほどの ... » more
テーマ エッセイ 小説

とても疲れた。https://www65.atwiki.jp/fag-nobel/建民の横暴さにより、遂に侵攻を開始したチャイナ王国軍。迎え撃つグランザム帝国軍、そしてカリンもまた新型フレームアーム・レイファルク ... » more
テーマ ホビー 日記 小説

山崎ナオコーラセンセの「"ブス"の自信の持ち方」というエッセイを読んでミマシタ。https://43mono.com/series/busu_jishin/jishin01/そもそもブスについて語る女性って ... » more
テーマ 教育 日記 小説

「お帰り、ひや〜若い、義母さん」「そうだけ〜まげな若者じゃろう」「・・、・・」正之は車を降りて挨拶するが、これまた驚かされるほどの立派な家の造り、ここらはほとんどが、あの新幹線や空港、そして山陽道の御陰でこんな家と楽な暮らしが出 ... » more
テーマ エッセイ 小説

Overline(オーバーライン)、第7章光の剣3をを更新しました。http://ncode.syosetu.com/n0788ea/ ... » more
テーマ 小説

小説『巡り逢い』バレンタインカット 〈小説『巡り逢い』バレンタインカット〉初雪が二人の夜を包んだ後、二人は同棲を始めた。「もうすぐバレンタインね」濡れたシャツを乾かしながら、あゆみは言った。「一緒にチョコレート作らない?」「あ、そうだね ... » more
テーマ 小説『巡り逢い』 小説

今日は。 高木徳一の小説の執筆状況と『生死』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログ​http://blog.goo.ne.jp/to ... » more

今日は。 高木徳一の小説の執筆状況と『生死』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログ​http://blog.goo.ne.jp/to ... » more

初めて向かう東広島市、聞いていたがこれほどまでとは知らない、新幹線の駅前は未だちらほら空き地が見えるが駅が出来た御陰で此処らは様変わり、昔は何も変わらぬ田舎、しかも正之の里にも似たような場所だったとも聞くが、今は如何、目を見張る ... » more
テーマ エッセイ 小説

#P11 .ジョーの韓国外遊ここは、とあるホテルの一室。ベッドで寝ているジョー。グーグーと盛大ないびきをかいて・・・と思いきや、様子がおかしい・・・・顔色は悪く、ガタガタ震えている所を見ると、 ... » more
テーマ 小説 創作

五月に入る、佐伯さんの株を預けられ正之は本腰を入れ始める。其れは既に、あの宮島での抱き合いの中でそんな男性がいたと話をする正之、翌日早くも二人の家のご主人に呼出され、流川のクラブに来ている。食事の時、今まで寝かせていた金を預 ... » more
テーマ エッセイ 小説

姐さんの本棚お仕置き
気がつけばいつの間にか8巻めまで読み進めてしまいました。秋川滝美の『居酒屋ぼったくり』をご紹介したいと思います。今巻はとうとう美音さんと要さんに決まりがつきました……というか、その付け方に是正処置が施されました。将来の姑によ ... » more

暗殺拳はチートに含まれますか? ~彼女と目指す最強ゲーマー~ タイトルから受ける印象とはちょっとずれてる、かな暗殺拳はチートに含まれますか? ~彼女と目指す最強ゲーマー~ (ファンタジア文庫)KADOKAWA 2017-12-20 渡葉 たびびと Amazonアソシエイト by チート ... » more

ビビリが書いたホラー短編「青の折り紙」。 どうも、十数年ぶりにバッジを購入し、お気に入りのニット帽とリュックに付けたポテトバサーです(笑)。今回の記事は、アルファポリスさんで公開してます私のホラー短編「青の折り紙」のなぞなぞ解説の記事です。一応、あらすじです。 ... » more

平成六年三月、正之は晴れて大学を卒業する。思い返せば波乱万丈の日々、其処には三人の女性とお世話になった碧さんが居られる。本当にその女性たちは正之には大切な人は達だった。碧さんには本当にお世話になって来た。男女の関係は無い ... » more
テーマ エッセイ 小説

ミステリー風。 上海で両親を失いイギリスで上流階級の寮で育ったクリストファーが名探偵となり(そんな商売があるのか)上海で両親を探す。日本軍と蒋介石軍の戦場でアキラと再会するところは変だがそのあとの転回と母との再会はすこい。安寿と厨子王ふう。 ... » more
テーマ 小説

二人が風呂から上がると、「え、居ないわ」「帰ったんじゃない」「え〜玲子さん・・」「良いじゃない、居辛いのよ、あんたに・・」「・・、・・」「飲むのそれとも・・」「飲まない、疲れた」「寝よう・・」二人はリビングから寝室にと向かう、こ ... » more
テーマ エッセイ 小説

『情熱のマグマ』 第1回 万田実ファンタスティックアドベンチャー<神々対人々>第1章『情熱のマグマ』@悲しみの戦士マグニシアン・ホライドー第1回ーパンドラワールド八千年の禁が破られ、炎魔十二神が復活した。世界を地獄の業 ... » more
テーマ 神々対人々 小説

ゆっくり生きたい未必のマクベス
2017年の55冊目(12/31)。早瀬耕『未必のマクベス』ハヤカワ文庫(2017年)★★☆600頁に長さを感じさせず、読ませる小説だった。本書は、著者にとって22年ぶりの長篇第2作とあるが、これだけのブランクがあって、この ... » more
テーマ 小説

なげやりになりながらも茉莉がもっとキツイ態度を取り出したらどうしようと健の不安は強くなる。ボールペンをくるくると回しながら、イライラを鎮めようとする。これではどうにも仕事に身が入らない。「ああああ〜」ちょっと妙な声を出しながら思わず ... » more
テーマ 恋愛小説

 

最終更新日: 2018/02/15 11:56

「小説」のブログ関連商品

» 「小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る