誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    万葉集

万葉集

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「万葉集」のブログを一覧表示!「万葉集」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「万葉集」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「万葉集」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

11-2506言霊(ことだま)の 八十(やそ)の街(ちまた)に 夕占(ゆふけ)問ふ 占(うら)まさに 言霊(ことだま)の八十(やそ)の街(ちまた)に夕占(ゆふけ)問ふ占(うら)まさに告(の)る妹は相寄らむ事霊八十衢夕占問占正謂妹相依 ... » more

11-2505梓弓 引きてゆるさず あらませば かかる恋には あはざらましを 梓弓引きてゆるさずあらませばかかる恋にはあはざらましを梓弓引不許有者此有戀不相 ... » more

11-2504解き衣(きぬ)の 恋ひ乱れつつ 浮き真砂(まなご) 生きても我れは ありわたるかも 解き衣(きぬ)の恋ひ乱れつつ浮き真砂(まなご)生きても我れはありわたるかも解衣戀乱乍浮沙生吾有度鴨 ... » more

Ban'ya蘇我氏は短歌を詠まなかったか?
このところ、ある原稿を書くため万葉集を読んでいる。気が付いたことがある。蘇我氏を母に持つ二女帝の持統天皇、元明天皇を別として、蘇我氏が詠んだ歌が万葉集に一首も収録されていない。記紀でスサノヲが詠んだとされる「八雲立つ」の歌が ... » more

11-2503夕されば 床の辺去らぬ 黄楊枕(つげまくら) 何しか汝(な)れが 主待ちかたき 夕されば床の辺去らぬ黄楊枕(つげまくら)何しか汝(な)れが主待ちかたき夕去床重不去黄楊枕何然汝主待固 ... » more

11-2502まそ鏡 手に取り持ちて 朝(あさ)な朝(さ)な 見れども君は 飽くこともなし まそ鏡手に取り持ちて朝(あさ)な朝(さ)な見れども君は飽くこともなし真鏡手取以朝々雖見君飽事無 ... » more

八王寺だより万葉集全釈(412)
市原王(いちはらのおほきみ)の歌一首四一二いなだきにきすめる玉は二つなしかにもかくにも君がまにまに頭の上の髪の中に納めている玉は二つとないものです。とにもかくにもあなたの思いのままにしてください。いなだき=頂きすむ=納め ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

11-2501里遠(さとどほ)み 恋ひうらぶれぬ まそ鏡 床の辺去らず 夢に見えこそ 里遠(さとどほ)み恋ひうらぶれぬまそ鏡床の辺去らず夢に見えこそ里遠眷浦經真鏡床重不去夢所見与 ... » more

赤あげて白あげて、みたいな和歌に人生が見える 世を捨つる人はまことに捨つるかは捨てぬ人こそ捨つるなりけり西行が出家前後に詠んだ歌とされていて、以前にも触れた(参照)歌とほぼ同時期に作られたようだ。惜しむとて惜しまれぬべきこの世かは身を捨ててこそ身をも助けめそ ... » more
テーマ 和歌 西行 万葉集

11-2500朝月(あさづき)の 日向黄楊櫛(ひむかつげくし) 古(ふ)りぬれど 何しか君が 見れど 朝月(あさづき)の日向黄楊櫛(ひむかつげくし)古(ふ)りぬれど何しか君が見れど飽かざらむ朝月日向黄楊櫛雖舊何然公見不飽 ... » more

あらまたの年の経ぬれば今しはとゆめよ我が背子(せこ)我が名告(の)らすな笠郎女(かさのいらつめ)大伴家持に贈っている歌です。現代訳・・・逢いしめて以来アラマタノ年も経ってしまったので、今はもうよかろうとばかり、他人に私の ... » more
テーマ 恋愛 万葉集

11-2499我妹子に 恋ひしわたれば 剣大刀 名の惜しけくも 思ひかねつも 我妹子に恋ひしわたれば剣大刀名の惜しけくも思ひかねつも我妹戀度劔刀名惜念不得 ... » more

11-2498剣大刀(つるぎたち) 諸刃の利(と)きに 足踏みて 死なば死なむよ 君によりては 剣大刀(つるぎたち)諸刃の利(と)きに足踏みて死なば死なむよ君によりては剱刀諸刃利足踏死々公依 ... » more

11-2497隼人(はやひと)の 名に負ふ夜声の いちしろく 我が名は告(の)りつ 妻と頼ませ 隼人(はやひと)の名に負ふ夜声のいちしろく我が名は告(の)りつ妻と頼ませ早人名負夜音灼然吾名謂□恃 ... » more

