誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ヒガンバナ科

ヒガンバナ科

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ヒガンバナ科」のブログを一覧表示!「ヒガンバナ科」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ヒガンバナ科」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ヒガンバナ科」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

ミントのみんスイセンとカメ
スイセンとカメ 昨年友人から分けてもらった球根を鉢植えし、花を待ちました。3-4日前からこのスイセンが開花を始め、綺麗に咲いています。スイセンの分類には詳しくありませんが、副花冠(花弁の内側のもの)が花弁の1/3以上あるかどうかが1つの分け方と ... » more

ミントのみん清楚な、スノーフレーク
清楚な、スノーフレーク 少し前から咲いていたようなのですが、先日、強風のためにオベリスクを立てた大きな鉢をどけたら、お隣から境界を超えて、こんなかわいらしい花が顔を出してきていました。スノーフレークです。境界にあるベニカナメの細い幹が、左にうっすら見え ... » more

ミントのみん西洋スイセン
西洋スイセン 庭のヒヤシンスも咲き始め、チューリップも蕾が見えてきました。こちらは庭の西洋スイセンです。昨年は珍しくよく咲いてくれた西洋スイセンですが、今年は花付きがいま一つでした。でも花の直径が7-8cmあるため花に存在感があり、ほ ... » more

ステルンベルギア(黄花たますだれ) 宇治植物園でステルンベルギア(黄花たますだれ)を見つけました。ステルンベルギア(Sternbergia lutea)別名キバナタマスダレヒガンバナ科 ステルンベルギア属 秋植え球 ... » more

花と小鳥ヒガンバナ
ヒガンバナ ラッピングのリボンみたい彼岸花 (red) spider lilyヒガンバナ科 ヒガンバナ属 学名: Lycoris radiata (L’Hér.) Herb.別名: 曼珠 ... » more

ミントのみんフリル咲きのスイセン
フリル咲きのスイセン フリル咲きのスイセンがやっと咲きました。日本種のスイセンは寒い時期から咲きますが、西洋種は暖かくなってから、それも大きい花を付ける傾向があると思います。我が家は、どうもスイセンがうまくいかない庭なのですが、これはバッチリでした。 ... » more

葉見ず花見ず、ヒガンバナ ヒガンバナ、10月になってのアップになってしまいました。その花のイメージから、庭に植えるには少し勇気がいりましたが、いつもお世話になっているMおじさまが2年ほど前に分けてくださったので、それはもう、ありがたくいただきました。後ろ ... » more

緑のさんぽ道ヒガンバナ
幸手市の権現堂のヒガンバナです。2007.09.24 ... » more
テーマ 9月撮影の花 赤・ピンク色の花 ヒガンバナ科

緑のさんぽ道ヒガンバナ
ヒガンバナ科さくら堤公園にて ... » more
テーマ 9月撮影の花 赤・ピンク色の花 ヒガンバナ科

野の花便り一番かな?
一番かな? 彼岸花が一輪咲いていました。ヒガンバナ(彼岸花)ヒガンバナ科ヒガンバナ属Lycoris radiata ... » more

緑のさんぽ道ナツズイセン(夏水仙)
ナツズイセンヒガンバナ科花期・8〜9月2007.07.29 ... » more
テーマ 赤・ピンク色の花 7月撮影の花 ヒガンバナ科

雨上がりの花、ピンクのゼフィランサス 2年前に球根を植えたのに、去年ウンともスンとも言わなかったゼフィランサス(サフランモドキ)。ドロンしたかと思っていました。昨年出てこなかったのでがっかりしていたのですが、調べたら1年目はダメでも2年目、3年目には勢いが出てくると ... » more

野の花便りサフランモドキ
サフランモドキ 田んぼの土手にピンクの綺麗な花が咲いていました。北アメリカ原産とのことですが、着々と日本で野生化しているみたいです。写真を写していると地元の人が、綺麗な花だから土手に植えたら、どんどん広がってきたと教えてくれました。この花もヒガ ... » more

ミントのみん地植えの君子蘭の輝き
地植えの君子蘭の輝き 昨年の春、義父からもらった君子蘭を、その後思い切って地植えにしました。「枯れたっていいよ!」と言ってくれたし、やはり室内は置く場所がないので、迷った末、すべて庭に移植したのです。越冬できるのかどうか気にはなっていたのですが、君子 ... » more

咲いたら違う花?・・・・水仙 次々と手塩に育てた植物の花が咲き始め、記事のアップが間に合わず、うれしい悲鳴をあげています。我が家は水仙を日陰に植え込むせいか、花が咲かない水仙となるか、咲いてもとても遅くて、どこか苦手です。でも、今回は驚き。予定と違う花が ... » more

