誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    連載小説

連載小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「連載小説」のブログを一覧表示!「連載小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「連載小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「連載小説」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

春日井は、興が乗るといつかを、カルメンと呼ぶ。「もう、またっ」いつかも、まんざらではないが、春日井の悪戯っぽい顔に照れた。春日井の眼と耳は、確かだった。いつかは尋常ではなかった。フラメンコのダンスシューズの底には、強い音を出すた ... » more
テーマ 連載小説

病院のベッドの上だった。見知らぬ男女が、私の傍らに立っていた。誰だろう。私が気がついたことをもめんの着物の人は、喜んでくれた。名古屋帯の萩の刺繍がどこかなつかしい。並んで立っていた男性は、窓外の小高い丘に建つ城跡をみているようだ ... » more
テーマ 連載小説

里村いつか自分では、雅た名前だと想っている。祖父は、菊人形の季節に、人形展の傍らに小屋がけをする旅回りの一座に居た。国定忠治だの、歌謡ショーだのを、幼い母を連れ旅をした。祖父は祖母の話しはしなかった。母が十五の時、いつかは生 ... » more
テーマ 連載小説

山に入っても、僕の心は癒えなかった。師、山路道彦を訪ねた。何時も唐突で、消え入るような声、それが泰山だった。「龍安寺、石庭の石は若いな」泰山の話しには、前後が無い。はあっ、若いですか。僕の背中を押したのは、この言葉だ ... » more
テーマ 連載小説

「おい、そこの君。君だ、クマさん」また酔ってます。あのっ、ミニスカートであぐらを組むから、パンツ見えてるし「うん、へへへっ君。給料いくら。」十五万くらいです。樵だし。「あたしね、スペイン料理店でワンステージ五千円。スリーステージ ... » more
テーマ 連載小説

貴女と初めて逢ったのは、植物園のへくそかずらの前でした。暗算の苦手な僕と、年上のフラメンコダンサーの君。コーヒーの後の割勘計算。上目で宙を彷徨う僕に、全額はたいて笑ってた。弱虫、泣き虫、自堕落で、なにより煙草が大好きで、いつもぷかり ... » more
テーマ 連載小説

小説『エクストリーム センス』は笹沼透(Satohru)の著作物であり、著作権法によって保護されています。無断で本小説の全部または一部を転載等利用した場合には、民事罰や刑事罰に問われる可能性があります。エクスプロラトリー ビヘイビア ... » more

小説『エクストリームセンス』の公開を始めました。 小説『エクストリームセンス』の公開を、2012年9月23日から始めました。第1話(No.1)はこちらで→http://satohru.blogspot.jp/2012/09/no1.html【第1部あらすじ】 ... » more

明日、2012年9月23日から小説『エクストリームセンス』第1部の公開を開始します。http://satohru.blogspot.jp/2012/08/extreme-sense.html ... » more

気ままな連載小説あんでっど 八
あんでっど 八 「そうかね。でも君は詳しく自分の体がどうなってしまったのか解ってはいないだろう。」と、東十条教授は言った。そして、にやりとすると、右手の人差し指を立ててから、「いいかね。君が来る前、私はずっと見蕩れていたんだが、あれが今の君だ!」と ... » more

気ままな連載小説あんでっど 七
あんでっど 七 的山は病院の出入り口を出た後、即座にタバコを銜えて火を点けた。そして、屋外の外来患者用の駐車場に停めた自分の会社の営業用の車に向かった。車には河流通運と書かれていた。すなわち、そこは、香織が真面目に勤めていて突然にクビにされた、あの宮崎建夫 ... » more

気ままな連載小説あんでっど 六
あんでっど 六 大杉巡査部長と寺島巡査の言い分は、とにかく調書と報告書を作成しなければならないので、香織が凍死していたであろう現場を一度しっかりと見てから、そこから完全に裏付けが取られない様な嘘を考えて全員で口裏を合わせて欲しいというものであった。 ... » more

気ままな連載小説あんでっど 五
あんでっど 五 その夜、慶一が夜間に東十条教授の手伝いに行くということで、桜子の帰りを待たずに香織と夕食を食べ終わった頃、桜子が不機嫌そうな顔をして帰宅してきた。「あーあ、疲れた。なによ、ひとが非番に働かされていたっていうのに、二人して、もうご飯食 ... » more

気ままな連載小説あんでっど 四
あんでっど 四 その頃、桜子の家でシャワーを浴びていた香織は、そういえば、このシャワーも慶一と付き合っていた頃に話していた、夢のマイホームの通りに造られていて、確か、シャワーから打たせ湯に切り替えられる筈であった事を思い出して、打たせ湯に切り替えると、床に ... » more

気ままな連載小説あんでっど 三
あんでっど 三 それから三十分程の間に香織を中心として、交通課の大杉巡査部長と捜査一係の寺島巡査は、目の前で起きている出来事を、どう判断してよいのか考えあぐねていた。「なるほど、これは確かに、この世成らざるものとしか言えないねぇー。」と、大杉巡査部 ... » more

