誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    景気

景気

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「景気」のブログを一覧表示!「景気」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「景気」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「景気」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

◇ 税収を考えた経済見通し=政府は新年度予算案と同時に13年度の経済見通しも決定した。それによると、実質成長率は2.5%、名目成長率は2.7%となっている。12年度の見込みは実質成長率が1.0%、名目成長率が0.3%だから、13年度は補正予 ... » more
テーマ 予算 景気

経済 らくらく 塾今週のポイント
◇ 円相場に連動した日経平均=円の対ドル相場は先週前半88円台に急上昇、後半は91円台に急落した。日経平均はこれに同調し、前半は大幅に下げたが後半は急反発している。週間では13円の値上がり。42年ぶりに11週間の連騰を記録した。終り ... » more

経済 らくらく 塾今週のポイント
◇ 日経平均は10週連騰=株価の回復が著しい。日経平均は先週112円の値上がり。終り値の1万0913円は2年9か月ぶりの高値。10週間の連騰は26年ぶりのことである。円安が一時90円まで進んだことが原動力で、外国人投資家だけではなく国内の個 ... » more

◇ デメリットも大きい=円安は輸出産業に大きなメリットがある。だが半面、輸入産業には大きなデメリットをもたらす。その分だけ輸入コストが増大してしまうからだ。たとえばエネルギー、運輸、小売り、外食産業など。特に火力発電用の燃料となるLNG(液 ... » more
テーマ 円安 輸出 景気

◇ 2か月間で1割を超す下落=円安が予想以上のスピードで進行している。対ドル相場は昨年11月半ばの79円台が現在は89ドル台に。対ユーロ相場は同じく102円台が119円台に低下した。ともに2か月間の下落率は1割を超えている。この先も円安はま ... » more
テーマ 円安 輸出 景気

経済 らくらく 塾今週のポイント
◇ 上昇基調を確認した株価=ニューヨーク市場も東京市場も、先週の前半は利益確定売りに押されたが後半は盛り返した。ダウ平均は週間53ドル、日経平均は113円の値上がり。ともに上昇基調の持続を確認した形となった。特に日経平均はこれで9週連続の上 ... » more

◇ 形は整ったけれど=政府は来週15日の閣議で、12年度の補正予算案を正式に決定する。総額は13兆1000億円。当初予算と合計すると、今年度の歳出規模は103兆円を超えることになる。補正予算には基礎年金の国の負担増加額2兆6000億円も含ま ... » more

経済 らくらく 塾今週のポイント
◇ 1万2000円を目指せるか=アメリカの与野党は元日深夜まで交渉を続け、ようやく“財政の崖”を回避することに成功した。最大の焦点となっていた減税の継続は、年収45万ドル以下の所得層に適用することで決着。財政支出の強制的な削減は、2か月間凍 ... » more

◇ 景気の状態を判定できるのか=自民党は民主・公明党との3党合意に基づいて、消費税を増税する方針。現在5%の税率を来年4月に8%、15年10月には10%まで引き上げる。ただ景気の悪いときに増税はできないから、3党合意でも「経済情勢の好転」を ... » more

競馬売り上げ増と自殺者減が景気回復を予言していると専門家 (週刊ポスト2013年1月1・11日号) 競馬売り上げ増と自殺者減が景気回復を予言していると専門家NEWSポストセブン2013.01.02 07:00本当に景気回復の兆しは見えているのか。三井住友アセットマネジメント理事でチーフエコノミストの宅森昭吉氏が興味深いデー ... » more

◇ 深刻な“ねじれ”議会=アメリカ議会は“財政の崖”問題を、クリスマス前に解決できなかった。休み明けの26日から交渉を再開しているが、年内の決着は困難という見方が強まっている。共和党の内部で妥協に反対する強硬論が高まっているためで、オバマ大 ... » more

総選挙の争点 その2 景気対策、経済成長なんてカス!さて、争点その1の原発問題を書いてから時間がたってしまいました。明日は、もう投票日です。私なりの争点を出しておかないと、投票できない。というか、投票の方針が決まりません。というわけで、もう一つの争点 ... » more
テーマ 雇用 総選挙 景気

◇ かつてとは異なる環境=1960−70年代の高度成長期、大型の公共事業は日本経済の発展に大いに貢献した。64年に完成した東海道新幹線や69年に開通した東名高速道路は、その典型である。東京と大阪を結ぶ大動脈は経済活動の飛躍的な拡大をもたらし ... » more

◇ 噛み合わない議論=景気後退の様相が濃くなってきたため、総選挙でどんな内閣が誕生しても、大型の補正予算が必要な情勢となってきた。そこで選挙戦のなかでも、公共事業の是非が大きな論争点になっている。しかし公共事業に関する候補者の認識はバラバラ ... » more

◇ 景気後退入りも確定=景気の下降を明示する経済指標が次々と発表された。まず内閣府が発表した7−9月期のGDP改定値。年率換算の成長率はマイナス3.5%で、速報値と変わらなかった。ところが4−6月期の成長率がプラス0.3%からマイナス0.1 ... » more
テーマ GDP 景気

