誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    歌野晶午

歌野晶午

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「歌野晶午」のブログを一覧表示!「歌野晶午」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「歌野晶午」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「歌野晶午」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

★★★★作者のデビュー作であり、探偵「信濃譲二シリーズ」でもある。ごくごくオーソドックスな、「本格ミステリ」らしいトリック。だがその「使い方」にはあまり前例はないのではないか。特異なひねりが効いている、そこが一番の読みどころ。作 ... » more

読みました。あらすじ≪「頭狂人」「044APD」「aXe」「ザンギャ君」「伴道全教授」奇妙すぎるニックネームの5人が、日夜チャット上で「とびきりのトリック」を出題しあう推理合戦!ただし、このゲームが特殊なのは各々の参加者がトリッ ... » more
テーマ 読書 歌野晶午

★★★★★この作者は、「新本格」の先頭を走っているといって過言ではない。2002年の本作、その前々年『安達ヶ原の鬼密室』そして翌年の『葉桜の季節に君と思うということ』である。3冊の種類の違う「傑作」を生み出している。同じタイプの ... » more
テーマ ミステリー フェイバリット 歌野晶午

絶望ノート 歌野晶午 幻冬舎 ほんとは、昨日アップしたかったんですが、夜中、ずっとログインできない状態が続いていたんですよね。がっくり_| ̄|○この物語は、デスノートが下敷きになっているみたいですね。三分の一くらい読んだところで、「そういうことなんか ... » more

読みました。あらすじ≪いじめに遭っている中学2年の太刀川照音は、その苦しみ、両親への不満を「絶望ノート」と名づけた日記帳に書き連ねていた。そんな彼はある日、校庭で人間の頭部大の石を見つけて持ち帰り、それを自分にとっての“神”だと ... » more

女王様と私 [歌野晶午] 女王様と私歌野晶午今どきのニートと小学生を描いた、どんでん返し作品。通常、この結末は反則とも呼べるものだが、著者が意識的にトリックを開示しているため、かなりフェア。途中で「一体どうなってるんだ」と思わせておきながらも ... » more

読みました。軽くネタバレしてるかも。《生存者、一名/歌野晶午》【あらすじ】鹿児島の遙か沖の孤島、屍島に六人の男女が降り立った。彼らは都内で爆弾テロを行なった四人の実行犯と二人の幹部だった。翌日、幹部の一人 ... » more

生存者、一名 [歌野晶午] 生存者、一名歌野晶午一時間で読めるライトミステリ。新興宗教の信者四人が爆破テロを敢行後に、教団の導きで無人島に置き去りにされるストーリー。残った人間達により、醜いサバイバルゲームが繰り広げられるが、最後に一人残った生存者 ... » more
テーマ 歌野晶午

死体を買う男 [歌野晶午] 死体を買う男歌野晶午江戸川乱歩と萩原朔太郎が探偵として登場する異色作。歌野晶午の他作品とは毛色が異なる為、「こんな本も書けるのか」と思わず唸ってしまったほど。著者の懐の深さに驚いた。物語は乱歩らが登場する小説内の話と ... » more
テーマ 歌野晶午

葉桜の季節に君を想うということ 読みました!!か――――――――――――――なり前に(;;;´∀`)『葉桜の季節に君を想うということ/歌野晶午』【あらすじ】「何でもやってやろう屋」を、自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィット ... » more

葉桜の季節に君を想うということ [歌野晶午] 葉桜の季節に君を想うということ歌野晶午単純な探偵物のミステリかと思いきや、最後にどんでん返しが待っている作品。本書に登場する探偵役(=主人公)は、一般的なミステリの探偵と異なり、知力に長けているわけでもなく、少し小ズルイ程度 ... » more

さらわれたい女 [歌野晶午] さらわれたい女歌野晶午自分を誘拐してくれという依頼を受けた主人公が、自分を騙した真犯人に復讐する物語。ミステリーとしてはライトレベルで、誘拐部分のトリック以外は大きな見どころなし。その誘拐部分のトリックも、著者が自ら述べ ... » more
テーマ 歌野晶午

真夏の夜にミステリーはいかが? それにしても毎日暑い日が続きますね〜(ToT)こういうときはおうちでミステリーでも読みましょう♪私は子供の頃からミステリー(推理小説)が大好きでよく読んでいました。小学生の頃は江戸川乱歩の少年探偵団シリー ... » more

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして──。□感想□ ... » more
テーマ 読書 歌野晶午

世界の終わり、あるいは始まり 若干ネタバレあるかも!?読みました。ハル先輩の感想読んで面白そうだったので、買ってみました(´∀`)《世界の終わり、あるいは始まり/歌野晶午》 【あらすじ】東京近郊 ... » more

