誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    万葉集

万葉集

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「万葉集」のブログを一覧表示!「万葉集」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「万葉集」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「万葉集」のブログ記事から画像をピックアップしています。

万葉集全歌マラソン - 11-2705はしきやし 逢はぬ君ゆゑ いたづらに この川の瀬に 玉裳濡らしつ (9/22 04:25)
万葉集全歌マラソン - 11-2704あしひきの 山下響(やましたとよ)み 行く水の 時ともなくも 恋ひわたるかも (9/21 04:17)
万葉集全歌マラソン - 11-2703ま薦刈る 大野川原(おほのがはら)の 水隠(みごも)りに 恋ひ来し妹が 紐解く我れは (9/20 04:08)

万葉集全歌マラソン - 11-2702明日香川 水行きまさり いや日異(ひけ)に 恋のまさらば ありかつましじ (9/19 04:56)
万葉集全歌マラソン - 11-2701明日香川 明日も渡らむ 石橋の 遠き心は 思ほえぬかも (9/19 04:48)
万葉集全歌マラソン - 11-2700玉かぎる 岩垣淵の 隠りには 伏して死ぬとも 汝(な)が名は告らじ (9/18 04:29)

時雨亭往還 - 富士山の噴火 (9/1 20:00)
万葉集全歌マラソン - 11-2699阿太人(あだひと)の 梁(やな)打ち渡す 瀬を早み 心は思へど 直(ただ)に逢はぬかも (9/17 09:22)

万葉集全歌マラソン - 11-2698行きて見て 来れば恋ほしき 朝香潟(あさかがた) 山越しに置きて 寐(い)ねかてぬかも (9/16 05:07)
万葉集全歌マラソン - 11-2697妹が名も 我が名も立たば 惜しみこそ 富士の高嶺の 燃えつつわたれ (9/15 04:30)
万葉集全歌マラソン - 11-2696荒熊(あらぐま)の すむといふ山の 師歯迫(しはせ)山 責めて問ふとも 汝(な)が名は (9/14 04:26)

万葉集全歌マラソン - 11-2695我妹子に 逢ふよしをなみ 駿河なる 富士の高嶺の 燃えつつかあらむ (9/11 04:04)
万葉集全歌マラソン - 11-2695我妹子に 逢ふよしをなみ 駿河なる 富士の高嶺の 燃えつつかあらむ (9/13 04:21)
万葉集全歌マラソン - 11-2694あしひきの 山鳥の尾の 一峰越え 一目見し子に 恋ふべきものか (9/12 04:38)

万葉集全歌マラソン - 11-2693かくばかり 恋ひつつあらずは 朝に日(け)に 妹が踏むらむ 地にあらましを (9/11 04:32)
万葉集全歌マラソン - 11-2692夕凝りの 霜置きにけり 朝戸出に いたくし踏みて 人に知らゆな (9/10 04:28)
万葉集全歌マラソン - 11-2691かにかくに 物は思はじ 朝露の 我が身ひとつは 君がまにまに (9/9 04:05)

万葉集全歌マラソン - 11-2690白栲の 我が衣手に 露は置き 妹は逢はさず たゆたひにして (9/8 04:00)
takusankanの周易占いノート - 今日9月7日は二十四節気の白露です。 (9/7 08:27)
万葉集全歌マラソン - 11-2689朝露の 消(け)やすき我(あ)が身 老いぬとも またをちかへり 君をし待たむ (9/7 04:53)
万葉集全歌マラソン - 11-2688待ちかねて 内には入らじ 白栲の 我が衣手(ころもで)に 露は置きぬとも (9/6 04:46)

万葉集全歌マラソン - 11-2687桜麻(さくらを)の 麻生(をふ)の下草 露しあれば 明かしてい行け 母は知るとも (9/5 04:39)
万葉集全歌マラソン - 11-2686夕占問ふ 我が袖に置く 白露を 君に見せむと 取れば消(け)につつ (9/4 04:35)

万葉集全歌マラソン - 11-2685妹が門(かど) 行き過ぎかねつ ひさかたの 雨も降らぬか そをよしにせむ (9/3 04:31)
万葉集全歌マラソン - 11-2684笠なしと 人には言ひて 雨障(あまつつ)み 留まりし君が 姿し思ほゆ (9/2 04:12)
万葉集全歌マラソン - 11-2683彼方(をちかた)の 埴生(はにふ)の小屋(をや)に 小雨降り 床さへ濡れぬ 身に添へ我 (9/1 04:08)

