誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    脳科学

脳科学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「脳科学」のブログを一覧表示!「脳科学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「脳科学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「脳科学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「「サイコパス」中野信子著(文春新書)」読みました! 「サイコパス」中野信子著(文春新書)を読みました。経歴を詐称し、過去に語った内容とまるで違うことを、平気で主張する人。あり得ないような嘘をつき、それがばれても恥じることなく自分の正当性を平気で主張する人。自分に都合の悪い報道や反論には、 ... » more
テーマ 人間 脳科学

「寝る直前10分の勉強」が効果絶大なワケhttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160905-00133690-toyo-bus_all&p=3合格を勝ち取る人は…私 ... » more

【寝る直前の勉強が効果絶大なワケ】http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160905-00133690-toyo-bus_all&p=2[脳の健康維持にも役立つ] ... » more

「寝る直前10分の勉強」が効果絶大なワケhttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160905-00133690-toyo-bus_all 脳科学的に見て、学習と ... » more

夏はスペシャル!ヒッポ編1 新宿ヒッポぼらまてぃDaysにようこそ!グレースです。新宿でヒッポファミリークラブの多言語活動を主催しています。毎週水曜日夜は歌舞伎町で、毎週土曜日の午前中は四谷3丁目でやっています。多言語、多文化にご興味のある ... » more
テーマ ヒッポ 脳科学 自然習得

人の専門家の判断と統計的アルゴリズムの計算はどちらが未来を正しく予測できるか?:ポール・ミールの研究 『統計的な傾向・事実』というのは信じられないほどに軽視・無視されるものだが、これは人間の認知傾向が基本的に『統計を経験的実感としては理解できないこと』に由来しているとされる。個人的な経験・感覚・自信に基づく印象というのは、一般的に統計的な傾 ... » more

シンプルに信じられることの幸福・自信とファンドマネージャー(専門職)の『スキルの錯覚』 一般的に、人間の脳の認知機能は『もっともらしい物語性・因果関係(結果バイアス・後知恵)』を非常に強く好む傾向があるので、『統計的な平均回帰(偶然・運の要素)』は軽視されるか無視されやすい。『こういう原因があったからこの結果が生まれたのだとい ... » more

もっともらしい因果関係やストーリーを作り出す人間の脳:結果バイアス・ハロー効果 高度な教育や特別な訓練を受けた専門家でも、専門分野をはじめとするさまざまな分野の対象について『遠い未来の出来事・今と異なる状況での行動』を正確に予測することは不可能である。『客観的な因果関係』についての人の認識もいい加減な部分が多く、結果を ... » more

精神状態がリラックスしていて気分・機嫌が良い時の問題は、システム1の認知容易性と相関した直感性・創造性が優れやすくなる代わりに、緊張感・警戒心が弱まるために『物事を疑って深く思考すること(システム2による努力と集中を要する思考)』ができなく ... » more

認知容易性(分かりやすさ)による直観的な判断:馴染みがあるものほど信じやすい プライム(先行刺激)によって、人間の認知・行動は『プライミング効果』の無意識的な影響を受ける。先行刺激のプライムを与えられることによって『認知容易性(見慣れていることによる認知のしやすさ)』が高まるのだが、あまり深く考えなくてもすぐに認識で ... » more

本人が『何でもない言語・感覚の刺激(プライム)』と思っているものが、自分の想定を超えた『連想活性化の作用=プライミング効果』をもたらすことがある。プライミング効果の実際に確認できる効果は、事前の心理状態やパーソナリティーによって個人差がある ... » more

人間の認知には“ある言葉(観念)”から“別の言葉(観念)”が自動的に連想されて、更に別の言葉(観念)が呼び起こされて次々につながっていくという『連想活性化(連合心理学の観念連合)』の機能がある。連想活性化は、自動的かつ反射的に働く“システム ... » more

セルフコントロールと認知能力の相関とシステム2:努力・意志を必要とせずに課題をこなすフロー 心理学者のキース・スタノビッチとリチャード・ウェストが、人間の脳機能を『自動的・直感的に働く脳機能(システム1)』と『意識的・理性的に働かせる脳機能(システム2)』に分けて考える認知モデルを初めて提唱したが、このモデルは人間の認知的な間違い ... » more
テーマ 心理学 脳科学

人間の脳はなぜ間違えるのか?:システム1の自動的な印象・バイアスとシステム2の知識・努力 システム1の脳機能は衝動的な自動反応であり、システム2は意識的なセルフコントロールである。システム2はシステム1の何も考えていない衝動を、『知識・努力・計画・注意力』などを働かせながら、より状況適応的な行動へと調整していくと考えることができ ... » more
テーマ 心理学 脳科学

ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー』と人の二段階の脳機能:自動反応と努力を要する知的作業 プロスペクト理論で知られる行動経済学者・心理学者のダニエル・カーネマン(Daniel Kahneman,1934)の『ファスト&スロー』では、『自動的に働く脳機能(システム1)』と『意識的に働かせる脳機能(システム2)』を分類することによっ ... » more

自分が今まで、奇しくも昭和天皇崩御後のベストタイミングで「ロッカー!!」消費税施行の平成元年4月1日以降に「どれだけ消費税を納めたか」(実は法的には消費者が消費税を負担する理由は無いのだが)まったく思い浮かぶことが出来ないハッピーマン。 ... » more
テーマ 脳科学

