誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    芥川龍之介

芥川龍之介

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「芥川龍之介」のブログを一覧表示!「芥川龍之介」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「芥川龍之介」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「芥川龍之介」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

芥川龍之介 短編小説の天才 ノーベル文学賞がボブ・ディランに決まって音楽も文学のジャンルなのかとの戸惑いもあるようですが、芥川龍之介が短編小説の名手であるとの意見に異論はないかもしれません。歴史ものから現代ものまで、子供向けから子供には読ませられないものまで、小説の幅 ... » more
テーマ 芥川龍之介

◆きょうは『河童忌』芥川龍之介の命日です。きょう7月24日は『河童忌』です。幼い頃、読んで貰った『杜子春』や『蜘蛛の糸』を書いた芥川龍之介が亡くなった日です。ちょうど88年前の昭和二年【1927年】七月二十四日未明に自殺しま ... » more
テーマ 俳句 周易ごよみ 芥川龍之介

チョットおかしくありませんか・・ 楽しいはずの・・ゴールデンウイークの日々・・やけに事故の・・ニュースが重なる・・春山の遭難・・・車の暴走・・人を殺める事件・・桃紅女史・・つまずき・・転倒しただけでも・自分に反省をいれる・・「大丈夫のつもりでも・ ... » more
テーマ ニュース」 ゴールデンウイーク 芥川龍之介

手づくり豆本芥川龍之介
芥川龍之介 芥川龍之介の短編小説を豆本にしました。タイトルは、「藪の中」と「羅生門」です。いづれも原稿用紙30枚位なので、まめ本に収まる分量です。小説の場合、著作権が発生しますが、芥川龍之介は死後50年以上経っていますので問題ありません。フリマに持 ... » more
テーマ 藪の中 羅生門 芥川龍之介

◆きょうは『河童忌』芥川龍之介の命日です。きょう7月24日は『河童忌』です。幼い頃、読んで貰った『杜子春』や『蜘蛛の糸』を書いた芥川龍之介が亡くなった日です。ちょうど88年前の昭和二年【1927年】七月二十四日未明に自殺しま ... » more
テーマ 周易ごよみ 加藤大岳 芥川龍之介

高橋敏男のブログ歴史は繰り返す?
首相は、ほんとうに歴史から何も学んでいないのでしょうか?それとも日本人の多くはレベルが低いのか?このところ、首相は余りにもレベルの低い発言を繰り返している。彼らを選ぶ日本人がどうかしているのだ。このま ... » more

前回のエントリでは,中谷宇吉郎のことについて書いた.宇吉郎には,治宇二郎(じうじろう)という弟がいた.中谷宇吉郎は有名であろうが,その弟の治宇二郎については,ネットではおそらくほとんど触れられていないのではないかと思うので,今回のエントリで ... » more

《いのちを無暗にとること ---芥川龍之介の「蜘蛛の糸」》 芥川龍之介の「蜘蛛の糸」は彼のもっとも成功した小説の一つである。しかしその作品の理解についてはあまり異論を聞かない。試しにウィキペディアを見てみると、「あらすじ」がこんな風に記されている。>釈迦はある時、極楽の蓮 ... » more

帯には、<文豪驚愕の医療小説>と書いています。著者略歴では、大阪大学医学部卒の後外務省の医務官として9年間海外勤務の後、高齢者を対象とする在宅訪問診療に従事とするとあり、医学の知識を土台にした作品群と言えます。作品の「或利口 ... » more
テーマ 今昔物語 パクリ 芥川龍之介

青空文庫さんから転載させていただきました。或阿呆の一生芥川龍之介http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/19_14618.html僕はこの原稿を発表する可 ... » more
テーマ 芥川龍之介

青空文庫さんから転載させていただきました。羅生門芥川龍之介http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/127_15260.htmlある日の暮方の事である。一人 ... » more
テーマ 芥川龍之介

“鬱々とした気分について” 〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜最近、たまにそういう気分になることが多く、昨日も実はそうでした。この状態、意外と厄介なのです。その気分とは、 『鬱々(うつうつ)とした気分。』 ... » more
テーマ ソニー・スティット 芥川龍之介  コメント(12)

読書も遊び心で 羅生門@或日の暮れ方のことである。ひとりの下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。広い門の下には、この男のほかに誰もいない。唯、所々丹塗りの剥げた、大きな円柱に、蟋蟀(きりぎりす)が一匹とまっている。羅生門が、朱雀大路にある以上 ... » more

A Day in the Life酒虫 (芥川龍之介)
この季節はとにかく暑くて湿度が高く,一年を通じて最も嫌な時期である.外出すると,息をするのも苦しいような暑さと湿度のため耐えられないような気分になり,さらに,汗でシャツがじっとりとしてくると,それがまた不快さを増大させていく.こうい ... » more

雑想 心の風景 Heartscape龍之介忌
龍之介忌 朝からどんより曇って先程から雨がしとしと降り始めた。あまり気持ちのよい空気ではない。芥川龍之介の命日だそうだ。多量の睡眠薬を飲んでの自殺。太宰治とか川端康成とか三島由紀夫とか、自殺する作家は多かった。今現在自殺す ... » more
テーマ つぶやき 芥川龍之介 文月

tereya雨ニモ負ケズ文芸講座
雨ニモ負ケズ文芸講座 先の木曜日は朝から大雨警報。「先生、大雨ですけど」「家の中は降らんだろう」「でも高潮が…」「その時はみんなで流されよう」というわけで決行されました西郷竹彦文芸講座。銀雨しぶく、てれやの軒下言葉の魔 ... » more

tereya芥川龍之介にあう前に
芥川龍之介にあう前に 先週木曜日行われました西郷竹彦文芸講座「言葉の魔術師・芥川龍之介」当日も申しこみがくるほど沢山の受講希望者の方が来られました。いろいろな人が集まってそれぞれの意見があってその日一度しかない講義です。 ... » more

