誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    遠野物語

遠野物語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「遠野物語」のブログを一覧表示!「遠野物語」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「遠野物語」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「遠野物語」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

拙守庵閑話『遠野物語』の読み方
過日、東日本大震災に関連するテレビ番組の中で、柳田国男の『遠野物語』に触れた放送があった。途中から見たので、その番組の本意を把握するまでには至らなかった。しかし、あるゲストの言葉がとても印象に残った。そのゲストとは、民俗学者の赤坂憲 ... » more

手づくり豆本遠野物語の一話
遠野物語の一話 柳田国男の著書で知られる遠野物語の一話を抜き出し、豆本にしました。内容は「座敷わらし」の編です。座敷わらしの住む家は裕福になるが、何かの理由で座敷わらしが去ると、その家は没落してしまうと言われております。※「わらし」とは、遠 ... » more
テーマ 柳田国男 遠野物語

願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ --- 柳田国男の位置 柳田国男の『遠野物語』については、錚々たる方々が取組んでいるので、タイトルに掲げた「檄」についてにも十分な論及がされていることと思う。わたしなどが口を出すほどのこともないのだと思うが、とりあえず簡単な疑問を提示しておきたい。柳田は『 ... » more
テーマ 戦慄 柳田国男 遠野物語

駒木しし踊りは遠野郷のしし踊りの元祖と言われている。遠州掛川に旅した角助が遠野に持ってきたという。 遠野のしし踊りはその伝承のほとんどが遠州方面となっています。長野しし踊りは、熊野詣での折京都で習い覚えた言います。岩手のしし踊りの様に大勢で踊るしし踊りは、全国的には少ない模様、関東周辺はほとんど三匹獅子舞です。なぜ多くなったのか不思議 ... » more
テーマ 民俗芸能 遠野物語 鹿踊

20日は遠野上郷町細越の日出神社祭礼!上郷の郷土芸能がこぞって奉納、そして「上郷まつり」に大結集! ここが日出神社の入り口、仙人峠に向かう国道沿いです。各団体の奉納は、朝10時頃から始まります。特にしし踊りは、神社を三回巡り儀礼を尽くします。日出神社は、義経伝説にまつわる神社で、義経の隠し子「日出姫」終焉の地で日出姫をまつって ... » more
テーマ 民俗芸能 遠野物語 鹿踊

遠野物語100周年遠野郷しし踊りの競演で50年ぶりの演目「浪合」が復活、酒盛りの様子が楽しい! 板澤しし踊りがついに50年ぶりの演目を復活! ... » more
テーマ 民俗芸能 遠野物語 鹿踊

しし踊り「遠野物語100年に舞う」遠野郷の13団体が一同に集い遠野物語119話の踊りを全部踊った。 50年ぶりに復活させた「浪合(しし酒盛り)」が注目を浴びました。全体の詳細は後日掲載します。今回は、中野商店発行の「写真でわかる!遠野郷しし踊り大図鑑」をご紹介します。本日発行になりました。ほぼ1年間取材を続け丹念にまとめ上げた至極 ... » more
テーマ 写真 遠野物語

遠野物語発刊100年で遠野郷注目度アップ!12日13日は「神楽」に「しし踊り」で盛り上がります。 12日神楽共演に出演する平倉神楽のイメージ遠野物語100年に舞う―夜神楽―神楽は神々の前で奉納する郷土芸能で、各集落にある神社のお祭りでは今でも神楽が奉納されます。遠野の神楽は主に大出早池峰神楽(神人神楽)、山伏神楽、早 ... » more
テーマ 神楽 遠野物語 鹿踊

金曜の夜から嫁の実家へ帰省してきました。土曜は親戚巡り、昨日はUターンがてら義祖母を弘前城桜祭りに連れて行きました。さて、遠野は特別な一年を迎えています。当時、高級官吏だった柳田国男が、遠野出身の早大生佐々木喜善 ... » more
テーマ 遠野物語

遠野物語100周年へ遠野郷しし踊りが始動 今年6月14日は遠野物語は発刊されて100年を迎え遠野市では大々的な記念行事が計画されています。遠野郷のしし踊り14団体は、遠野物語119話に記載されていることを誇りにこぞって記念行事に参加することを計画しているようです。大いに楽しみで ... » more
テーマ 民俗芸能 遠野物語 鹿踊

第70話  僕を乗せた銀河鉄道の行方 まもなくして遠野駅に着いた。始めてこの駅に降り立った時を思い浮かべると、この数日が短いながらも懐かしく思える。始めはこんな所に来てしまって、どうしようかと思ったけれど、今では去りがたい気にもなる。薄暗い駅舎の待合室で、一時間に一 ... » more

