誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    思想

思想

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「思想」のブログを一覧表示!「思想」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「思想」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「思想」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

玄米粉で便秘解消。今日昼ウエイトで足の日。スクワット40kg。先祖供養目的でお墓掃除を夕方にした。トイレ掃除とかお墓掃除をしているときは無心になれる。必死に磨いてぴかぴかにしようとするから何も考えなくなる。うちのお墓だけすご ... » more
テーマ 先祖供養 思想

自分がおこなって挙げた成果を自分の手柄と思うなかれ。自分が犯した間違いを自分のせいとして過度に責めるなかれ。今日はファンケルの亜鉛購入。昔は強力わかもとをはじめサプリを大量に飲んでいた時期があったが今は0だった。食事で補う方 ... » more
テーマ 思想

差別克服講座動物差別について
以前、差別最終街区の四丁目二番地・犯罪者差別の隣は動物差別であると述べた。実際、凶悪犯罪者は「鬼畜」と評されることすらあることからも、このことは裏付けられる。動物差別とは、人間以外の動物を劣等視することである。人間はかねて高等知能を ... » more
テーマ 差別 思想

ゆっくり生きたい社会的共通資本
2015年の25冊目(6/25)。字沢弘文『社会的共通資本』岩波新書(2000年)★★☆社会的共通資本とは何か。ゆたかな経済生活を営み、すぐれた文化を展開し、人間的に魅力ある社会を安定的に維持する―このことを可能にする社会装 ... » more
テーマ 社会 思想

なぜそんなにも真面目なのか?なぜそこまでして真面目である自分を貫き通さなければならないのか?おれにはようわからんがすごい、それは素晴らしいことだ、かもしれませんね。親や周りに与えられたセルフイメージで苦しんでいる。真 ... » more
テーマ 思想

今日Tのupのために筋トレをした。腕立40回腹筋40回スクワット30回ジョギング20分テストステロンはモテフェロモンって言われている。オナ禁効果ってスピリチュアル的とテストステロン的があると思う。女性は嗅覚が優れ ... » more
テーマ 運動 禁欲 思想

自分がやった、という感覚は実はやばい。神が与えたものを自分の能力によるものと勘違いしてはいけない。人間は一人では生きていけない。今日自分が存在するのは、少なくとも食、水、空気といったものを与えていただいたおかげで生きている。どんな能 ... » more
テーマ 健康 思想

「右」でも、「左」でも無いけど。。。 この下書きは、本当は明日に更新用の下書きだったのですが・・・。午後の仕事が変更になったので、早帰りは無いと思っていたのですが15時で帰宅しました。ちょうど次の下書きに丁度良い出来事であるのと、無理矢理に疲れさせて睡眠取っているので、 ... » more
テーマ ナショナリズム 今井雅之 思想  コメント(4)

直前の日記に引用した箇所のすぐ前に、以下のようにある。 (前略)ところが、米谷匡史の巧みな考証によれば、46年3月6日にGHQの指示により、新憲法の骨格が「憲法改正草案要綱」として発表されると、丸山の思想にも大きな転換がおこり、「超 ... » more
テーマ 戦後 日本 思想

安丸良夫『現代日本思想論歴史意識とイデオロギー』(岩波現代文庫、2012。元は2004年に岩波から)全6章のうち、興味を惹かれた3つの章を読んでみた。 そのうち、丸山をそれほど読んでいない僕が思っただけでなく、丸山の著作と思想に詳し ... » more
テーマ 有名人 思想

「女性の活躍促進」は女性だけを対象とする事業を推進すれば事足りるわけでもなく,また,男女対立をあおるのが目的というわけでもないので,この先どのような手を打つのかに注目しましょう。内閣人事局が,省庁と連携して「女子学生霞が関インタ ... » more

差別克服講座日本社会と差別(中)
前回は、日本社会において差別克服が困難な課題となる理由として、差別が高度の社会的安定の秘訣として利用されていることを、特に移民制限と精神障碍者隔離という典型的な二つの事例を挙げつつ、指摘した。しかし、日本社会で差別克服が困難となる理由は、他 ... » more
テーマ 日常 差別 思想

森の散歩過去と未来とはどう違うか
過去と未来とはどう違うか 似たようなことを以前からぐるぐる考えてはいるが、これといった名案が思いつくわけでもない。過去とは過ぎ去ったことであって、未来とはこれから起こることだ。それらは時の流れということと密接に関係している。どちらも頭の中の思考の産物であって ... » more

未読だった中上健次「十九歳の地図」を読んでみた。 (この表題作を含む河出文庫によれば、『文藝』1973年6月号に初出、翌74年8月に同社刊の中上健次第一作品集の表題作となった。また、1979年の同名映画化作品も戦後映画史上に名を残す ... » more
テーマ 歴史 日本 思想

差別克服講座犯罪者差別という課題
差別四丁目二番地は、一連の差別街区の最辺境地である。ここに位置するのが、犯罪者差別。多くの人にとってもはや「差別」という認識自体が持てない領域であり、その隣は動物の世界である。通常、人間は動物を人間より劣等的なものとして、所有・飼育・研究の ... » more
テーマ 日常 差別 思想

