誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    芥川龍之介

芥川龍之介

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「芥川龍之介」のブログを一覧表示!「芥川龍之介」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「芥川龍之介」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「芥川龍之介」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

芥川龍之介著・今昔物語に就いて 他 「河童・玄鶴山房」・芥川龍之介著(角川文庫)※ 仮面のような穴を穿った落ち葉…〇年末の一日 (大正14年12月)「…僕はなんでも雑木の生えた、寂しい崖の上を歩いていた。」…変な夢から目覚めれば、早や十二時であった。K ... » more

芥川龍之介著・湖南の扇 他 「河童・玄鶴山房」・芥川龍之介著(角川文庫)〇彼 (大正15年11月)亡くなった旧友(平塚逸郎)の思い出。平塚逸郎:「これは中学時代の友だちなり。しばしば僕と見違えられしと言えば、長身痩躯なることは明らかなるべし。ロマンティ ... » more

マルジナリア芥川龍之介著・蜃気楼 他
芥川龍之介著・蜃気楼 他 「河童・玄鶴山房」・芥川龍之介著(角川文庫)〇春 (大正14年4月)未完。妹から結婚したい相手を母に言って欲しいと頼まれた姉だが、妹の相手をよく知らず、日時を決め合いに行った。お互いよく知らぬ者同士、探りあいの会話途中でプツリ。 ... » more

マルジナリア芥川龍之介著・河 童 他
芥川龍之介著・河 童 他 「河童・玄鶴山房」・芥川龍之介著(角川文庫)〇 馬の脚 (大正14年1月)北京の三菱に勤める忍野半三郎は三十前後の会社員である。彼は二年前にある令嬢と結婚した。他の社員と変らぬ生活であった。或る日を境に彼の運命は変ってしまった。 ... » more

橋本幸博研究室芸術至上主義ではなく
芸術至上主義ではなく 毎日ブログを書き込んでいると、日々の生活を題材にして記事を書いているのか、記事を書くために日々の生活を送っているのか、わからなくなることがあります。ブログは芸術ではないのでしょうが、芸術至上主義のように、ブログを書くために日々の生活を送ると ... » more
テーマ 芸術至上主義 サイクリング 芥川龍之介

この話は身を持ち崩した若者杜子春が洛陽の街で壁にもたれてぼんやり空を見上げるところから始まります。元は金持ちだった彼にとって、その日の食事にも事欠く生活が、どれほど辛いものかは察するに苦労は要りません。まあ世間で言う道楽息子 ... » more

島村先生から福元館で「赤旗」に近々書評が掲載される予定と聞いていましたが、本日の「赤旗」に掲載されていました。関口安義著「世界文学としての芥川龍之介」への書評です。「人間性の真実探求に向かう若き姿」というタイトルがいい、と思います。この ... » more
テーマ 読書 島村輝 芥川龍之介  コメント(2)

マッキーの秘密日記両国高校!
両国高校! 先週は錦糸町、亀戸を取材していました!その中でも、こちらは、進学高校としても有名なあの両国高校です!去年から、中高一貫校となり、特に中学受験においては都立中高一貫校の中でも「小石川・、武蔵」と共に「御三家」と言われている程のハイ ... » more

芥川龍之介考(猿蟹合戦) 芥川龍之介がお伽噺を題材にした作品は珍しい。少なくとも私はこの作品しか知らない。このようにお伽噺を題材にした作品では太宰治の御伽草子が有るが太宰はオリジナルのストーリーを踏襲しつつ自らの解釈を差し挟むという手法だ。芥 ... » more
テーマ 芥川龍之介

この作品を初めて読んだのは高校生の頃だったと思う。猫を助けるために我が身を乞食に弄ばれるのすら良しとした、お富の潔さと作品に漂うエロチシズムに興奮した覚えがある。明治元年五月十四日の午《ひる》過ぎだつた。で始まるが明 ... » more
テーマ 芥川龍之介

出展は徒然草だったと思う。原作では結局竜は現れなく集まったギャラリーは去ってゆくという結末だが彼の作品では竜が現れ天に昇って行った。原作同様のストーリーが展開し最後に、どんでん返しがあるという趣向だ。「これから読 ... » more

この作品も舞踏会同様に高校の教科書に載っていたものだ。主人公の良平少年(当時8才)は小田原熱海間に敷設される軽便鉄道(施設や建設規格の簡単な一地方の交通に供する鉄道。また、軽便鉄道法(1910年施行、19年廃止)により敷設された鉄道 ... » more

芥川龍之介考(邪宗門) 芥川の所謂王朝ものの中でも邪宗門はひと際冴えていると思う。しかし残念ながら、この作品は未完成だ。地獄変の続編として書かれた、この作品の冒頭部分は堀川の殿様の壮絶な最期を生きいきと記述している。それは生前の様々な悪業の ... » more

この作品は中学や高校の現代国語の教科書に良く載るので、ご存知の方も多いと思う。某家の令嬢明子が頭の禿げた父親と出掛けた舞踏会での出来事を描写したものだ。舞踏会デビューの夜に出会ったフランスの海軍将校とダンスを踊り美味しい料理 ... » more

