誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本庭園

日本庭園

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「日本庭園」のブログを一覧表示!「日本庭園」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「日本庭園」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「日本庭園」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

世界遺産 天龍寺 宝厳院(ほうごいん)へ 臨済宗天龍寺派大亀山宝厳院宝厳院の歴史は、1461年(寛正2)室町幕府の管領細川頼之公により天龍寺開山夢窓国師の第三法孫聖仲永禅師を開山に迎え創建された。この寺は「獅子吼の庭(ししくいのにわ)」と呼ばれる庭園が有名です。春は ... » more
テーマ 古寺 臨済宗 日本庭園  コメント(2)

古寺とお城の旅日記妙心寺 隣華院
妙心寺 隣華院 臨済宗妙心寺派の塔頭寺院隣華院開山は、南化玄興、開基は脇坂安治、1539年(慶長4)の創建です。この春の特別公開で、4月24日〜5月9日まで公開されているので本日、訪れました。退蔵院を見学後、妙心寺境内の北側にある隣家院に向 ... » more

古寺とお城の旅日記妙心寺 退蔵院へ
妙心寺 退蔵院へ 臨済宗妙心寺派の塔頭寺院退蔵院1404年(応栄11)波多野出雲守東通が妙心寺第三世無因宗因禅師に帰依して建立されたお寺で、妙心寺山内寺院40余寺中、屈指の古刹です。この退蔵院には何度も訪れてます。庭園がとても綺麗で四季折々の ... » more

古寺とお城の旅日記建仁寺 方丈へ
建仁寺 方丈へ 拝観時間は、午前10時からとなってますが、連休中なのか9時30分に入れました。(着いた頃には既に何人もの方が入っていったからもう少し早く入れてたかも)拝観料は500円です。庫裡(本坊)拝観入口です。順路にした ... » more
テーマ 古寺 臨済宗 日本庭園

古寺とお城の旅日記南禅寺 天授庵へ
南禅寺 天授庵へ 南禅寺天授庵南禅寺の開山第一世大明国師無関普門禅師を泰祀する南禅寺の開山塔であり、山内で最も由緒ある寺院。平成22年度京都春季非公開特別公開で公開されている天授庵。冬の旅に比べて期間が短いので、天気がいいので貴重な一日を天授 ... » more
テーマ 古寺 臨済宗 日本庭園

古寺とお城の旅日記南禅寺 金地院へ
南禅寺 金地院へ 南禅寺金地院1394年〜1428年(応永年間)に洛北の鷹峯に足利4代将軍義持により創建された禅寺です。ここは特別名勝に指定されている鶴亀庭園があり、天授庵が開くまでに、先に金地院へ行きました。拝観料400円8時30分〜 ... » more
テーマ 古寺 臨済宗 日本庭園

古寺とお城の旅日記法金剛院の花見へ
法金剛院の花見へ 律宗五位山法金剛院奈良の唐招提寺に属する律宗のお寺で、平安時代のはじめ右大臣清原夏野が山荘を営み、没後に双岡寺となった。仁明天皇は境内背後の内山の景勝を愛でて、山に従五位下の位を受けている。その後、天安寺と称したが衰退し、1130年 ... » more

世界遺産 龍安寺 桜苑へ 龍安寺桜苑境内の西側に位置し、梅や桜が見頃となる3月中旬から開放される。境内に案内も出てないので、あまり知られてないのかも知れません。石庭は賑わってましたが、ここは静かでした。龍安寺は石庭があ ... » more
テーマ 古寺 日本庭園

古寺とお城の旅日記京都御所一般公開
京都御所一般公開 京都御所春季一般公開京都御所の春季一般公開がはじまりました。期間は、4月7日から4月11日までの5日間。入門時間は、午前9時(開門)から午後3時30分(閉門)まで。宜秋門(ぎしゅうもん)から参入し,清所門(せいしょもん)から退出する ... » more

