誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ドレスデン

ドレスデン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ドレスデン」のブログを一覧表示!「ドレスデン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ドレスデン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ドレスデン」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

[承前]ここに至る詳しい経緯は前3話など読んでいただければ、です……。日本に一人取り残されたこちらも、勇躍ベルリンに向かう日がやって来た。いわゆる勤続休暇としてのまとまった休みがもらえたので、これまでで一番長期、3週 ... » more

日本人は、お上から下々まで、どうも情報を伝えるのが下手な民族であると思っているが、少しは上向いているものだろうか。そういえば建設中のスカイツリーはライブカメラがあって、工事の状況を眺めることができる。同じように歌舞伎座でもネ ... » more

初訪問のドレスデンは、非常によい印象で幕を閉じますが、次の訪問の可能性が低く、何だか名残惜しい感じがしました。ビジネスでの訪問は、おそらくないと思い、また、地理的にプライベートでの訪問も可能性低く、もっと出歩けばよかったとも思っています ... » more

ドレスデンより愛を込めて2 今日は、ドレスデンの2日目で、仕事でお客様を訪問し、3時過ぎに、ホテルへ戻りました。まだ、明るいうちに中心街の写真を取り直すために、ジョギングで出かけました。氷点下の寒さもあり、いつもよりもハイペースで走るも、体はあまり温まりません ... » more

初めて、ドレスデンにやってきました。正直なところ、ドレスデンと言う名前は、聞いたことがあるものの、どんな街なのか、ドイツのどのあたりにあるのか、何が有名なのか、予備知識なしでやってきました。その最たるものが、今朝までいたプラハとドレ ... » more

先々週だったか、ヴォルフガンク・サヴァリッシュがシュターツカペレ・ドレスデンを指揮したシューマンのライン交響曲をFMで聴いてびっくりした。あわててポチっとな!をして、彼とSKDのシューマン交響曲全集を購入した。しみじみと ... » more

クリスティアン・ティーレマンが2012年からシュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者になるという“こんな報道”であるのだが……。本当であるならばけっこうな大ニュースではないか。それはともかく、ティーレマンとドレスデンのオケの ... » more

週話§気まぐれ週末〜ちょうど一年前は〜 ページビューからも世間がお盆休みだということが感じられる。通常よりもいくぶんかアクセスが少ないのである。あっという間に一年が経ってしまったが、25泊27日の大夏休み旅行を敢行したのが去年のこの時期なのだ。この土曜日は到着した ... » more

[承前]1989年4月、シュターツカペレ・ドレスデンが常任指揮者だった若杉弘とともに来日公演をしている。我々が出かけた日は、リヒャルト・シュトラウスの『ドン・ファン』と『四つの最後の歌』(ソプラノはエディット・マティ ... » more

奏話§SKDとザンデルリンクのブラームス 思い立って、ザンデルリンクがシュターツカペレ・ドレスデンを指揮したブラームスの交響曲全集を買った。我が家にはベームとヴァントの全集がある。他にクライバーの4番だとかハーディングの3、4番で我が家のブラームス交響曲のラ ... » more

客の入りこそ残念だったが、今回のドレスデン国立歌劇場管弦楽団の評判は上々だったと思われる。シュターツカペレ・ドレスデン贔屓としては少しばかりほっとしてもいる。旧東独のオーケストラということで、初来日の時期が確か1973年と、 ... » more

語話§シュターツカペレ・ドレスデン[川崎] ドレスデン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ドレスデン)日本公演の初日を聴くために、寒い雨の降りしきる中を川崎まで。 【ミューザ川崎2009.4.25】ステージにメンバーが揃ったところで始まったチューニングの音色がま ... » more

先輩のステンドグラス工房へ寄っての帰途。夕方だが、今の時期は日が高い。東名へ入る道すがら、かつて打ち合わせを行った”原島変電所”の近くの中古本屋へ寄ってみる。期待もせずに見てみると、結構クラシック盤がある。と、DG盤の黄色い背の ... » more
テーマ フラウエン教会 オルガン ドレスデン

[承前]聴いているこちらにしても“なんじゃこらぁ”と思いつつ、実は楽しく聴かせてもらった。パワフルな管打楽器とは対象的に、弦楽器組は自分達本来のスタンスを保って、美しい弦の響きを維持しているが、そこでイメージしたのは、ベ ... » more

どこで聞いたことなのか忘れてしまったが、オットマール・スウィトナーがシュターツカペレ・ドレスデンを指揮したストラヴィンスキー作曲の『春の祭典』が爆演なのだというのだ。それで“ハルサイ好き”としては一度は聴かねばと思っていたの ... » more