経済 らくらく 塾今週のポイント
◇ 金融相場の様相に=東京市場に注目が集まっている。先週の日経平均は79円の値上がり。終り値の9446円は、7か月前の水準を回復した。これで11月は月間でも518円の上げ、上昇率は5.79%となった。11月はダウ平均が0.5%の下げ、上海総 ... » more
テーマ 円相場 株価 景気

◇ 日本だけ速報なし=中国では、2種類のPMIが作成されている。イギリス系調査機関HSBCは中小企業を中心に400社を対象にした調査。また政府も大企業を中心に800社を対象にした調査を発表している。11月の調査で、HSBCの指数は50.4と ... » more
テーマ 購買担当者 景気 米中欧

◇ 株価上昇の要因に=最近、経済界や市場の注目を集めている経済指標に、PMIという統計がある。Purchaging Managers' Index の略で、購買担当者景気指数と訳されている。11月はアメリカ、中国、ユーロ圏で、この製造業PM ... » more
テーマ 購買担当者 景気 米中欧

◇ 4%を超えるマイナス成長?=内閣府は来週12日、7−9月期のGDP統計を発表する。輸出や生産の減少で、成長率がマイナスに落ち込むことは間違いない。問題はどの程度の落ち込みになるかだ。民間の調査会社が発表した事前の予測値をみると、年率換算 ... » more
テーマ GDP 景気

◇ 残る手段は外債の買い入れ=なぜ金融緩和政策の効果がなくなったのか。もう少し考えてみよう。日銀が国債などを大量に購入すると、それだけ大量の資金が市中に放出される。これによって市中の金利が下がり、企業や個人の借り入れが進む。これが最も期待さ ... » more
テーマ 日銀 金融 景気

◇ 円は上昇、株価は下落=日銀は10月30日の政策決定会合で、新たな金融緩和策を決めた。9月にも資産買い入れ基金の10兆円増額を決めており、2か月連続の金融緩和はきわめて異例。その内容は@資産買い入れ基金の11兆円増額A貸し出し増加支援基金 ... » more
テーマ 日銀 金融 景気

◇ 政治が景気をダメに=現在の民主党内閣をみていると、景気に関する責任官庁がどこなのか判然としない。内閣府、財務省、経済産業省、経済財政省、それとも官邸 ?かつては大蔵省と経済企画庁が常に景気動向を見守っており、景気が下降し始めると対策をす ... » more
テーマ 予備費 景気

◇ 財源なし、計画性もなし=野田首相は17日夕、臨時の閣議を招集して「景気対策の実施」を決めた。ところが財源がないから、その規模は貧弱にならざるをえない。しかも各省庁は準備不足で、いい案件が思い付かない。結局は来年度からスタートするはずの「 ... » more
テーマ 予備費 景気

◇ 鈍い政府の対応=経済成長率が2四半期にわたってマイナスに落ち込む状態が、“景気後退”と定義されている。輸出の減退から生産が低下し、企業収益も頭打ち感が強まった。個人消費も伸び悩みの傾向にある。こうした状況から判断すると、この10−12月 ... » more
テーマ 輸出 生産 景気

◇ 月例報告から消えた“回復”=政府は先週12日、10月分の月例経済報告を公表した。月例報告では必ず短い基調判断が示されるが、10月の判断は「景気は弱めの動きとなっている」という表現。これまで続いてきた“回復”の二文字が、とうとう消えてしま ... » more
テーマ 輸出 生産 景気

◇ 期待される好循環の始まり=アメリカの住宅価格はバブルが崩壊して、06年夏から下落を続けてきた。それが6年たって、やっと底入れしたことになる。世界経済は08年秋のリーマン・ショックから低迷しているが、このショックも元はと言えばサブプライム ... » more

◇ 住宅市場はやっと底入れ=住宅関連の指標が、このところ軒並み好転している。新築住宅の着工件数だけでなく、中古住宅の販売戸数も目に見えて増加。価格も上昇し始めた。経済紙ウォールストリート・ジャーナルが5日付けで別刷りの不動産特集を発行したこ ... » more

◇ 雇用と景況感が改善=アメリカ経済に、やっと薄日が差し込んできた。まず9月の失業率が3年8か月ぶりで7%台に低下したこと。労働省が発表した雇用統計によると、非農業雇用者数は前月比11万4000人の増加。完全失業率は7.8%で、前月より0. ... » more

◇ 10−12月期もマイナス成長?=中国の輸出不振はEUの不況が原因だから、すぐに改善する見込みはない。したがって日本の輸出も、早急な回復は期待できないだろう。このため経産省の予測調査でも、生産は9月が前月比2.9%の減少、10月が横ばいと ... » more
テーマ 輸出 生産 景気

◇ 大きい中国の影響=ことしの後半はマイナス成長に落ち込み、景気後退に陥る可能性がきわめて高くなってきた。7月以降は輸出が減少したことから、工業生産の水準もはっきりと低下してきている。最大の要因は中国経済の不調にあるが、今後は尖閣諸島をめぐ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 08:56

「景気」のブログ関連商品

» 「景気」のブログレビュー をもっと探す

「景気」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る