復活・西郷竹彦文芸講座「言葉の魔術師・芥川龍之介」 多忙な執筆活動とそのために痛めた肩の療養のためしばらく中断されていた牛窓在住の文芸学者西郷竹彦先生の文芸講座復活します!今回取り上げるのはかの天才作家…西郷竹彦文芸講座第7回「言葉の魔術師芥川 ... » more
テーマ 文芸 西郷竹彦 芥川龍之介

咲きました! ハスの花が咲きましたよ〜・・・何時も訪ねる里山からの知らせが届きました。小さな弁天様が祭ってある、小さな池に・・・薄桃色の砂糖菓子のような花びら・・・蜜蜂も・・・色鮮や ... » more

チヌの海桃太郎
桃太郎 [芥川龍之介]自炊作業を終え、一冊づつをファイル化して後日の探索時の簡便化をすすめている。とりあえずは、概ねすべてを(どうしても、元本のまま残しておきたいものがありPDF対象外とした)PDF化したので、自由にソニー・リーダーに取り込んで ... » more

3年前、カルチャースクールの朗読講座を受講した。その講座の関連で「朗読まつり」と言うイベントがあった。芥川龍之介の「杜子春」がテキストで、舞台に上がり数人で分担して朗読した。講師はフリーアナウンサーの小山菜穂子さん。練習の過程で、文豪 ... » more
テーマ 短詩型 疋田和男 芥川龍之介

「芥川龍之介と久米正雄」展を見てきました 鎌倉文学館で開催中の「芥川龍之介と久米正雄」展を見てきました。芥川は1892(明治25)年3月1日、久米正雄は1891(明治24)年11月23日生まれなので同学年、学生時代から親交を結び、ともに漱石門下、そして二人と ... » more
テーマ 久米正雄 鎌倉 芥川龍之介

文士が愛した鵠沼の東屋旅館(3)移設された門柱を発見 以前、このブログで鵠沼の東屋旅館跡に門柱の痕跡を見つけたことを書きましたが(http://ikezawa.at.webry.info/201107/article_8.html)、その後調べたところ、門柱の実物が残っていることがわかりました ... » more
テーマ 東屋旅館 芥川龍之介 鵠沼

文士が愛した鵠沼の東屋旅館(2) 前回のブログで紹介した、鵠沼の東屋旅館跡。その敷地跡で見つけたあるものを紹介したいと思います。これは、前回紹介した記念碑。この右手が、かつての東屋旅館の正門でした。この記念碑から左に進み、旅館の敷地だった場所を歩いて ... » more

第1027夜 【杜子春】 【杜子春】新世研2003年12月25日発行芥川龍之介…作藤川秀之…絵ある真実にたどり着くためには、幾つもの試練を通過しなければならない…大人になるということは、そういうことを知っていくということなのではないでしょうか ... » more
テーマ 絵本 芥川龍之介 藤川秀之

文士が愛した鵠沼の東屋旅館(1) 先日の海の日に、ふと思い立って、鵠沼の東屋旅館跡を訪ねました。旅館「東屋」は、明治25年ごろに創業、明治後期から昭和初期にかけて、尾崎紅葉の硯友社の文人をはじめ芥川龍之介、志賀直哉、武者小路実篤など多くの作家が逗留しました。戦時色が ... » more

文学碑探訪「芥川龍之介文学碑」 先日山岳会の総会があり、都内に出掛けた。会は当然現役の諸君の仕事が終わってからの時間帯であるから、夕方以降である。そこで多少早めに出て、東京の街歩きをしてから会に顔を出すことにした。両国で国電を降りて、錦糸町を通り越し、亀戸まで ... » more
テーマ 杜子春 文学碑探訪 芥川龍之介

boxster如露亦如電、羅生門
如露亦如電、羅生門 『羅生門』という芥川龍之介の小説の中の言葉だったと思いますが、『如露亦如電(にょろやくにょでん)』という言葉が出てきます。この言葉をネットで見るといろんな解釈が出ていますが、正しくは、『人の命は露の如く儚く、稲妻のごとく一瞬でのうちに消え去 ... » more
テーマ 羅生門 芥川龍之介 人の命

羅生門を読み始めます。 「就活エリートの迷走」を読み終えました。現在の就職の厳しさと就職してからの迷いや企業側の悩みなどが書かれています。ちょっと難しい話ですね。管理職の人は読んでみたらいかがでしょうか。テレビを観ていたら、芥川龍之 ... » more

切手と文学芥川の命日「河童忌」
芥川の命日「河童忌」 昨日、7月24日は、芥川龍之介の命日「河童忌」でした。芥川は今から83年前、1927年(昭和2)年の7月24日に、睡眠薬を飲んで35年の生涯を自ら絶ちました。芥川が用いた睡眠薬は、ドイツのバイエル社の「ベロナール (Vero ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 01:00

「芥川龍之介」のブログ関連商品

» 「芥川龍之介」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る