誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    Japanese

Japanese

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「Japanese」のブログを一覧表示!「Japanese」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「Japanese」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「Japanese」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

日が暮れても彼女と歩いてた/(1993)/(2007) ハイエクは法哲学者のハンス・ケルゼンを評価していなかったが、ケルゼンは、法の道徳性という根本的な視点から、法は共同体を道徳に適った方法で運営するためのものであると論じた。著書『純粋法学』(一九三九年)で、「(法的)「規範」とは、あるべき姿、 ... » more
テーマ 90s 00s Japanese  コメント(5)

もうあきてしまった/『UTOPIA』(2012) ハイエクはユートピアを夢見る哲学者だった。「自由な社会の建設を、もう一度知的な挑戦、勇気ある行為にしなくてはならない。我々に足りないのは、自由主義のユートピアだ。現状を守るだけではない、薄めた社会主義でもない、自由主義の真の根本思想だ。 ... » more
テーマ ロック 10s Japanese

夕陽を追いかけて(1978) 『法と立法と自由』では、「外国との交渉のために中央政府を強化しておきたいという願望に引きずられて、本来なら地方政府の方が効率的に行えるであろう責務まで中央政府に委ねられることになってしまった。中央政府への権力集中を進めた要因は、必ず戦争への ... » more
テーマ 70s ロック Japanese

なまずでポルカ〜びあだるポルカ/『JUNGLE GUMBO』(1990) ハイエクやオーストリアの経済思想には、よくマルクスとの関連を指摘されることがある。彼の実際的な経済提言ではなく経済分析の考え方に、マルクス思想とよく似たところがあるのだ。ロバート・スキデルスキーは、ハイエクの初期の著作について次のように述べ ... » more

圏内の歌/『リトルメロディ』(2012) 『法と立法と自由』でハイエクが取り組んだのは、政治哲学の基盤であり、もっとも深遠な問題である。イギリスの偉大な自由主義思想家ジョン・ロックは、人は自分と仲間のために働くということを統治の必要性の根拠とした。「人には自己愛があるから、自分 ... » more
テーマ 80s 10s Japanese  コメント(7)

小さな恋のうた/『Message』(2001) 『自由の条件』の出版後、ハイエクは世界観を大きく変えることになったようだ。『タイム』誌に自分の写真が載ってもおかしくない、くらいは考えたかもしれないが、まさか、同誌の書評欄で取りあげてくれないとは思いもしなかっただろう。一九五〇年代のアメリ ... » more
テーマ 00s Japanese Punk  コメント(7)

桜三月散歩道/『氷の世界』(1973) 思想の影響を計ることは難しい。ハイエクは、『自由の条件』でミルの文章を引用した。「いつの時代でも人類への教訓でありながら顧みられてこなかった思弁哲学は、通り一遍の見方しかしない者には毎日の生活や物への関心からかけ離れたことにしか見えない ... » more

Ticket To Ride/『LOVE LOVE LOVE』(2009) LSE時代からの友人でただ一人ハイエクが交流を続けたのが、カール・ポパーである。ハイエクとも最初の妻のヘラも、ポパーとはロビンズや経済学科の他のメンバーほど親しかったわけではなく、そのつきあいも短く、浅いものだったからかもしれない。ポパーが ... » more

Absolute Ego Dance/『Solid State Survivor』(1979) 『隷属への道』は一九四四年三月にイギリスで出版され、好評を博した。戦争はまだ終わっていなかったが、ナチス・ドイツの敗北はもはや時間の問題だった。『隷属への道』のイギリスでの成功について、ハイエクは後に「満足以外の何ものでもなかった」と語って ... » more
テーマ 70s Progressive Rock Japanese  コメント(10)

節分祭@深大寺 クロちゃんに誘われて、Sさんと3人で行ってみました、初深大寺。それほど遠くないと知りながら、いままでこなかったけど、自然も多いし、とてもいい街♪門前の街並みなんか、テンション上がります。調布が近い ... » more
テーマ 日常 Japanese

Bigになりたい/『終わらない旅』(2013) 『隷属への道』(一九四四年)はハイエクの人生を大きく変えた。出版前のハイエクは無名の経済学者だったが、出版の一年後には世界に名が知られるようになった。ハイエクと言えば『隷属への道』というほどの代表作となったが、今後もそうありつづけるだろう。 ... » more
テーマ 00s 10s Japanese  コメント(4)

Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋新年ふぐ会
新年ふぐ会 信濃町の大漁で七人会*の新年会。 *中高の女子校同級生の集まりきれいに写真が撮影できたので、大きくアップしちゃいます。店内にはいけすがあって、ふぐがたくさん泳いでるーーふぐ、大好きなのです ... » more
テーマ Japanese

Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋もう二年。
もう二年。 1月の三連休。巷では面白そうなお茶会が目白押しでしたが、この日は大事な三回忌。お寺近くのお寿司やさんで、本当にささやかな会だけ。もう二年。やっと、二年。でもあっという間。集まった伯母たちの話はまた今回も明 ... » more

Individualist/『Cafe Bohemia』(1986) 1986年12月に発表された佐野元春の5枚目のアルバム。1980年のデビューアルバム『BACK TO THE STREET』、2枚目『Heart Beat』から1982年の3枚目『SOMEDAY』の間のシングル盤や提供曲のセルフカバーを ... » more

The Beatles/The Rolling Stones(2013) さて、三日坊主の三日目。もしもロックバーをやったなら、と、50枚のアルバムをリストアップしてみた。僕が持っていて、よく聴いたアルバムばかり。出来るだけミュージシャンが被らないように。ロックというのはその時その時の流行(はやり ... » more

