誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ドストエフスキー

ドストエフスキー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ドストエフスキー」のブログを一覧表示!「ドストエフスキー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ドストエフスキー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ドストエフスキー」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

抗うつ薬の効果と副作用パニック障害の二大治療薬であるペンゾジアゼピン系抗不安薬と抗うつ薬のうち、今回は抗うつ薬の効果と副作用についてお話しします。抗うつ薬はその名の通り、元来はうつ病、うつ状態のための治療薬です。これがパニック発作 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 抗うつ薬の効果と副作用 ドストエフスキー

■神経症解明… ■長期化したひきこもりを完全に治すにはシアワセになる事です。「医学のあゆみ」第5土曜特集 第255巻5号 免疫性神経疾患 病態解明と治療の最前線医歯薬出版株式会社ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 近代において精神障害者を描いた作家と作品 ドストエフスキー

ドストエフスキー作家であり人道主義者。人間の繊細な精神を徹底して洞察し、人類の本質を捉え、“世界文学上でもっとも偉大な心理学者”と呼ばれる。人々が内面に抱えた様々な矛盾を、愛を土台に文字で描き尽くし、“写実主義的ヒューマニズム” ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 鴎外とフロイト ドストエフスキー

ドストエフスキー作家であり人道主義者。人間の繊細な精神を徹底して洞察し、人類の本質を捉え、“世界文学上でもっとも偉大な心理学者”と呼ばれる。人々が内面に抱えた様々な矛盾を、愛を土台に文字で描き尽くし、“写実主義的ヒューマニズム”の金 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 トルストイ ドストエフスキー

子ども会存続の危機習い事、学習塾…生活多様化で減少今後のあり方模索続く西日本新聞 4月11日(月)11時18分配信 福岡市中央区の公園で遊ぶ子どもたち。この地域の子ども会も存続の危機にある 地域ぐるみの子 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 子ども会存続の危機 ドストエフスキー

まるで伝書鳩?幼稚園・学校のアナログさに保護者が悲鳴〈AERA〉息子の写真のために会社を休み…(※イメージ) 日常に潜む様々な「ムダ」は人を苛立たせる。デジタル化の波に乗り遅れた「化石」のような幼稚園や学校も、働 ... » more
テーマ 青年期の心理 ドストエフスキー

●PTSDとは PTSDとは 2013年7月16日 [PTSD] PTSD…..心的外傷後ストレス障害 最近しばしば聞く言葉です。 命を落としかねない、極めて危険な状況に直面することで、そのストレスがトラウマ(心の傷)と ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 青年期の心理 ドストエフスキー

養育費の相場は養育費算定表を参考にしてみましょう 養育費算定表とは 養育費算定表とは、東京・大阪の裁判官が共同で研究して作成されたものであり、現在では、東京や大阪の家庭裁判所の離婚調停などで養育費を算定する時の参考資料と ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 青年期の心理 ドストエフスキー

青年期の心理この時期は、「自分さがし」の時期です。自分はどんな人間なのか。どんな性格なのか。何をやりたいのか。どんな職業につきたいのか(そのためにはどんな学校に進学するのか)。そして、自分は一体誰なのか。進学や就職で悩まない人は、ほ ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 青年期の心理 ドストエフスキー

<虐待通告>18歳未満、過去最悪3万7020人毎日新聞 3月24日(木)11時10分配信 虐待の疑いで警察が児童相談所に通告した子供の人数 警察庁は24日、虐待の疑いがあるとして全国の警察が2015年1年間に ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ドストエフスキー 神経不安症とは

■シンプルに生きる。変哲のないものに喜びをみつけ味わう ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 アルベール・カミュ ドストエフスキー

高齢者の5人に1人が貧困どう老後を守る?ITmedia ビジネスオンライン 3月22日(火)11時9分配信 政府は増え続ける社会保障費を抑えなければならない(出典:厚生労働省) OECD(経済協力開発機構 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 貧困 ドストエフスキー

嫌な記憶を甦らせるものは捨ててしまえ。 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ドストエフスキー 神経不安症とは

ことばは魔術ことばは大事 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ドストエフスキー 神経不安症とは

アルベール・カミュアルベール・カミュ(Albert Camus、フランス語: [albɛʁ kamy] ( 聞く)、1913年11月7日 - 1960年1月4日)は、フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 アルベール・カミュ ドストエフスキー

●ドストエフスキー ドストエフスキー、フョードル・ミハイロヴィチ1821.10.30-1881.1.28Dostoyevski, Fyodor MikhailovichДостоевский, Федор Михайлович 年譜 作家。 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ドストエフスキー 神経不安症とは

今日は、ドストエフスキーを読んだとある作品の中で彼はてんかん患者について、こう触れている一部のてんかん患者は「基本的に前向きな事が多く」、また「猫と生活力」という比喩を彷彿とさせる驚くほどの打たれ強さを発揮する事がある、 ... » more

