誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    イタリア映画

イタリア映画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 洋画
テーマ「イタリア映画」のブログを一覧表示!「イタリア映画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「イタリア映画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「イタリア映画」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

#44 『続・荒野の用心棒/ジャンゴ』 『続・荒野の用心棒/ジャンゴ』DJANGO1966年/イタリア監督:セルジオ・コルブッチ出演:フランコ・ネロ、ロレダーナ・ヌシアク、エドゥアルド・ファハルド思い出すなぁ、この映画をはじめて見た時の衝撃。基 ... » more
テーマ イタリア映画

【湖のほとりで】(トニ・セルヴィッロ、監督:アンドレア・モライヨーリ、イタリア映画)。イタリア・アカデミー賞、10部門受賞(史上最多)。開場まで15分位あり、チケット売場の横のベンチで待っていると、平日なのに、次々とお客が階段を上っ ... » more

09-261「湖のほとりで」(イタリア) 見知らぬ男の視線北イタリアの小さな村。ある日、湖のほとりでこの村の少女、アンナの他殺体が発見される。遺体の状況から顔見知りの犯行と推測され、村に越してきたばかりの刑事サンツィオは、アンナの周辺に範囲を絞り次々と事情聴取を開始する。や ... » more

ココ・シャネル☆私は流行をつくっているのではない。 スタイルをつくっているのココ・シャネルCOCO CHANEL2008年アメリカ・フランス・イタリア監督: クリスチャン・デュゲイ 脚本: エンリコ・メディオーリ 衣装デザイン: ピエール= ... » more

09-246「セントアンナの奇跡」(アメリカ・イタリア) 眠る男≠ヘ誰なんだ?1983年のニューヨーク。ある日、郵便局に現われた男性客を定年間近の郵便局員が射殺する事件が発生。そして犯人の男ヘクターへ殺人の動機や被害者との関係を追及する中、彼の部屋では歴史的に重要なイタリアの彫像が発見される ... » more

コンペティション以外 第66回ベネチア国際映画祭 ラインナップ! その1 わりと小粒の作品が多い今年のベネチア国際映画祭で、全部門で日本映画がたった2本しか上映されないというのは、近年のベネチア国際映画祭を振り返ってみても、他の国際映画祭と比べてみてもちょっと異常なことのように思われるのですが、国際的なレベルで見 ... » more
テーマ 映画祭 ベネチア国際映画祭 イタリア映画

イタリア・ゴールデン・グローブ賞2009発表! イタリアのゴールデン・グローブ賞(Globi d'Oro)が発表されました(7月2日)。日本では、そういう賞がイタリアにもあるということはほとんど知られていないと思いますが、今年で49回を迎えています。イタリアのゴールデン・グロ ... » more

『イル・ディーヴォ』強し! ナストロ・ダルジェント賞2009 結果発表! イタリアの映画賞、ナストロ・ダルジェント賞が発表になりました(6月29日)。ナストロ・ダルジェント賞Nastro d’Argento (Silver Ribbons)というのは、イタリア映画記者組合(National Union o ... » more

09-146「サスペリア・テルザ 最後の魔女」(イタリア・アメリカ) 涙の母の復活イタリア中部の町ヴィテルボ。ある日、墓地のそばの工事現場から、19世紀のものと思われる柩と遺品入れが発見された。そしてそれらはローマの古代美術博物館へと送られ、そこで考古学の研究をしているサラたちが遺品入れを開封することに。 ... » more

『マイ・ブラザー』@EUフィルムデーズ EUフィルムデーズ2009でダニエレ・ルケッティの『マイ・ブラザー』“Mio fratello è figlio unico”(2007)を鑑賞しました。この作品は、2007年の東京国際映画祭のワールド・シネマ部門で上 ... » more
テーマ 新作映画レビュー イタリア映画  コメント(2)

#24 『黄金の七人』 『黄金の七人』SETTE UOMINI D'ORO1965年/イタリア共同脚本・監督:マルコ・ヴィカリオ出演:フィリップ・ルロワ、ロッサナ・ポデスタ、ガストーネ・モスキン、ガブリエル・ティンティおっしゃれー。ヒュ ... » more
テーマ イタリア映画

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2009 結果発表! ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)2009が発表になりました(5月8日)。◆作品賞(Best Film / miglior film)・『イル・ディーヴォ』“Il divo”(監督:パオロ・ソレンティー ... » more
テーマ 映画賞 2008年度映画賞 イタリア映画  トラックバック(1)

イタリア・アカデミー賞 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2009 ノミネーション発表! ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)2009のノミネーションが発表になりました(4月9日)。◆作品賞(Best Film / miglior film)・『イル・ディーヴォ』“Il divo”(監督:パオ ... » more
テーマ 映画賞 2008年度映画賞 イタリア映画

#14 『地獄のバスターズ』 『地獄のバスターズ』QUEL MALEDETTO TRENO BLINDATO / THE INGLORIOUS BASTARDS1976年/イタリア監督:エンツォ・G・カステラッリ出演:ボー・スヴェンソン、ピーター・フートン、 ... » more
テーマ イタリア映画

#11 『荒野のドラゴン』 『荒野のドラゴン』IL MIO NOME E' SHANGHAI JOE1973年/イタリア監督:マリア・カイーノ出演:チェン・リー(早川明心)、ミクリヤ・カツトシ、ピエロ・ルッリ、クラウス・キンスキー『荒野のド ... » more
テーマ イタリア映画