万葉集全歌マラソン - 11-2682韓衣(からころも) 君にうち着せ 見まく欲り 恋ひぞ暮らしし 雨の降る日を (8/31 04:05)
万葉集全歌マラソン - 11-2681我が背子が 使(つかひ)を待つと 笠も着ず 出でつつぞ見し 雨の降らくに (8/30 04:53)
万葉集全歌マラソン - 11-2680川千鳥 棲む沢の上に 立つ霧の いちしろけむな 相(あい)言ひそめてば (8/29 04:49)

takusankanの周易占いノート - ◆きょう旧暦7月7日、「七夕」です (8/28 09:34)
万葉集全歌マラソン - 11-2679窓越しに 月おし照りて あしひきの あらし吹く夜は 君をしぞ思ふ (8/28 04:46)
万葉集全歌マラソン - 11-2678はしきやし 吹かぬ風ゆゑ 玉櫛笥 開けてさ寝にし 我(あ)れぞ悔しき (8/27 06:22)

万葉集全歌マラソン - 11-2677佐保の内ゆ あらしの風の 吹きぬれば 帰りは知らに 嘆く夜ぞ多き (8/26 04:34)
万葉集全歌マラソン - 11-2676ひさかたの 天飛ぶ雲に ありてしか 君をば相見(あひみ)む おつる日なしに (8/25 04:25)
takusankanの周易占いノート - 攝津池田の「がんがら祭り」・・『愛宕火や池田伊丹の秋ひとつ』 (8/24 09:20)

万葉集全歌マラソン - 11-2675君が着る 御笠の山に 居る雲の 立てば継(つ)がるる 恋もするかも (8/24 04:22)
万葉集全歌マラソン - 11-2674朽網山(くたみやま) 夕居る雲の 薄れゆかば 我れは恋ひむな 君が目を欲(ほ)り (8/23 04:18)
万葉集全歌マラソン - 11-2673ぬばたまの 夜渡る月の ゆつりなば さらにや妹に 我が恋ひ居らむ (8/23 04:11)

万葉集全歌マラソン - 11-2672この山の 嶺に近しと 我が見つる 月の空なる 恋もするかも (8/21 04:06)
万葉集全歌マラソン - 11-2671今夜(こよひ)の 有明月夜(ありあけつくよ) ありつつも 君をおきては 待つ人もなし (8/20 04:44)
万葉集全歌マラソン - 11-2670まそ鏡 清き月夜の ゆつりなば 思ひはやまず 恋こそまさめ (8/19 04:39)

万葉集全歌マラソン - 11-2669我が背子が 振り放(さ)け見つつ 嘆くらむ 清き月夜に 雲なたなびき (8/18 04:33)
万葉集全歌マラソン - 11-2668二上(ふたかみ)に 隠らふ月の 惜しけども 妹が手本(たもと)を 離(か)るるこのころ (8/17 04:07)
万葉集全歌マラソン - 11-2667真袖(まそで)持ち 床うち掃(はら)ひ 君待つと 居りし間に 月かたぶきぬ (8/16 04:00)

万葉集全歌マラソン - 11-2666妹が目の 見まく欲しけく 夕闇の 木の葉隠(ごも)れる 月待つごとし (8/15 04:39)
万葉集全歌マラソン - 11-2665月しあれば 明(あ)くらむ別(わき)も 知らずして 寝て我が来しを 人見けむかも (8/15 04:29)
万葉集全歌マラソン - 11-2664夕月夜(ゆふづくよ) 暁闇(あかときやみ)の 朝影に 我が身はなりぬ 汝(な)を思ひか (8/13 04:27)

万葉集全歌マラソン - 11-2663ちはやぶる 神の斎垣(いかき)も 越えぬべし 今は我が名の 惜しけくもなし (8/12 04:12)
万葉集全歌マラソン - 11-2662我妹子に またも逢はむと ちはやぶる 神の社を 祷(の)まぬ日はなし (8/11 04:01)

万葉集全歌マラソン - 11-2661霊(たま)ぢはふ 神も我れをば 打棄(うつ)てこそ しゑや命の 惜しけくもなし (8/10 04:52)
万葉集全歌マラソン - 11-2660夜並(よなら)べて 君を来ませと ちはやぶる 神の社を 祷(の)まぬ日はなし (8/9 04:36)

