誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    恐山

恐山

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「恐山」のブログを一覧表示!「恐山」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「恐山」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「恐山」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

青森県の旅:恐山の景観 (2) 手ぬぐいは地蔵の頭に、柵にも結び付けられている。全身に手ぬぐいと履物を結びつけられた地蔵二体。頬かむり地蔵鉢巻き地蔵賽(さい)の河原と緑地部の境界にはおびただしい手ぬぐいと履物(主にぞうり ... » more
テーマ 賽の河原 青森県 恐山

青森県の旅:恐山の景観 (1) このブログ(手造りの旅情報)の青森県の旅:恐山の宿(2015年6月15日作成)の文末で、恐山の景観もずいぶんカメラに収めたが、写真のパソコンへの移転中に誤って削除してしまったと述べた。ところが、パソコンのとんでもないフォルダーに隠れ ... » more
テーマ 賽の河原 青森県 恐山

《恐山の思い出 2001年宇曽利湖》 2001年9月21日がどういう日だったか思い出せない。旧暦を調べると8月5日なので、多分、お山参詣の後、そちらに回ったのではないかと思う。さらに調べると、その前年、友人長野隆が亡くなっている。きっと一周忌の思いも込めて恐山に行った。 ... » more
テーマ 宇曽利湖 恐山

手造りの旅情報青森県の旅:恐山の宿
青森県の旅:恐山の宿 平成25年7月25日〜26日 参道の両側には幾数もの灯篭が縦列している中を山門をくぐり右に曲がると、今夜の宿泊先である宿坊、吉祥閣が現れる。近年新築したらしく立派な建物である。1泊2食の料金12千円を払い、宿泊の決まりごとを書いた紙を渡 ... » more
テーマ 温泉 青森県 恐山

死せる歌短歌
ゆめだらうあの子のいない恐山ひとつ積んでは蟻地獄の中 ... » more
テーマ 短歌 恐山

《木仏(もくぶつ)》:大見尾根--百井青少年村から和佐谷峠へ 今日は百井青少年村の方から入って、大見尾根に向かった。上りかけのときに下ってくる軽トラがあったが、それには白犬が乗っていた。多分イノシシ狙いなのだろう。11時50分ぐらいに上り始めた。まったく知らない道だが、予想通りに和佐谷峠に着い ... » more
テーマ 大見尾根 京都北山 恐山

燦燦小雨にけむる恐山
小雨にけむる恐山 三途の川に架かる太鼓橋物寂しい賽の河原賽の河原の亡き子をしのぶ風車幼子を慈しむ地蔵尊「哀悼の辞」が刻まれた地蔵尊石像の背面 ... » more
テーマ 宇曽利湖 風車 恐山

恐山 秋の色すこし 弘前を出たのが2時半を周っているくらいだったので、むつ市に着いた時はもう夜になっていた。旅館はいつものところ。朝早い目に出て、とりあえず恐山に行く。恐山は、岡本太郎が的確に取り出しているように、深く恐ろしい、人間の宿命に根差すものが ... » more
テーマ LumixGF3写真 下北半島 恐山

THE・red恐山
恐山 さすがに雰囲気あります入り口付近で売ってたアイスとても恐山{%げっそ ... » more

2003年 酸ヶ湯温泉から恐山へ 10月12日は午前中しばらく酸ヶ湯温泉に滞在して、棟方志功関連の写真を見ていたようだ。ここの温泉は温泉の効力についてよく分かっているようで、浸かり方の説明に、出てから一時間以上は横になって休むのがいいと書いてあった。その間に温泉の霊が体 ... » more
テーマ 酸ヶ湯温泉 2003年 恐山

浜通りから恐山へ(8月30日) 前日は疲れていたので弘前でそのまま泊った。起きるとだいぶ疲れは取れていた。当初から念頭にあったように恐山に行くことにした。最近行っていない恐山大祭のようすをうかがうこと。もし31日に弘前で長野隆の命日の法要があるのなら、午後からなら行け ... » more

1990年イタコ日向恵子の恐山デビューのときに 南部のイタコ、日向恵子が恐山デビューをしたのは1990年だったはずだ。そのときわたしは初めて恐山に行ったのだった。イタコといえばもうお婆さんたちしかいないのだろうと思っていたところ、新鮮だった。その時彼女は二十一歳だったはずだ。そして彼 ... » more
テーマ 民俗学 日向恵子 恐山

海の日連休 恐山と釜臥山(879m) 2010.07.16(金)−18(日) 海の日の連休は、南アルプスを考えていたけれど梅雨明けがまだでにわか雨と雷の予報が出ていたので、急遽予定変更して青森方面になってしまいました。前夜発で予定通り出発し、ガスの中を釜臥山(879m)に上り、その後「恐山」で温泉 ... » more
テーマ 追分温泉 釜臥山 恐山

時雨亭往還旅情を刺激してくれる人
旅情を刺激してくれる人 下北半島を旅行中のMクンから着信がありました。恐山にいるようです。気温は23度とか。東京の猛暑に息も絶え絶えで、今夏の体力をすでに使い切ってしまった感のある私には羨ましい限りです。秋に登場する「いたこ」さんがいたそう ... » more
テーマ 思い出 恐山 旅行

