誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ストラヴィンスキー

ストラヴィンスキー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ストラヴィンスキー」のブログを一覧表示!「ストラヴィンスキー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ストラヴィンスキー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ストラヴィンスキー」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ストラヴィンスキーのバレエ音楽『春の祭典』が初演。20世紀におけるクラシック音楽の歴史の中の最大の事件が、ストラヴィンスキーの手になる『春の祭典』の初演と、その時の騒動であることを否定する人間はほとんどいないと断言しても言い ... » more

バレエ・リュス ストラヴィンスキーが創る夢の舞台“火の鳥” 11月17日(日)、新国立劇場で、久々にバレエを鑑賞した。バレエというよりバレエ音楽といった方が正確かもしれない。ストラヴィンスキーの『火の鳥』、これまで、ベルリン国立歌劇場で『春の祭典』、新国立劇場で『ペトルーシュカ』を観ているので、スト ... » more

超話§ラトル&ベルリン・フィル[下] [承前]そしてストラヴィンスキー『春の祭典』。最初に謝っておく……ごめん、かんべんである。いつぞやパリ管の演奏した実演が拍子抜けするほどあっさりと演奏されたのを聴いたり、ブーレーズの新盤のかっちりと身も蓋もなくま ... » more

超話§ラトル&ベルリン・フィル[上] バッハの無伴奏チェロ組曲に始まり、仮名手本忠臣蔵を観た翌日に、サー・サイモン・ラトル率いるベルリン・フィルのコンサートをサントリーホールで聴いた。シューマン:交響曲第1番 B-Dur Op.38『春』---休憩- ... » more

ストラヴィンスキーが1913年に作曲したバレエ音楽『春の祭典』が、今日で初演から百年という記念の日を迎えた。パリで初演された時の伝説的な騒乱を経て、20世紀のスタンダードの地位に君臨している。ストラヴィンスキーは1971年4 ... » more

初演は史上まれにみる大失敗、そしてリベンジした20世紀音楽の嚆矢いよいよ春が来ます。寒さの中に閉じ込められていた様々なものが、春の到来とともに表に出て来ます。地中深く眠っていた種子は、最初は密やかに、そして、ある瞬間一斉 ... » more

一年365枚 ver.11.0《春の祭典》三昧
《春の祭典》三昧 また、なんか凄いのがでるようですね。若い頃ほど思い入れはなくなってしまいましたが、やはり、良い演奏で聴いたら興奮すること間違いない、20世紀前半衝撃の名作ストラヴィンスキーの《春の祭典》。ユニバーサル・グループ(いまやD ... » more

ストラヴィンスキー 三大バレエ 残念ながら”バレエ”は付いていない公演。(失礼)「火の鳥」(1919年版)華々しく、又壮大にフィナーレとなり気持ちいい。「ペトルーシュカ」(1947年版)鮮明な音色が楽しめるた。音盤で聴く場合もそうだが、バレエが ... » more
テーマ 沼尻 ストラヴィンスキー AOI

ストラヴィンスキー作曲で「兵士の物語」という題名で上演されることもあるようです。ロシアの民話を題材にしたもので、本来は朗読と演劇とバレエがミックスされているということですが、この日の上演は3人の語り手と10人くらいの編成の楽団によるものでし ... » more
テーマ 観劇記 渋谷区文化総合センター大和田 ストラヴィンスキー

ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカからの3楽章」を聞きました。CDは、ポリーニ盤です。この曲は、ピアニストのルービンシュタインからの依頼により、ストラヴィンスキーが自分のバレエ音楽「ペトルーシュカ」の一部をピアノ曲にしたものです。バレ ... » more

なんかソニーが大変なことになっているそうな。7000万人以上の個人情報が流出したそうでクレジットカードの情報も漏洩しているんだとか。私は何の情報も登録していないので被害無しなのだが、日本だけでなく世界中の人の情報が漏洩したということは賠償が ... » more

これは凄いです。ストラヴィンスキー バレエ音楽『春の祭典』/ バーンスタイン ニューヨークフィル 39歳のバーンスタイン、獅子奮迅の大演奏をやってのけてます。・ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』ニューヨーク・フィルハーモニックレナード・バーンスタインSt.George Hotel, New Y ... » more

一生懸命やってます。ストラヴィンスキー バレエ音楽『春の祭典』/ グーセンス ロンドン響 こんなのもあります。・ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』*・ラフマニノフ:交響的舞曲**ロンドン交響楽団ユージン・グーセンスWalthamstow Assembly Hall, London ... » more

梓弓・・。ストラヴィンスキー バレエ音楽『春の祭典』他 / ドゥダメル シモン・ボリバル 血湧き肉踊らせるために・・。・ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』・レブエルタス:『マヤの夜』1.マヤ族の夜2.どんちゃん騒ぎの夜3.ユカタンの夜4.呪術の夜シモン・ボリバル・ユース・オ ... » more

