誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ストラヴィンスキー

ストラヴィンスキー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ストラヴィンスキー」のブログを一覧表示!「ストラヴィンスキー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ストラヴィンスキー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ストラヴィンスキー」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

続いて、Cフィルでやるもう一曲ストラヴィンスキー作曲/バレエ音楽「火の鳥」(1910年版)こちらもバレエ音楽ということで、各シーンのコメントがある。自分の学習のため、ラトル/バーミンガム市響のCDをもとに、一応書いておくこと ... » more

ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」を聞きました。CDは、C.デイヴィス盤です。この曲は、ディアギレフのバレエ団のために作曲された、「火の鳥」に続く第2のバレエ音楽です。初演時の4管編成による1911年版と、3管編成に縮小した1947 ... » more

昨日の新日フィル演奏会を思い出してみる。指揮者のマリンさんはルーマニア出身とのこと。そんなこともあってか、まずはエネスコのルーマニア狂詩曲。ずいぶんと早めのテンポで、ちょっと荒削りか。でも各楽器のソロは、うまかった。 ... » more

サントリーホールにいってきました。新日本フィルハーモニー交響楽団 第453回定期演奏会 エネスコ:ルーマニア狂詩曲第1番ガーシュイン:ヘ調のピアノ協奏曲ストラヴィンスキー:バレエ音楽『火の鳥』(全曲)指揮 イオン・マ ... » more

火の鳥をさらってみた 今度Cフィルでやることになったストラヴィンスキーの「火の鳥」全曲版、少しさらってみた。とりあえず一人で音を出すのは、それほど困難ではなさそう。ただ、拍子やテンポがころころ変わるので、自分がどこで、どのタイミングで、どんなテンポで ... » more
テーマ 個人練習 ストラヴィンスキー

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団名曲全集第48回2009年6月20日(土)18:00〜ムソルグスキー:はげ山の一夜(原典版)プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番ピアノ・アンコールラヴェル:夜のガスパール ... » more

ストラヴィンスキー『春の祭典』の演奏比較 77.『春の祭典』スキャンダルを栄誉に生きたストラヴィンスキーにとっても、音楽史上、最大のスキャンダル。ペトルーシュカ以来、押し進めてきたバーバリズムの音楽が、原始を舞台とすることで、あらゆる拘束を免れ、一挙に爆発した。武骨 ... » more

ストラヴィンスキー『火の鳥』の演奏比較 ストラヴィンスキー20世紀最大の巨匠であると同時に、ピカソと同様に次々に変貌を遂げ、ニュース、スキャンダルを作りつづけ自分を高く売り込む希代のペテン師といった相貌も垣間見える。バレエ・ルッスの作曲家として華々しいスキャンダルとと ... » more
テーマ クラシック音楽 ベルティーニ ストラヴィンスキー

先日購入した、ストラヴィンスキーの「火の鳥」を聞きました。CDは、C.デイヴィス盤です。この曲は、ディアギレフの依頼によって作曲されました。ディアギレフは、1910年のパリ・オペラ座のロシア・バレエの新作として「火の鳥」 を上演するつも ... » more

ストラヴィンスキーの「春の祭典」を聞きました。CDは、ドラティ盤です。「春の祭典」は、原始的なリズムと連続する不協和音のおかげで、モントゥーが指揮した初演では、聴衆が大騒ぎをして、たいへんなことになったそうです。たしかに、自然に流れるよ ... » more

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「妖精のくちづけ」ストラヴィンスキー指揮コロンビア交響楽団(1965年録音)昨日は疲れのピーク。仕事中もあまりに疲労感がひどかったのでコンビニでドリンク剤を買い飲んでしま ... » more

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1947年版)バレエ音楽「春の祭典」オーケストラのためのエチュード*アンタル・ドラティ指揮ミネアポリス交響楽団*ロンドン交響楽団(19 ... » more

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ミューズの神を率いるアポロ」バレエ音楽「春の祭典」サイモン・ラトル指揮バーミンガム市交響楽団(1988年録音)在庫の(勝手に)なつかしのディスクから。思えば最近ハル ... » more

体調は復調傾向です。昼間にやたら眠くなるのはどうしてだろうか・・・。今日は名古屋駅をぶらぶら。時事問題はあまり書かないブログですが、ちょっと毒吐いときます。年金問題はなに?組織ぐるみで職務怠慢&横領ですか?すべてのコスト ... » more

