誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    函館

函館

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「函館」のブログを一覧表示!「函館」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「函館」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「函館」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

青函連絡船の思い出と我が人生航路 470 基本と大局観このところ日本相撲協会の、理事候補選挙の話題で一色だった。とりわけ貴乃花親方の言動や、当落に関わることが主だった。すでに選挙の結果が出て、落選に波紋が広がった。ご本人や協会はもとより、マスコミ ... » more
テーマ 基本 船長 函館

青函連絡船の思い出と我が人生航路 469 人生航路青い鳥は人はうまくいく時は、さほど何もしなくても、順調に事が運ぶ傾向が強い。それが反対の状況では、少々あがこうが頑張ろうが、スムーズに進まず、運まで見放さられる時がある。人生は変化に富んでおり、良い事ばか ... » more
テーマ 十和田丸 人生航路 函館

青函連絡船の思い出と我が人生航路 468 生きるも死ぬも前号で異常な寒波の来襲にふれたが、各地で雪や凍結による交通事故や、道路障害が多かった。自然が相手で一概に言えないが、やはり雪などに対する備えが欠かせないだろう。初めて北海道に住み始め ... » more
テーマ 雪道運転 寒波 函館

青函連絡船の思い出と我が人生航路 462 2018新年新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。この頃の十和田丸30年をふりかえって青函連絡船の終わる頃の,navigationmemo( ... » more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 454 ハリストス正教会から函館港と八甲田丸応仁の乱?みんなが損さほど知識があるわけでないが、日本史に興味があり読むことが多い。応仁の乱が終いには、誰が敵か味方か、何の目的で戦ったのか、勝者と敗者はあるか未だ ... » more
テーマ 船長 函館 青函連絡船  コメント(2)

函館港・青函フェリーターミナルにバス路線 また函館港に新たなサービスが開始。函館港の青函フェリーターミナルから路線バスが出発するようになりました。やはり『新幹線は高い!』の現れか?料金はとてもお手頃価格らしいです。始発便は、09:10に埠頭を出発です ... » more
テーマ 函館 青函航路

青函連絡船の思い出と我が人生航路 450 リフレッシュ台風21号の被害が十分に復旧しないうちに、またもや22号が通過中で、ところにより危険な状況にある。あまりの気候の異変に、体がついていけない。総選挙が終わったばかりで、考えるところも多いが一口に言えば、 ... » more

函館の食べ物 朝食はホテルについているので、昼食3回、夕食2回となる。お店の看板、ラーメンと海産物ばかりで他の看板は見当たらない。喫茶店は多い、ラッキーピエロのハンバーガー屋も目につく。夕食はお寿司、回転ずしにしよう・・・回転ずしといえど ... » more

函館朝市へ 函館朝市といっても買い物の予定も食べる予定もないが一応行ってみた。早朝に行ってみたわけでもないが、朝市とはいえ日中もさほど変わらないと思われる。観光化してしまっていて団体ツアーの大人(外国人)や子供達がわんさかわんさか。半分 ... » more
テーマ 朝市 函館 旅行

青函連絡船の思い出と我が人生航路 443 人生も思うようにいかない魅力度ランキング日本一の函館市と云え、住み始めた頃はなかなか慣れず、戸惑う事も多かった。さらに日常生活に結び付く、主婦の立場は大変だっただろう。住めば都と言われるが、その上にすばらしい街と ... » more
テーマ 児島 函館  コメント(2)

函館ベイエリアを歩く 函館ドック近くから海に沿って歩く。ガランとした緑の島まで足を伸ばしたが、ここは何に使うのか??そのまま歩き倉庫群に、ここがいわゆるベイエリアだ。日本語以外が飛び交う観光地そのもの。どこにでも有るお土産に食べ物。時間を持て余す。 ... » more
テーマ ベイエリア 函館 旅行

五稜郭公園へ 五稜郭近所のホテルに泊まっているが2日目午前中観光。タワーエレベーターは凄い人だ。そうか、函館に泊まっている団体ツアーは出発一番に近場の五稜郭にくるのか。ただし、ツアーはあまり時間をとっていないのか、すぐにいなくなった。タワー ... » more
テーマ 五稜郭 函館 旅行

坂道を横に歩く 坂道の途中に多くの教会や洋館がある。下からロープウェイ乗り場までの坂道を上り、かなりきつかった。ロープウェイを下りて来てから各建物を横に縫い、下りすぎて再び上らないように地図を頼りに歩く。横に一往復半でほとんどをこなす。 ... » more
テーマ 函館 元町 旅行

月島遊歩人つぶやきのブログ摩周丸へ
摩周丸へ 函館駅前から青函連絡船摩周丸へ。学生時代に何度も乗った青函連絡船だが、50年前の話。懐かしさも有り、ゆっくり見学し、年配の案内人とも話する。見終わってお昼、サッポロビールクラシックで喉を潤し、塩ラーメンを食す。 ... » more
テーマ 摩周丸 函館 旅行

