誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    脳科学

脳科学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「脳科学」のブログを一覧表示!「脳科学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「脳科学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「脳科学」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「ドーパミン」は快感を生み出す神経伝達物質です。一生懸命考えていた問題が解けたり、おいしいスイーツを食べている時、恋人と楽しい時間を過ごしている時、私たちの脳ではこのドーパミンが分泌されています。そして面白いのはココからです。人間の ... » more
テーマ 脳科学 ドーパミン

一生懸命考えていた問題がやっと解けた。ずっともやもやしていた仕事のアイデアがパッと思い浮かんだ。こんな時の喜びの感情をちょっと思い出してみてください。「やった、できた!」「あっ、このアイデアだよ!」こんな時、あなたの脳の ... » more
テーマ 脳科学 ドーパミン

今回に限り500名様限定で料金後払いの「30日間無料」お試しできるようになっています。どういうことかと言うと、購入者様にはまず、送料の550円だけお支払いいただき30日間で本が必要かどうか判断していただきます。 ... » more
テーマ ニューロマーケティング ロジャー・ドゥーリー 脳科学

『脳の科学史 フロイトから脳地図、MRIへ』小泉英明/著、角川SSC新書、価格:840円脳の科学史と記載されていることで、この書籍を脳科学の歴史やそれを調べるための機器などの発展などについての書籍と誤解されることが多いのではないでしょう ... » more
テーマ 紹介 お勧めの書籍 脳科学  コメント(1)

ソーシャルブレインズとは何か?2:脳の認知コストの削減と社会的制約に規定される人の行動 合理的に考えれば、先史時代の人類が営んでいた『社会的な集団生活』の繰り返しが、人間の脳の『ソーシャルブレインズ』の社会適応的(規範的)あるいは他者配慮的(共感的)な機能を強化していったと推測されます。ソーシャルブレインズが完全に機能停止して ... » more

脳神経科学の分野では、人間の脳を『自分だけで機能する個体の脳』ではなく『他者(社会環境)と相互作用する社会的な脳』として捉えるソーシャルブレイン(social brain)の考え方がでてきています。従来の脳(中枢神経)の科学的研究では、物理 ... » more

池谷裕二著『脳はなにかと言い訳する』を読む 脳ブームの火付け役と言えば、やはり養老猛司である。それに続くのが茂木健一郎そして池谷裕二であろう。番外には脳トレの高橋教授や元女性漫才師のサポートをする胡散臭いT氏がいる。養老猛司は元来解剖学者であり、池谷裕二も元来は東京大学大学院薬学系研 ... » more
テーマ 脳科学 書籍

きのうの本〜脳が変わる生き方 たまたま寄った市内の「ブックオフ」で見つけた本が「脳が変わる生き方」茂木健一郎著PHP定価¥1.100ご存じの方も多いとおもうのですが、著者は脳科学者です。 ブックオフの¥105コーナーに並んでいた。裏表紙の上に¥600→¥ ... » more
テーマ 生き方 脳科学

大阪・桜宮高校の体罰・自殺事件以来、柔道界、学校の部活動指導などでの指導のあり方が問われています。「指導力のなさと結果を求める事への焦り」が体罰の動機であるとする論調がほとんどのようで、全くその通りだと思います。もっと言うと体罰は単に”頭に ... » more

この前本屋でこの本のタイトルを見て、”これはよくうちの家庭で見かける光景だ…”、そして帯を見て、”女性脳のトリセツ!?、いつも嫁に対してこれとは逆のことをしていた…”、さらにサブタイトルには、”脳科学”…実は、以前から脳細胞から意識や感性が ... » more
テーマ 脳科学

脳科学レンズ〜近中タイプ「東海光学レゾナス プレッソ」試して見ました! 脳科学技術を採用した、新しいタイプの近中累進レンズ「東海光学レゾナスプレッソ」をハネ上げタイプのフレームに入れて試して見ました。フレームは「Mobile'n 609 c4」レンズタイプは手元重視の「ワイド ... » more
テーマ ハネ上げ レンズ 脳科学

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。○子供のためのダンマパダ悩みはいろいろあるでしょう悩みをなくす練習をしましょうまず、怒らないことが悩みをなくす第一歩です○パー ... » more
テーマ 怒り 脳科学 慢心  コメント(3)

 脳科学を採用した東海光学ベルーナレゾナスシリーズに太陽の光に合わせて、レンズの濃度が変わるトランジションズ(調光)が対応します。 対応レンズはベルーナレゾナス、ベルーナレゾナスフィット、ベルーナレゾナスマイチューン紫外線が気にな ... » more
テーマ トランジションズ 脳科学 調光レンズ

見え心地の良さが好評の脳科学メガネレンズ「レゾナス」をipadで疑似体験できます。周辺部のユガミや、中近用部の視野の広さを体感できます。併せて、ファインカラー(青色光カットカラー)の見え方もシーン毎に体験できます。 一般に公開され ... » more
テーマ 東海光学 レンズ 脳科学

さっき、テレビで所さんのメがテン!がやってたんですが簡単なクイズに立て続けて正解すると、なんでもできるような気になるとか。テレビでの実験は、3人、バンジージャンプが初めての人を実験対象になっていて、まず最初、 ... » more

北島康介選手の勝負脳!@川手 今年はオリンピックの年ですね。僕が個人的に注目しているのは、水泳の北島康介選手です。今日、行われたロンドン五輪代表選考会を兼ねた日本選手権の男子200メートル平泳ぎ決勝で、みごと優勝を飾り、100メートル平泳ぎに続き、五輪代 ... » more
テーマ 健康雑学 脳科学