ストラヴィンスキー バレエ音楽《プルチネルラ》 / アバド ロンドン響(365枚棚卸) 2006年10月14日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓しました。http://garjyu.at.webry.info/200610/article_15.html>ペルゴレージらの曲が新しい衣を着せられ、とても素敵 ... » more

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」ヘルベルト・ケーゲル指揮ライプツィヒ放送交響楽団1977年4月19日 ライプツィヒ・コングレスハレ:ライヴ録音今日はハローワークへ行って来ました。ドクター ... » more

ストラヴィンスキー:兵士の物語、マルサリス(煩悩のウィッシュリストシリーズ) あの現代最高峰のジャズ・トランペッター、ウィントン・マルサリスがトランペットを吹いた《兵士の物語》(英語版)だそうです。それに、ウィントン作曲の室内楽(ファゴット五重奏曲)が併録されています。ストラヴィンスキー:兵士の物語、 ... » more
テーマ ウィントン・マルサリス クラシック音楽 ストラヴィンスキー

ストラヴィンスキー 音楽物語《兵士の物語》/ 斎藤ネコ デーモン小暮閣下 他(365枚棚卸152) 2006年6月1日にはこちらのCDを紹介↓致しました。http://garjyu.at.webry.info/200606/article_1.html“はじめてのクラシック”という東芝のシリーズの中の1枚です。“はじめ ... » more

ストラヴィンスキー バレエ音楽《春の祭典》 / ドラティ (365枚棚卸 97) 2006年4月8日にはこの曲のCDを紹介↓致しました。http://garjyu.at.webry.info/200604/article_10.htmlベタですが、春だから“ハルサイ”です。ある意味“現代音楽”の“元祖 ... » more

高貴なたたずまいの異色のストラヴィンスキー。独墺系、イタリア(もちろんヴェルディのオペラ)系、ちょっとひねってフランス、スペイン系と、ジュリーニ、曲ごとの好き嫌いはありながらも、結構幅広い分野の曲を演奏しています。そんな中でロシア系 ... » more

ペルゴレージらの曲が新しい衣を着せられ、とても素敵なバレエ音楽に生まれ変わりました。現代的で、適度に刺激的だけれどメロディはしっかりバロック。こういう曲には抜群の適性を持っていた若きアバドの名演です。Teresa Berganza ... » more

可哀想なおが屑人形の物語。幻想の世界を物凄い細かな画素数で精妙に再現した凄演。ブーレーズがバリバリの先鋭的な現代音楽の作曲家兼指揮者だったころ(1971年)の録音。Wikipediaの詳細の楽曲解説はこちら。この曲、まだ ... » more

ポップな“音楽物語。しゃれの分かる大人に聴いて欲しい、ご機嫌な音楽物語です。私の“とっておき”です。“はじめてのクラシック”という東芝のシリーズの中の1枚です。“明石家さんまの《ピーターと狼》”などと一緒に出ていたものなので、ち ... » more

春の祭典イゴール・ストラヴィンスキーストラヴィンスキー というと、どうしてもバレー組曲になってしまいます。今日は 「火の鳥」 「ペトルーシュカ」 に次いで作曲した 「春の祭典」 について書こうと思います。「春の祭典」 のレコード ... » more

ストラヴィンスキー ストラヴィンスキー、イーゴリ(1882〜1971)参考曲:「マヴラ」〜ロシアの歌ロシアを代表する大スターのようだけど、じつはロシア在住の間に作曲したのはごく僅か。有名曲ではパリデビュー作品「火の鳥」くらいではないだろうか ... » more
テーマ クラシック音楽 ミルシティン ストラヴィンスキー

久々にCDで『春の祭典』を聴いた。サー・サイモン・ラトルとベルリン・フィル。うまいというかうま過ぎるというか、聴いていて不安を覚える瞬間など微塵もなし。世紀が改まって、とうとう『ハルサイ』も古典の仲間入りをしそうな予感。つい ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 10:44

「ストラヴィンスキー」のブログ関連商品

» 「ストラヴィンスキー」のブログレビュー をもっと探す

「ストラヴィンスキー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る