誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮本武蔵

宮本武蔵

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮本武蔵」のブログを一覧表示!「宮本武蔵」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮本武蔵」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮本武蔵」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

原作離れ (Different tastes) 井上雄彦先生、代表作である”バガボンド”を年内で完結させる意向を、ご自身のホームページで表明なさいました。連載が始まって、今年で12年。干支も一回りしたので、いい区切りになるということも仰っておられました。A cartoonis ... » more

こりすさん遭遇記 (I met Ms. Colis) これです。↓This is it. ↓筆者が厳島を訪れたのは、奉納演武会に参加するため。二天一流は毎年、参加していますが、筆者は今回、初参加でございます。日頃の鍛錬の成果を厳島の神、そして参拝者達に見てもらう ... » more

奈良の春日の青芝に (On grasses of Kasuga in Nara) (タイトルより続く)”腰を下ろせば、鹿のフン、フン、フン、フン、鹿のフン”という歌を昔、吉永小百合さんが歌っていたらしいのですが、タイトルがわからないので、アマゾンのアフェリが貼れません。というか、とっくに廃盤?(conti ... » more

桃源児の桃源郷日乗敗れたり (Lost)
敗れたり (Lost) 建て込んだ住宅街の中に埋没するようにある公園。もう一度、行けと言われても、場所が思い出せないかもしれません。まるで迷路。This park is in a residencial area. I couldn't get ... » more

最後のマンガ展 (The Last Manga Exhibition) 最近はあまり、漫画は読まないのですが、歴史物でいくつかチェックしている漫画があります。中でもやはり、気になるのは”バカボンド”吉川英治先生の”宮本武蔵”を原作にしながらも、最近は違った風になってきていますが、それも新たに派生した物語 ... » more

『宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-』のチラシ 『宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-(2009初夏公開)』チラシを見ると〜一瞬1色の濃淡ダケのモノに見えるが〜キャラの部分は銀色(シルバー)の濃淡で描かれてイ ... » more

広告 (Advertisement) 新選組斬歌の第二弾、赤い夜、連載中。第一回はこちらから、どうぞ。http://t-genji546.at.webry.info/200811/article_3.html読後、よいとお感じになりましたら、アルファポリスのバナーにクリ ... » more

野稽古 (Practice on Hiraodai) 北九州市小倉の市街地から車で約30分。高原があります。北九州国定公園平尾台です。カルスト台地と呼ばれる地形で、地面の彼方此方から、白い石灰岩が露出しています。白い岩が点在する光景が、羊の群れに見えるということから ... » more

それからの武蔵 (Where Musashi was after it?) 巌流島の決闘の後、宮本武蔵が何処へ行ったか、御存知でしょうか?舟で何処かへ去った?それはあくまでも、吉川英二先生の小説”宮本武蔵”での話ですね。実際には、武蔵は城に居ました。此処ではありません。これは当時の豊前の領主、細 ... » more

独行録 初めてのブログ
初めてブログを開設することにした。これから日々、身の回りに起こったよしなしごと、あるいは考えたこと気づいたことを少しずつ綴っていきたいと思う。タイトル、「独行録」について。「独行」という語は、宮本武蔵が死ぬ間際に書きのこした ... » more
テーマ 独行道 宮本武蔵  コメント(2)

スカルプチャーアーツ バガボンド 武蔵  予約受付中!! スカルプチャーアーツ バガボンド 武蔵販売価格: 16,999円(消費税込・送料別)週刊「モーニング」連載中の井上雄彦氏が描く「バガボンド」に登場する「宮本武蔵」をリアルなフィギュアとして造形化。 ... » more

武蔵塚公園 (Musashi-tsuka park) 遺言「世話になった細川家の行列を、せめて地下から見送りたい」その遺言に従って、武蔵は細川家の参勤交代の行列が通る大津街道沿いの地に、甲冑を着た姿で葬られました。それが武蔵塚。現在、その周囲は公園整備されています。以前の記事” ... » more

霊厳洞幻影 (Illusion in Reigando) ”随分、揺れるな”山道を走るバスの中で思った。熊本市街から金峰山方面へ向かうバスは、くねくねとした山道を走る。信号がまったくないので、時々、バス亭で留まるだけで走りっぱなし。それ故、余計に速く感じる。途中、夏目漱石の小説”草枕” ... » more

がっかり (I was disappointed) 静かな住宅街の中に、こじんまりした美術館があります。島田美術館。この美術館、宮本武蔵の遺品や遺墨を所蔵しています。それらを見るために、何度も来ています。暫く前まで、改装のために休館していました。リニューアル後、初めてやって来まし ... » more

