誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小泉八雲

小泉八雲

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「小泉八雲」のブログを一覧表示!「小泉八雲」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「小泉八雲」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「小泉八雲」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

◆きょうは『八雲忌』ラフカディオ・ハーンの命日です。今日9月26日は、『雪女』『耳なし芳一のはなし』『むじな』などの作者、ラフカディオ・ハーン、小泉八雲が亡くなった日です。日露戦争の始まる一年前の1903年の今日、東京の自宅 ... » more
テーマ 周易ごよみ 日本瞥見記 小泉八雲

A Day in the Life草ひばり(小泉八雲)
小泉八雲(以下,本名のラフカディオ・ハーンとする)は,多くの日本人が知るところの人物だろう.ギリシャに生まれ,さまざまな国を経た後,明治のころ日本に帰化し,日本の民話や特に怪談を蒐集して外国に紹介した.日本の長い歴史に基づく伝統や文化をこよ ... » more
テーマ 人生 小泉八雲

「怪談四代記 八雲のいたずら」小泉凡著(講談社 1,728円税込) 「怪談四代記八雲のいたずら」小泉凡著(講談社1,728円税込)日刊ゲンダイ2014年8月29日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/152931「怪談四代 ... » more

こんにちは^L^きょうは月遅れの「地蔵盆」です、わが町北摂池田では「がんがら祭り」といって江戸時代から続く愛宕神社の火祭りでもあります。ちょうど二十四節気の「処暑」に入ったばかりで、朝夕は秋の気配を感じる季節になります。むかしの人は ... » more
テーマ 周易ごよみ 小泉八雲 地蔵尊

金魚葉椿や ・・・ 小泉八雲 !? 梅の咲き始めた、2月4日の長谷寺で、月に一度の写経をしてきました。こんなに寒いのに、咲く花はたくさんあります。万作。ボケ。素心蝋梅(そしんろうばい)。日本水仙。 ... » more
テーマ 写経 小泉八雲

切手と文学小泉八雲と「かきつばた」
小泉八雲と「かきつばた」 前回、小泉八雲没後100年にあわせて発行された文化人切手を紹介しましたが、今回は、同じく没後100年を記念して使われた小型印を紹介しましょう。これは、八雲が暮らした松江で、平成16年に使われていた小型印です。小型印の日付「9 ... » more
テーマ 切手 ラフカディオ・ハーン 小泉八雲

切手と文学小泉八雲展を見てきました
小泉八雲展を見てきました 神奈川近代文学館で開催中の「小泉八雲展」を見てきました。八雲の生誕からアメリカの新聞記者時代、日本への渡航、松江、熊本、そして東京時代まで、直筆資料や著作、ゆかりの人物の紹介などを含め、充実した内容でした。八雲は一時期、東京 ... » more
テーマ 切手 ラフカディオ・ハーン 小泉八雲

小泉八雲記念公園 新宿から新大久保に向かって歩いていたらトイレに行きたくなり(^u^)歩いていたら小泉八雲記念公園を発見(@_@) ... » more

今日9月26日は、『雪女』『耳なし芳一のはなし』『むじな』などの作者、ラフカディオ・ハーン、小泉八雲が亡くなった日です。日露戦争の始まる一年前の1903年の今日、東京の自宅で亡くなったそうです。享年54歳。最近、彼の ... » more
テーマ 日本人の微笑 周易ごよみ 小泉八雲

切手と文学文学テーマのエコーはがき
文学テーマのエコーはがき 日本切手に取り上げられた作家は、決して多くありません。諸外国では、かなりマイナーな作家も切手になっていることがありますが、日本は比較的、作家の肖像切手は少ないように思われます。ところで、エコーはがき(広告付きはがき)に目を向けてみる ... » more

きょう9月26日は八雲忌、『怪談』を書いた小泉八雲の亡くなった日です 今日9月26日は、『雪女』『耳なし芳一のはなし』『むじな』などの作者、ラフカディオ・ハーン、小泉八雲が亡くなった日です。日露戦争の始まる一年前の1903年の今日、東京の自宅で亡くなったそうです。享年54歳。最近、彼の ... » more
テーマ 周易ごよみ 随筆 小泉八雲

きょうは地蔵盆子供たちのお盆です。 幼くして亡くなった子供達が、嘆き悲しむ親達を慰めようと、賽 の河原で石積みをする。鬼が出てきてその石積みを壊すのです。それを見 て地蔵菩薩が鬼を退治する。小泉八雲の『日本瞥見記』のなか ... » more

昔は名を馳せた武芸者だったけど様々な事情から雲水に身を落とした夢窓国師が遭遇した不思議な物語です。あらすじ旅の途中で道に迷い山奥でようやく見つけた草庵の住職にはすげなく「泊めてあげないよ〜ン!」と断られ仕方なく教えてもらった ... » more

あらすじ昔京の近くの愛宕山にある寺で読経と瞑想で修行を積んだ徳の高い僧侶が居ました。人里離れた寂しい場所にある山寺に出入りする猟師は或る時僧侶から不思議な話を聞かされた。何と普賢菩薩が毎夜寺に現れるというしかも僧侶だけで ... » more

小泉八雲は明治政府が富国強兵策の一貫としての欧米化教育を進めるために雇われた所謂お抱え外国人の一人です。私が始めて彼の作品に触れたのは中学3年の時。英語の教科書に載っていた「mujina」(むじな)という小品です。 ... » more

これから本格的な夏を迎えようとしています。そこで古典的で粋な、夏のお洒落な過ごし方を書こうと思います。夏の縁側に座って蚊を団扇で叩きながら耳を傾けるゾッとするお話し・・・小学生の頃が懐かしい。ぼくが少年時代はこんな風景が町中いたるところにに ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 10:02

「小泉八雲」のブログ関連商品

» 「小泉八雲」のブログレビュー をもっと探す

「小泉八雲」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

小泉八雲集 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 小泉八雲集 (新潮文庫)
新潮社 小泉 八雲

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る