活字目次録12冊目「錯覚の科学」
12冊目「錯覚の科学」 錯覚の科学クリストファー・チャブリス, ダニエル・シモンズ文藝春秋2011/2はじめに思い込みと錯覚の世界へようこそ実験I. えひめ丸はなぜ沈没したのか? 注意の錯覚潜望鏡で海上を監視していた潜水艦長は、えひ ... » more
テーマ 認知心理学 錯覚 脳科学

プラネット新聞社黒歴史
黒歴史 先日、テレビのトーク番組で、脳科学者の中野信子さんが、自分の若い頃をふり返って、黒歴史と言う言葉を使っていた。 自分は何の違和感も無く聞いていたが、司会者が「ハァ?」と言う顔をしたのがとても印象に残った。 そうか、未だ一般的 ... » more
テーマ 雑記 脳科学

京大の研究によると、幸福感の強い人は、脳の「楔前部(けつぜんぶ)」の体積が「大きい傾向」にある、という。研究チームの准教授が、体積が大きいから幸福感が高いのか、高いから体積が大きいのかは不明だと言っている。しかし、それが一番知り ... » more

脳科学では、光遺伝学的手法が花盛りだ。特定の光を当てると、その細胞が活性化したり、沈静化したりするような遺伝子操作をして、その回路の働きを確かめたり、記憶の書き換えを行ったり。目もくらまんばかりの成果がここ数年でたくさん報告されている。 ... » more
テーマ 光遺伝学 交絡 脳科学

無意識が人間の行動を支配している?! 人間の脳についての研究は、fMRI(機能的磁気共鳴断層撮影装置)などの機械の発達により、かなり進んできているようです。今日は、脳が作り出す「意識」と意識にのぼらない脳の活動である「無意識」について、考えてみたいと思い ... » more
テーマ 読書 脳科学 脳と意識と無意識

人間の脳に快感をもたらす『物理的報酬』と『社会的報酬』の関係2:人の利己性・利他性と公平感 社会心理学の実験では、『物理的報酬(金銭的報酬)』と『社会的報酬』が対立している時に、人がどのような意思決定(行動選択)をするかを『チップ配分の実験(チップの分配ゲーム)』で確認しているが、一方的に配分するチップの枚数を決定できる分配者にな ... » more

人間の脳に快感をもたらす『物理的報酬』と『社会的報酬』の関係1:金銭・モノ・他者への欲望 人間が脳の『報酬系』の神経伝達回路を通して快感を感じるプロセスと報酬の内容は大きく分ければ、『感覚的報酬・物理的報酬・社会的報酬・知性的報酬』に分けることができる。“感覚的報酬”による快感というのは、食欲・性欲・睡眠欲・美的感覚・知 ... » more

摂食障害の生理学的要因(ドーパミンの感受性)と心理的要因の相互作用:食物・人間関係に対する依存症 非合法の薬物だけではなくタバコやアルコールの依存症でも、食欲が減退して体重が減りやすいと言われる。『タバコをやめると太りやすい』というのは定説のように語られるが、タバコに含まれるニコチンはシナプス間隙のドーパミン分泌促進の生理作用(神経活動 ... » more

快楽物質のドーパミンやエンドルフィンと依存症の精神病理:快感記憶の固着による依存性 ドーパミンという快楽物質は、思考や意欲、興奮、衝動、妄想(自動思考の過剰)などの“精神運動性”とも関わりがあるが、ドーパミンの過剰分泌は『統合失調症』の陽性症状(幻覚妄想・錯乱)とある程度相関していることが知られている。精神運動が活発かつ過 ... » more

脳内の『報酬系(ドーパミンの報酬回路)』の働きと依存症(病的嗜癖)の形成 脳神経科学やその知見のイメージを応用した性格テストでは人間の喜怒哀楽を『脳内ホルモン(情報伝達物質)の分泌の増減』によって解釈しようとするが、人間の“喜び・幸せの快楽の感情”には、ドーパミンやエンドルフィンといった脳内ホルモン(脳内化学物質 ... » more

ホムンクルス(脳の中の小人) 左の変な人間の絵、何だと思いますか。実はこれ、大脳皮質の表面積の比率にしたがって、体の大きさを変形して表した図です。体の各部位の機能を受け持つ大脳皮質の範囲が、大脳でどれくらいの範囲を占めているかを現しています。異常に大きな舌と唇、それ ... » more
テーマ 書評 脳科学

人の“愛”を解明しようとする脳内ホルモン仮説とその限界:自他の長期の結びつき・利他性・共同幻想 魅力的な異性の知覚・認識そのものは、神経伝達物質(脳内ホルモン)の分泌以前の段階の『内面・心』で半ば自動的に行われているので、すべての性欲や恋愛感情の発動を生化学的・物質的な基盤だけで解明し尽くすことはできないし、そこには多分にどのような異 ... » more

トラベリングのCM思い出す。 【考察】携帯の「テレビ電話」は、なぜ普及しないのか--茂木健一郎(脳科学者) [03/01]1 :ライトスタッフ◎φ ★:2014/03/01(土) 18:40:04.52 ID:???国家も、きちんと機能するためには、さまざまな「 ... » more
テーマ テレビ電話 まとめブログ 脳科学

「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体」(幻冬舎新書)中野信子著(幻冬舎 798円) 「脳内麻薬人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体」(幻冬舎新書)中野信子著(幻冬舎798円)あなたは「気持ちよさ」について何も知らない。話題の脳科学者が、脳とカラダの深遠なる謎に迫る。脳内麻薬 人間を ... » more
テーマ 中野信子 脳科学 書籍紹介

 

最終更新日: 2017/06/25 01:40

「脳科学」のブログ関連商品

» 「脳科学」のブログレビュー をもっと探す

「脳科学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る