誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    イスラム教

イスラム教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「イスラム教」のブログを一覧表示!「イスラム教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「イスラム教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「イスラム教」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「宗教とテロは関係ない」という言い回しがある。まことに良識的に聞こえるし、そう言ってりゃあ宗教テロリストに襲われる確率もグッと減るので便利でもある。これが「宗教はテロの原因ではない」という表現ならば、当ブログの書き手も(ほとんど)同意す ... » more
テーマ イスラム教

第三次世界大戦が危惧されている(考察シリーズ)1月5日の産経紙に佐藤優氏が語っている。見出しだが、IS台頭が引き金に、とある。サウジアラビアとバーレーン及びスーダン(イスラム教スンニ派の国々)がイラン(シーア派の国)と国交断絶をした ... » more
テーマ 宗教戦争 サウジアラビアとイラン対立 イスラム教

「コーランには本当は何が書かれていたか?」 カーラ・パワー著, 秋山淑子訳(文藝春秋) 「コーランには本当は何が書かれていたか?」 カーラ・パワー著, 秋山淑子訳(文藝春秋2,052円税込)【内容情報】(出版社より)イスラム教の始祖ムハンマドはイエスを敬愛していたイスラム教は元々、女性が作り上げ ... » more
テーマ コーランには本当は何が書かれていたか? カーラ・パワー イスラム教

「〈世界史〉の哲学(イスラーム篇)」 大澤真幸著(講談社 2,160円税込) 「〈世界史〉の哲学(イスラーム篇)」 大澤真幸著(講談社2,160円税込)【内容情報】(出版社より)神自身が信仰を投資に例えるイスラーム教のもとで、どうして逸早く資本主義が発達しなかったのか?クリスチャンの息子達を集 ... » more
テーマ 大澤真幸 イスラム教 〈世界史〉の哲学(イスラーム篇)

西洋の人間は風刺画は「表現の自由」だと言う。しかし、その「表現」は、イスラム教徒から見れば「ふざけるな!」と怒鳴りたくなる「侮辱」となる。表現の自由と名誉毀損は西側の国でもしばしば衝突する。しかし、それ等の多くは法廷で争われ、「表現 ... » more

スイスの有力ビジネススクールIMDの国際競争力センターが実施した2014年の「国際人材ランキング」において、マレーシアが5位にランクインしました。これは、アジアではNo1の順位です。 ちなみに1〜4位は、スイス、デンマーク、ドイツ、 ... » more
テーマ 多民族国家 イスラム教 マレーシア経済

チヌの海エレサレム
エレサレム 「ジェリコ」の町で出会った駱駝です。この顔が気に入り、勝手に顔を中心の写真を撮らせていただきました。僅かな時間の立ち寄りでしたが。旧約聖書に登場し、9000年前から存在する世界最古の町の名前です。「ジェリコの壁」(要塞の壁)と言えば聖書の故 ... » more
テーマ ユダヤ教 キリスト教 イスラム教

チヌの海ラマダン
ラマダン 暑い時期に暑い国、ヨルダン訪問という計画のスタートは、「断食・ラマダン」の様子を見てみたいという些細なことがきっかけです。ラマダンは、日の出から日没までのあいだ、イスラム教徒の義務の一つ「断食」として、飲食を絶つことが行われることです。 ... » more

日本史の「世界標準」12 ”イエス”さん世間評判記 戯言?宗教論争は以前※にも取り上げましたが、今回はその続編?として、“イエス・キリスト”(前4頃-後28年頃)さんについて各宗派の方々に忌憚のないところを語っていただきました。※〜日本史の「世界標準」08オンリーワンと八百万〜 ... » more
テーマ ユダヤ教 キリスト教 イスラム教

日本も含めて西洋でも、宗教施設は大きくて立派である。私のように信仰心が少ない人間にとっては虚仮威しという感を持つが、建築、内部の装飾(絵画、彫刻も含めて)など芸術性は高いことは言うまでもない。イスラム教の教会はモスク(礼拝所)で、中央にドー ... » more

妻とトルコに旅行した。申し込んだツアーが私達も含めて4人、それに同行添乗員に、現地の旅行中同行のガイドという6人で大型バスという豪華な旅行になった。イタリア旅行に関して11回ほど、テーマごとに旅行記(http://mirakudokur ... » more

火防隊の研修旅行まであと3日。11月4日の自由行動を使って「競艇のメッカ」住之江競艇場を訪問しようかと思ったが、なんと当日はナイター開催であることが発覚。4日は新大阪15:30集合→帰宅。でもこんな事で諦 ... » more
テーマ 住之江競艇場 イスラム教 カレー

daystarイランは
イランは、日本の約4.4倍ほどの面積を持ったペルシャ人が多数を占める国です。わたしが思っていた以上に大きな国土があるんですね。イランは、イスラム教の中でも予言者ムハンマドの娘婿アリとその子孫に権威が引き継がれるとするシーア派 ... » more

小生は宗教にはそこそこの敬意を表しているが、「どんなものにでも疑問を持つことが大事だ」という考えだから信仰、信者とはずいぶん隔たっている。どんなに有名な宗教や教義でも、いい教えがあれば参考にはするが、一から十まで信じることはない ... » more
テーマ イスラム教

