誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    二十四節気

二十四節気

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「二十四節気」のブログを一覧表示!「二十四節気」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「二十四節気」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「二十四節気」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

まさじの暦vernal equinox 春分
vernal equinox 春分 2017年は3月20日が春分。『暦便覧』には「日天の中を行て昼夜等分の時也」と記されている。関連春分@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E5 ... » more
テーマ 二十四節気

春分の初候“雀始巣(すずめはじめてすくう)”である。桜の開花は遅れるのだろうか……3月上旬から中旬にかけて、気温の低い日が続いたので、当初22、23日頃だった予想が、25日と修正されていた。いずれにしても、あと一週間 ... » more

まさじの暦Keichitsu 啓蟄
Keichitsu 啓蟄 2017年は3月5日が二十四節気の啓蟄(けいちつ)。大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ。『暦便覧』には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されている。関連啓蟄@Wiki ... » more
テーマ 二十四節気

啓蟄の初候“蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)”である。“体感的な冬”は、あと3週間くらいは続くだろうが、暦の春はずんずんと進んでいる。冬の留鳥も北へと帰っていく時節となり、人間もまた進級、進学、就職と移動する時が来 ... » more

まさじの暦Usui 雨水
Usui 雨水 2017年は2月18日が雨水。『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されている。関連雨水@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9 ... » more
テーマ 二十四節気

雨水の初候“土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)”である。立春が終わって節気は雨水へと移ってきた。先週末の東京は雪が舞ったり、氷点下の最低気温になったりと、冬まっただ中としか思えない日々である。同じ気温であって ... » more

まさじの暦Risshun 立春
Risshun 立春 2017年は2月4日が立春。春の初め。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。関連立春@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E6 ... » more
テーマ 二十四節気

立春の初候“東風解凍(はるかぜこおりをとく)”である。春が来た!とか諸手を挙げて喜んでいる人間などはいないと思うが、ちなみに一年前の東京の最高気温は9.5度、最低気温は1.1度である。まさに“春は名のみの……”なのだ。 ... » more

大寒の初候“款冬華(ふきのはなさく)”である。先回りするなら大寒の次は立春で、春近しということになるだろう。だが、残念ながら大寒から立春へと寒さはいよいよ厳しいものとなって我々を震え上がらせるのである。しかも、天気予 ... » more

小寒の初候“芹乃栄(せりすなわちさかう)”である。年明けて最初の候となった。この一年のヘッダーを付け替えなくてはならないが、二十四節気の始まりはそもそも立春からで、暦の一年とずれている。いずれはどこかで修正せねばと思っていた ... » more

冬至の初候“乃東生(なつかれくさしょうず)”である。冬至となった。この日、東京の日の出は6時46分、日没は16時32分である。何度も書いているように日没は10日前から遅くなり始めたが、日の出は1月上旬に向かって5分ほど早くな ... » more

大雪の初候“閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)”である。最低気温はすっかり一けた台に落ち着いた。結露防止の換気扇も毎夜回しているおかげで窓が濡れることもない。真冬の寒さとまではまだまだいかないけれど、一度でも厚めの冬服を ... » more

小雪の初候“虹蔵不見(にじかくれてみえず)”である。比較的穏やかな11月である。最低気温が5度台だった日は一日しかなく、最高気温20度台の日もあった。ちなみに木枯らし1号が吹いたのは9日のことである。徐々に少しずつ冬 ... » more

立冬の初候“山茶始開(つばきはじめてひらく)”である。半年前、5月立夏の何ともまぶしい頃に比べれば、明らかに光線の具合が“傾いている”と感じる。今日の日の出は6時8分、日の入は16時41分……17時前には暗くなってし ... » more

霜降の初候“霜始降(しもはじめてふる)”である。10月上旬は9月の長雨を引きずってしまったが、中旬半ばになって、青空が見えるようになってきた。いかにも秋の陽気が好ましい。そして秋たけなわとなった。我が家も先週あたりに半袖 ... » more

移話§鴻鴈来〜七十二候〜寒露 寒露の初候“鴻鴈来(こうがんきたる)”である。JR南武線へと乗り換える京王相模原線の駅舎の中でツバメが営巣していた。しかも器用なことに、カメラの上にというものなのである。8月初めのことだったが、巣からずいぶん大きくな ... » more