11-2496肥人(こまひと)の 額髪(ぬかがみ)結へる 染木綿(しめゆふ)の 染みにし心 我れ忘れ 肥人(こまひと)の額髪(ぬかがみ)結へる染木綿(しめゆふ)の染みにし心我れ忘れめや肥人額髪結在染木綿染心我忘 ... » more

11-2495たらつねの 母が養(か)ふ蚕(こ)の 繭隠(まよごも)り 隠(こも)れる妹を 見むよし たらつねの母が養(か)ふ蚕(こ)の繭隠(まよごも)り隠(こも)れる妹を見むよしもがも足常母養子眉隠隠在妹見依鴨 ... » more

八王寺だより万葉集全釈(411)
四一一我妹子(わぎもこ)がやどの橘いと近く植ゑてしゆゑに成らずば止まじあなたの家の橘は、大変近くに植えてあるので実らせずにはおきません。あなたとの恋を実らせずにはおきませんよ。 ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

11-2494大船に 真楫(まかじ)しじ貫き 漕ぐほとも ここだ恋ふるを 年にあらばいかに 大船に真楫(まかじ)しじ貫き漕ぐほともここだ恋ふるを年にあらばいかに大船真楫繁拔榜間極太戀年在如何 ... » more

11-2493高山の 嶺行くししの 友を多み 袖振らず来ぬ 忘ると思ふな 高山の嶺行くししの友を多み袖振らず来ぬ忘ると思ふな高山峯行完友衆袖不振来忘念勿 ... » more

11-2492思ひにし あまりにしかば にほ鳥の なづさひ来しを 人見けむかも 思ひにしあまりにしかばにほ鳥のなづさひ来しを人見けむかも念餘者丹穂鳥足沾来人見鴨 ... » more

11-2491妹に恋ひ 寐(い)ねぬ朝明(あさけ)に をし鳥の こゆかく渡る 妹が使(つかひ)か 妹に恋ひ寐(い)ねぬ朝明(あさけ)にをし鳥のこゆかく渡る妹が使(つかひ)か妹戀不寐朝明男為鳥従是此度妹使 ... » more

11-2490天雲に 翼(はね)打ちつけて 飛ぶ鶴(たづ)の たづたづしかも 君しまさねば 天雲に翼(はね)打ちつけて飛ぶ鶴(たづ)のたづたづしかも君しまさねば天雲尓翼打附而飛鶴乃多頭々々思鴨君不座者 ... » more

11-2489橘の 本(もと)に我(わ)を立て 下枝(しづえ)取り ならむや君と 問ひし子らはも 橘の本(もと)に我(わ)を立て下枝(しづえ)取りならむや君と問ひし子らはも橘本我立下枝取成哉君問子等 ... » more

11-2488礒の上に 立てるむろの木 ねもころに 何しか深め 思ひそめけむ 礒の上に立てるむろの木ねもころに何しか深め思ひそめけむ礒上立廻香樹心哀何深目念始 ... » more

11-2487奈良山の 小松が末(うれ)の うれむぞは 我が思ふ妹に 逢はずやみなむ 奈良山の小松が末(うれ)のうれむぞは我が思ふ妹に逢はずやみなむ平山子松末有廉叙波我思妹不相止者 ... » more

11-2486茅渟(ちぬ)の海の 浜辺の小松 根深めて 我れ恋ひわたる 人の子ゆゑに 茅渟(ちぬ)の海の浜辺の小松根深めて我れ恋ひわたる人の子ゆゑに珍海濱邊小松根深吾戀度人子□ ... » more

11-2485袖振らば 見ゆべき限り 我れはあれど その松が枝に 隠らひにけり 袖振らば見ゆべき限り我れはあれどその松が枝に隠らひにけり袖振可見限吾雖有其松枝隠在 ... » more

11-2484君来ずは 形見にせむと 我がふたり 植ゑし松の木 君を待ち出でむ 君来ずは形見にせむと我がふたり植ゑし松の木君を待ち出でむ君不来者形見為等我二人殖松木君乎待出牟 ... » more

11-2483敷栲の 衣手離れて 玉藻なす 靡きか寝らむ 我を待ちかてに 敷栲の衣手離れて玉藻なす靡きか寝らむ我を待ちかてに敷栲之衣手離而玉藻成靡可宿濫和乎待難尓 ... » more

11-2482水底(みなそこ)に 生(お)ふる玉藻の うち靡き 心は寄りて 恋ふるこのころ 水底(みなそこ)に生(お)ふる玉藻のうち靡き心は寄りて恋ふるこのころ水底生玉藻打靡心依戀比日 ... » more

 

最終更新日: 2017/03/29 04:53

楽天市場のおすすめ商品

「万葉集」のブログ関連商品

» 「万葉集」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る