少しの休憩のあと、僕らは福泉寺の中を見て廻る事にした。意外とお寺の中は広く、大観音堂に続く道には、日よけの為の屋根が設けられている事で、多少なれ暑さはしのげるものの汗が噴出す。大観音堂にやっとの思いで到着し、中を見ることにした。そこ ... » more

第66話  追いかける 遠野盆地には風も無く、僕の身にジリジリと日差しが照りつけた。何もしなくても、額から汗が流れ落ちてくる。ただ黙って遠ざかっていくサチと、こちらを睨むように立っているマスタ−との間にいる僕は、本当にどうしていいのか困っていた。マスタ ... » more
テーマ 飛行船 ウェブ小説 遠野物語

三人の間に少しの沈黙が続いた。誰が先に言い出すか、お互いの心を伺っていた。するとサチが静かに立ち上がり、何も言わず店の扉を開けて、一人で外に出て行った。そんな彼女の行動に、僕はどうしていいのか戸惑い、ただ呆然と座ったままだった。 ... » more

サチは僕の代わりに、妹さんの手紙を読み始めた。「真元気で暮らしていますか、私は高校卒業に向けて準備しています。私は東京の短大に決まり、東京での生活に憧れと不安と希望で、頭の中がどうにかなりそうです。でも真の近くに行けると思う ... » more

とりあえず手紙を受け取り、しまおうとした。するとサチが一言口に出した。「手紙読まないの」「えっ」今の僕には、あまりにも荷が重過ぎて、時期が来たら封を開けようと思っていた。まさか今ここで読む事になるとは思ってもいなくて、僕 ... » more

僕らが待ち望んでいた、曲のイントロが流れ出した。アナログのスローテンポのメロディが、少し心地良く聞こえる。当たり前だけど、現代風の曲調ではないが、決して受け入れられない事はない曲だった。飛行船のヴォーカルあんべ光俊のかすれた歌声が、 ... » more

第61話  LPレコード マスターの簡単かつ意味の無い答えに、僕らは喫茶店にコ−ヒ−を飲みに来た、ただのお客になっていた。マスタ−は自分の入れたコ−ヒ−を自慢したくて、僕らを呼びつけただけなのかと思った。こんな気持ちが燻っている中、サチは冷静な表情で、マ ... » more

なんという夢を見たのだろう。汗びっしょりの顔を洗うために、部屋を出て洗面所に向かった。ひっそりと静まりかえって旅館の階段を降り、いつもは感じないギシギシと言う音が耳につく。そして水道の蛇口から落ちる水を、手のひらにすくい、顔に数回か ... » more
テーマ 飛行船 ウェブ小説 遠野物語

いつもの僕の部屋にいる時と同じように、久しぶりに二人の間に笑いがあった。この町に来てから、お互いの思いが違う為に、気持ちがすれ違っていた。「明日帰るよね」僕はただ確かめる為に、彼女に訊ねてみた。もしかすると気持ちの何処かに、 ... » more
テーマ 飛行船 ウェブ小説 遠野物語

細越雅子・遠野の昔話Part3 今日は職場の方から頂いたチケットで『細越雅子の遠野の昔話』を聞いてきました。今回で3度目ですが、何度聞いても楽しい講演です。今日もK子さんと一緒だったのですが、色々と付き合ってもらってますが、この講演は彼女も毎回楽しみにしてます ... » more
テーマ 日記 遠野物語

おぉら掛かったぁ!!(;`O´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ >゚))))彡 今日のお題は「民話の故郷で河童を釣る」です。セカチューならぬミンフル(なんかゴロわるっ)本家セカチューにならって平井堅の「瞳を閉じて」でも口ずさみながらご覧下さい。ってか9月の話なんですがね・・・更新をサ ... » more

BEER OR DIE遠野紀行2
遠野紀行2 というわけで遠野です。同じ田舎でも青森とは雰囲気が違います。山々に囲まれ川が流れ広がる田圃そして曲がり家日本の原風景がそこにあります。2日目はダラダラし・・・3日目は盛岡に新しくできた大き ... » more

BEER OR DIE遠野紀行1
ご報告遅くなりました。行ってきましたよ遠野。出発の日、それはもう最悪でした。東北各県には暴風雨関連の各警報が・・・通行止めになる高速道路・・・はきつぶしのスタッドレスタイヤ・・・豚の化粧に時間がかかり遅くなる ... » more

豚の携帯が鳴りました。あゆの曲だけに電話の主は豚の妹「あゆみ」ちゃん。披露宴では受付にいた赤い振り袖の可愛いこです。なんでも今日、コンサート(盛岡)に行って来たそうです。そのコンサートは「氷川きよし」 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 13:41

楽天市場のおすすめ商品

「遠野物語」のブログ関連商品

» 「遠野物語」のブログレビュー をもっと探す

「遠野物語」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る