秋分の初候“雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)”である。秋の長雨のおかげもあって気温が低め傾向で推移している。この先に気温30度の日もという予想もあるが、比較的順調に秋へと移行しているような気はするのだけれど。 ... » more

白露の初候“草露白(くさのつゆしろし)”である。秋だ……残暑は厳しいけれど。3週間滞在していたドイツとオーストリアで涼しかったのは数日間で、残りは暑い暑いの日々なのだった。去年、6月末から7月にかけてミュンヘンに滞在して ... » more

移話§〜七十二候〜処暑 処暑の初候“綿柎開(わたのはなしべひらく)”である。処暑とは“朝夕は涼風が吹き始めて暑さが和らぐ”という時期のことであるが、さて実際はどうかということを去年8月の東京のアメダスで見てみよう……去年の処暑初侯は8月23日だった ... » more

立秋の初候“涼風至(すずかぜいたる)”である。毎年書いているような気がするのは、立秋の初候“涼風至”という、見事に逆撫でしてくれちゃっている名称ではありませんか。どこが涼しいんだよ、え?と思い切り突っ込みを入れまくるのも ... » more

季語は・・・大暑じっとして されどじわりの 大暑かな【去年の今日】歳話§初めての定年[5]定年退職って何だ ... » more

大暑の初候“桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)”である。大暑どころではなく、猛暑……いや、激暑!の真夏がやってきたよ。学校が夏休みに入ったから、日中に子供の姿を頻繁に見るようになった。彼らの若い内的エネルギーは暑さを跳 ... » more

小暑の初候“温風至(あつかぜいたる)”である。小暑だなどと、少々暑いなんてものではない(駄洒落)。既に暑さは、本格的ではないか。去年の今頃はミュンヘンに滞在していて、30度超の暑さに白目を出していたという強烈な記憶が ... » more
テーマ 七十二候 小暑 二十四節気

夏至の初候“乃東枯(なつかれくさかる)”である。夏至である。東京の日の入は19時ちょうどで、翌日からしばらくは、19時1分日の入なので、夏至の日の日没が一番遅いわけではない。日の出から日没まで、昼の時間は14時間35分だ ... » more

芒種の初候“蟷螂生(かまきりしょうず)”である。芒種三候が過ぎると夏至である。連日30度超えの真夏日が続いて、いよいよ年寄りにはきつい季節となる。日頃から水分摂取が肝腎だと言われてはいるものの、あまり飲み過ぎると、そ ... » more
テーマ 七十二候 芒種 二十四節気

小満の次候“紅花栄(べにばなさく)”である。5月も最後の候となった。我が家の周辺も梅や桃に始まり、コブシの白い花、満開の桜を経て、ハナミズキが咲きこぼれ、とうとうツツジの盛りも過ぎ往きぬである。一年の季節の営みも、あ ... » more

丹生川郷下村通信卯月十四夜月
卯月十四夜月 卯月十四夜月。珍しく二日続きで郷社参りができた。キツネが鳴いていた。今日も暑かった。旧卯月十四日晴れ小満万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る ... » more
テーマ 二十四節気

移話§蚕起食桑〜七十二候〜小満 小満の初候“蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)”である。時節柄と関係があるかどうか、詳しい理由はわからないが、我が家の周辺に冬の間はびこっていたカラスの姿をあまり見かけなくなった。多い時は目に見える範囲で20羽くらいが、 ... » more
テーマ 七十二候 小満 二十四節気

立夏の初候“蛙始鳴(かえるはじめてなく)”である。今日で世間のゴールデンウィークが終わる。ただ、明日6日は金曜日なので、休んでしまえという人も少なからずいるに違いない。仕事をしていた時、よほどのことがない限りは有休を消化する ... » more

穀雨の初候“葭始生(あしはじめてしょうず)”である。昼の明るいうちはそこそこの気温なのだが、陽が落ちると、まだまだ肌寒く感じるそんな4月の下旬である。で、そんなこんなしているうちにゴールデンウィークが間近くなってきた ... » more

 

最終更新日: 2017/03/21 14:29

「二十四節気」のブログ関連商品

» 「二十四節気」のブログレビュー をもっと探す

「二十四節気」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る