誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    システム開発

システム開発

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「システム開発」のブログを一覧表示!「システム開発」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「システム開発」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「システム開発」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

第6章クリスタル方法論6.1クリスタルファミリー複数の方法論が必要だということに対しては、以下のような2つの反応が考えられる。(1)方法論の部品キットを作成し、プロジェクトチームが自分たちのプロジェクト用に組み立てる ... » more

4.5なぜ方法論か4.5.1方法論が解決する問題1.新しいチームメンバへのプロセスの説明に利用できる2.メンバの交代時利用できる3.責任の描写4.スポンサーの感心プロセスは異なるにしても、マニュアルは契約を勝 ... » more

原則の結果(続きです)結果4:プロジェクトが異なれば、必要とされる方法論も異なる結果5:行きずまるまでは、軽量級の方法論がよい結果6:方法論は状況にあわせて拡張可能であるべき今回は、ここまでです。 ... » more

(続きです)原則の結果結果1:プロジェクトへの人員追加は、コストがかかる。結果2:チームのサイズが飛躍脇に大きくなる人を追加する効果と方法論の負荷が増す効果が重なると、「数人」の人員追加は期待するほど効果は出ない ... » more

4.3.47つの原則方法論の設計、評価に役立つ7つの原則(1)インタラクティブな直接対話によるコミュニケーションは、情報交換の最も安価で高速なチャネルである(2)方法論の余分な重量にはコストがかかる(3)大きなチームは重 ... » more

(続きです)4.3.2方法論的に成功したプロジェクト「方法論的に成功したプロジェクト」には、3つの基準がある。(1)プロジェクトの納品、納期、予算ではなく、ソフトウェアの出荷と利用について尋ねる。(2)無傷の ... » more

(続きです)4.3方法論の設計原則4.3.1共通の設計エラー(1)すべてのプロジェクトに同じ1つのサイズ(2)低い寛容度(3)重量多くの成果物を伴う重量級の方法論の方がプロジェクトにとっては「 ... » more

4.2.4スコープ(続きです)方法論のスコープは「プロジェクトライフサイクルのカバー範囲」「役割のカバー範囲」「アクティビティのカバ範囲」の3つの軸で特徴付けられている。・ライフサイクルのカバー範囲は、プロジェクトライフ ... » more

(続きです)4.2.1構造用語現在の方法論は、次の要素からなる。(7)成果物(8)マイルストン進捗または完了の目的となるイベント(9)規律チームが特定のツール、成果物、決定方針に対して採用する慣習 ... » more

4.2.1構造用語現在の方法論は、次の要素からなる。(4)テクニックタスクの達成のために使用する特定の手続き。個人に適用するテクニック(ユースケース作成、クラス設計)もあれば、グループに適用されるテクニック(レビュ等 ... » more

前回の続きです。4.2方法論の概念4.2.1構造用語現在の方法論は、次の要素からなる。(1)役割誰を雇うのか、何のために雇うのか、どのようなスキルが必要なのか今回は、ここまでです。 ... » more

システム開発の「方法論」ってなんだろう・・・。まず、『アジャイルソフトウェア開発』で、勉強してみたいと思います。概略を、まとめてみます。誤解などがありましても、ご了承ください。第4章方法論4.1ソフトウェ ... » more

オブジェクト指向入門 第2版 方法論・実践 待ちに待っていた書籍がようやく発売。前半部分から約1年半待つのは長かった。。。しかし、これで来月の遊びのネタが一つ増えました。オブジェクト指向入門 第2版 方法論・実践 (IT Architects’Archive CLAS ... » more
テーマ システム開発

愛知県から東京に帰ってきたら、覚えのないAmazonの箱が机の上に。なんじゃろな?と思って開封したら、半年以上前に頼んだ洋書でした。ずっと発売日が延びていたらしいですが、ようやく発売されていたのですね。ちなみに、これです。 ... » more

WanderingProgrammerVisualStudio2008事始め
をいじり始めてみる。言語はC#。C#3.0になって色々と機能が増加しているようだが、まずはIDEに慣れる為にちまちまとWindowsアプリを作成し始める。フォームデザイナが結構便利になっていてびっくり。思えばまともにVS使っ ... » more

一々接続し直すのが面倒だという理由で、HHKPro2墨を購入。HHKPro1と多少打鍵感が違う様な感じがするものの、これはこれで快適。しかし、黒に黒でキートップ印刷されていても殆ど意味はないな。どうせ見ないから問題はないんだけど ... » more

WanderingProgrammerアルタナの神兵
登録サーバ障害で一日経過した今もレジストレーション出来ず。負荷がかなりかかるって大変なのは理解出来るが、この長時間停止はどうにかならんもんか。。。っていうか、基本設計から間違えてんじゃねーの?とか思ってしまう。まぁ、ゲームな ... » more

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何かエリヤフ ゴールドラットダイヤモンド社(2001-05-18)定価 ¥ 1,680Powered By Bookshelf Application ... » more

デッドライン―ソフト開発を成功に導く101の法則トム デマルコ日経BP社(1999-03)定価 ¥ 2,310Powered By Bookshelf Applicationいや〜うらやましい話ですな。 ... » more

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?エリヤフ ゴールドラット 三本木 亮ダイヤモンド社(2003-10-31)定価 ¥ 1,680Powered By Bookshelf Application ... » more

熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理トム・デマルコ ティモシー・リスター 伊豆原 弓日経BP社(2003-12-23)定価 ¥ 2,310Powered By Bookshelf Application ... » more

間違いだらけのシステム開発 (システム開発新時代)翔泳社(2006-08-10)定価 ¥ 2,079Powered By Bookshelf Application ... » more

IT失敗学の研究―30のプロジェクト破綻例に学ぶ不条理なコンピュータ研究会日経BP社(2006-02)定価 ¥ 1,890Powered By Bookshelf Application ... » more

「ソフト屋の経営について考える:その1」についてソフト屋の売り物は何か?当然ソフトウェアであり、システムである。ではソフトウェアはどうやって作られているのか?プロセス?ソフトウェア工学?ツール?フレームワ ... » more

システム障害はなぜ起きたか~みずほの教訓日経BP出版センター(2002-06-03)定価 ¥ 1,470Powered By Bookshelf Application ... » more

権限のあるユーザでpostsuper -d ALLゴミメールをばらまかない様にしましょう。 ... » more

イーモバイルや光回線の普及で、そっちの波に乗っていく人は確かにどんどん増えていてきるが、ほとんどの人は立ち遅れた業界やあるいは、既存のビジネスの中に生きている。やっぱりどの業界にいても、次の方向性を見出すというのはすごく ... » more
テーマ システム開発

受託系ソフトハウスならば、実際の案件受注の間に谷間があるのは良くあること。そういった現実認識無しに稼働率100%を前提として予算を組んだりするれば、当然間のアイドル部分のコストはどこかに上乗せされて競争力を下げたり、赤字分となったりして ... » more

なんてタイトルを付けてみましたが。最近お手伝いしているプロジェクト達でキーワードに上がるのが「自動化」や「省力化」。ナイトリービルドなんぞに始まって、自動テスト生成や実行など、色々な物を評価したり使ったりしています。その ... » more

「接続数の上限に達しています。」こんな冷たいWindowsサーバからのメッセージ。ここは無理矢理コンソールで入ってしまえファイル名を指定して実行よりmstsc.exe /consoleでリモートデスクトップ接続を ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 10:29

「システム開発」のブログ関連商品

» 「システム開発」のブログレビュー をもっと探す

「システム開発」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る