誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    志賀直哉

志賀直哉

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「志賀直哉」のブログを一覧表示!「志賀直哉」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「志賀直哉」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「志賀直哉」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

夜露死苦!こんな言葉が道路や壁に大きく書かれていたら、頭の悪い暴走族のあんちゃんが「また下らん落書き」を書きやがってと思うかもしれません。でも、大袈裟に言うとここには日本文化、日本語の問題があるような気がします。<夜露死 ... » more

空 一空 の小説連載早春の旅(1)
早春の旅(1) 息子2人にそれぞれ2人ずつ娘がいる。孫娘たちにいろいろと約束させられているが、彼女らがワクワクして待っているのは、1泊旅行に連れて行ってもうことである。しかし、その時期は高等学校卒業時にといういわば”時限立法”が存在する。すでに結婚 ... » more

奈良 志賀直哉旧居へ 7月19日(土)は奈良春日大社でのイベントに参加するため、久し振りに近鉄特急に乗って奈良へ向かいました。京都駅8時30分発の奈良行き特急に乗って、近鉄奈良駅には9時5分に着きました。今日の春日大社の集合時間は10時30分です。せっか ... » more
テーマ 志賀直哉旧居 レトロ建築 志賀直哉

blogwatan 旅行の目的
旅行の目的 今年の夏もそろそろ終わりである。毎年のように、どこかへ旅行へ行っていて、今年は、大阪、尾道、広島などをいろいろ、細かいところを見て回ることができた。自分としては、毎年、いろいろ出かけているので、こういってはなんだが、飽きてき ... » more
テーマ 志賀直哉 旅行

死せる歌短歌
いましがた暗夜行路ヲ焼きました不治の病ヲ放蕩(ほうとう)と言ふ ... » more

blogwatan 2013夏の旅
2013夏の旅 今年のお盆休みは、大阪、尾道、広島方面へ旅行に行ってきた。学生時代の友人達と自分の男3人の旅だった。友人の一人は東京に住み、一人は大阪に住んでいる。私は長野に住んでいる。3人とも現在、住んでいるところは違う。年齢は30代後半で、皆独身である ... » more
テーマ 志賀直哉 旅行

志賀直哉の名作「城の崎にて」の中に、「山の手線の電車に跳飛ばされて怪我をした、その後養生に、一人で但馬の城崎温泉へ出掛けた」主人公が、散歩に出かけたある午前、川のほとりで、首に魚串を刺されて助かるはずのない鼠が、必死に川を泳いで逃げよう ... » more
テーマ 「城の崎にて」 死の前の動騒 志賀直哉

A Day in the Life人生と愛について(雑感)
我ながら,気恥ずかしいタイトルになってしまった.まあ,ブログを書くということは恥をかくということでもあるから,開き直ってエントリを書いてみたい.11月,12月と非常に忙しいのだが,相変わらず facebook はぼちぼちと続けている ... » more
テーマ 人生 志賀直哉

「東京新聞」8月30日夕刊に梯久美子さんが多喜二の志賀直哉への手紙を紹介! 「東京新聞」に「百年の手紙」を連載している梯久美子さんが8月30日第28回で小林多喜二から志賀直哉への紹介しています。既にネットでは、話題になっていましたが、なかなか実物が読めず苦労しました。結局本社からバックナンバーとして購入しました。こ ... » more

島村講演「「蟹工船」小林多喜二と志賀直哉の交流を探る」 御影さんの感想 島村先生の講演「「蟹工船」小林多喜二と志賀直哉の交流を探る」への御影さんの感想が書き込まれましたので、以下に転載します。島村先生の御講演の中で、”「小僧の神様」の登場人物・場所ををよく見ると、志賀の絶対主義天皇性に対する疑問が顔を覗 ... » more

文学講演会 「『蟹工船』小林多喜二と志賀直哉の交流を探る」 島村先生のブログに、10月30日の奈良での文学講演会「『蟹工船』小林多喜二と志賀直哉の交流を探る」の告知がされています。9月5日は伊勢崎多喜二祭で、新聞の取材や報道など注目されています。いずれも記念講演は島村先生で、それぞれ違う角度 ... » more

広島県の旅:尾道紀行 (2) 千光寺山古寺巡りコースは、石畳が敷かれ、案内標識もよく整備されている。最近敷かれた石畳は10cm角のタイル状だが、結構アップダウンが激しく健脚向きだ。足も疲れ、千光寺山ロープウエイ駅のところまで来たとき、ロープウエイに飛び乗る。千光寺山 ... » more