世界遺産 天龍寺 曹源池庭園のお花見へ 天龍寺曹源池庭園の桜曹源池庭園は、8時30分からの開門ですが、係の方が5分程前に来られてたら開けられるので、時間前に来ましたが、既に開いてました。紅葉の時期は、7時30分から開門されていので、もしかして早いので ... » more
テーマ 古寺 日本庭園

古寺とお城の旅日記圓徳院へ
圓徳院へ 圓徳院圓徳院は、豊臣秀吉の正室「ねね」が77歳で没するまでの19年間をこの地で余生をすごしたお寺です。ねねの兄木下家定の次男、利房の手によって高台寺の三江和尚を開基に、木下家の菩提寺として開かれ、高台寺に塔頭とされた。長 ... » more

相国寺 承天閣美術館へ 承天閣美術館承天閣美術館は、1984年(昭和59)に相国寺とその塔頭寺院に伝わる美術品を保存、展示するために建てられた。「京の冬の旅」で、今まで5寺院行きました。「3カ所まわって、ちょっと一服」のスタンプラリーも、後1カ所廻 ... » more

古寺とお城の旅日記随心院 小野梅園
随心院 小野梅園 小野梅園園内には、「はねずの梅」を中心に約230本が植えられています。白梅は開花が早いが、もっとも多い薄紅色の梅は3月の中旬ごろから満開を迎えます。その年の気温にもよりますが、北野天満宮の梅苑より満期の時期は遅いと思います。 ... » more
テーマ 古寺 日本庭園

古寺とお城の旅日記東福寺 即宗院へ
東福寺 即宗院へ 臥雲山即宗院摩藩東福寺城の守護大名であった六代目島津氏久の菩提のため、1387年剛中玄柔和尚(東福寺第54世住持)を開基として創建され、薩摩藩の厚い庇護を受けた。幕末には、島津家一門の出身で徳川家に嫁いだ篤姫が江戸城輿入れの際に立ち ... » more
テーマ 古寺 臨済宗 日本庭園

東福寺 方丈八相の庭へ 通天橋・開山堂庭園を見学のあと、「八相庭園」の見学のため方丈へ東福寺方丈八相の庭拝観料は、400円。午前9時〜午後3時半まで。「八相庭園」とは、四庭に配された「蓬莱」「方丈」「瀛洲」「壺梁」「八海」「五山」「井田市松」「 ... » more
テーマ 重森三玲 古寺 日本庭園  トラックバック(1)

東福寺 通天橋・普門院・開山堂へ 通天橋からは、有料で400円です。9時〜15時30分まで。通天橋仏殿から開山堂(常楽庵)に至る渓谷(洗玉澗;せんぎょくかん)に架けられた橋廊。ここからの紅葉の眺めは絶景です。台風によって倒壊したため、現在の橋は、19 ... » more

東本願寺 渉成園(しょうせいえん)へ 名勝渉成園〜枳穀邸〜今日は、非公開文化財特別拝観の「東寺小子房」へ行くため京都駅に来ましたが、10時の公開時間まで時間があったので先に「渉成園」に行きました。渉成園は約1万六百坪の敷地を有し、大小二つり池と数棟の茶室に加え園 ... » more
テーマ 古寺 日本庭園

奥嵯峨 祗王寺へ再び 祗王寺(往生院)昨年暮れの12月30日に訪れてますが、今日はその祗王寺の奥にある「滝口寺」へ行く予定で、先に祗王寺に入りました。前回観光客で撮れなかったのを載せます。解説抜きで本堂 ... » more

雪の常寂光寺(その1)へ 小倉山常寂光寺6日から7日にかけて断続的に雪が降り続き、京都市内は3pの積雪を記録した。天気予報は、今日は晴れの予報であったが、朝も小雪が舞っていた。ここ何年か京都も雪が積もらなくなっていたが、朝外を見ると屋根だけでなく、道 ... » more