万葉集全歌マラソン - 11-2659争へば 神も憎ます よしゑやし よそふる君が 憎くあらなくに (8/8 04:22)
万葉集全歌マラソン - 11-2658天雲(あまくも)の 八重雲隠(やへくもがく)り 鳴る神の 音のみにやも 聞きわたりなむ (8/7 04:15)
万葉集全歌マラソン - 11-2657神なびに ひもろき立てて 斎(いは)へども 人の心は まもりあへぬもの (8/6 04:10)

万葉集全歌マラソン - 11-2656天飛ぶや 軽(かる)の社(やしろ)の 斎(いは)ひ槻(つき) 幾代(いくよ)まであらむ (8/5 04:03)
万葉集全歌マラソン - 11-2655紅(くれなゐ)の 裾引く道を 中に置きて 我れは通はむ 君か来まさむ  (8/4 04:17)
万葉集全歌マラソン - 11-2654君に恋ひ 寐(い)ねぬ朝明(あさけ)に 誰(た)が乗れる 馬の足(あ)の音ぞ 我れに聞 (8/3 04:09)

万葉集全歌マラソン - 11-2653馬の音の とどともすれば 松蔭(まつかげ)に 出でてぞ見つる けだし君かと (8/2 04:03)
万葉集全歌マラソン - 11-2652妹が髪 上げ竹葉野(たかはの)の 放れ駒(ごま) 荒びにけらし 逢はなく思へば (8/1 04:00)
万葉集全歌マラソン - 11-2651難波人(なにはひと) 葦火焚(あしひた)く屋の 煤(す)してあれど おのが妻こそ 常め (7/31 04:08)

万葉集全歌マラソン - 11-2650そき板もち 葺(ふ)ける板目の あはざらば いかにせむとか 我が寝そめけむ (7/30 04:54)
万葉集全歌マラソン - 11-2649あしひきの 山田守(やまたも)る翁(をぢ)が 置く鹿火(かひ)の 下焦(したこが)れの (7/29 04:57)
万葉集全歌マラソン - 11-2648かにかくに 物は思はじ 飛騨人(ひだひと)の 打つ墨縄の ただ一道(ひとみち)に (7/28 04:38)

万葉集全歌マラソン - 11-2647手作りを 空ゆ引き越し 遠みこそ 目言離(めことか)るらめ 絶ゆと隔てや (7/27 04:18)
万葉集全歌マラソン - 11-2646住吉(すみのえ)の 津守網引(つもりあびき)の うけの緒の 浮かれか行かむ 恋ひつつあ (7/26 04:37)
万葉集全歌マラソン - 11-2645宮材(みやぎ)引く 泉の杣(そま)に 立つ民の やむ時もなく 恋ひわたるかも (7/25 04:28)

万葉集全歌マラソン - 11-2644小治田(をはりだ)の 板田の橋の 壊(こほ)れなば 桁より行かむ な恋ひそ我妹 (7/24 04:32)
万葉集全歌マラソン - 11-2643玉桙の 道行き疲れ 稲席(いなむしろ) しきても君を 見むよしもがも (7/23 04:26)
万葉集全歌マラソン - 11-2642燈火(ともしび)の 影にかがよふ うつせみの 妹が笑まひし 面影に見ゆ (7/22 04:30)

万葉集全歌マラソン - 11-2641時守(ときもり)の 打ち鳴す鼓(つづみ) 数(よ)みみれば 時にはなりぬ 逢はなくもあ (7/21 04:24)
万葉集全歌マラソン - 11-2640梓弓 引きみ緩へみ 来(こ)ずは来ず 来ば来そをなぞ 来ずは来ばそを (7/20 04:15)
万葉集全歌マラソン - 11-2639葛城の 襲津彦真弓(そつびこまゆみ) 新木(あらき)にも 頼めや君が 我が名告(の)り (7/19 04:00)

万葉集全歌マラソン - 11-2638梓弓 末のはら野に 鳥狩(とがり)する 君が弓弦(ゆづる)の 絶えむと思へや (7/18 04:54)
万葉集全歌マラソン - 11-2637うち鼻ひ 鼻をぞひつる 剣大刀 身に添ふ妹し 思ひけらしも (7/17 02:26)
万葉集全歌マラソン - 11-2636剣大刀 諸刃の上に 行き触れて 死にかもしなむ 恋ひつつあらずは (7/16 09:23)

