誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    坂口安吾

坂口安吾

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「坂口安吾」のブログを一覧表示!「坂口安吾」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「坂口安吾」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「坂口安吾」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

堕落論 坂口安吾 半年のうちに世相は変った。醜しこの御楯みたてといでたつ我は。大君のへにこそ死なめかへりみはせじ。若者達は花と散ったが、同じ彼等が生き残って闇屋やみやとなる。ももとせの命ねがはじいつの日か御楯とゆかん ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 精神病・精神疾患の種類(分類)と症状 坂口安吾

先々週にエントリーした『物理学のための数学』で触れた「ブックオフで買った一冊」が、この『堕落論』。これで、某ライブに行く前に買った3冊、すべて読み終えました。某ライブへ行った後に立ち寄ったブックオフで買った1冊は、ほとんど手がつ ... » more
テーマ 坂口安吾

改憲反対なかにし礼氏「安倍首相は岸信介教の熱狂的信徒」(上)〔2014年5月3日掲載 日刊ゲンダイ〕 改憲反対なかにし礼氏「安倍首相は岸信介教の熱狂的信徒」(上)2014年5月3日 掲載http://gendai.net/articles/view/news/149977←最新作で真っ向反論/(C)日刊ゲンダ ... » more

世阿弥による謡曲(能)について、小林秀雄が論じた『当麻』というエッセイがあります。 その中に、有名になった小林秀雄による美の命題、<美しい花がある。「花」の美しさというようなものはない。>が登場します。 これは、美は ... » more
テーマ ブルーノタウト 坂口安吾 小林秀雄

大学のとき文学部の友人が卒論のテーマとして坂口安吾を選び,そのつきあいで,坂口安吾の小説はだいたい読んだと思う.しかし,今となっては,坂口安吾の有名ないくつかの作品について,ぼんやりと覚えている程度である.ところが最近,スマートフォンや i ... » more

坂口安吾って・・。 坂口安吾って、今の時代に生きていれば、テレビのパネラーなんかで活躍してるんじゃないの・・?勝谷さんみたいな感じで・・・。けっこうマシンガントークで、「たかじんのそこまで言って委員会」なんかに出てたりして・・。堕落論 ... » more

坂口安吾に学ぶコミュニケーション 夫婦は、愛し合うとともに憎しみ合う。かかる憎しみを恐れてはならぬ。正しく憎しみ合うがよく、鋭く対立するがよい。by 坂口安吾小説家として「堕落論」を発表。時代の象徴的な存在となった坂口安吾の言葉です。憎しみや対立もコ ... » more

「安吾 戦国痛快短編集」坂口安吾 PHP文庫 若気の至りというか、過ちというか、80年代の中頃、歴史小説に無闇に凝ったことがあった。実は読書を逃避行動にするという点では、《歴史小説》はミステリーやSFより遥かに毒性が強いのである。特に、司馬遼太郎の“毒”はきつい。歴史認識のかな ... » more

「私は海をだきしめていたい」 坂口安吾 『私はいつも神様の国へ行こうとしながら地獄の門を潜ってしまう人間だ。』小説はこの文章で始まります。さらにこのあとも観念的な文章がぐちゃぐちゃと続きます。小説の出だしとしてはどうかと思います。また、あまりにも観念が幅を利かせる ... » more
テーマ 文学 「一日一編短編小説を読むぞ」 坂口安吾

桜の下には・・・坂口安吾を読書中 「桜の樹の下には屍体が埋まっている」(by梶井基次郎)・・・なんて、桜が徐々に満開になっていく時期が来ますと、毎年こんな一文を思い浮かべてしまうワタクシでございます。写真は、一足先に満開になりました六義園の枝垂れ桜です。 ... » more
テーマ 日記 坂口安吾

左近法務事務所の歴史探訪二流の人
二流の人 坂口安吾は、その著書『二流の人』で黒田如水を書いていますね。------------------------------------如水は、豊臣秀吉の家臣で軍師として活躍した武将でした。その頭の切れ具合か ... » more
テーマ 黒田如水 水五則 坂口安吾

ネットを彷徨っていたら坂口安吾の「夜長姫と耳男」という本に出会った。こんな話らしい。兎の様な大耳と馬に似た顔を持つ飛騨のタクミの耳男は、夜長の長者の家に招かれ、はじめて美しい姫を見た。そして、長者から姫の守り本尊の仏像を刻むこと ... » more

花織ちゃぶ「クロハツ」について
「クロハツ」について坂口安吾の「ラムネ氏のこと」の中に、キノコに詳しいおじいさんのお話が出てきます。「このキノコは大丈夫」といつも他の人に教えていたのに、ある時しっかり当たってしまってとうとう亡くなってしまいます。ラムネの玉と、キノコ ... » more

「暗い青春・魔の退屈」坂口安吾著 自分がいちばん熱中して本を読んでいた学生の頃というのは、数えてみると、ひとむかしとかふたむかしとかの以前のことで、本棚の端から順に文庫本を挙げていくという徒然なWeblogを営んでみると、初読のときの印象とか感想とかほとんど憶えていなくて ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 07:30

楽天市場のおすすめ商品

「坂口安吾」のブログ関連商品

» 「坂口安吾」のブログレビュー をもっと探す

「坂口安吾」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る