ポリーニのストラヴィンスキー 「ペトルーシュカからの3楽章」 羽生が負けちゃいましたねー。またも永世7冠ならず。あ〜、一気に力が抜けてしまいましたw2日目に攻め始めたころから少し無理なんじゃないかなーと思っていましたが、そのまま負けちゃった感じですね。これはもう残念としか言いようが無いですなー。はぁ〜 ... » more

日時: 2010年11月14日(日) 14:00開演(13:30開場)場所:すみだトリフォニーホール大ホール●ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」●ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」●ストラヴィンスキー/バ ... » more

デュトワ&フィラデルフィア管弦楽団、聴いてきました。「火の鳥」1910年全曲版と「春の祭典」という、ストラヴィンスキーの大編成バレエ音楽2曲というプログラム。どちらを先にやるのかと思っていましたが、「火の鳥」が先、休憩後に「春の祭典 ... » more

群響/春の祭典 「春の祭典」(=ハルサイ)がにわかにmyブームになっており、思い立って急きょ群馬交響楽団の演奏会に行ってきました。群馬交響楽団東京公演3月27日すみだトリフォニーホール梅田俊明(指揮)、清水和音(ピアノ)モーツァルト/交 ... » more

ハルサイ つづき 春の陽気だと思ったら、一転、寒い日が続いてます。それでもサクラは少し咲き始めてますね。そんなわけで、先週のTVの影響もあって、今週は急激にストラヴィンスキー「春の祭典」、通称「ハルサイ」をいろいろ聴いてます。 ... » more

ファゴット吹きのバソン練習日記
春 春分の日ですが、昨日から風がものすごく強かった。まあでも、強風を除けば、すっかり春の陽気。ということで、先週録画しておいたストラヴィンスキー「春の祭典」2本をやっと見た。1つ目、名曲探偵アマデウス事件ファイル#58” ... » more

火の鳥 本番終了 Cフィルの演奏会、無事終了しました。聴きにいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。今回は、練習でここには書けないことがいろいろあって、本番はホントにどうなることかと心配でした。本番中も、長い休みがあっても、その間聴 ... » more

火の鳥 あれこれ8/コントラ ストラヴィンスキー/火の鳥1910年版のファゴット族の編成は、1番Fg、2番Fg、3番Fg&2番Kfg、1番Kfgの4人体制。3番ファゴットは途中でコントラファゴットに持ち替えて、2番コントラに変身します。コントラ2重奏 ... » more
テーマ コントラファゴット ストラヴィンスキー

1/9 演奏会の御案内 そういえば、もう今週の土曜日だったんですね。年明け直後なので、イマイチ休みボケという感じですが…あらためて御案内させていただきます。千葉フィルハーモニー管弦楽団第25回演奏会2010年1月9日(土)18:00開演 ... » more

火の鳥のmyパート譜より1から2拍くらいの、一瞬で終わってしまうパッセージが多数でてくる。1st、2nd、3rdでわざわざ分業しているせいもある。個人練習では問題なくても、合奏になると、ピッタリ当てはめるのが結構 ... » more

火の鳥 あれこれ6/パート譜比較 ストラヴィンスキー/「火の鳥」のファゴットパート譜、1910年版と1919年版を比べてみました。曲の長さ自体が違うし、オーケストレーションも全然違いますが、両版の共通部分で、一見(一聴)同じようで微妙に違うところを挙げてみました。 ... » more

火の鳥 あれこれ5/Bolshoi Ballet/DVD 「火の鳥」のバレエのDVD。だいぶ前に入手していたけど、やっと見ました。バレエって、無言で、音楽と踊りだけだけど、曲中のコメントと合わせて見ると、ストーリーがよく分かります。オケの演奏のほうは、イマイチ精度は良くない ... » more

火の鳥 あれこれ4/運指開発 火の鳥1910年全曲版の練習番号100から、’城番の怪物どもに捕らえられる王子’の途中、1−3番ファゴットにはそれぞれバラバラに、トリル、トレモロがあります。隣の音とのトリルは概ね決まった指使いがありますが、離れた音とのトレ ... » more

ストラヴィンスキー「火の鳥」の演奏歴を整理。1983/7C大オケ1919年版 [2nd]1988/6Mシティフィル1919年版 [1st]1994/8Cフィル1919年版 [2nd]2010/1Cフィル1910年版 [2 ... » more

ストラヴィンスキー作曲/バレエ音楽「火の鳥」(1910年版)いちいち「1910年版」と付けてるけど、ストラヴィンスキーのバレエ音楽は、後にストラヴィンスキー自身が編曲したりしているので、作った年の「○○○○年版」というのがけっこう重要。 ... » more

本日の練習は「火の鳥」のみ。我がファゴット軍団は、やっと3人揃った。(4管なので、まだもう1人足りないけど)ということで、久しぶりにドラ之介(コントラ)をつれていった。はじめに全曲をほぼ通して、その後細部を練 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 10:44

「ストラヴィンスキー」のブログ関連商品

» 「ストラヴィンスキー」のブログレビュー をもっと探す

「ストラヴィンスキー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る