はいからはくち/『風街ろまん』(1971) Happy End (はっぴいえんど) was a Japanese folk rock band, which existed from 1970 to 1972. The band's pioneering avant-garde so ... » more

鎌倉にて忘年会 先週のこと。秋の鎌倉からほどなく、今度はRちゃんが企画した鎌倉ツアー。名付けて「“最後から二番目の恋”のロケ地&パワースポットを辿る忘年会」ながっ!朝早めに家を出て向かった鎌倉。土日に比べたらものすごく空 ... » more

Christmas Time in Blue(1986) 12月なので追い込みをしたり、大掃除をしたり、棚卸をしたり、清算をしたり、整理をしたり、〆をしたり、準備をしたり、片付けたりをしたり。同い年のミュージシャンのリクエストでもって頂いていたコメントの返信に代えようと思っていたのだけど、 ... » more
テーマ 80s Reggae Japanese  コメント(2)

Heart Beat/『77 days』(1998) 12月なので追い込みをしたり、大掃除をしたり、棚卸をしたり、清算をしたり、整理をしたり、〆をしたり、準備をしたり、片付けたりをしたり。同い年のミュージシャンのリクエストでもって頂いていたコメントの返信に代えようと思っていたのだけど、 ... » more
テーマ 90s Japanese Punk

リンダリンダ/『The Blue Hearts』(1987) 12月なので追い込みをしたり、大掃除をしたり、棚卸をしたり、清算をしたり、整理をしたり、〆をしたり、準備をしたり、片付けたりをしたり。同い年のミュージシャンのリクエストでもって頂いていたコメントの返信に代えようと思っていたのだけど、 ... » more
テーマ 80s Japanese Punk  コメント(3)

フニクリ・フニクラ/『フィルハーモニー』(1982) 12月なので追い込みをしたり、大掃除をしたり、棚卸をしたり、清算をしたり、整理をしたり、〆をしたり、準備をしたり、片付けたりをしたり。同い年のミュージシャンのリクエストでもって頂いていたコメントの返信に代えようと思っていたのだけど、 ... » more
テーマ 80s Metal Japanese

さらばシベリア鉄道/『A LONG CACATION』(1981) 12月なので追い込みをしたり、大掃除をしたり、棚卸をしたり、清算をしたり、整理をしたり、〆をしたり、準備をしたり、片付けたりをしたり。同い年のミュージシャンのリクエストでもって頂いていたコメントの返信に代えようと思っていたのだけど、 ... » more
テーマ 80s ロック Japanese

『ナツメロ』(1988) 選挙は12月だけど、ごくあたりまえに僕は3月の大震災のことを考えている。普通の人間の感覚だと思う。1966年生まれの男性の、普通のサラリーマンの僕が大震災について考えて、これまでブログで書かなかったことを12月に少し書いておきたくなった。 ... » more

ちょっと照れます 台湾から戻ってすぐ。日本は寒い!寒い日にぴったりの“鍋の会”。恵比寿の駅にほど近い美神鶏にて。Kさんによれば、ヒアルロン酸は皮膚からはあまり吸収せず、口から。そしてコラーゲンは体内よりも外からが効果的とか。ふ ... » more
テーマ 日常 Sweets Japanese

僕の見たビートルズはTVの中/斉藤和義(1993) 選挙は12月だけど、ごくあたりまえに僕は3月の大震災のことを考えている。普通の人間の感覚だと思う。1966年生まれの男性の、普通のサラリーマンの僕が大震災について考えて、これまでブログで書かなかったことを12月に少し書いておきたくなった。 ... » more

やさしくなりたい/斉藤和義(2011) 選挙は12月だけど、ごくあたりまえに僕は3月の大震災のことを考えている。普通の人間の感覚だと思う。1966年生まれの男性の、普通のサラリーマンの僕が大震災について考えて、これまでブログで書かなかったことを12月に少し書いておきたくなった。 ... » more

島唄/『思春期』(1992) 選挙は12月だけど、ごくあたりまえに僕は3月の大震災のことを考えている。普通の人間の感覚だと思う。1966年生まれの男性の、普通のサラリーマンの僕が大震災について考えて、これまでブログで書かなかったことを12月に少し書いておきたくなった。 ... » more

Girl/『残骸』(2003) 選挙は12月だけど、ごくあたりまえに僕は3月の大震災のことを考えている。普通の人間の感覚だと思う。1966年生まれの男性の、普通のサラリーマンの僕が大震災について考えて、これまでブログで書かなかったことを12月に少し書いておきたくなった。 ... » more
テーマ 00s Japanese Punk  コメント(2)

世界の終わり/『Cult Grass Stars』(1996) 選挙は12月だけど、ごくあたりまえに僕は3月の大震災のことを考えている。普通の人間の感覚だと思う。1966年生まれの男性の、普通のサラリーマンの僕が大震災について考えて、これまでブログで書かなかったことを12月に少し書いておきたくなった。 ... » more
テーマ 90s Japanese Punk  コメント(6)

REAL/『未成年』(1985) 親父が建て替える親父の家の衣・食・住に関するものや、字や記号や色やの紙やプラスチックやのもろもろの記録(・・・ほかに何があるんかな?)を廃棄と保管に仕分け(・・・ほかにどういう分類があるのかな?)をしてきた。母の形見の誰も読まないに ... » more

 

最終更新日: 2018/03/20 17:14

「Japanese」のブログ関連商品

» 「Japanese」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る