誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    佐野和真

佐野和真

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「佐野和真」のブログを一覧表示!「佐野和真」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「佐野和真」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「佐野和真」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ガチバン アルティメイタム2!! ガチバン アルティメイタム2発売日: 2011年11月2日 希望小売価格: 3,990円→ 販売価格: 3,072円 【23%OFF】 【初回特典】「ハピネット・オンライン限定特典プリント ... » more

ガチバン アルティメイタム!! ガチバン アルティメイタム発売日: 2011年11月2日 希望小売価格: 3,990円→ 販売価格: 3,072円 【23%OFF】 【初回特典】「ハピネット・オンライン限定特典プリントサ ... » more

佐野和真が謝罪  北乃きいと“お泊まり”報道 7月9日発売の写真誌で女優北乃きい(19)とのお泊まりデートが報じられた俳優佐野和真(21)が、交際発覚後、初めてコメントを8日付の公式ブログに掲載した。「お久しぶりです!」という題名で「皆様お騒がせしてすみませんでした」と謝罪した ... » more

写真週刊誌にイケメン俳優の佐野和真(21)との“路チューお泊まり愛”を激写された女優の北乃きい(19)が15日、報道以来初めて自身のブログを更新し「ご迷惑おかけしたこと本当に申し訳なく思っております」とファンに向け謝罪。「今後はけじめをつけ ... » more

キーワードを解く2010/07/10
2010/07/10 BIGLOBEサーチ 旬感ランキング1位佐野和真 2位北乃きい北乃きい&佐野和真、渋谷で路チュー乃きいお泊り愛!!濡れ髪で路チュー 銀次郎運営HP・ブログ一覧城陽人 ... » more

北乃きいと渋谷でチューしてた佐野和真って誰? 女優・北乃きい(19)の“路チューお泊まりデート”を9日発売の写真週刊誌「フライデー」が報じている。同誌では、2人が渋谷のシティーホテルに1泊、翌日デートを楽しむ途中、路上でキスする写真などを掲載している。気になるお相手は俳優・佐野和真(2 ... » more

昨夜、3/10(水)23:58〜放送の日テレ系の『カートゥンKAT-TUN!』に、映画『音楽人』の主演で、水野詩音役の桐谷美玲さんがゲスト出演しまして、テレビで、映画『音楽人』映像が初めて流れました。そしてー。 ... » more

こちら、映画『音楽人』の原作の森綾著のフォトブログ小説『音楽人1988』のサイトなのですが、こちらをお借りしまして、映画『音楽人』公式ブログのウェブリブログ版を開始したいと思います。更新するのは、映画『音楽人』 プロデューサー2号の ... » more

音楽人が佐野和真さん・桐谷美玲さんダブル主演で、映画化されることになりました! こちらで昨年、連載していた森綾著『音楽人1988』とBooksLegimoで連載していたERINA著『音楽人2008』の二つの原作をもとにしたオリジナル脚本の映画『音楽人』が佐野和真さん・桐谷美玲さんダブル主演で、映画化されることが発表され ... » more

詩夫は「たぶんここじゃないかな」と、扉を示した。今日は大きなスタジオで練習しているらしい。扉を少し開け、藍はなかをのぞいた。蒼に気づかれないように。しかしその背中で「あっ」と小さく叫んだのは詩夫だった。「 ... » more

〔59〕再会 翌朝、藍はいつもどおり陽一郎と蒼のためにパンを焼いた。「蒼、今日も遅いの?」「しばらくマジで練習かな」蒼はケータイを見ながら答えた。「ふうん。マジでねえ」二人を見送ると、藍は気合を入れて化粧をした。 ... » more

藍はソファに横になった。目を閉じた。この間は、蒼によけいなことを言ってしまった。「好きだった人」…「ギターを作ってた人」。詩夫のことだ。別に詩夫と何かあったわけでもない。何かあったわけでも ... » more

ポメラニアンのレオが走りよってきた。藍は革のバブーシュの先でちょっといじわるをしたが、すぐに抱き上げた。「もう20年だって」レオに話しかけ、20年前のことを思い出す。デビューが決まってからは、短大の卒業準備とも並 ... » more

藍が体の異変に気づいたのは、高田馬場からの帰り道だった。電車のなかで吐き気がした。あわてて途中下車した。ひょっとして…という気持ちは、次の日、町の産婦人科の医者が明らかにしてくれた。「2ヶ月ですね」「あの ... » more

〔55〕Sing and Run 久しぶりに来る高田馬場は、大学1年生と見られる若者たちがいっぱいいた。藍はスキップしそうに駅の反対側、さかえ通りを歩いた。神田川までくると、懐かしく思った。ついこの間見た景色だけれど。ここ1ヶ月半くらいの間に ... » more

