誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    オカルト

オカルト

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「オカルト」のブログを一覧表示!「オカルト」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「オカルト」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「オカルト」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

黒猫ぴーちゃんの憂鬱不吉。
不吉。 黒猫に目の前を横切られたというか目の前をまたがれたというか…猫に、顔の上でくつろがれています。苦しい。 ... » more
テーマ オカルト

ミュージック・パワー アメリカのD.レイン医学博士は音楽の持つ治癒能力に着目し、オハイオ州クリーブランドの医療センターで長期にわたる音楽療法を実践した経歴を持ちます。「システムそのものは不明だがともかく“音楽”には痛みやストレス、 ... » more

「汝、姦淫するなかれ」。 「汝の名を告げよ。神の造りたまいし、この人間を苦しめる汝。イエスの名と力にかけて、名をなのれ。さあ!名前を!!」“イエス”“イエズス”“JESUS”これらを耳にするだけで極端に忌み嫌い、過剰な反応を示す悪 ... » more

しっぽ ふりふりエクソシズムの代償
エクソシズムの代償 被憑依者がエクソシズム(悪魔祓い)にかけられると激しい戦いが表面化する。それは主に、悪魔祓い師(エクソシスト)・被憑依者・憑依霊(悪魔・悪霊)の、悪魔祓い儀式における主役三者の間で繰り広げられる。(ア ... » more

しっぽ ふりふり誘惑に堕ちてゆく人々
誘惑に堕ちてゆく人々 “悪魔憑き”を題材にした映画や小説ではあまりにも有名な、W.フリードキン監督の「エクソシスト」をはじめ「エミリーローズ」「ポゼッション」「ポルターガイスト」等々がある。どの作品も皆、悪魔に憑かれるのが、少年少 ... » more

しっぽ ふりふりエクソシスト VS 悪魔
エクソシスト VS 悪魔 4世紀前後の太古から暗躍していた悪魔に憑依された心理学・物理学の権威であり超能力者でもあるカール.V.教授に行った、悪魔祓い儀式――― エクソシズムは、彼の生家の書斎で執り行われた。メンバーは、長年主任司 ... » more

しっぽ ふりふり人間と悪魔
人間と悪魔 伝統的なキリスト教において(ここでは主にカトリックとする)“超自然的”とは「神聖な」という意味、「神にかかわる」という意味である。従って、“超自然なもの”は創造されたもの――― 即ち、“人間や動物 ... » more

悪魔祓い師・運命の前兆 第二次世界大戦後の、1946年。H.F.神父は、占領下の日本へ施設付き司祭として志願し、向かう。その年の4月、京都の新しい施設に彼は身を落ち着けたがそこで彼は、仏教系の龍谷大学で教えているO氏と知り合いになり ... » more

二つの儀式を繋ぐもの 毎年5月満月の夜。チベットで行われるという、ラマ教の儀式がある。場所はヒマラヤ山脈、麓の谷間。祭りの夜は各地から続々と集まってきた聖者や高位のラマ僧や、その信者たちが五苞星の図形の中央に置かれた水 ... » more

霊界交信の道を拓いた男 ローマ法王ピオ12世がイタリアで二人の神父が「死者の声」を録音した実験結果を肯定してから7年後の、1959年。スウェーデンの著名な映画プロデューサーであったフリードリヒ・ユルゲンソンが、森の中で、小鳥の声 ... » more

法王が認めた「死者の声」 1952年のイタリア、とある教会でのこと。ヴァチカンの法王庁アカデミー学長・ジェメリ神父がグレゴリオ聖歌を録音していた時、不運なことに、録音機のワイアーが壊れてしまった。ああ何てこと。半ばまで終わって ... » more

しっぽ ふりふり後味悪いカラス事件
後味悪いカラス事件 サッカーで盛り上がっております昨今。TVの無い生活をおくること、経過して約3年たる海丈と致しましては単なるニュースの一記事として通り過ぎる、特に興味を引かれること無い話題と成り果てておりますが。(ついでにレンジも ... » more

しっぽ ふりふり音の波動効果
音の波動効果 音の波動 ―――これは主に、人間のオーラへと影響を与え効果は大きく、かつ、オーラを浄化または調整する・・・などの働きに貢献している。キリスト教の賛美歌は、元々、《オーラ層の浄化》を目的として作られ ... » more

しっぽ ふりふり小さな村の吸血鬼事件
小さな村の吸血鬼事件 セルビアのメドヴェギア村に住む人好きのする容貌も男前で評判が良かったアーノルド・パウルは兵役に出ていたギリシアから帰った1727年以降、陰鬱で暗い男になっていた。心配した妻が辛抱強く、夫の悩みを聞きだすとその内容 ... » more

言霊発動・三つの条件(その3) 「言葉」の成り立ちについては学問的・歴史的に、非常に込み入った議論がある。それはさておき、ともかく日本人は古来から「言葉」というものを神秘的に解釈してきた。だが厳密に言えば、これは日本国ばかりではなく、 ... » more