武蔵と直木賞 (Musashi and Naoki prize) 厚遇加藤家は清正の子、忠広の代で改易となり、熊本から去りました。代わって、熊本城の主となったのは、細川忠利でした。忠利は、有名な剣豪を客分として熊本に招聘します。宮本武蔵です。熊本城が築かれる以前、すぐ近くの小丘に千葉城とい ... » more

宮本武蔵が佐々木小次郎と巌流島で戦った日。小次郎の刀はどのぐらい長かったの? ●●●●●★歴史★●問題:西暦1612年の今日、5月13日。旧暦では慶長17年4月13日。宮本武蔵(みやもとむさし)と佐々木小次郎(ささきこじろう)は、巌流島(がんりゅうじま)で果たし合いを行ないます。言い伝えによれば、宮本武蔵はわざと ... » more
テーマ 決闘 歴史 宮本武蔵

武蔵と手向山 (Musashi and Mt.Tamuke) 武蔵、小次郎祭りに行って来ました。小倉北区と門司区の境になっている手向山で年一回行われる祭りです。巌流島の決闘が行われたのは慶長十七年四月十三日。毎年、その日に近い日曜日に行われていますが、今年で58回目。今年は格別。何しろ、師事し ... » more

桃源児の桃源郷日乗Surprise!
Surprise! 先日、このブログに嬉しいコメントをいただきました。この写真に関することです。”武蔵と八大神社”という記事に載せていた写真です。宮本武蔵が決闘した時の、一乗寺下がり松の古木です。木の前に賽銭箱がありますが、その向かって ... » more

武蔵と八大神社 (Musashi and Hachidai shrine) 詩仙堂の横を通り、更に坂を登る。詩仙堂も見るべき価値がある建物なのですが、前に訪れたことがあるので、時間がないので今回は省略。坂の中腹辺りなのでしょうか?此処より先には行ったことがないので、わかりませんが、辿りつきました。八大神 ... » more

一乗寺下がり松 (Ichijoji-sagarimatsu pine tree) 宮本武蔵が、七十人とも言われる吉岡一門と決闘した場所です。実は何度も来ています。しかし、今回は格別。何しろ、二天一流の稽古に参加するようになったのですから。(巌流島渡航記でも同じようなこと書いたな)京都で、宮本武蔵は吉岡一門と三 ... » more

三日坊主になることなく、今もちゃんと二天一流の稽古に通っております。のめりこむと、とことんやる性分ですが、反対に興味ないことには洟も引っ掛けません。二天一流自体は凄く興味深く、やればやる程、面白くなってくるのですが、この季節、大きな ... » more

あなたは、2008年をどのように迎えましたか?筆者は年明けを二天一流の初稽古に参加して迎えました。流祖、宮本武蔵の碑前で稽古を奉納するという行事でした。また、先日、今年に入り、初の通常稽古に参加しました。今まで、兄弟子達に教わっ ... » more

巌流島渡航記 上陸 (Landing) 唐戸桟橋から波に揺られて約十分、到着しました。巌流島です。↑This is Ganryuujima island.↑”決闘の聖地”とも呼ばれているそうな。実は、この島で決闘したのは宮本武蔵と佐々木小次郎だけではありま ... » more

巌流島渡航記 (Trip to Ganryuujima island) 先日、巌流島ミステリーというテレビ番組が放送されました。赤井英和さん、山下慎二さんがナビゲーターとなり、巌流島の決闘の虚実を探るという趣向で、それぞれ宮本武蔵、佐々木小次郎に扮した赤井さんと山下さんがコミカルに決闘するシーンもあり。 ... » more

剣道でお世話になっている先生から,「五輪書」をお借りしました.寝る前に少しずつ読んでいます.剣道に限らず多くの武道家にインスピレーションを与えた名著ですね.この本は,剣で人を殺すためのノウハウ,戦で勝利するための理法を,余計な虚飾な ... » more
テーマ 五輪書 剣道 宮本武蔵

二天一流奉納演武 (The public practice of Nitenichiryuu) 毎年、11月若しくは12月に行われているという”宮本武蔵二天一流奉納演舞”へ行きました。小倉城で行われているのですが、今まで知りませんでした。11代目である岩見宗家が相伝して以来、行われている行事であり、誠心直道之碑の前にて、まずは ... » more

流れ行く雲のように宮本武蔵の思い出
「「第43回のスポットライト★「今日何読んだ?」」について」についてはじめまして。吉川版武蔵には少し思い出がありますのでブーメランを投げてみました。私がこれを読んだのは中学生時代。中学校で推薦図書100冊を読もうという目標があり、 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 12:41

「宮本武蔵」のブログ関連商品

» 「宮本武蔵」のブログレビュー をもっと探す

「宮本武蔵」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る