『賭博者』 おばあさんはルーレットが大好き 小説『賭博者』1866年ロシアドストエフスキー著原卓也訳新潮文庫1979年2月20日発行2005年4月30日31刷改版2006年5月30日32刷2014年11月15日(土)読了(注意)ネタバレありギャンブル(賭博)に狂う ... » more

北海道犬 久蔵カラマーゾフの兄弟
カラマーゾフの兄弟 オヤジの親父は某日本最高学府を卒業し、とある文学者の研究者として人生を全うしてきました。まぁオヤジ不肖の息子って言うわけです。そんな不肖の息子も幼い頃から世界の文学全集に囲まれて育ちました。例えばパラパラとめくるロシア文 ... » more

「私を笑わせてくれる人を私は大事にしますわ」とオードリー・ヘップバーンは言ったそうです。ドストエフスキーは「人は笑い方でわかる。知らない人に初めて会って、その笑顔が気持ちよかったら、それはいい人間と思ってさしつかえない」と笑いを重要視してい ... » more

高野史緒 『カラマーゾフの妹』 予想だにしなかった「父殺し」の真犯人!イワンが挑む驚愕の推理とは? 2007年、亀山郁夫訳『カラマーゾフの兄弟』を一読してあったものだから、このコピーはなんとも魅力的なものでした。話題騒然の本年度江戸川乱歩賞受賞作!!あの世界文学の金字塔には、真犯人がいる。世界文学の最高峰として名高い『カラマー ... » more

Flying Catのつぶやき『恐るべき子供達』
という映画を観てきた。アンファン・テリブルって言葉の元ってこの映画だったのね前回観た『オルフェの遺言』のジャン・コクトー原作・脚本おとろちいエーガだったー!子供時代というのは、誰もが失いたくない甘美なものなのかな近代 ... » more
テーマ ジャン・コクトー 映画 ドストエフスキー

ドストエフスキー ‘悪霊’ 国がおかしくなれば、人が狂うのでしょうか?それとも、人が狂うからこそ国がおかしくなるのでしょうか?人は些細なことで発狂し人から人へと狂気が伝染するのでしょうか?ドストエフスキーの‘悪霊’は狂気が蔓延する様を描いた ... » more

このブログ記事を書こうとしている少し前に何気にテレビを見ていたら、再現ドラマをやっていた。それは一般の方の純愛を扱ったもので、13歳で遠距離の文通を始めた若き男女が、11年間の紆余曲折を乗り越えて結婚し子供を授かるものの、妻をがんで亡くし、 ... » more

どうせ何にもシナイ山   #sougofollow #run_jp #saitama #kyouto 私、今は「読み哲」を自称しておりますが、実は去年までは「歴女」に対抗して「宗坊」を名乗っておりまして。一応文字通り、「宗教関連書籍」を読み漁るということですが。なんでその方面に興味をもったかと言いますと、まあ私、中学生よりドストエフスキ ... » more

本当に読み応えがありました。以前「罪と罰」を読んだときには、場面展開が唐突だったり、テーマがいろいろとあったため、どうやって読み進めていけばよいか迷いながらページをめくったのを覚えています。しかし、この作品は本当に読みやすかったし貧しき人々 ... » more

これは三男のアレクセイが最終章で子供達に話す一文です。全体のあらすじに関しては様々なサイトで詳しく掲載されていますし、文学作品としても最高傑作であるのは異論の余地を挟まないと思いますので、小生なりに印象に残ったことのみ書きたいと思います。と ... » more

ドエトエフスキー ‘罪と罰3’(光文社古典新訳文庫) 前回、前々回と続き今回は‘罪と罰’の第5部と第6部さらにエピローグからなる光文社古典新訳文庫‘罪と罰3’をご紹介します。‘罪と罰’全編を通して、主人公のラスコーリニコフは殺人そのもに罪の意識を感じていなように思います。 ... » more

ドエトエフスキー ‘罪と罰2’(光文社古典新訳文庫) 前回ご紹介したした罪と罰(光文社古典新訳文庫)の二巻目の‘罪と罰2’では、第3部と第4部が収載されています。‘罪と罰2’はラスコーリニコフの前に突如、母親と結婚が急に決まった妹があられます。妹の結婚には不可解な点が多 ... » more

ドエトエフスキー ‘罪と罰1’(光文社古典新訳文庫) 突然、‘罪と罰’を読みたくなりました。‘罪と罰’は色々な出版社から出ています。自分は、全三巻からなる光文社古典新訳文庫を選びました。(字が大きい以外に理由はありません)‘罪と罰’に関しては一巻づつご紹介します。という ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 16:00

「ドストエフスキー」のブログ関連商品

» 「ドストエフスキー」のブログレビュー をもっと探す

「ドストエフスキー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る