神経科学の博士号を持つ筆者が、最新の脳科学研究の成果を心理学の研究成果と合わせて分かりやすく解説しています。以下にその内容をいくつか抜粋して紹介した後、脳の機能について私の考えを述べたいと思います。脳 ... » more

個人の“自由な選択・主体的な判断”はどこまで可能か?:好感度・選択を促進する潜在的な知覚体験 前回の記事の続きになりますが、単純呈示効果にはサブリミナル効果も含まれており、『見たことがある・聞いたことがある・外見や顔を知っているという自覚・実感』がなくても、瞬間的に知覚したことのある対象に対して好感度・選好性(選びやすさ)が上がりや ... » more

“潜在的な知覚・記憶”が生むサブリミナル効果と注意の二過程説:説得と単純呈示による広告効果 自分自身がその刺激・情報を知覚できているという実感がないのに、その刺激・情報が潜在的に処理されていて何らかの影響を及ぼすことがあり、これを知覚可能な閾値よりも下の知覚という意味で『閾下知覚』と呼びます。閾下知覚は意識化したり言語化したりする ... » more

 『宣言的記憶』と『手続き記憶』の健忘症(脳損傷)による忘却リスク:自分で自覚できない潜在的記憶 前回の記事で説明した盲視覚や半側無視の実験では、『見えているという実感・自覚』が無いにも関わらず、見えていないとできないはずの課題を無自覚的・反射的にこなすことができるという事を示しました。自分自身が自覚することのできない知覚、あるいは、自 ... » more

“盲視覚・半側無視・失語症”から推測される無意識の認知プロセス:意識的自覚の欠如と無意識の行動 脳損傷患者の行動変化や認知的特徴を研究する『神経心理学』の事例では、視覚野の脳神経障害によって視野が欠けているはずの患者が、見えないはずの光刺激や形態の分別を何らかの方法で知覚できる『盲視覚』がワイスクランツ(Weiskrantz)によって ... » more

前回の記事の続きになりますが、『シャクター=シンガー理論』とも呼ばれる『シャクターの情動二要因説』は、社会心理学者のスタンレー・シャクターとジェローム・シンガーによって提唱されたものです。シャクター=シンガー理論では、生理学的興奮(身体的変 ... » more

自分の感情を認識するための自己知覚・原因帰属1:認知的不協和の動機づけと情動の中枢神経説 前回の記事では、スペリーとガザニガらの分割脳実験と右脳(非言語性半球)の潜在的認知プロセスを参考にして、自分自身でも知ることのできない『自分の心理状態・行動の原因』について考えてみました。古代ギリシアのデルフォイのアポロン神殿には『汝自身を ... » more

自分で自分の行動・判断についてどのくらい正しく知る事ができるか?:スペリーとガザニガの分割脳実験 自分の心理状態や知的能力については自分自身が一番良く分かっていると思いがちですが、『脳が情報処理していること』と『自分が分かっていること(意識化・言語化できること)』の間に大きなズレがあることが、幾つかの脳神経科学の実験によって明らかになっ ... » more

霊に生きる者は霊なりDS
息子(五歳)が、ニンテンドーDSが欲しいという‥。五歳にしてすでに周りのお友達何人かが、すでに持っているらしい‥。しょっちゅう遊びに来る妹の子供(九歳)もやっているし。あれ、どうですかねー。 ... » more
テーマ 育児 DS 脳科学

学而「脳のしくみ」
カラー&図解ですぐわかる脳の基本構造から記憶のあり方まで。主婦の友ベストBooks。監修:高木繁治。主婦の友社。2010.9刊。¥1500+税。見開きで脳の仕組みを解説。幅広く分かりやすく説明。初心者向け。 ... » more
テーマ 脳科学

岩波科学ライブラリー。2010.1刊。岩波書店。¥1200+税。豊富な実験事例から、笑いのしくみを解き明かす。「人文社会脳」的アプローチ。 ... » more
テーマ 心理学 脳科学

女性はなぜ容姿について“可愛い”よりも“綺麗”と言われたい人が多いのか?:ネオテニーの生物学 人間の顔の特徴や区別は『対人魅力・性的魅力』とも深く相関しており、一般的には美人やイケメンといった人並み以上に容姿端麗な顔が選好されやすいように思われているが、最終的な性選択のカップリングは『社会的バランス理論・進化生物学の繁殖適応度』など ... » more

見慣れた顔ほど高い精度で見分けやすい“人種効果”と顔の表情の読み取りによる“人間関係の調整” 人間の『顔』を記憶して識別する顔認知の機能は、『同じ人種(見慣れた系統)の顔』に対して効果的に働き、『異なる人種(見慣れない系統)の顔』に対して余り有効に働かないという特徴を持つが、この顔認知の特徴を『人種効果(同類効果)』と呼ぶ。 ... » more

脳の顔領域の損傷による『相貌失認』と人間の『顔認知(顔と表情の識別)』の発達の特殊性 人間にとっての『顔』は社会生活や対人コミュニケーション(感情伝達)に必要不可欠な情報を提供するインターフェイスであると同時に、『顔の好き嫌い・美醜の判断』は自己評価(対人評価)や異性選択、社会的ネットワークなどとも深い相関を持っている。ヒト ... » more

 

最終更新日: 2016/11/21 00:18

「脳科学」のブログ関連商品

» 「脳科学」のブログレビュー をもっと探す

「脳科学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る