誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    連載小説

連載小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「連載小説」のブログを一覧表示!「連載小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「連載小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「連載小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

*アンは、今日休みだった。コールセンターはシフト制で、休日は毎週まばらだったものだから、予定を組むのが非常に困難を極めたが、彼女の場合、その予定もあまりなかったために、別にかまいはしないという気持ちではあった。午前中は、洗濯 ... » more
テーマ でいごの花 連載小説 小説

*アンの仕事は順調そのものだった。――わが企業は、若手の人材に力を入れています。そんなことを、就職活動中の面接で言われた。実際に入社してみて分かったことだが、やはり若手が圧倒的多数で占めていた。中堅以上はいないのだろうか?アンは ... » more
テーマ でいごの花 連載小説 小説

でいごの花著者:滝川寛之「第一章*和樹は、今、港町のクラブにいた。このクラブは、バブルがはじけるまで、けたたましい音とともに目がちかちかとするような光をいくつも放射した、紅白の大取のように派手なディス ... » more
テーマ でいごの花 連載小説 小説

*次の土曜日。寛之と市子は、郊外の大きなプール施設へと足を運んだ。片道二時間の長旅だった。泳ぎ疲れた後、帰宅に二時間かかることなど、全く二人は考えていなかった。それ位に、今日という日は楽しみで仕方がなかった。長く曲線 ... » more
テーマ 太陽がまぶしくて〜 連載小説 小説

*水曜日、下校時の時だった。「ねえ、寛之。たこ焼き食べにいこう♪」言って、市子は寛之と腕を組んだ。「おごってくれるか?悪いな、今度、たい焼きおごるとか言っておきながら・・・」寛之は浮かない顔をした。市子はたまらず返し ... » more
テーマ 太陽がまぶしくて〜 連載小説 小説

*日曜日を迎えた。昨晩は電話で話すことをしなかった。理由は、市子が夜をまたずして寝入っていたからだった。起きたころには夜中の二時をとうに過ぎていた。寛之は今夜も電話がかかってくるのを待っていたのだろうか?――彼女は寛之に対し ... » more
テーマ 太陽がまぶしくて〜 連載小説 小説

太陽が眩しくて〜著者:滝川寛之※この物語の都市は架空のものです。*五時をとうに過ぎた下校時のことである。この街は今日も雑踏から噴き出した灰色の煙を辺り中に漂わせていた。杏子を色彩にもたらした桃色か ... » more
テーマ 太陽がまぶしくて〜 連載小説 小説

*あれから一年がたった。剛の性病もこのころには完治しており、あとは理央に再会することが、彼にとって課題となっていた。もちろん、会える可能性はとても低かった。剛は、土曜日にはかならず吉祥寺で音楽を奏でている。彼らのバンドはいつのま ... » more
テーマ ロックとポップススターの悲劇 連載小説 小説

*剛は相変わらず、毎晩、女をとっかえひっかえ食い漁っていた。女子高生、女子大生、時には主婦連中の乳房さえしゃぶりつくした。乳首の色など、どうでもよかった。バギナの色など、どうでもよかった。体臭など、どうでもよかった。女性が痙攣し ... » more
テーマ ロックとポップススターの悲劇 連載小説 小説

*卒業式シーズン。辺りは桜さいたで花見シーズンだった。春風がなんだか新しい風のように感じた。小鳥たちのさえずりも聞こえるようになっていく。かすれ雲に覆われていた冬空から一変して、この季節は青雲が、時々、うかがい知ることができた。 ... » more
テーマ ロックとポップススターの悲劇 連載小説 小説

12旧正月を迎えて三日目となる平成元年の二月八日。この年の旧正月を終えかけた深夜から、徹による上村家長女・知子への性的暴行は始まった。悲しい事に、初めて知る性のぬくもりと、そして、これから深まり行く強制的な快楽と共に、彼女の ... » more
テーマ 愛すると言う事 連載小説 小説

9「もしもし、もしもし、大丈夫ですか?」倫子は、108号室で起きた事件を鮮明に思い出した矢先に、電話の向こうへ居る徹が返答の途絶えたこちらに気付き、心配そうに話しかけてきた。「あ、はいはい」倫子は我に返った。あの事件から一週 ... » more
テーマ 愛すると言う事 連載小説 小説

6沖縄県 茅野市 桜町4―22―24番地――そこは沖縄戦末期に、この辺に住む世帯全てが集い、そして、日本兵から手渡された手榴弾によって、皆で集団自決を図った場所の一つだった。そしてまた終戦後、照りつける太陽の下、周囲の焼け野 ... » more
テーマ 愛すると言う事 連載小説 小説

3消息を絶った母・倫子の葬儀は、当然行われていない。『上村神霊経治所』の長は、一番弟子の沼田由美子が“知子・恵の内、どちらかがユタとなり一人前になるまで”という条件付で、引き継ぐ事となった。しかし、本音は彼女らをこれ以上巻き込む ... » more
テーマ 愛すると言う事 連載小説 小説

愛すると言う事〜第二章[哀れなる運命:恵]11977年恵は正樹が誕生した年から一年後となる、昭和五十二年十一月七日に生まれた。彼女の家系はとても複雑で、特に母に関しての職業には神秘性があった。恵の母・上村倫子は霊 ... » more
テーマ 愛すると言う事 連載小説 小説

