誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    思想

思想

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「思想」のブログを一覧表示!「思想」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「思想」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「思想」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

イスラム教徒として言おう。「言論の自由」原理主義者の偽善にはもう、うんざりだMehdi Hasan 2015年01月15日http://www.huffingtonpost.jp/mehdi-hasan/charlie-hebdo_ ... » more

差別克服講座全盲の倫理
年末以来、約一か月ぶりの発信である。目下、当初の予想を超えたレベルの黙殺を受けている状況であるが、めげることなく、差別を克服するための方策を考えるという企画を続けていきたい。以前、人間は五感の中でも視覚が比較的発達しているうえに、美 ... » more
テーマ 日常 差別 思想

昨日(1月13日)NHK「クローズアップ現代」を見ていて,coffeeは反応するだろうと思っていたらやっぱり反応しました。しかし,内容に特に見るべきものを感じませんでした。coffeeは番組について「予想どおり虚偽や印象操作を頻 ... » more

たむけんの「言うただけ」は「単に」ということなのでしょうが,その「単に」は「純粹pure」「無邪気innocent」ではなく「単純naive」と言うべきものでしょう。芸人のたむらけんじ氏が1月6日のTweetで「大阪都構想に関す ... » more
テーマ 政治 社会 思想

なんとなく、世の中の動きに感情がついていけなくなっていることが増えている気がする。そういう気持ちから「経済成長至上主義からの決別」を書いたわけだが、根底は世界で起きていることが理解できていないことへの不安感なのだろうと思う。その中でも特に最 ... » more

2015年オススメ書籍第一弾『智慧の法』―心のダイヤモンドを輝かせよ― みなさま、明けましておめでとうございますさてさて、本年最初のオススメ書籍はコチラ智慧の法 [ 大川隆法 ]楽天ブックス 心のダイヤモンドを輝かせよ ORbooks 大川隆法 ... » more
テーマ 宗教 思想

さぶろうのブログヘリ某
「選挙に行こう」についてこんにちは。いつも思ってますが、簡潔で誰にでも判り易い文章は流石ですね。私は両方とも共産党に入れましたが、清谷さんと同じ考え方の投票方法で投票しました。結果は、野党勢力図が変わって最悪では無かった、で ... » more
テーマ 政治 世相 思想

Action Japanese今年最後の獅子吼
まだ入院生活継続中につき今年のブログ更新は本日が最後になります。我々の目標は資本主義一極体制のグローバリズムを打倒することである。そのためには手段を選ばない。極左共産主義勢力や「イスラム国」、その他あらゆる反社会的勢力と手を結ぶこと ... » more

(後で理由を述べますが,この記事ではトラックバックとコメントを受け付けません。また,別記事にこの記事についての意見を書いても削除します。また,削除について予告はしません)ここ20日ほど,あるWeblogの記事で起こっている論争(?) ... » more
テーマ 独り言 社会 思想

平野敬和『丸山眞男と橋川文三「戦後思想」への問い』(教育評論社、2014)を読んだ。 書名には二人の名が併記されているが、この本のページ数の大部分は丸山論が占めている。 その中で、僕にとって最も刺激的だったのが、丸山自身の広島で ... » more
テーマ 有名人 思想

【ニコニコ動画】桜井誠「忘れちゃいけない、自民党が何をしてきたのかを」 ... » more

宮嶋繁明『日本浪漫派の精神』(弦書房、2014年)を読んだ。 この本、思想史家・橋川文三が三十代半ばでデビュー作を書き上げるまでの半生の、初の本格的な伝記を読んで、なぜか「橋川さん」と呼びたくなった。有名人や歴史上の人物を呼び捨てに ... » more
テーマ 有名人 思想

アップル、横浜に開発拠点=来年設置−安倍首相「アジア最大級」http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014120900756>これに関連し、安倍晋三首相はさいたま市での街頭演説で「アップルが最先 ... » more

選挙に行こう 共産党のそっくりさん。昨日今度の総選挙の不在者投票をしてきました。小選挙区は自民候補に勝ちそうな民主党の野田佳彦氏、比例は例によって共産党です。毎度のことですが、共産党を支持しているわけではありません。与党に対しする不信 ... » more

さてこのブログで度々コメントされている「真の愛国者ゆりか」さんが、先のエントリー「本当は怖い公明党 」http://kiyotani.at.webry.info/201412/article_4.htmlについてオブジェクションをコ ... » more

12月4日・カーライルのことば 12月4日は、リルケが生まれた日(1875年)だが、歴史学者カーライルの誕生日でもある。トーマス・カーライルは、1795年、英国スコットランドのダムフリースで生まれた。カルヴァン派だった両親の影響を受けたトーマスは、エディンバラ ... » more
テーマ 思想

