誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    正岡子規

正岡子規

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「正岡子規」のブログを一覧表示!「正岡子規」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「正岡子規」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「正岡子規」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「アサガオや絵の具にじんで絵をなさず」 糸瓜忌・正岡子規の命日です  きょうは『糸瓜忌』正岡子規の命日です。久しぶりに『墨汁一滴』『仰臥満録』『病床六尺』を拾い読みしています。画像は『仰臥満録』のなかにあるアサガオの絵と俳句四句です:『朝皃ヤ絵ノ具ニジンデ絵ヲ成サズ』『朝顔ヤ絵 ... » more

『墨汁一滴』 中村不折君への餞【はなむけ】のことば こんにちは^L^ご機嫌いかがですか?きょうは4時半すぎに起床して、5時ちょうどに家を出て厄神さん、五社神社、付属のクヌギ坂を登り、プラタナスの並木道を下り、階段を登って図書館に5時35分に到着。図書館のうえの公園でヤマモモを ... » more
テーマ 中村不折 正岡子規 『墨汁一滴』

おはようございます^L^朝5時過ぎから厄神さん、五社神社にお参りして、いつもとは違うコースで散歩して来ました。途中、大きなアメリカンチェリーの木が数本植わっている庭があるので、大きなサクランボがなっているだろうと楽しみにして ... » more
テーマ 病床六尺 星亨 正岡子規

おはようございます。きょうは台風一過という感じゃなく、梅雨の蒸し暑さが窓から差し込んで来るようです。次に来ている台風5号の影響でしょう。5時過ぎから図書館まで本の返却に行って来ました。途中、並木のプラタナスの枝や葉が沢山 ... » more
テーマ 俳句 病床六尺 正岡子規

おはよう御座います。雨の朝です、5時起きで散歩をかねて図書館まで本を返しに行ってきました。周りの騒音がないので傘にあたる雨音にも微妙な変化があることが判りました。脚を運ぶときの雨音と着地するときの雨音とでは強さも間隔もまった ... » more
テーマ 俳句 墨汁一滴 正岡子規

おはよう御座います^L^こちらはドンヨリとした曇り空ですが、まだ雨は降りそうにありません。『病床六尺』の明治三十五年六月十二日の条には、明治の高等女学校の教科書に媚薬・秘具【大人のおもちゃ】を売っている『両国の四つ目屋』の記 ... » more
テーマ 病床六尺 原発 正岡子規

おはよう御座います^L^今日も気持ちのいい朝です、ご機嫌いかがですか。昨日から『芒種』、あと十五日ほどで一年でいちばん夜の時間が短い『夏至』です。『病床六尺』の子規は夏至前の短夜【みじかよ】を次のように書いています: ... » more
テーマ 金星太陽面通過 病床六尺 正岡子規

きょうは『病床六尺』の6月4日の記事「欧州に10年ほど居て帰国した人の話」です。明治35年の日本は、上流社会は腐敗していても下層社会は慥〔たしか〕だったそうです。○欧洲に十年ばかりも居て帰って来た人の話に今では世界中で日 ... » more
テーマ 黒田清輝 病床六尺 正岡子規

おはよう御座います。少しひんやりした朝です。まわりの緑が日ごとに濃くなっていきます。きょうは『病床六尺』の5月26日の条、正岡子規は病気のため一昨年以来どこへも外出していないので元気だったらチョッと見てみたいと思う物について ... » more
テーマ 周易ごよみ 病床六尺 正岡子規

きょうは、子規の『墨汁一滴』の5月25日の条、季語のあらわす季節が陽暦と陰暦で異なることについて:余は『春夏秋冬』を編むに当り四季の題を四季に分かつに困難せり。そは陽暦を用ゐる地方【または家】と陰暦を用ゐる地方【または家】と両様 ... » more
テーマ 俳句 墨汁一滴 正岡子規

明治34年のきょう、正岡子規は『墨汁一滴』のなかで次のように書いています:病床に寝て一人聞いて居ると、垣の外でよその細君の立話がおもしろい。あなたネ提灯【ちょうちん】を借りたら新しい蠟燭【ろうそく】をつけて返す ... » more
テーマ 俳句 周易ごよみ 正岡子規

松山の旅(4):子規堂と坊っちゃん列車 平成23年11月11日大街道から市電に乗り松山市駅に向かう。これまで市電と書いてきたが市営ではなく伊予鉄道が経営する路面電車である。車両は新旧とりまぜ、雑多な型が走っており、これはこれで見ていて楽しい。路線は松山城を取り囲む環状線が基本 ... » more

松山の旅(1):予讃線&子規記念館 JR予讃線に乗って平成23年11月10日、予讃線に乗り松山へ観光旅行をした。高松駅11:50発のいしづち13号は2両編成で、アンパンマン列車と称して、2両とも車体にアンパンマンの漫画が描かれている。特急列車でこのような車両に乗るのは初め ... » more

松山子規記念博物館のエコーはがき 正岡子規のふるさと松山には、子規の生涯をたどることができる子規記念博物館があります。今回は、この博物館をデザインしたエコーはがきを紹介しましょう。松山市立子規記念博物館は1981年4月2日に開館しましたが、エコーはがきの発行 ... » more
テーマ 松山 正岡子規 エコーはがき