「羅生門・鼻・芋粥 他二十八篇」・芥川龍之介著(角川文庫)「羅生門」・(大正四年十一月・「帝国文学」)羅生門の中、外は夕闇、雨が降っていた。生きている人間は老婆と下人のみ、あとは死骸。丁度、老婆が死んだ女の髪を引き抜いて ... » more

「羅生門・鼻・芋粥 他二十八篇」・芥川龍之介著(角川文庫)芥川のものを続けて読んでいくと、いかに彼が貪欲な作家であったかわかる。いろんなstyleの作品に出くわすのだから。芥川の際立った特徴だ。これについて、吉田精一氏がうまく纏めて ... » more

芥川龍之介著・羅生門・鼻・芋粥 「羅生門・鼻・芋粥 他二十八篇」・芥川龍之介著(角川文庫)タイトルには、「鼻」とか「羅生門」、「芋粥」になっているけれど、この三作品の感想やら何なりばかりを書きたくない。文庫のタイトルがそうなっているので、そのままにした。久しぶりに ... » more

芥川龍之介の槍ヶ岳登山 芥川龍之介の槍ヶ岳登山芥川龍之介の著作集の中に『槍ヶ岳に登つた記』と『槍ヶ岳紀行』と言う題名の短い作品がある。いずれも龍之介が明治42(1909)年8月に槍ヶ岳に登った山行を材料にしている。ただし前者は山行後間もない時期(明治44年 ... » more
テーマ 『坊ちゃん』 芥川龍之介 槍ヶ岳

昨日の夕方のこと。 午後遅く、一人で用事に出かけた。 家電量販店にチラシを持って行ったが、目的の特売品は「売り切れ」とのことだった。 その後、結果的にホームセンターを2軒回った。年末に買った品物を別の規格の品に交換しても ... » more
テーマ 感覚 幼年時代 芥川龍之介

A Day in the LifeMENSURA ZOILI (芥川龍之介)
POP*POPというブログを楽しみに読んでいるのだが,そのブログに以下のような記事があった:芸術の価値を算出する?!MITの発明、『ART-O-METER』ART-O-METER は,MITで発明されたガジェットで,芸術作品 ... » more

散歩で学んだ色々「季節の出来事」
「「季節の出来事」について」について今日は本当に良い天気ですね。(東京は)私の家の近くが学校なのでラッパの音がよく聞こえます。また学生時代に戻りたいなぁ、って思ってしまいました。こんな良い天気になると思い出す本は芥川龍之介のトロッコを思い ... » more

野呂松(のろま)人形とは、頭ひらたく色青黒きいやしげなる人形、昔は諸大名が蔵前の札差、御金など、楽しみに使ったそうである。いまではこれを使う人は少ない。これを披露すると友人に誘われて招待に応ずることにした。話の内容は平凡であるが、最後に著者 ... » more

あまりに有名な作品で映画化もされていますので、あらすじは書きません。ポイントを1つに絞って書きます。後半に出てくる「二つの勇気」は皆が持つ人間の本性である。1つは理性的な勇気、2つ目は理性の無い、動物的、生きることのみに意味を見出す ... » more

芥川の短編は、読み始めるとわくわくしてたまらなくまる。最後の落ちが楽しみだからである。そして、考えさせられる。物語は、はげ頭の老人、若かりし頃は遊んだし、人生を謳歌したことだろう。今は、僅かな伝を頼って、ある料理屋に引き取られ、余生 ... » more

短い作品の中に、濃厚なまでに作者の観察眼と感性が書かれていた。あらすじは、全く取るに足りない、汽車内で、その向かいに同席したちょっと下品に思えた少女を、作者がウオッチングしたものである。まず作者は、ぼんやり憂鬱で、持参の夕刊を見ても ... » more

続けて、芥川龍之介 芥川も面白かった。今回はクイズ!東大時代の芥川龍之介は、なぜ「鼻」を書いたのか。というよりどうして鼻を題材にした短編を書いたのか。これには戦略的な考えがあった。ある作家を意識して。。。ううん。答えを書きたくてしょうがないけど、こ ... » more

芥川の『侏儒の言葉』は、時に考えるときのヒントを与えてくれる。政治的天才古来政治的天才とは民衆の意志を彼自身の意志とするもののように思われていた。が、これは正反対であろう。寧(むし)ろ政治的天才とは彼自身の意志を民衆の意志と ... » more

「河童・或阿呆の一生」芥川龍之介著 芥川龍之介氏の晩期の作品は、しんしんと冷え込む夜によく似合う。本書所収の作品を読んでいると、冬枯れの堤防を独り歩く著者の後姿が思い浮かぶ。それは文学的な位置付けであるとか物語の構成であるとか、そのような観点を離れて、人並み外れた知 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 01:00

「芥川龍之介」のブログ関連商品

» 「芥川龍之介」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る