誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    芥川龍之介

芥川龍之介

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「芥川龍之介」のブログを一覧表示!「芥川龍之介」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「芥川龍之介」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「芥川龍之介」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

『羅生門』HD完全版CS放送で真相が見えた!多襄丸が決闘で勝って夫を殺した!妻は後悔し死刑を望んだ! 夫の霊は多襄丸との決闘の敗北を隠したくて、潔く切腹して死んだと証言した。妻を目の前で強姦された大失態も隠したかったし妻に「(何故自害しない?だって!多襄丸を)この男を殺してから自害しろというなら男らしい夫だが(太刀も取らずに ... » more

日本では、あの世に行くと閻魔大王がいて、天国と地獄の仕分けをしており、嘘をつくと舌を抜かれるという、怖いお話がありまして、私も子供のころ、よく聞かされました,マア、普通ではヒットラーやスターリンと同じ所に、マザーテレサや賀川豊彦が同居し ... » more

文豪シリーズで、芥川龍之介の『白』の紹介です。(大正12年7月出、今回は昭和62年2月刊のちくま文庫『芥川龍之介全集5』版をテキストとしています。)この作品は昭和2年に亡くなった芥川の、晩年に近い頃の小品で、芥川龍之介のお伽噺と ... » more

TAJOMARU [ 2009年9月12日公開 ] {ストーリー}文武に長け、兄を敬い、将来を約束された畠山家の次男・直光には、阿古姫という許嫁がいた。しかし、将軍・義政の酔狂と、兄・信綱と家臣・桜丸の裏切りによって、二人の運命は急転し直光と阿古は畠山家を追われることに・・・。 ... » more

「上海」は本来日本語読みでは、ジョウカイと読まれるべきだが、日本人は誰もそんな読み方はしない。中国語と同じく、シャンハイと発音をする。それほど多くの日本人が夢を抱いて上海に渡り、上海は日本人に深い潜在意識を植えつけてきたのだ。上海は中国 ... » more
テーマ 上海 横光利一 芥川龍之介  コメント(1)

大変なヘビースモーカーだった芥川に「煙草と悪魔」という短編がある。日本に初めて煙草をもたらしたのはフランシスコ・ザビエルの従者に化けた悪魔であった、という設定だ。ある土地にたばこを植えた悪魔は、通りかかった商人に、「作物の名前をいいあてれば ... » more

芥川が飲んだ睡眠薬を処方したのは... 昭和2年の文学界の大事件、といえば、新進気鋭の作家、芥川龍之介の自決でしょう。7月24日の未明、田端の自宅で致死量の睡眠薬を仰ぎ、そのまま息を引き取りました。この睡眠薬、実は、あの斎藤茂吉が処方したものと言われています。切手 ... » more

一日一編「杜子春} 芥川龍之介
「杜子春} 芥川龍之介 完璧な作品ですね。何者かになるということよりいかに生きるべきかを問う哲学です。人を責める時の言葉、「お前は何を考えているのだ」というのはこの作品から派生したのかもしれませんね。(たぶん違う)ところで、このブログは ... » more

このお話を知らない人はいないと思うので簡単にあらすじをおさらいすると或る日、お釈迦様は極楽の蓮の池から地獄を垣間見られていると血の池地獄で阿鼻叫喚の苦しみでうめいている亡者の中にカンダタという1人の盗賊を見つけられました。彼は生前盗 ... » more

白とは犬の名前です。もちろん名前の通り白い犬です。それが、ふとした事から真っ黒になり、御主人様にはもとの白だとは思ってもらえず家を追い出され色々な冒険をするというストーリーです。ですから『生きる意味とは?』とか『真の ... » more
テーマ 芥川龍之介

マルジナリア芥川龍之介 INDEX 2
芥川龍之介INDEX 2 12007/12/06―2008/3/17【あ】或社会主義者(2)・或日の大石内蔵助(8)・あばばばば(13)・秋(16)・或敵討の話(16)浅草公園(17)・或恋愛小説(22)・或悪傾 ... » more

マルジナリア芥川龍之介 INDEX 1
芥川龍之介INDEX 1 22007/12/06―2008/3/171・07/12/06「河 童 他」(馬の脚・明治文芸に就いて・「わたくし」小説に就いて・藤森清造君に答ふ・点鬼簿・死後・カルメン・河童・病中雑記・早 ... » more

マルジナリア芥川龍之介著・鼻
「羅生門・鼻・芋粥」・芥川龍之介著(角川文庫)いよいよ最後の一つになった。やっぱり「鼻」で行くしかないと思う。今回は文庫本限定にしているから、これでおしまいだ。大半は一度は見た作品である。小皿に盛った懐石料理を賞玩するように芥川を楽 ... » more

マルジナリア芥川龍之介著・羅生門
「羅生門・鼻・芋粥」・芥川龍之介著(角川文庫)〇羅生門 (大正4年9月)王朝物。この小説が「鼻」より手前に書かれていたのは意外な感じがする。荒筋は簡単で、羅生門の下で雨やみを待っていた下人が、盗賊になろうか、迷っていた。一晩、寝 ... » more

マルジナリア芥川龍之介著・芋粥
「羅生門・鼻・芋粥」・芥川龍之介著(角川文庫)〇芋粥 (大正5年8月)大正5年に書かれたものは短い上にも短いが、「芋粥」は短編の長編。王朝物。摂政藤原基経に仕えていた侍の中で某の五位という男がいた。彼が「芋粥」の主人公である ... » more