海から始まる!?怪鳥の涙 BLU “fino”
怪鳥の涙 BLU “fino” BLUが生み出した「空想上の生き物」シリーズの1つ。前回紹介した“ffwd”もそうでしたが、繰り返し見ると、どこかしら「悲しみ」を感じさせます。【物語】突起がニュッと伸びて、3枚の羽根が開いて飛んでいく。花型の花びら ... » more
テーマ tantano 短編映画を楽しむ BLU イタリア映画

薬がオレを狂わせる! BLU “ffwd” タイトルの“ffwd”に関しては、これが何を意味しているのかは明らかにされていませんが、おそらく4つの英単語の略のはずで、だとすれば、fのどちらかはfish(もしくはfishman)で、wはwater、dはdrag、あたりでしょうか。 ... » more
テーマ tantano 短編映画を楽しむ BLU イタリア映画

Aは頭のA! BLU “Letter A” “Letter A”。Aという文字。アルファベットの最初の文字A。すべての始まり……。 【物語】闇の中から手に頭を抱えた頭のない胴体が右に歩いてくる。胴体が左右にまっ二つに割れて、左側が頭を受け取って、片足で跳ねてい ... » more
テーマ tantano 短編映画を楽しむ BLU イタリア映画

部屋の壁でできるアニメーション BLU “Walking” “MUTO”の先立つBLUのグラフィティ・アニメーション。といっても、この作品は、ストリートの壁ではなく、アトリエの白い壁に描かれています。【物語】黒いシルエットが右に歩いていき、帽子をとって、地面に置く。男は拳銃自 ... » more
テーマ tantano 短編映画を楽しむ BLU イタリア映画

イタリア人も生卵を飲むんだぁ〜! BLU “Child” グロテスクなモチーフや展開を好むBLUですが、こんな作品も作れるんだ、ということを示したのが“Child”です。といっても、やはり、グロテスクな味つけも少々あるのですが。【物語】1つの点。少しずつ膨らんで、2つに分か ... » more
テーマ tantano 短編映画を楽しむ BLU イタリア映画

楽蜻庵別館<題名のない子守唄> 
2006年イタリア121分原題 La Sconosciuta監督 ジュゼッペ・トルナトーレ脚本 ジュゼッペ・トルナトーレマッシモ・デ・リタ撮影 ファビオ・ザマリオン音楽 エンニオ・モリコーネ出演 クセニア・ラパポルト ... » more

「微笑と笑いの違いについて」 BLU たぶん今のところ、BLUが手がけた唯一のミュージック・ビデオ“Sulla differenza fra un sorriso e una risata”(微笑と笑いの違いについて)です。イタリア語の歌詞はついていますが、全く気にしないで楽し ... » more
テーマ tantano 短編映画を楽しむ BLU イタリア映画

目からヒョロヒョロ〜 BLU超短編集2 BLUのアニメーションで、通し番号がついているものは33まであり、そのうちweb上で観られるのは19本あります。どれも10秒前後で、たわいなくて、彼のグラフィティ・アニメーション同様、教科書の隅に書いた落書きみたいなものですが、この ... » more
テーマ tantano 短編映画を楽しむ BLU イタリア映画

楽蜻庵別館<8 1/2> 
1963年イタリア・フランス140分原題 Otto e Mezzo監督 フェデリコ・フェリーニ製作 アンジェロ・リッツォーリ脚本 フェデリコ・フェリーニ、トゥリオ・ピネッリ、エンニオ・フライアーノ、ブルネッロ・ロンディ撮 ... » more

腸があふれ出てきて困る! BLU超短編集1 グラフィティ・アーティストBLUの作品の中から、グラフィティ・アニメーション以外の作品を紹介しておきたいと思います。短いので、サクサク観ることができます。・No.1(手回しカメラ)3秒・No.3(ネクタイ)7秒 ... » more
テーマ tantano 短編映画を楽しむ BLU イタリア映画  コメント(2)

動く!グラフィティ・アート BLU “MUTO” グラフィティ・アーティストBLUのアニメーション作品“MUTO”。動画サイトのお気に入りをたどっていくと、たまに「これは!」というものに巡り逢うことがありますが、これもそうした過程を経てみつけた作品です。それで、作り手BLU ... » more
テーマ tantano 短編映画を楽しむ BLU イタリア映画

楽蜻庵別館<華麗なる殺人> 
1965年イタリア89分原題La Decima Vittima監督 エリオ・ペトリ原作ロバート・シェクリイ「七番目の犠牲者」脚本 トニーノ・グエッラジョルジオ・サルヴィオーニエリオ・ペトリエンニオ・フライアーノ撮影 ジャ ... » more

楽蜻庵別館<女の都> 
1980年イタリア・フランス140分原題 La Citta Delle Donne監督 フェデリコ・フェリーニ原作ブルネッロ・ロンディ脚本 ベルナルディーノ・ザッポーニフェデリコ・フェリーニ撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ ... » more

2005年イタリア116分原題 Manuale d'amore監督 ジョヴァンニ・ヴェロネージ脚本 ジョヴァンニ・ヴェロネージウーゴ・キーティ撮影 ターニ・カネヴァリ音楽 パオロ・ブォンヴィーノ出演 シルヴィオ・ムッ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 14:10

「イタリア映画」のブログ関連商品

» 「イタリア映画」のブログレビュー をもっと探す

「イタリア映画」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る