設定は面白いし、歌野さんの作品だからきっと最後に何か仕掛けてくるだろうと思って読みましたが…。あらすじ≪鹿児島の遙か沖の孤島、屍島に六人の男女が降り立った。彼らは都内で爆弾テロを行なった四人の実行犯と二人の幹部だった。翌日、幹部 ... » more

「このミス2008年版」第12位に選ばれていた、歌野晶午著「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読みました。あらすじ≪<頭狂人><044APD><aXe><ザンギャ君><伴道全教授>。奇妙なニックネームをもつ5人がインターネット上で殺 ... » more
テーマ 読書 歌野晶午

歌野晶午著、「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」を読みました。あらすじ≪舞田歳三は浜倉中央署の刑事だ。仕事帰りに兄・理一の家によって、小学五年生になる姪のひとみの相手をし、ビールを飲むのを楽しみにしている。難事件の捜査の合間 ... » more
テーマ 読書 歌野晶午

「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」 歌野晶午 舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵 (カッパ・ノベルス)歌野 晶午光文社 2007-11-20売り上げランキング : 30464Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明舞田歳三は浜倉中央署の刑事だ。難事件の捜査の合間 ... » more

『問題は、過去ではなく未来だ』歌野晶午著、「ハッピーエンドにさよならを」を読みました。あらすじ≪望みどおりの結末になることなんて、現実ではめったにないと思いませんか?事件の裏には多種多様な殺意が存在する―。一風変わった殺 ... » more

著者ご本人曰く「本書を一言であらわすなら、『ゆるミス』『やわらか本格』−まあ、そんなところです。」とのこと。その『やわらかさ』が、実に私好みで秀逸!楽しい一冊です。舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵 (カッパ・ノベルス) ... » more
テーマ 読書 歌野晶午

歌野晶午著「放浪探偵と七つの殺人」を読みました。あらすじ≪大学の男子寮で殺人事件が発生。犯行時刻に外部からの侵入者はいなく、すべての寮生にはアリバイがあった―「有罪としての不在」や、“水難”とは何を示すか見きわめると、犯人がわか ... » more

豪華装丁と豪華ミステリー作家陣でおなじみ(?)のミステリーランドシリーズ。この叢書を読むのは、3冊目でしょうか。魔王城殺人事件小学五年生の翔太たちは、同じ班の友人と探偵クラブを結成。怪しい噂のある、町外れの森の中 ... » more
テーマ 読書 歌野晶午

歌野晶午著、「女王様と私」を読みました。あらすじ≪真藤数馬は冴えないオタクだ。無職でもちろん独身。でも「引きこもり」ってやつじゃない。週1でビデオ屋にも行くし、秋葉原にも月1で出かけてる。今日も可愛い妹と楽しいデートの予定だった ... » more

歌野晶午著、「家守」を読みました。あらすじ≪木造モルタル二階建て、築三十年は経とうかという何の変哲もない「家」。その家から主婦の死体が見つかった。死因は窒息死。帰宅した夫が発見したとき、家は完全に戸締まりされた密室状態だった。事 ... » more
テーマ 読書 歌野晶午

ゴマちゃんの旦那さんが歌野晶午作品を読んでいる事にちなみ、私もツンドク本の中から歌野作品を引っ張りだし、読了しました。(笑)生存者、一名2000年に祥伝社文庫15周年を記念して、発刊された特別書き下ろし中編小説の一作品。 ... » more

歌野晶午著、「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読みました。あらすじ≪カントクに選手生命を台無しにされたと、失意のうちに自殺したアユミ。ジェシカは自分のことのように胸を痛め、カントクを憎んだ。―それから七年、ジェシカは導かれ ... » more

『未来は運命ではなく、神が賽を振った結果でもなく、ましてや人から与えられるものでもなく、己の意思で切り拓くものである』歌野晶午著「世界の終わり、あるいは始まり」を読みました。(若干ネタバレあります)あらすじ≪東京近郊 ... » more
テーマ 読書 歌野晶午

【読んだ本】女王様と私/歌野晶午 あいかわらず歌野晶午は登場人物の年齢性別が判らない。ここが彼の巧いところなのでしょう。本作『女王様と私』も驚きどころが満載です。真藤数馬は、「ニート」「引きこもり」「オタク」「ロリコン」と、世の中の白い目を恣にす ... » more

「女王様と私」 歌野晶午 女王様と私posted with 簡単リンクくん at 2006. 1.31歌野 晶午著角川書店 (2005.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明数馬はオタクだ。無職でもちろん独身。で ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 20:29

「歌野晶午」のブログ関連商品

» 「歌野晶午」のブログレビュー をもっと探す

「歌野晶午」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る