野の花便り水仙!
水仙! 水仙の開花が進んでいます。前に掲載した時から2つほど開花しましたよ!この水仙は花猫さんちでも咲いていましたね。この子は早咲きなんだけど、ちょっと出遅れました。ティタティタやティタテータ等々英語名をどうカタカナ表示 ... » more

野の花便り水仙の花
水仙の花 イッシーさんちの水仙の写真を見ていて、私も水仙を写していたことを思い出しました。なんか暗くなったな?とボツにしていましたが、今日は花の写真を写す時間がありませんでしたので、この子たちを表に出しておきます。イッシーさんの写真を見た後なので ... » more

野の花便りニホンスイセン
ニホンスイセン 待っていたスイセンがやっと咲き始めました。まだ咲き始めです。満開になる早春が楽しみです!我が家や近所で見ることができるスイセンはアルバムに入れています。ニホンスイセン(日本水仙・房咲水仙) Narci ... » more

香貫山の植物  ノダケ (番外編 ヒガンバナ)     香貫山の草花(その89)今日は今、香貫山に咲いているセリ科のノダケ(野竹)を綴る。資料には「セリ科の植物には白い花を咲かせるものが多い中,ノダケは黒紫色の小さな花を咲かせます。花全体の形はシシウド(猪独活)などと同じような形です。」 ... » more
テーマ セリ科 香貫山の植物 ヒガンバナ科  コメント(8)

香貫山の植物  ヒガンバナ     香貫山の草花(その82)秋のお彼岸に入り、香貫山にもヒガンバナ(彼岸花)が咲いている。今日はそのヒガンバナを綴る。(ヒガンバナ)名前の由来等は不要。香貫山に咲いている姿を以下に順次載せる事とする。先ずは五重塔がある香 ... » more
テーマ ウォーキング 香貫山の植物 ヒガンバナ科  コメント(8)

我入道の渡し      今日は曇り空で少し過ごし易かった。沼津御用邸公園にタカサゴユリが満開になったと、言う情報を聞き行く事とした。今日は土曜日で我入道(がにゅうどう)の渡しが運航されているので、それに乗って途中までそれで行く事とした。我入道の渡しには始めて乗る。 ... » more

香貫山の植物  キツネノカミソリ、ヤマニガナ    香貫山の草花(その45)《キツネノカミソリ》今日も暑い一日だった。昨日、香貫山でキツネノカミソリが咲いているのを見たので、今日はその撮影を主目的にウォーキングに出かけた。昨年見た所と同じ所だ。メインの登山道から分岐して沢沿いに登 ... » more
テーマ キク科 香貫山の植物 ヒガンバナ科  コメント(4)

激歩49 : 鈴蘭水仙 <スノーフレーク> ・街角の花園 Roadside Garden・リコリスさんのサマー・スノーフレーク・oldマザーのおしゃべりコーナーさんの 「サマー・スノーフレーク」について庭でスノーフレークが、咲いています。なんでも祖母が大事に育てていた ... » more

激走878 : のぞいてみたら...<スイセン> ・nobaraの散歩道・nobaraさんの八重咲き水仙(デュエット)・無名子のよしなしごと・無名子さんのデュエットカントリーロードさんの『水仙』のような写真を撮りたいと思って、のぞいてみたら....『なにか、違う ... » more

激走485 : ヒガンバナ いつも行く、花屋さんの近くの植え込みに、ヒガンバナが、ちょっとだけ咲いてました。あんまり記憶にないので、初めて見たかも。ナツズイセンと同じように、このあいだまで、なんにもなかったのに、突然咲いたよう。<ヒガン ... » more

激走477 : ちょっと、撮影中なんですけど...<タマスダレ> ・無名子のよしなしごと・無名子さんの両手を振って・花猫日記・花猫さんの玉簾(たますだれ)庭のタマスダレが、ようやく咲いた。ブログで咲いている姿を見て、うちのはいつ咲くのかと思っていたら、前ページのナツズイセン同様、いつの ... » more

激走475 : マジック!! ナツズイセン<夏水仙> ほんの数日通らなかった道の景色が変わってた!気が付いたのは昨夜。その道だけ、ピンクの花で、明るかった。<ヒガンバナ科>葉っぱはない。別名を、『マジックリリー』というそうだ。8月24日撮影 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/24 01:54

「ヒガンバナ科」のブログ関連商品

» 「ヒガンバナ科」のブログレビュー をもっと探す

「ヒガンバナ科」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る