11月28日・フリードリヒ・エンゲルスの社会主義 11月28日は、作家・宇野千代が生まれた日(1897年)だが、社会思想家フリードリヒ・エンゲルスの誕生日でもある。フリードリヒ・エンゲルスは、1820年、現在のドイツ、ヴッパータールで生まれた。父親は紡績工場の共同経営者で、フリード ... » more
テーマ 思想

自分の中の傾向を敢えて比率にすると、3:1:6ないし3:2:5くらいか。 高度成長期に育ち、大学受験のときに浅間山荘事件をテレビで見ていた世代なので、その時代の影響もあって、反権力的感性・志向が保守的志向に勝っている。 しか ... » more
テーマ 政治 自己 思想

11月26日・ソシュールの言語論 11月26日は、ゴロで「いい風呂」の日だが、言語学者のフェルディナン・ド・ソシュールの誕生日でもある。フェルディナン・ド・ソシュールは、1857年、スイスのジュネーヴで生まれた。父親は鉱物と昆虫の学者で、母親は芸術を学んだピアノの名 ... » more
テーマ 思想

いつものように、本を返したついでに、また借りてきた。 他の分室から取り寄せた2冊のほかにも借りようと見たが、開架式のフランス文学の棚には、プルーストに関するものがなく、隣のドイツやロシアの棚から、閉館間際で時間がない中、選んだのが― ... » more
テーマ 文学 思想

11月24日・スピノザの神 11月24日は、『小公子』を書いたバーネットが生まれた日(1849年)だが、ネーデルランド(オランダ)の哲学者スピノザの誕生日でもある。バールーフ・デ・スピノザは、1632年、ネーデルランドのアムステルダムで生まれた。父親はポルトガ ... » more
テーマ 思想

『ウィトゲンシュタインの誤診―青色本を掘り崩す』を読む ネットで「独我論」を調べていて見つけた本だ。独我論、独我論といっても、果たして独我とは現在地上に生きている人間60億人中の1人をさすのだろうかというと、大いに疑問なのである。第一大悟した智者は異口同音に「梵我一如」などといっているのである。 ... » more

【読書メモ】アリストテレス『詩学』 アリストテレス『詩学』テキスト=松本仁助・岡道男訳『アリストテレース詩学・ホラーティウス詩論』岩波文庫、1997年(目次)第1章論述の範囲、詩作と再現、再現の媒体について第2章再現する対象の差異について第3章再現 ... » more
テーマ 読書 演劇 思想

【まとめ】【読書メモ】ハイデッガー『技術への問い』 マルティン・ハイデッガー、関口浩訳『技術への問い』平凡社、2009年「技術への問い」http://42286268.at.webry.info/201411/article_1.html「科学と省察」http://422 ... » more
テーマ 読書 思想

【読書メモ】ハイデッガー「芸術の由来と思索の使命」 マルティン・ハイデッガー「芸術の由来と思索の使命」(1967年)テキスト=関口浩訳『技術への問い』(平凡社、2009年)所収西洋的‐ヨーロッパ的芸術および諸科学(学問)のために原初を樹立した、古代ギリシア世界について思索 ... » more
テーマ 読書 思想

【読書メモ】ハイデッガー「伝承された言語と技術的な言語」 マルティン・ハイデッガー「伝承された言語と技術的な言語」(1962年)テキスト=関口浩訳『技術への問い』(平凡社、2009年)所収はじめにこの講演のタイトルは「伝承された言語と技術的な言語」である。「言語」「 ... » more
テーマ 読書 思想

11月16日・ダランベールの知性 11月16日は、シンガーソングライター、来生たかおが生まれた日(1950年)だが、フランス百科全書派のダランベールの誕生日でもある(11月17日生まれとする文献もあり)。ジャン・ル・ロン・ダランベールは、1717年、フランスのパリで ... » more
テーマ 思想

本文は藤原氏が既に御茶の水女子大学を退官しているというご指摘を受けて一部改変しております。週刊新潮の2014年11月20日号の藤原正彦名誉教授の連載コラム「管見妄語」は、またノーベル賞ネタです。(11月19日(水)まで売られています ... » more

【読書メモ】ハイデッガー「形而上学の超克」 マルティン・ハイデッガー「形而上学の超克」(1936年-46年)テキスト=関口浩訳『技術への問い』(平凡社、2009年)所収「訳者後記」によるとこのテキストは、1936年から46年までの間に書かれた手記の一部だそうです。 ... » more
テーマ 読書 思想

 

最終更新日: 2016/11/21 15:39

「思想」のブログ関連商品

» 「思想」のブログレビュー をもっと探す

「思想」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

だれが原子をみたか [ 江沢洋 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル だれが原子をみたか [ 江沢洋 ]
楽天ブックス

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「思想」ブログのユーザランキング

森の散歩 1 位.
森の散歩

テーマのトップに戻る