万葉集全歌マラソン - 11-2635剣大刀 身に佩(は)き添(そ)ふる 大夫(ますらを)や 恋といふものを 忍びかねてむ (7/15 04:47)
万葉集全歌マラソン - 11-2634里遠み 恋わびにけり まそ鏡 面影去らず 夢に見えこそ (7/14 04:44)
万葉集全歌マラソン - 11-2633まそ鏡 手に取り持ちて 朝な朝な 見む時さへや 恋の繁けむ (7/13 04:39)

万葉集全歌マラソン - 11-2632まそ鏡 直(ただ)にし妹を 相見ずは 我が恋やまじ 年は経ぬとも (7/12 04:34)
万葉集全歌マラソン - 11-2631ぬばたまの 黒髪敷きて 長き夜を 手枕の上に 妹待つらむか (7/11 04:30)
万葉集全歌マラソン - 11-2630結へる紐 解かむ日遠み 敷栲の 我が木枕は 苔生(こけむ)しにけり (7/10 04:26)

万葉集全歌マラソン - 11-2629逢はずとも 我れは恨みじ この枕 我れと思ひて まきてさ寝ませ (7/9 08:45)
万葉集全歌マラソン - 11-2628いにしへの 倭文機帯(しつはたおび)を 結び垂れ 誰れといふ人も 君にはまさじ (7/8 04:35)
万葉集全歌マラソン - 11-2626はねかづら 今する妹が うら若み 笑みみ怒りみ 付けし紐解く (7/6 04:22)

万葉集全歌マラソン - 11-2626古衣 打棄(うつ)つる人は 秋風の 立ちくる時に 物思ふものぞ (7/6 04:12)
万葉集全歌マラソン - 11-2625逢はなくに 夕占(ゆふけ)を問ふと 幣(ぬさ)に置くに 我が衣手は またぞ継ぐべき (7/5 04:08)
万葉集全歌マラソン - 11-2624紅の 深(こ)染めの衣 色深く 染みにしかばか 忘れかねつる (7/4 04:57)

万葉集全歌マラソン - 11-2623紅(くれなゐ)の 八(や)しほの衣 朝な朝な 馴れはすれども いやめづらしも (7/3 04:54)
万葉集全歌マラソン - 11-2622志賀の海人(あま)の 塩焼き衣 なれぬれど 恋といふものは 忘れかねつも (7/2 04:18)
万葉集全歌マラソン - 11-2621摺(す)り衣 着(け)りと夢(いめ)に見つ うつつには いづれの人の 言か繁けむ (7/1 04:02)

万葉集全歌マラソン - 11-2620解き衣(きぬ)の 思ひ乱れて 恋ふれども なぞ汝(な)がゆゑと 問ふ人もなき (6/30 04:54)
万葉集全歌マラソン - 11-2618月夜(つくよ)よみ 妹に逢はむと 直道(ただち)から 我れは来(き)つれど 夜ぞ更けに (6/28 04:45)
万葉集全歌マラソン - 11-2617あしひきの 山桜戸(やまさくらと)を 開け置きて 我が待つ君を 誰(た)れか留むる (6/27 04:38)

万葉集全歌マラソン - 11-2616奥山の 真木の板戸を 音早み 妹があたりの 霜の上に寝ぬ (6/26 04:24)
万葉集全歌マラソン - 11-2615敷栲の 枕をまきて 妹と我(あ)れと 寝る夜はなくて 年ぞ経にける (6/25 04:26)
万葉集全歌マラソン - 11-2619朝影に 我が身はなりぬ 韓衣(からころも) 裾のあはずて 久しくなれば (6/29 04:50)

万葉集全歌マラソン - 11-2613夕占(ゆふけ)にも 占(うら)にも告(の)れる 今夜(こよひ)だに 来まさぬ君を いつ (6/23 04:07)
万葉集全歌マラソン - 11-2611今さらに 君が手枕 まき寝めや 我が紐の緒の 解けつつもとな (6/21 04:52)
万葉集全歌マラソン - 11-2610ぬばたまの 我が黒髪を 引きぬらし 乱れてさらに 恋ひわたるかも (6/20 04:48)

万葉集全歌マラソン - 11-2609白栲の 袖はまゆひぬ 我妹子(わぎもこ)が 家のあたりを やまず振りしに (6/19 04:44)

最終更新日: 2017/09/22 04:35

「万葉集」のブログ関連商品

» 「万葉集」のブログレビュー をもっと探す

「万葉集」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

七浦巡り万葉花旅日記2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 七浦巡り万葉花旅日記2
山陰中央新報社 原 美代子

万葉 和歌の浦 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 万葉 和歌の浦
求龍堂 村瀬 憲夫

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る