気ままな連載小説あんでっど 二
あんでっど 二 その警察署は、街の中心からは幾分外れに位置しており、規模は小さいが、広く郊外を管轄していた。「おい、調取部屋誰か使っているのか。」と、初老の制服姿の男性職員が言った。「あ、交通課の近藤さんがちょっと。」と、事務をこなす手を止 ... » more

気ままな連載小説あんでっど 一
あんでっど 一 その夜、木口香織の心の中は天国への憧れと、自らの人生へのもどかしい後悔とが渦巻いていた。<天国・・・愉快な天国、楽しい天国・・・・・・天国・・・ああ、天国・・・>香織は右手に口の開いたワイルドターキーの瓶を首の所で握 ... » more

サワムラブログ懺悔文
3月から書いていた「ProjectBeauty」が完全終結しました。番外編・後日譚も本日無事に完結。読んでくれた方に感謝感謝、なんて活動報告には書いてますがこっちには逆に、あっちにかけない懺悔文を書いておく。まず ... » more
テーマ 小説家になろう 連載小説 創作

サワムラブログははは
昨日の記事のせいで、上の方に出てくるグーグルのキーワードが全部うつ病関係になってしまったw小説の話しようぜ。短編がもうちょっとで書けそうです。短編小説が、もうちょっとで完成しそうです!例によってお題のヤツ ... » more
テーマ 小説家になろう 連載小説 創作

サワムラブログわかった!
ちょっと気分が晴れてきたのでもう弱音ははかないと決めましたー。こういう事をかくと、アホかと思われそうなんですけども「Project Beauty」を、縦書きPDFにして読み返してみたんです。自分で書いたものなのに、縦 ... » more
テーマ 小説家になろう 連載小説 創作

サワムラブログかけたー
一昨日書きたい書きたい欲求が出たのに書けず。かわりにつくっていたのは絵。WEB拍手を押してくれたときに何か出ないと寂しくてそのための絵に時間を使ってしまった。かわりに昨日の朝、勢いにのって2話書き上げ。だ ... » more
テーマ 小説家になろう 連載小説 創作

サワムラブログやっと終了
「小説家になろう」に小説を載せてます。「SUPER LUCKY #4」人気はありません!好きに書いてます!21話まできて、ようやくスタート地点に立った感じ。主人公について、ちょっと細かく書きすぎたのかもしれない。 ... » more
テーマ 小説家になろう 連載小説 創作

サワムラブログ波に乗る
昨日の昼くらいまで、書きたい欲求がスパークしていた。しかし、書き終わるとプシューンとしぼんだ。まあそういう時は、書かずに待つといいんだよね。たいした数の読者が待っているわけでもない……。別に毎日更新しなくちゃ、いっせいに ... » more
テーマ 小説家になろう 連載小説 創作

サワムラブログよし
小説家になろうで細々と連載している「SUPERLUCKY#4」を更新。昨日の朝1話更新したら、テンションがガクーンと下がってしまって続きが一切浮かんでこなかったんだけど今朝、早起きしてPCに向かってたらなんだかんだ書けた ... » more
テーマ 小説家になろう 連載小説 創作

いったい、何故こんな事になったのであろう・・・。そもそも、初めの予定では、心の中で幼い時から感情の一部が育たないままになって、不完全な気持ちを抱えて、社会に馴染めない冴えない中年の男の人と、複雑な環境に育って、不幸にして体を失った少 ... » more

それから二日後。上野介が朝に起きてダイニングに行くと、美咲が上野介の朝食の用意をしながら、「今日の、午後の飛行機で東京に行くから空港まで送ってくれる。」と、言った。「えっ、突然だね。」と、上野介は美咲に言った。「え、 ... » more

その日の夕方、源一郎と詩織は玄関の前でぼんやりと座っていた。そもそも、そうなったのは、まず先に、源一郎が、とにかく外に出て深呼吸がしたかったのであるが、実体を無くして数年するうちに、意識をして行う深呼吸の仕方というか、この場合は感覚を忘れて ... » more

その日の夜、詩織はぼんやりとしたまま警察署の中の椅子に座って一夜を過ごした。そんな詩織を源一郎が明け方になって迎えに来た。「帰ろう。」と、源一郎は詩織に言った。詩織は源一郎を見ると、「弟は、どうなるんでしょう。」と、 ... » more

加奈子は、安江の様子を見て、これは当たりであったと確信した。加奈子は、安江に向かって、わざと憐れむ様な目をして口元だけで微笑んだ。それは、安江にとって我慢ならない表情であった。加奈子は、安江の口元が、僅かに形を変えるのを見逃さなかった。加奈 ... » more

詩織は、自分の父親が出頭した日に、源一郎と一緒に夜中になってから加奈子の見舞いに仲間病院を訪れた時、仲間病院のトイレで、加奈子に、自分の事件なのであるから、詩織自身で取り調べの様子を見ておいた方が良いのではと言われて、この数日間、出来るだけ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 22:45

「連載小説」のブログ関連商品

» 「連載小説」のブログレビュー をもっと探す

「連載小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る