前回に引き続き旧聞ネタ。例の預言者侮辱動画についてです。「Innocence of Muslims」で検索すると、今でもみることができます。これは一見そうみえるよりも結構手が込んでいます。この動画で最も悪名高い場面の一つは、 ... » more
テーマ イスラム教

おひさしぶりです。ほぼ一年ぶり。以下は去年の7月に書きかけてそのままにしていたものをもとにしています。旧聞ご容赦ください2012年7月17日(火)の朝日新聞に、インドネシアにおける同性愛を扱った記事が掲載された。一部は以下のサイ ... » more

東京ジャーミ:天井模様@代々木上原 日本最大のイスラム教のモスク(礼拝所)は小田急の代々木上原駅の電車車窓から独特の高い塔がみえます。トルコ文化センターにもなっており礼拝堂の見学が自由にできます。伝統的なオスマン・トルコ様式の建築が見事です。■写真1・2:礼拝所の天井を見 ... » more

東京ジャーミ:礼拝所@代々木上原 日本最大のイスラム教のモスク(礼拝所)は小田急の代々木上原駅の電車車窓から独特の高い塔がみえます。トルコ文化センターにもなっており礼拝堂の見学が自由にできます。伝統的なオスマン・トルコ様式の建築が見事です。■写真1・2:・礼拝所の内部! ... » more

東京ジャーミイ:外観@代々木上原 日本最大のイスラム教モスク(礼拝所)は小田急の代々木上原駅の電車車窓から独特の高い塔がみえます。トルコ文化センターにもなっており礼拝堂の見学が自由にできます。伝統的なオスマン・トルコ様式の建築が見事です。■写真1・2:東京ジャーミイの外 ... » more

地名見る ニュースになってる 激戦地 トルコ・イスラム建築飯島英男たまーに、こういう、難解なものを読みたくなることがあるんですよね〜身の程知らずにさ(笑)歴史嫌いだったし(特に世界史)、聞きなれない地名に四苦八苦{%がっかり(orZ)webry% ... » more

久しぶりに更新します。当ブログ2011年1月22日の記事には東京財団上席研究員の佐々木良昭氏のサイト「中東Today」への言及がある。チュニジアの政変を予想していた事について好意的に取り上げたのだが、今回は対照的に「そりゃ違うよ!」と突 ... » more

前回に引き続き、『1冊でわかるファンダメンタリズム』(マリーズ・リズン著中村圭志訳岩波書店)について。 本書85ページには、以下の引用がある。「[マイケル・クック、パトリシア・クローン、そしてマーティン・ハインズは]公式のイスラ ... » more

岩波書店が刊行した『一冊でわかるファンダメンタリズム』(マリーズ・リズン著中村圭志訳)を読んでいて、ほほう、あらら、と感じたことをご報告する。82―84ページを引用する。傍点は省略した。「文献資料、考古学的資料、そして初期のキリスト ... » more

前回に引き続きコーランから、タルムードの影響を受けたと思われる箇所を紹介します。以下、訳注を一部省略した。太字は原文のまま。コーラン7章170節を引用します。「我ら」とはアッラーの自称です。「さて、我らがあの山(シナイ山)を天蓋 ... » more
テーマ ユダヤ教 イスラム教  トラックバック(2)

コーラン12章は「ユースフ」と題されており、これは旧約聖書に出てくるヨセフのアラビア語名である。この章は旧約聖書「創世記」37章以下のいわゆる「エジプトのヨセフ物語」に相当する物語であるが、興味深い相違点があり、それがユダヤ教の聖典注釈「タ ... » more
テーマ ユダヤ教 イスラム教  トラックバック(1)

再録『GBIニュース』1998.12.13  P3M(プサントレンと社会の発展協会)会長マスダール氏 1998年8月〜2003年1月まで、宮崎市に拠点を置く泣nラパンメディアテックのホームページを間借りして掲載された『GBI(インドネシア文化宮)ニュース』。サーバー事情により消えてしまった一連の記事をここに復刻 ... » more
テーマ スハルト政権崩壊 GBIニュース イスラム教  トラックバック(130)

当ブログの2011年3月6日の記事「デタラメな支配者と現金な坊さん」にご登場いただいたウラマー(イスラム法学者)のアル・カラダーウィーに関する詳しい情報が『中東戦記ポスト9・11時代への政治的ガイド』(ジル・ケペル著池内恵訳講談社選書メチエ ... » more
テーマ イスラム教

前回の続きですが、まずは復習です。ハディースとはイスラム教の預言者ムハンマドらの言行録で、ムスリム・イブン・アル・ハッジャージュとアル・ブハーリーの編纂したハディースはともに、イスラム教徒の九割を占めるスンニー派から「真正」であると考えられ ... » more

イスラム教ネタに復帰いたします。「ハディース」とは、イスラム教の預言者ムハンマドらの言行録であり、イスラム教徒にとって自分たちの行動の模範、イスラム法における法源として、根本経典コーランに次ぐ権威が認められている。特にアル・ブハーリ ... » more
テーマ イスラム教

前回の続きです。一部前回と重複していますが、手打ちしたのを消すのは忍びないので(涙)このままにしておきます。コーランの章節表示は岩波文庫版によったが、『タフスィール・アル=ジャラーライン』の採用している章節表示とは異なる場合がある。また、日 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 22:34

楽天市場のおすすめ商品

「イスラム教」のブログ関連商品

» 「イスラム教」のブログレビュー をもっと探す

「イスラム教」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る