お地蔵さんとお遍路の旅恐山 [
恐山 [ 7月21日午後2時50分恐山の地獄巡りの最中、遠方の林の中に白くゆれる物を発見です。少々ビビりながら近づくとそこは異様な風景でした。 ... » more
テーマ 恐山  コメント(2)

お地蔵さんとお遍路の旅恐山 Z
恐山 Z 7月21日午後2時23分{%車webry%}『道の駅・おがわら湖』を出発し、途中『道の駅・よこまま』昼食を頂き、約2時間で再び恐山に到着です。{%車webry%}昨日より天気が悪く、半袖では肌寒い感じです。{%ごめん ... » more
テーマ 恐山  コメント(2)

お地蔵さんとお遍路の旅恐山 Y
恐山 Y 7月20日午後5時05分仏ヶ浦を見て、駐車場までの急な登りを耐えどうにか駐車場にたどり着くと、すでに時間は4時近くになっていました。これでは大間崎まで行く時間はありません。 ... » more
テーマ 恐山  コメント(4)

恐山宿坊&瀬美の湯 瀬美の露天風呂には、朝、川を渡って次々に小鳥が姿を現し囀り、寝湯に横たえながらバードウォッチングできる。リフレッシュして走ること300キロ、途中横浜町で町役場と横浜駅を見学。かわいらしい建物で、横浜開港150周年のポスターが ... » more
テーマ 宿坊 恐山 旅行

016「杁差岳(えぶりさし)」「飯豊連峰の北端にある(略)。この珍しい山名の由来は、山麓から見たこの山の雪形(残雪の形とも、残雪以外の黒い部分の形ともいう)が農具の杁(柄振)を肩にした人の形に見えるから、といわれている。」「筆者 ... » more
テーマ 山名由来事典 尾瀬 恐山

下北・津軽半島の旅・恐山(1) 下北半島・津軽半島に行ってきました。一日目は、恐山へ〜“五月雨にやさしくかすむ恐山”恐山は、今からおよそ1200年の昔、慈覚大師円仁によって、開かれた ... » more

季節通信これがあの世だ!! 恐山
これがあの世だ!! 恐山 人間死んだらどうなるのだろうと考えたことはありますか?。考えても分からないと思いますがその答えの一つがここ恐山です。ここから先はあの世なのでしょうか陸奥市から車で山を登って降りたところがここ恐山でした。辺りは硫黄の香 ... » more
テーマ 青森 恐山 旅行

お地蔵さんとお遍路の旅恐山菩提寺 X
恐山菩提寺 X 恐山の非日常的な風景につい多くの写真を撮ってしまいました。アップできなかった分をまとめて紹介します。お気に入りの山門です。本 ... » more
テーマ 恐山

お地蔵さんとお遍路の旅恐山菩提寺 W
恐山菩提寺 W 団体の観光客から逃げるように歩いてやっと着いたお堂です。中には地蔵菩薩が祀られていて、洋服やおもちゃなど亡くなった人の遺品らしき物がたくさん置いてありました。{%shira ... » more
テーマ 恐山

お地蔵さんとお遍路の旅恐山菩提寺 V
恐山菩提寺 V ご朱印も無事頂き、地獄巡りの開始です。本堂左手から高台に登ると絶景が見えてきます。本堂や山門の向こうにはカルデラ湖の宇曽利湖とそれを取り囲む嶺々が日本とは思え ... » more
テーマ 恐山

お地蔵さんとお遍路の旅恐山菩提寺 U
恐山菩提寺 U やっとの思いで到着した恐山。ワクワクしながら、参拝料500円を払い入山です。こちらが総門で、ここからが境内になります。総門をぐぐると正面に山門が見えてきます。参 ... » more
テーマ 恐山

お地蔵さんとお遍路の旅恐山菩提寺 T
恐山菩提寺 T 9月18日午後2時46分青森市の青龍寺で東北三十六不動尊巡礼を無事終了し、最終目的地の恐山に到着したのは3時近くになっていました。ここまでの道のりは、今回の遠征の中で最も気 ... » more
テーマ 恐山

旅行>大間崎に行ってきました 5/23-24と、青森県の大間崎と恐山に行って来ました。宿は取らず、車で片道約14時間の強行軍です(笑)内容はそのうちHPに載せますが、mixiには多少書いてますので。 ... » more
テーマ 大間崎 恐山

しろやま日記旅 「恐山」  -151-
旅 「恐山」  -151- 恐山は、どうみても尋常な場所ではありません。硫黄の臭いが、周囲一帯に立ち込めています。よく賽の河原とか、殺生河原とか名づけられた場所がありますね、宇曽利湖の周辺は、全てがそんな雰囲気でした。会社に入ってから間もなくの頃の、夏 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 18:40

「恐山」のブログ関連商品

» 「恐山」のブログレビュー をもっと探す

「恐山」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る