誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    万年筆

万年筆

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「万年筆」のブログを一覧表示!「万年筆」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「万年筆」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「万年筆」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

なにそれ〜School Pen
School Pen 「Soennecken Schulfüller S6」。50-60年代、ドイツ製。細身でかわいい。ゾェネケンなんか海外でも高くて手が出ないし、しかもたいてい使い古しのポンコツだから横目で見るだけ。それがデッドストックで ... » more

日日是好塾万年筆 プラチナBonita
万年筆 プラチナBonita 久しぶりの文具ネタです。とあるリサイクルショップで見つけた万年筆で,プラチナのBonita(ボニータ)というモデルです。価格は1400円也(税別)。↓胴軸とキャップの材質はおそらくアルミ。また,かなりテカっていることから,エ ... » more
テーマ 万年筆

父の面影 モンブラン No.146 M 父が就職祝いでくれたモンブランNo.147をなくしてしまったという話を以前書きました。父が亡くなり、それを後悔しているという気持ちもあり、万年筆に詳しくなった今もう一度その書き味を体験したいという気持ちもあり。もやっとした物を心の棘として抱 ... » more
テーマ 万年筆  コメント(2)

ガラスペン 小樽のお土産として、北一硝子でガラスペンを購入しました。万年筆ではありません。書き味は硬い。硬いのひと言です。そりゃ、万年筆と違ってしなりがないですからね。硬いステンレスの万年筆の更に上を行く硬さです。 ... » more

日経ビジネスAssocie 2015年11月号(万年筆の付録付き) 本屋に立ち寄り、衝動買いをしてしまいました。季節柄、手帳を特集した雑誌が増えてきます。Associeも、毎年この時期に特集している気がします。今年の付録は万年筆でした。万年筆はショートタイプではなく、しっかりとした長 ... » more
テーマ 万年筆 文房具

なにそれ〜アソシエも2本目
アソシエも2本目 日経ビジネス[ アソシエ ] 11月号付録万年筆。カエルクリップにカラストンビニブと、つっこみどころ多しな2013年版に比べれば、一風変わったデザインながらシックな印象。色はメタリックネイビー。ニブはありがちなな ... » more
テーマ おまけ 万年筆

同じものを何度も買う(Lady 45) 「Parker Lady 45」。今度はAzure Blue(空色)、細字。2本見比べてわかったことは、軟質に見える天冠のプラパーツが例外なく欠けやすい、ということと、胴軸内のインナーキャップ様のパーツ(キャップではないが)がぐ ... » more

エンパイアステートビルにキングコングが登ってたころ でかいボトムキャップがやけに気になる「Stratford」の万年筆。以前紹介した右のプラナリアともども、装飾云々ではなく、デザイン感覚が根っこから違うようだ。Salz Brothersの時代から、ネバーランドの住人が経営していたに違いな ... » more

簡単ペンケース自作 自宅〜職場の移動時は、ロールペンケースを使っています。無印ヌメ革ロールペンケース(廃番)です。職場に着くと、ロールペンケースから普段使いのペンを出します。定番3本程。職場のフロア間の移動の時は、ペンを裸で持ち歩い ... » more
テーマ 万年筆 文房具

なにそれ〜ヴィクトリアンな風景
ヴィクトリアンな風景 「リトラクタブルなペン」。形と構造は19世紀末風ですが…(5cm)「STERLING」って表記はありなの?まあ、かわいいからどうでも…先端を引っぱって伸ばし…(9cm)ポッチをスライドすると… ... » more

なにそれ〜Tochter des Diplomaten
Tochter des Diplomaten 「Diplomat」の樹脂製細軸万年筆。製造年代不明(7〜80年代?)。ドイツのディプロマット社は1922年創業の筆記具メーカーで、高品質な製品作りと進取の気風によってリーディングメーカーとしての地位を得、1950年代のボールペ ... » more

庭には苺 わたしのマリンカ この万年筆かわいいな〜ほしいな〜って、ずいぶん前に思っていた時期があって、でもこんなものだから状態いいものはそうそうなくて、そうこうしているうちにぱったり見なくなってしまいましたが、この度、やーっと手に入れましたぁ!な、なんと、元箱付き ... » more

なにそれ〜アニエスベー2本目
アニエスベー2本目 MonoMax10月号付録「アニエスベー ボヤージュ プレミアム万年筆」。インクカートリッジ2本付き。ボーダー柄のお洒落なデザイン。付録にゃ見えませんぜ。2013年版と並べてみる。太軸ですが、重さはどちらも30g。 ... » more
テーマ おまけ 万年筆

なにそれ〜Ein kleiner Nachtfuller
Ein kleiner Nachtfuller だから、タイトルはウムラウトできないんだってば…füllerね。「Montblanc Meisterstück 114 Mozart」。むろん、これがしたかっただけで…他意はないです。左「 ... » more

手帳と万年筆とあぶらとり紙 この度、手帳にあぶらとり紙を常備しました。何故?顔が脂症だから・・・という訳ではありません。(強く否定は出来ないですが・・・)手帳への筆記具としてボールペンを挿してはいますが、卓上で書く時は万年筆を常用してい ... » more
テーマ 万年筆 文房具