返却前の本の1冊(末木文美士;岩波新書、2006)。 この並の厚さの新書にしては大きなテーマを扱う、意欲的な本は、丸山真男の「古層論」がすでに否定されているという認識から始まる。「有史以来変わらない発想法という前提はあまりに非現実的 ... » more
テーマ 宗教 日本 思想

ゆっくり生きたい教養主義の没落
2015年の17冊目(5/5)。竹内洋「教養主義の没落」中公新書(2003年)★★★教養主義者とは、私自身に当てはまることだと改めて認識した。著者はこの本で、近代日本社会を後景にしながら、教養主義(者)の軌跡を辿ることで ... » more
テーマ 社会 思想

差別克服講座外国人差別の克服法
差別の四丁目一番地は外国人差別であるが、外国人差別の克服が難しいのは、外国人は法律上合法的に差別される存在だからである。現時点で、反差別法が整備された反差別先進国にあっても、外国人を完全に国民と対等に扱う国は存在していない。これは、 ... » more
テーマ 日常 差別 思想

やはりmixiの「つぶやき」とコメントの続きをここに。 ************* 2年前だったか、GW前半に柄谷の『世界史の構造』は一気に読んだが、後半に北一輝の『国体論及び純正社会主義』はすぐに挫折。明治時代日本の国家・社会 ... » more
テーマ 歴史 日本 思想

ゆっくり生きたいザ・フェミニズム
2015年の14冊目(4/25)。上野千鶴子+小倉千加子「ザ・フェミニズム」ちくま文庫(2005年)★☆☆著者の本を好んで読んだ時期、フェミニズムを理解しようとし、それなりに理解できた時期があった。おそらく大学生から20代後 ... » more
テーマ 社会 思想

新刊本は出ていないので、昔持っていた橋川文三『歴史と体験近代日本精神史覚書<増補版>』の古本(春秋社、第一刷1968、第二刷1971)をアマゾン経由で買った。 冒頭の「ある往復書簡――吉本隆明に」では、次のように述べられている。 ... » more
テーマ 経験 歴史 思想

森の散歩「食べない人たち」
不食などという概念が科学的なそれと調和する由は端から存在しない。なんとなればこの世に科学的な世界などというものはないからである。科学によって定義される空間座標も時間座標もこの世のどこにもない。それはただの人間の理想の世界を描いたものに過ぎな ... » more
テーマ 健康 人間 思想

前回の続き。『余剰の時代』(副島隆彦、2015年、ベスト新書)のまとめ。副島氏は、リバータリアニズム=『大草原の小さな家』の生き方を推奨する。1950年代、ソビエトの核兵器に対して、「私たちは猟銃で戦う」と言い切ったのがリバータリア ... » more
テーマ 思想

ミャンマーネタも、とりあえず書き尽くしたので、久しぶりに書評やります。『余剰の時代』(副島隆彦、2015年、ベスト新書)「人類最大の解けない問題―それは余剰(サープラス)。最後に余ったのは“人間”。つまりあなたのことだ!」 ... » more
テーマ 思想

差別克服講座差別の共犯関係
差別の二丁目一番地を成す性別による差別、中でもその中心にある女性差別については国際的にも克服の取り組みが重ねられてきたこともあり、差別解消が最も進んでいる分野であるが、それでもその進展のレベルには国ごとに相当な格差がある。その違いはどこから ... » more
テーマ 教育 差別 思想

動物愛護とは動物を飼わないことじゃないかね? 「犬猫殺処分ゼロ」実現への高いハードル超党派の議員連盟が発足、今後の課題とは?http://toyokeizai.net/articles/-/61018>衆院第二議員会館で、「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」 ... » more

差別克服講座ナチスとイケメン
今年はアウシュヴィッツ解放70周年の節目ということで、内外で改めてナチスへの関心が高まっている。そこで、本講座でも、差別の一丁目に関するまとめを兼ねて、このテーマを取りあげてみることにするが、それにしても奇妙過ぎるタイトルになった。 ... » more
テーマ 日常 差別 思想

アメリカにテロは根絶できません。まず第一に、彼らは他国の文化を尊重する習慣がありません。自分たちの正義感、論理や文化は古今東西普遍なものだと思い込んでおり、それをあらゆる場合に押し付けようとします。摩擦が起きるのは当然です。また ... » more

差別克服講座白紙の倫理
前回、「全盲の倫理」として、他人を判断するときに、全盲者と同様に相手の容姿が見えないという仮定に立ち、容姿以外の要素で評価するという倫理観を示した。しかし、目の見える大半の人にとって、そのような不自然な実践は難しいかもしれない。たし ... » more
テーマ 日常 差別 思想

ブログを始めて8年半以上が過ぎ、エントリーした数はいつの間にか2700近くになりました。一方で、書きかけの記事が60以上もあり、やはり単に散らかし方を変えているだけのような・・・。なんとかしなければ――ということで、書き途中の記 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 15:39

「思想」のブログ関連商品

» 「思想」のブログレビュー をもっと探す

「思想」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

だれが原子をみたか [ 江沢洋 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル だれが原子をみたか [ 江沢洋 ]
楽天ブックス

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「思想」ブログのユーザランキング

森の散歩 1 位.
森の散歩

テーマのトップに戻る