飛行機とホテルセットのツアー、と言っても添乗員が居るわけでもないので自分でカウンターに行って搭乗券を貰う、後は全てご自分でどうぞパターン。函館市内をぶらぶらするのだが、出発が早いので、正味二日半有り十分だ。1時間そこそこで、もう着陸 ... » more
テーマ 函館 旅行

青函連絡船の思い出と我が人生航路 437 昭和63年(1988)当時の函館さん橋、船員区一線を越える有名人のスキャンダル報道が続き、ほぼ判で押したようなコメントが多い。もとは大臣はじめ政治家から、高級官僚など責任ある方々が、「記憶にありません ... » more
テーマ 機関長 函館 青函連絡船  コメント(2)

青函連絡船の思い出と我が人生航路 435 係留船となった摩周丸連絡船船員その後青函連絡船が廃止になり、船員は職を無くしたが、大筋については各所に書いてきた。配属先の会社では、自社であるJR北海道が主で、いろいろな流れがあったようだ。 ... » more

青函連絡船の思い出と我が人生航路 424 勘近ごろ各地で大雨による被害が目立ち、特に梅雨明けの頃は集中豪雨になりやすく、何処に降るかも分からない。いろいろな原因が考えられるが、事前にある程度の対策はとれないものかと思う。地震などは一般に予測が困難だろうが、たびた ... » more

細密ボールペン画 「日本の三大夜景」1・北海道の函館山から望む、函館市の夜景。2・神戸の摩耶山掬星台から望む、神戸市や大阪市の夜景。3・長崎市稲佐山から望む、長崎市の夜景。此の他に2003年に非営利団体から「新日本三大夜景 ... » more
テーマ 細密ボールペン画 夜景 函館

青函連絡船の思い出と我が人生航路 408 ETA(イーティーエー)この春は頭がついていけないような、スピードで回ってきた感覚があるが、人のつながりや心の価値観を通し意義があった。つい半月ほど前に書いたばかりであり、引き続き密度の濃い日々から、ピックアップのパ ... » more
テーマ 鷲羽山 ETA 函館  コメント(2)

青函連絡船の思い出と我が人生航路 404 変わらぬ人と心目まぐるしく日時が回り、頭がついていけないようなこの頃である。逆に考えれば変化が多く、スピードはそう速くないのかも知れない。ただ我が人生航路において、人と心の有難さを、学び教えられた印象が強い。 ... » more

桜前線はGW頃に津軽海峡を渡る 2017年の4月27日に函館のサクラが開花した。函館ではソメイヨシノが標本木となっているようだ。函館駅からもっとも手軽に行ける五稜郭公園へ!運動がてら、目抜き通りを歩かずして40分の散策。途中の亀田川沿いで、開花 ... » more
テーマ 函館

豪華寝台列車「四季島」北海道に 函館到着  東京新聞2017年5月2日 【話題のニュース】豪華寝台列車「四季島」北海道に函館到着東京新聞2017年5月2日 12時16分http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017050201001453.html北 ... » more
テーマ 華寝台列車「四季島」 東京新聞 函館

青函連絡船の思い出と我が人生航路 395 寒冷地仕様近ごろの車はずいぶんデラックスになり、ほとんどの装備品が標準装備となっている。しかし大衆車の登場した昭和40年初めから50年代にかけ貧弱で、高級車など別にすればエアコンやカーステレオはオプションが主だった。 ... » more
テーマ 寒冷地仕様 函館 青函連絡船  コメント(2)

昔も今も、函館港は補給港? もっぱら地元港湾のネタ探しは、新聞頼みになってます。やっぱり雪景色にはこのような形状のフネが似合いますね。このフネの用途はなんだろう?首の形状からすれば、砕氷型。お尻に大きなクレーンが1基ついていたから、オーシャンタグ? ... » more
テーマ 函館

函館にもやっと雪が積もる おぉぉ……、やっと雪が降ってきましたよ。新年を迎えてから既に10日、全く積雪の無い函館駅前にもようやく雪が降り始め、イルミネーションが輝きを増した。二十四節季の小寒から大寒へ移り行く今の期間だけれど、まったく積雪 ... » more
テーマ 函館

2017年・元旦。新しい一年の始まり 皆さん、新年あけましておめでとうございます。新しい暦、和歴で平成29年・西暦で2017になった。ボッチの正月だが、それなりに人生を楽しむには、動かないとダメ!行動せずに立ち止まってはダメ!そのように学生時代の先輩から ... » more
テーマ 函館

 

最終更新日: 2018/02/04 17:48

「函館」のブログ関連商品

» 「函館」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る