なにそれ〜お菓子の家
お菓子の家 「Campo Marzio Nya」。(にゃあ?)。カンポ・マルツィオのリングトップ万年筆。「Campo Marzio Design」ロゴ入りメタル。10.6cmとアガサより少し短く細い。パトリシアを髣髴とさせるごちゃごちゃ ... » more

古いMONTBLANC万年筆121発掘 暑くて万年筆まで溶けそうな猛暑が続いた関東地方。おそらく1970年前後で間違いないモンブランの万年筆121を見つけました。優夢の祖父が所有していたものと思われます。ペン先は750の刻印で18金。一度インク ... » more
テーマ 万年筆 文房具

採点用赤ペン 〜ペリカンM200 夏期講習会後の模試の採点用赤ペンとして,今回はペリカンM200を使ってみましただ。↓色は「グリーンマーブル」。廃番になっています。↓キャップの天冠は,くの字型の雛が二羽のタイプ。旧デザインです。↓ニブはスティ ... » more
テーマ 万年筆

万年筆の話10(ミニ檸檬) 引き出しの中から懐かしい万年筆が出てきました。ミニ檸檬あれ?ボケている・・・現在休刊中の小学館の月刊誌、ラピタの付録です。2005年11月号の付録なので、もう10年近く前なんですね。年間購読の ... » more
テーマ 万年筆 文房具

万年筆の話9(パイロット 万年筆組立教室 コンバーター) パイロット万年筆組み立て教室で作成した万年筆に、コンバーターを装着しました。コンバーターは、CON-50です。コンバーターを装着したお姿。お尻の方に空間が・・・ペリカンの赤インクを充填しました。しっか ... » more
テーマ 万年筆 文房具

夏色の文具 〜今年は「黄色」 夏期講習会が一段落つきましただ。(模試監督や採点は残っていますが)さて,講習会と同時に,文具を夏向けに変えました。去年のテーマカラーは「青」でしたが,今年は太陽やひまわりを連想させる「黄色」です。↓マルマン製のB5サイズ ... » more
テーマ 文具 万年筆

万年筆の話8(万年筆のボトルインク) 誰が言ったか知らないが〜〜なんとなく、Pで始まるメーカーのボトルインクの値段は安いじゃなかった、良心的な気がします。ペリカンパーカーパイロットプラチナという事で、ペリカンのボトルインクが並びます。 ... » more
テーマ 万年筆 文房具

万年筆の話7(開封の儀 アルスター万年筆 2015年限定色コッパーオレンジ) amazonさんは速いっす。銀座伊東屋で在庫なしを確認、その日の夕方注文し、翌日に到着しました。現時点で、送料無料&スピードを意識すると、ヨドバシにするかamazonにするかを悩みます。(値段しだいですかね・・・) ... » more

万年筆の話6(LAMY アルスター万年筆 2015年限定色コッパーオレンジ) 銀座伊東屋本店のリアル店舗では売り切れでした。伊東屋のネットショップでは、在庫有りとなっていましたが・・・書き味を確かめることが出来ないまま、ポチしました。LAMY ラミー アルスター 万年筆EF(極細字) コッパーオレ ... » more
テーマ 万年筆 文房具

なにそれ〜My Windy Tales
My Windy Tales 青空を流れゆく 大きな雲を見ていた・・・- YuU「風の詩」(作詞Satomi 作曲佐々木潤) -「Cath Kidston 空と雲と鳥の万年筆」。キャップを閉じた状態で12.8cm、ポストすれば14.5cm ... » more

なにそれ〜teikinなのに
teikinなのに teikinなのに付録じゃない。teikinなのに金ペンでもない。いつ帝国金ペンなんだろう。新しいものじゃなかろうし、3000円もするから金ペンなのかと思えば、「teikin」とジスマークしかない。引っこ抜いてみ ... » more

なにそれ〜Twin Pinks
Twin Pinks 「Pilot Short」のピンクが2本!最近びっくり値が付くショートですが、2本セットの割にはふつーの値で落札できた。このタイプはあまり好きじゃないのかな。同じピンクとはいえ、「Pilot」の位置がクリップとキャップリップと違 ... » more

なにそれ〜Mr.Beans
Mr.Beans 左から、うずら豆、黒豆、うぐいす豆。なんぞではもちろんなく…ジャン、エボナイトの太ペンでした〜。しかし、個体差激しいなあ。長さも微妙に違うし、ペン先の刻印も1本だけ違う。にしても、「PLATINUM TIPPED」っ ... » more

なにそれ〜とんぼだまのような
とんぼだまのような 待ち遠しかったよお〜「趣味の文具箱」でも紹介されていた(らしい…読んでない)諏訪匠さんの手になる「helico スュクル happy go lucky」。ああ、なんて美しいのだろう。9cm。ペン先はシュミットのF。 ... » more

Old Black Long-Caps (いつだってガラパゴス!) 「プラチナポケット22K」。今さらですが、やっと手に入れたよ〜。60〜70年代、テレビでも盛んに宣伝され各社しのぎを削る、万年筆といえばこの形しか思い浮かばない、そんな時代がありました。世界を見渡せば、「コンパクトサイズは女性用 ... » more

 

最終更新日: 2017/01/10 17:00

「万年筆」のブログ関連商品

» 「万年筆」のブログレビュー をもっと探す

「万年筆」ブログのユーザランキング

GOING SOLO 2 位.
GOING SOLO

テーマのトップに戻る