真正極楽寺(真如堂)へ 鈴聱山真正極楽寺(真如堂)金戒光明寺を通過して、北側にある、通称「真如堂」に行きました。真如堂は、今から、984年(永観2)比叡山の僧戒算上人が比叡山常行堂の本尊阿弥陀如来立像を神楽坂の東にあった東三峰女院の離 ... » more

金戒光明寺(こんかいんこうめょうじ)へ 浄土宗大本山くろ谷金戒光明寺くろ谷の地は、法然上人43歳の1175年(承安5)比叡山の修行を終えてこの地で念仏をされた時、紫雲全山にたなびき、光明があたりを照らしたことから浄土宗最初の念仏道場を開かれた場所である。浄土宗七大本山の一 ... » more
テーマ 古寺 日本庭園 非公開文化財

古寺とお城の旅日記等持院へ
等持院へ 万年山等持院朝から晴れ渡った日曜日、等持院へ行きました。等持院の由来1341年(暦応4)に、足利尊氏将軍が、天龍寺の夢想国師にお願いして、衣笠山の南麓に創建されたのがはじまりです。応仁の乱などの戦乱に見舞われ豊太閤も ... » more

常寂光寺(じょうじゃくこうじ)へ 常寂光寺小倉山の麓、常寂光寺。紅葉の名所として全国に名を知られるお寺です。正面の道を進み、突き当たりが常寂光寺です。正面の山が小倉山で、写真右端に小さく写っているのが、落柿舎です。山門太い角材 ... » more

古寺とお城の旅日記奥嵯峨 祗王寺へ
奥嵯峨 祗王寺へ 祗王寺(往生院)小倉山東山麓の奥嵯峨に「平家物語」の世界を伝えてひっそりと建つ。尼寺で、大日如来を本尊とし、往生院と号す。平家物語によれば、祇王は、平清盛に仕えた白拍子であったが、仏御前の出現により清盛の心が離れてしまったので、母刀 ... » more

清涼寺(嵯峨釈迦堂)へ 五台山清涼寺(嵯峨釈迦堂)清涼寺は千年来、嵯峨釈迦堂の名で呼び親しまれている浄土宗のお寺。本尊の「釈迦如来像」は国宝に指定されている。平安時代の左大臣・源融の別荘「棲霞観」があったところで、融の没後に阿弥陀堂を建立して寺に改めた。 ... » more

鹿王院(ろくおういん)へ 実家への帰りに、鹿王院に寄りました。鹿王院へは、嵐電鹿王院駅から徒歩5分程度だと思います。鹿王院1380年(康暦2)、室町幕府3代将軍・足利義満24歳の時、夢窓の弟子の春屋妙葩を開山として、宝幢寺を創建した。京都 ... » more

古寺とお城の旅日記手水鉢と蹲踞
手水鉢と蹲踞 手水鉢(ちょうずばち)蹲踞(つくばい)手水鉢とは、元来、神前、仏前で口をすすぎ、身を清めるための水を確保するための器をさす。その後茶の湯にも取り入れられ、露地の中に置かれるようになり、つくばいと呼ばれる独特の様式を形成し ... » more

CB400で行くGOツーリング/日本の庭/本谷公園 11月29日16:10分ここの公園には、一度来た事があり約20年も前だから、はっきりとは記憶にないがこの様な日本庭園があったかどうか?思い出せなくて・・・どちらにせよ、その当時は花や自然といった事に対 ... » more

 < 雪つり    国営昭和記念公園の日本庭園  > 国営昭和記念公園の日本庭園に冬の風物詩のアカ松の雪つりがされました。SONYα300SONYDT18−200ミリF3.5−6.3c−PLフイルター使用風景モードISOオート2009.11.28撮影 ... » more

古寺とお城の旅日記智積院の庭園へ
智積院の庭園へ 智積院の書院・庭園・収蔵庫を巡ります。講堂入り口の門講堂講堂はかつて方丈と呼ばれていて、1992年(平成4)の興教大師850年御遠忌記念事業として計画し、1995年(平成7)10月に完成し、名 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/26 20:58

「日本庭園」のブログ関連商品

» 「日本庭園」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る