4号泣によってまぶたを腫れた様に膨らませた顔のまま、四人は飛行場跡地へと行き着いた。もう帰る家は無い。時間は既に日付を越えようとしている。逃走から二時間が経過していた。皆、決して外着ではない使い古しの薄い半袖生地のシャツと半ズボ ... » more
テーマ 愛すると言う事 連載小説 小説

愛すると言う事〜第一章[哀れなる運命:正樹]11976年――沖縄日本軍全滅から三十一年後となるロッキード事件のあった昭和五十一年の七月。正樹はこの世に生を受けた。終戦後から日本に明るく奏で始めた昭和の急速なる鼓動がま ... » more
テーマ 愛すると言う事 連載小説 小説

愛すると言う事完全版著者滝川寛之人は誰しも悪に出会う。それは彼方此方に散らばっていて、あたかも生活の中に必要だと言わんばかりに当然と存在する。人は誰もが悪になる時がある。様々な欲望と欲求が支配したこの世界 ... » more
テーマ 愛すると言う事 連載小説 小説

「それにしても今日は佐々木さん、早かったですね。私では手に負えないって感じましたか?」マスターが言うと、佐々木さんは微笑んだ。「今日はね、マスター、偶然なのよ。天気もいいじゃない。マスターのアイリッシュコーヒーが飲みたいって ... » more
テーマ 連載小説

「ねえ、マスター。サトヤマさんの言ってることってどれだけ本当なのかってわからないよね。透けゆく人は嘘をつかないとか、そういう保証ないわけだし。言っていることが全くの嘘ってこともあるのかな? 例えば、お母さんもミチコさんのことも事実と違ってて ... » more
テーマ 連載小説

透けゆく人はサトヤマさんといった。サトヤマさんは、透けゆく以外は凄く冷静に見えた。自分が死んでしまったことを嘆いているようにも、悲しんでいるようにも、パニックのようにも見えなかった。コーヒーを出されたら、ゆっくりとミルクを入れ、かき混ぜるだ ... » more
テーマ 連載小説

ダニーは時々振り返りながら、マスターの店に向かった。私は透けゆく人の後ろをついて歩いた。その人がどんどん透けて行ってしまっちゃうんじゃないかって、ちょっと怖かったけれど、角度によってはほとんど透けてるようには見えなかったし、少な ... » more
テーマ 連載小説

このままダニーと疲れ果てるまで歩いたら、すごく楽しいんじゃないかな、って思った。くたくたになってもとっても充実した1日だったって思える、そんな気がした。じゃ、ケンタロウとだったらどうだろ? ダニーとみたいに自然体で歩けるかな。き ... » more
テーマ 連載小説

私たちはその後、しばらく黙って歩いた。駅に着いても、もう少し歩こうかってことになり、線路沿いを歩いた。歩きながら、影がゆったりと少しずつ伸びていくのを感じた。少なくとも今日わかったこと…輪くぐり前に見えなかったものは輝きが違うこと。 ... » more
テーマ 連載小説

そういえばショウちゃんが書いた詩でこんなのがあるんだ。地区大会にも出されて賞も取ったんだよ。ダニーは立ち上がって目をつぶり、深呼吸した。遠くにいきたい僕は 遠くに 遠くに 遠くに行きたい誰もいないところ ... » more
テーマ 連載小説

マスターが泣き声か…。あの超然とした世の中のこと全て理解してる感じの…自然の摂理?とかまで悟った感の穏やかで優しい微笑みのマスターが? レイヤー族の一員のマスターが? 黄金色の鋭い、それでいてとっても優しい目をしたマ ... » more
テーマ 連載小説

ダニーの言葉を待ったけれど、ダニーはしばらく黙ったままだった。公園は決して手入れが行き届いているとは言いがたくて、けっこう雑草が茂っていた。タバコの吸殻も2本落ちていて、一本はくの字型に曲がっていた。夏草やつわものどもの夢の ... » more
テーマ 連載小説

どれくらい「風知草と金魚」で過ごしたんだろ。そんなに長くはなかったと思う。けど、私にとって未知の新しい世界にいたからか、すごく時間が早く経った。帰り際にマスターは一枚の紙をくれた。浜町ルカ という名と連絡先のメールアドレ ... » more
テーマ 連載小説

「ロコ、ちょっとこれ見てごらん。すごいだろ」店に入るとダニーが言った。ショウちゃんが描いたらしいどこかの教会の内部のような絵。 細かいタッチがまるで写真のようだ。「ショウちゃん、って呼んでいい? ショウちゃん、これ凄いね。シ ... » more
テーマ 連載小説

「じゃ、マスター。また来ます」トカゲおにいさんが言った。「マモルくん、卒業いつだっけ?」「来年です。今OB訪問で結構忙しいんですよ」「建築だっけ、専門」「はい。ほんとは世界の建造物見て一年くらい回りた ... » more
テーマ 連載小説

 

最終更新日: 2017/02/12 16:35

「連載小説」のブログ関連商品

» 「連載小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る