陽一郎は人事異動で編成部に配属された。それはけっして左遷ではなかった。編成部は局の脳の中枢のような部署だ。そこに配属されることは会社側が各務陽一郎を買っていることの表れのようにも見えた。つまり種田のスキャンダルと各務陽一郎と ... » more

〔53〕つないだ手と手 「ああ、おなかすいた」明け方、少しまどろんだ後に藍はつぶやいた。陽一郎も眠りは浅かったようだった。片目をうっすら開けると、鎖骨の上に載っていた藍の顔を覗き込んだ。「カップラーメンしかない」「それでいいよ」「一 ... » more

〔52〕したことのないキス 陽一郎は両手に白いビニール袋を下げて帰ってきた。中身はチューハイやビールだった。しかもすでにややふらついていた。行ったことのない新宿の立ち飲みバーでメーカーズマークをロックで4杯飲んだ後だった。 それでも ... » more

〔51〕コンクリートの上で 藍は路面電車の駅まで走った。電車を乗り継ぎ、表参道で降りた。そこから西麻布まで、また走った。イッセイ・ミヤケの前から根津美術館の脇を抜ける。陽一郎のマンションまでは坂道だ。坂道をくだった右側にある、白いマ ... » more

久しぶりにギターを触り始めた藍は、日曜日もずっと曲を練っていた。月曜からは学校が始まるので、夕方まで触れない。そう思うと、初めてギターを手にしたときのように、夢中になって弾いた。「スターさん、お電話よう」いつのまに部 ... » more

陽一郎はしばらくぼう然としていたが、受話器を取り直した。そしてチノパンのポケットから小さなアドレス帳を取り出すと、番号をプッシュした。2コールで女が出た。「もしもし水野です」「各務と申しますが、詩夫さんはいますか ... » more

〔48〕スキャンダル 煙草の吸殻がアルミの灰皿からあふれていた。飲みかけの缶コーヒーは床に置かれたままだ。日曜日も陽一郎は出社していた。正確に言えば、VTR部分のライブを編集するのに、昨日の夜から徹夜だった。藍に電話をしようと ... » more

家につくやいなや、藍はバスタオルよりも先にギターを手にした。チューニングし、コードを探した。近くにあったノートをちぎり、生まれたての詞を書き込む。「Callmynameぼくの名前をCallmyna ... » more

人の波に押し出されるように、藍と詩夫は出口の近くまで来ていた。「ほんとに会っていかなくていいの、あゆみさんに」「ああ。いいんだよ」詩夫は照れくさそうに言った。「オレ、そういうの、苦手なんだ」藍はその横顔をじっ ... » more

三軒茶屋は昔っぽい町だった。商店街や飲食店街がいくつかある。どう見てもさびれた小さなアーケードもある。うなぎ屋。豆腐屋。ケーキ屋。アウトレットショップ。懐かしいものと今っぽいものが混在する。人が人の顔を見ても ... » more

〔44〕恋に似た思い それから数日の間に何度か陽一郎からの電話があった。藍は居留守を使った。「ワダエツが来週Kレコードのプロデューサーとの顔合わせをセッティングしたいと言ってるんですけど」その留守電のメッセージにも、折り返し電話をかけ直さなかった。 ... » more

〔43〕幸枝の願い 藍の新しいギターはだんだんとその形になっていっていた。「早いねー、詩夫ちゃん。いつ作ってんのよ」げた顔のクラスメイトに声をかけられても、詩夫はギターとやすりから目を離さない。今度はいきなり肩に寄りかかられて、詩夫はむ ... » more

〔42〕THEギョーカイの人々 陽一郎は後悔していた。泣いている藍を引き止められなかったことを。恨めしげに、ぎっしり書き込んだ手帳を見た。Fレコードでもらった手帳は朝の9時から夜10時まで書き込める。30分おきのアポイントもある。今日も笠原 ... » more

〔41〕伝えたい歌 二人は高田馬場の駅の早稲田側にある、古いジャズ・バーに入っていった。詩夫はこの店でバイトしているらしい。重たいガラスの扉を開けると、少しカビくさいような匂いと一緒に、曲がこぼれてきた。JBLのスピーカーから低く流れる ... » more

〔40〕たった一つの居場所 藍は走った。泣きながら、走った。いったい自分がどこへ行こうとしているのか、わからないままに走った。人のいないほうへ走ると、六本木の駅と反対の方向だった。タクシーに手を挙げると、藍は行き先を告げた。「高田馬 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 10:12

「佐野和真」のブログ関連商品

» 「佐野和真」のブログレビュー をもっと探す

「佐野和真」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る