「羅生門・鼻・芋粥」・芥川龍之介著(角川文庫)〇酒虫 (大正5年4月)「鼻」系列の小説。聊斎志異から採った不思議な話し。「酒虫」は「しゅちゅう」で「さかむし」でないと新思潮第六号に断り書きあり。場所は支那のある打麦場である。 ... » more

「羅生門・鼻・芋粥」・芥川龍之介著(角川文庫)〇「羅生門」の後に (大正6年5月)第一短編集「羅生門」のあとがき。阿蘭陀書房刊、芥川自装。羅生門、鼻、父、猿、孤独地獄、運、手巾、尾形了斎覚え書、虱、酒虫、煙管、狢、忠義、芋粥 ... » more

「羅生門・鼻・芋粥」・芥川龍之介著(角川文庫)〇文学好きの家庭から芥川の文学の源泉を綴った小文。家庭の環境が文学に向かわせたようだ。少時から小説、芝居をみた影響が大きいかもしれない。父母、伯母も文学好きという。芥川の家は大金持ち ... » more

「羅生門・鼻・芋粥」・芥川龍之介著(角川文庫)〇手巾(はんけち) (大正5年9月)東京帝国法科大学教授、長谷川謹造先生が主人公で、武士道が出て来るからモデルは新渡戸稲造であることは、すぐ解る。謹造がベェランダの籐椅子に腰掛けてス ... » more

「羅生門・鼻・芋粥」・芥川龍之介著(角川文庫)〇尾形了斎覚え書 (大正5年12月)医師尾形了斎のもとへ、百姓与作後家篠という女が娘里の診察を頼みに来たが、切支丹故断わられた。一度は帰宅したが翌日再度、診察を願いに来た。了斎は切支 ... » more

「羅生門・鼻・芋粥」・芥川龍之介著(角川文庫)〇煙草と悪魔 (大正5年10月)第一創作集「羅生門」に続く第二創作集のタイトルになった作品。煙草は誰が日本に持ってきたか?一つの伝説として、天文18年、悪魔がフランシス・ザヴィエルに ... » more

「蜘蛛の糸・地獄変」・芥川龍之介著(角川文庫)〇あの頃の自分の事 (大正7年12月)「新思潮」発刊直前の久米正雄、成瀬誠一、菊池寛、松岡譲との交遊録。佐藤春夫曰く、…今度のは「あの頃の自分の事」という題目と甚だ縁遠いような気 ... » more

「蜘蛛の糸・地獄変」・芥川龍之介著(角川文庫)〇るしへる (大正7年8月)文庫本7頁の小品ながら異様に読みにくい。というのも古文書の引用らしく見せた作品であるからだ。破提宇子(はでうす)という天主教を弁難した禅僧はびあんの書物の ... » more

マルジナリア芥川龍之介著・邪宗門
「蜘蛛の糸・地獄変」・芥川龍之介著(角川文庫)〇邪宗門 (大正7年11月)大阪毎日新聞に掲載(7年12月まで)未完。「地獄変」の続編といった体裁。語り手は同じ。前回は堀川の大殿様時代の話で今度はその若様の話。いったい堀川の大 ... » more

「蜘蛛の糸・地獄変」・芥川龍之介著(角川文庫)〇永久に不愉快な二重生活 (大正7年10月)中村さん(?)なる人の「物心両面における人としての生活と、芸術家としての生活の関係交渉」に答えてか?簡単に、海軍機関学校で英語を教えている ... » more

マルジナリア芥川龍之介著・地獄変
「蜘蛛の糸・地獄変」・芥川龍之介著(角川文庫)〇地獄変 (大正7年4月)『部屋のすみにある壷の陰から、まるで黒い油のようなものが、一すじ細くうねりながら、流れ出して参りました。それが始めのうちはよほど粘りけのあるもののように、ゆ ... » more

「藪の中・将軍」・芥川龍之介著(角川文庫)〇〇〇〇年3月1日、東海道を江戸に向かう花山大吉と焼津の半次…今日も「おからだけしか頭になかった」二人。半次:旦那、おい旦那ァ、あれを見ろよ…大吉:なんだよ、おめえは!素 ... » more

「藪の中・将軍」・芥川龍之介著(角川文庫)〇神々の微笑 (大正10年12月)南蛮寺のオルガンティノ神父は、この国(日本)に満足していた。風景は美しい、気候も温和だ、土人の気質も親しみやすい、寺院も出来た、信徒も増えつつある。 ... » more

「藪の中・将軍」・芥川龍之介著(角川文庫)〇藪の中 (大正10年12月)粗筋略。この小説を有名にしたのは映画「羅生門」のおかげだろう。アイデアと技巧は冴えているが、それだけの小説で、もっとひっそりしていたかもしれない。映画中の羅 ... » more

マルジナリア芥川龍之介著・好色 他
「藪の中・将軍」・芥川龍之介著(角川文庫)〇好色 (大正10年9月)片想いの〇〇ちゃんもご飯を食べるのだからして… 糞を捻り出すのもまた真実である。寝ても覚めても〇〇ちゃんのことばかり、しかし向こうは全く自分に関心なしときた ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 01:00

「芥川龍之介」のブログ関連商品

» 「芥川龍之介」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る