2008 夏休み 3000キロの旅 4 ドイツ ドレスデン 午前中、プラハを観光し、ドイツのドレスデンに移動しましたツヴィンガー宮殿近くの駐車場に行こうとしたのですが、道路工事の為、曲がりたいところが曲がれず見えているのにたどりつけず、彷徨いまし ... » more

晴話§ドレスデン〜他愛ない祭りの催し〜 3日間の“ドレスデン祭り”で、人出はけっこうあった。人ごみがあまり得意ではない我々は、旧市街を何となく避けて通ることになり、観光旅行という気分が高まることはなかった。ところで祭りの催しだが、あちこちに簡易舞台が立ち上げられて ... » more

憬話§このたびの旅[11]ドレスデン最終日 ↑やっぱアウグスティナーはうまいわw[承前]ドレスデン最終日の夕食をどこで食べるか、街の散策をしながら二日目あたりにはに決めていた節がある。アウグスト橋から新市街に入ると、ベルリンのウンター・デン・リンデ ... » more

憬話§このたびの旅[10]緑の天井 [承前]緑の天丼ではない“天井”である!為念。詳しいことは知らないがアウグスト強王あたりが贅を凝らして作らせた、膨大な宝飾品のコレクションを展示しているのが緑の天井“Grünes Gewölbe”と呼ばれ ... » more

憬話§このたびの旅[9]コインランドリー ↑使い方さえ習熟すれば心強い旅の味方になるのだ[承前]ドレスデン滞在最終日の午前中、あらかじめ場所を調べておいた新市街のコインランドリーに行った。店の設えに記憶があって、どうも2003年の冬にベルリンで利用し ... » more

憬話§このたびの旅[8]ドレスデンでイタ飯 [承前]散歩からホテルに戻ってきたら、ドレスデン在住で、この数年の間に順調な仕事ですっかり地歩を確立した女性からメッセージが届いていた。何でも“早々に日本から戻ってきてしまった”ということで、それならば夕食を食べ ... » more

憬話§このたびの旅[7]君主の行列 ↑左がアウグスト強王ではなかろうかと・・・[承前]宮廷教会からフラウエン教会に向かう道の横には“君主の行列”と呼ばれるマイセン焼の壁画がある。ザクセン歴代の君主を順に並べた壮観な光景が展開している。ドレス ... » more

憬話§このたびの旅[5]フラウエン教会にて ↑フラウエン教会の再建でエルベ河畔に歴史的な風景が甦った[承前]旅行直前まで、ドレスデンではコンサートの予定を入れてなかった。もっとも、8月の半ばなどはどこも完全にシーズンオフで、もちろんゼンパーオパーは夏休みで ... » more

憬話§このたびの旅[3]初ビール [承前]どういった名目なのか知らねども、とにかく金曜から3日間のドレスデン祭(Stadtfest)なのである。ヤクルトと辛味ヌードル――詳細は次回に――を買って、取りあえずホテルに戻ろうといつもの市電に乗ったら、これ ... » more

憬話§このたびの旅[2]ドレスデンの初日 [承前]エルベ河、マイン河、ドナウ河、ライン河、レヒ河、イザール河……今回の旅行の輪郭となる川である。ドレスデンを流れるのはエルベ河。一夜明けてドレスデンは曇り空で肌寒いくらいである。連日の気温が30度を超え ... » more

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団(SKD)創立450周年記念コンサートが再放送されていた。1998年9月、会場はゼンパーオパー。指揮は2001年、指揮中にオケピットで死んだジュゼッペ・シノポリ。ドレスデンの初訪問が期せずして創立 ... » more

《承前》二幕の歌合戦では、タンホイザーと騎士達が少しオーバーとでもいえる表現づけの歌い方をしていたが、この演出ならば別段おかしくもなくて、特に原理主義ガチガチのビテロルフとのやり取りは際立っていたと思う。コンヴィ ... » more

《承前》コンヴィチュニーに弄ばれた“曖昧な境界”というのが、ドレスデンの『タンホイザー』を観終わっての感想である。彼が演出したいくつかのオペラの上演では「オペラの主人公などこの程度のものだ」とばかりに、高貴なところか ... » more

2007 旅行記 3月31日 3都物語 2 まだ寒い夜に一応のプラハ観光を済ませ眠りにつきますホテルはプラハの定宿エスプラナ〜デなんと5つ星翌朝、ドイツドレスデンを目指す前にちょっと車を止めて昨日 ... » more

土曜日にドレスデン国立歌劇場の『タンホイザー』を観てきた。演出は、いまだ相性の悪いコンヴィチュニー。ファビオ・ルイジから準・メルクルに代わった指揮。一幕はいささかノリが悪いままだったが、二幕以降は持ち直してきたという印象。そ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 16:10

「ドレスデン」のブログ関連商品

» 「ドレスデン」のブログレビュー をもっと探す

「ドレスデン」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る