言霊発動・三つの条件(その2) 言霊とは、「言葉にこもる霊的な動き」。ただし、その働きは厳密には“アイウエオ”等の50音に由来するので言霊の本質とは「個々の音に秘められた霊妙な働き」―――、『音霊』の働きにあるとしたほうが正確で ... » more

しっぽ ふりふり「呪い」は臭かった
「呪い」は臭かった 世界的に有名で、一般大衆にも知られている「呪い」といえば・・・“ツタンカーメン王の呪い”。それは、1922年に発掘された、古代エジプトの少年王ツタンカーメンのミイラが大きな盗掘被害に遭っていない、ほぼ無傷 ... » more

目に見えぬ男(夢魔) アメリカ在住のミーカー夫人は、18歳の娘ドリーンと母娘二人だけで、つましいけれどお互い信頼しあいながら穏やかに毎日を暮らしていた。しかし、そんな日常がある日突然奪われる現象が起こった。ある晩、母であるミー ... » more

その4の続きになります。今日で完結にしたいと思っておりますが、なるべく詳しく当時の状況を再現したいと思っていますので、完結しなかった場合にはまた次回に続く事になります。宜しくお願いします。さて、次回の続きです ... » more

その3の続きです。パッと目の前から消えてしまった女の子。私はキョロキョロと周囲を見回しました。ほんの数十分前までは周辺に誰も人がいなかったのに、私の座っていたベンチから数メ−ル離れて、同じ並びに有るベンチに、いつ ... » more

しっぽ ふりふりブードゥとゾンビ
ブードゥとゾンビ ブードゥ教。簡単に言えばアフリカの祖先崇拝(祖霊信仰)をもとにする宗教であるがその成り立ちは、各国からハイチへ集められた黒人奴隷が脱出し、ハイチの山奥へ潜みながら独自の宗教として完成させたもの。自分達 ... » more

しっぽ ふりふりZombie目撃談
Zombie目撃談 1920年代、ハイチ沖ゴナベ島を旅行中だったアメリカの作家ウィリアム・B・シーブルックは広大な綿畑で働く奇妙な三人の男を目撃する。彼らが厳つい黒人女から鞭を受け、まるで牛馬のようにこき使われていたのを哀れに思い、 ... » more

しっぽ ふりふり寒村で起きた発火事件
寒村で起きた発火事件 2004年1月。イタリアはシチリア東北東部沿岸にある、わずか人口39人の小さな小さな村で恐怖の怪奇事件が突然、勃発した。カネート・ディ・カロニア村。そこの道路沿いに並ぶ20件ほどの戸建て住宅やアパート ... » more

しっぽ ふりふり簡易降霊術の危険性
簡易降霊術の危険性 日本のコックリさんや米国のウィッジャ板をはじめ、簡単に行える降霊術が、古い時代から世界には存在します。テーブル・タッピング降霊術を行うメンバー数人が、両手をテーブルに押し付けるようにして座る。霊が感応してくる ... » more

そー言えば今日だったっけ!?毎年恒例の年度末に開催されるJRグループのダイヤ改正は!そう!この年度末ダイヤ改正で必ずと言って良い程、かつてはけしからんゾクのクソガキ共に負けじとばかりに深夜の鉄路線を賑わせた20世紀産まれ ... » more
テーマ 鉄道 オカルト

http://bylines.news.yahoo.co.jp/sugieyuji/20140301-00033125/上記の半ば自棄気味な台詞!!!純粋な子供の頃はどんなにご機嫌斜めであっても雪は勘弁してくれの台詞が出てく ... » more
テーマ 近況etc オカルト

しっぽ ふりふり隠されたものの意
オカルト。ラテン語源から、「隠されたもの」「秘されたるもの」の意味。神秘。ギリシア語源から「人間の知恵では計り知れない不思議」の意味。目や耳、触感などの五感では認知することができない現象の ... » more

今度の週末はまたも大雪かい!!!(溜息) うーーーーーむ!!!今年の2月は何げに1月以上に冷え込む月って感じがするナアー!なんかもうある意味東京都西部(特に山沿い)の方が北海道以上に寒く感じる位だ!!!(何せ首都圏の暖房設備は北海道よりも徹底度が低いから・・・・・!) ... » more
テーマ オカルト

http://wwws.warnerbros.co.jp/buddha/http://www.buddha-anime.com/この前大雪降る中、何とか動いているドドメ色の中央線電車で久々に立川までアニメ映画を観て来たが・・ ... » more
テーマ 洋画 オカルト

大惨事の予感を得た人々 1966年10月21日、午前9時過ぎ。英国ウェールズにある炭鉱の村を、悲劇が襲いました。豪雨の二日後、アベルヴェン近くのボタ山が、突然崩壊しその土砂残害の流れは、勢いすさまじく村外れまで押し寄せ小学校一校 ... » more

 

最終更新日: 2017/10/17 13:42

「オカルト」のブログ関連商品

» 「オカルト」のブログレビュー をもっと探す

「オカルト」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る