切手と文学正岡子規と風呂吹き大根
正岡子規と風呂吹き大根 本日、9月19日は、歌人・俳人の正岡子規の命日です。子規がわずか34歳の短い生涯を終えたのは、1902年(明治35年)のことでした。子規は晩年、脊椎カリエスの激痛に耐えながら根岸にあった自宅で3年ほど寝たきりの生活を送りました。その自宅は震 ... » more
テーマ 風景印 子規庵 正岡子規

正岡子規(1867〜1902)が少年時代に自作した雑誌2冊が、9月19日の命日・糸瓜(へちま)忌にちなみ、1日から東京都台東区の子規庵(あん)で初公開される。1冊は子規が11歳で編集した「櫻亭(おうてい)雑誌第六号」。早熟な「少 ... » more

「漱石と文人たちの書画」展を見てきました 神奈川近代文学館で開催中の「漱石と文人たちの書画」展を見てきました。近代文学館の公式サイトはこちら。↓http://www.kanabun.or.jp/te0528.html下の画像は、チケットの半券。観覧料は4 ... » more

本日が梅雨明けとなりそう・・・ 昨日、空がみるみる間に真っ黒になり、大粒の雨が大地に叩きつけられるように降り出した。近所を流れる川は濁流をなし、怒り狂うような勢いで川岸にぶちあたる。梅雨明け時には、雷を伴う激しい風雨がつきものだとオジイが言っていたのを思い出す。そ ... » more

子規の俳句をあしらった小型印 東京中央郵便局では、毎月23日の「ふみの日」に、月がわりの小型印を使っていた時期がありました。昭和54年の5月23日に使われた「ふみの日」小型印には、昭和36年5月25日に発行された花シリーズの「ぼたん」10円切手とともに、正岡子規 ... » more
テーマ 小型印 正岡子規 ふみの日  トラックバック(1)

仰臥漫録 (その1) の続きのエントリである.だいぶ時間が経ってしまった.私の個人的な話になるのだが,いつも,仰臥漫録を読み終えてしばらくしてから心に残るのは,律という女性の存在なのである.それは,漱石の「坊っちゃん」を読み終えたと ... » more

正岡子規の作品が好きで,岩波文庫から出ているものはたいてい読んだように思う.中でも,「仰臥漫録」は,今まで繰り返し読んできた.この夏休みにも読み返し,思うところもあるので,ここにエントリにしてみたい.中途半端な長さになってしまったので,二つ ... » more

『柿くえば鐘が鳴るなり法隆寺』子規今日9月19日は『子規忌』・『糸瓜〔へちま〕忌』、明治35年(1902)の今日、正岡子規が東京根岸で35歳で亡くなりました。子規といえば糸瓜・鶏頭・柿を思い出します。とくに子規の ... » more
テーマ 俳句 周易ごよみ 正岡子規

切手と文学松山と正岡子規
松山と正岡子規 今日から二日間、横浜産貿ホール・マリネリア1階にて、サマーペックスが開催されます。http://yushu.or.jp/event/summerpex10/index.html昨年に引き続き、JUNEXの審査委員長を拝命した ... » more

松山の「愚陀仏庵」がもとあった場所 先日、土砂に流されて全壊した、松山の愚陀仏庵。ブログにも書きましたが、全壊したのは、もともとあった場所から少し離れた山の中腹に復元された建物でした。http://ikezawa.at.webry.info/201007/articl ... » more

切手と文学松山の愚陀仏庵が全壊
松山の愚陀仏庵が全壊 先日12日、松山にある「愚陀仏庵」が全壊したそうです。http://www.asahi.com/national/update/0712/OSK201007120156.html豪雨で裏山の土砂が崩れ、建物全体が流されたとか ... » more

大連  11 正岡子規の句碑 NHKドラマ「坂の上の雲」にも出ていた正岡子規が立ち寄ったらしい・・・正岡子規って、有名な俳人としか知らなかったけれど・・・ドラマでは志願していた。(香川輝之は、骨太の演技をする)意味はわからない・・・ ... » more

切手と文学陸羯南の年賀状
陸羯南の年賀状 あっという間に1月も終わってしまいました。年賀状の季節もすっかり過ぎてしまいましたが、今回は明治時代の年賀状を紹介したいと思います。これは、陸羯南(くがかつなん)が差し出した年賀状です。陸の本名は、陸實。明治時代に、新聞 ... » more

おお〜いおいおい、ひどいよ!のぼさ〜ん!しくしくしくしく。あ、失礼。今ちょっと、「坂の上の雲」繋がりで正岡・のぼさん・子規様の闘病日記「仰臥漫録」を拝見いたしまして、つい・・・だってひどいんですよお升さんたら!看病している妹 ... » more

『坂の上の雲』に登場した書簡(2) 先週の日曜から放映が始まったドラマ『坂の上の雲』。一昨日はその第二回目でした。学生時代の塩原金之助(夏目漱石)が登場し、正岡常規(子規)と寄席に通うエピソードなどが登場しました。さて、第一回目に登場する三通の書簡、その二つ目は、上京 ... » more

『坂の上の雲』に登場した書簡(1) 先日の日曜日から、NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の放映が始まりました。秋山兄弟とともに、香川照之扮する正岡子規が出演し、興味深く拝見しました。今晩が第二回の放送ですが、本ブログでは、前回のドラマに登場した手紙について、少し述べてみたい ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 04:58

「正岡子規」のブログ関連商品

» 「正岡子規」のブログレビュー をもっと探す

「正岡子規」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る