『小林多喜二の手紙』発売から約一週間が経ちました。500ページにおよぶ内容でもあり、すべてを読み終えた人も少ないかもとは思いますが、島村先生のブログに全体を包括したレビューが掲載されています。『小林多喜二の手紙』の意義や今後の議論・研究の活 ... » more
テーマ 小林多喜二 『蟹工船』 志賀直哉  コメント(2)

訪問記念・奈良多喜二祭の開催について 昨日、島村先生に志賀直哉邸の報告をしましたら、多喜二が泊まったとされる部屋で小さな規模でもよいから「サロン」が開けないだろうかという提案がありました。多喜二が志賀直哉を訪れた月に「訪問記念・奈良多喜二祭」を開催する意義がある、ということにな ... » more

統一戦線と共同・連帯 多喜二と志賀直哉の交流 昨日と今日、全国革新懇の総会・交流会にさんかしてきました。総会参加前に改修された志賀直哉邸を訪ね、多喜二が泊まったといわれる部屋などをみてきました。総会は、新しい政治の扉が開かれたもとで、革新懇の出番という発言が相次ぎました。国民本位の ... » more

10月1日からの新しい生活から18日が経ちました。まだまだ私の役割の全体像を把握できていないのですが、少しずつ新しい仲間と馴染みながら仕事を進めています。夜や土・日の仕事が多く、まだゆっくり全体像を見渡す余裕はありません。辛いのは読書時 ... » more
テーマ 未来のつぶやき 志賀直哉  コメント(1)

御影さんからの問い合わせです。以下に転載します。「最近、新聞か何かで、小林多喜二が奈良の志賀直哉を訪ねたことを読んだ」と言われました。選挙選挙で、8月は過ぎてしまったのですが、見落とした記事があったのかもしれません。どなたかご存知で ... » more

共同通信のニュースによると、作家志賀直哉が自ら設計し、約9年間暮らした奈良市内の旧居を、11月から原状回復の工事を始め、2009年4月末に、屋内すべてを公開する予定とのことです。同記事は、旧居は1929年に完成し、親交のある文化人がたび ... » more

志賀直哉の推薦の言葉 「定本小林多喜二全集」 御影さんから、「定本小林多喜二全集」への志賀直哉の推薦の言葉の紹介がありました。以下に転載します。「鹿笛」同人のT氏からお借りしている資料に「小林多喜二全集月報」が何冊かあります。全集の配本時二に添付された「しおり」なのですが、多喜 ... » more

御影さんから「あの日この日」の紹介が続いています。以下に転載します。「あの日この日」に、志賀直哉のエッセイ「リズム」のあるくだりは多喜二を意識しているのではないかという推察がのべられています。「リズム」は昭和5年末に志賀が執筆、翌年1月 ... » more

御影さんから尾崎一雄の「あの日この日」を連続で紹介していただいています。以下に転載します。尾崎一雄は1899年生まれで、多喜二より4才年長です。「あの日この日」は”現代文学を側面から解き明かす手がかりと発見に満ちた書として評価が高い ... » more

御影さんから「あの日この日」の紹介がありました。この話は知りませんでした。先日「あの日この日」を古本市でゲットしたのですが、まだ読んでいません。以下に御影さんのコメントを転載します。尾崎一雄著「あの日この日」第三巻に、尾崎が志賀の温 ... » more

「日が暮れてから道は始まる」足立巻一著で見つけた。志賀直哉の「ナイルの水の一滴」。昭和43年、志賀直哉が77歳の時に執筆した短文です。「人間が出来て、何千萬年になるか知らないが、その間に数えきれない人間が生れ、生き、死んで行った ... » more
テーマ ナイルの水の一滴 志賀直哉

最近ブログ投稿をサボっていました。継続して勉強してきた中沢新一氏の論文も掲載したいのですが、ここで中沢氏の論文中に引用してあった志賀直哉の短編「小僧の神様」の感想を書きたいと思います。丁稚奉公している仙吉は腹いっぱい寿司を食べたことが無い。 ... » more

御影さんから「里見が志賀に伝えた多喜二像」を想像したコメントが寄せられました。以下に紹介します。川内まごころ文学館には有島兄弟の資料が多数所蔵されていますが、とりわけ里見とん直筆の書が多いです。1927年5月、芥川龍之介と里見は ... » more
テーマ 里見とん 小林多喜二 志賀直哉  コメント(1)

短編である。面白かった。あらすじは13歳の少年(主人公)の母親が、12年ぶりに再び妊娠したものの、最後命を落とすのである。母が無くなって2ヵ月後、父はすぐ次の母を捜すのであった。そして若いきれいな母が来る。話はそれだけである。ただこ ... » more

唯一の長編を読了して、いくつか個人的に感じたことを書きます。文学批評的な一般論を小生がしても専門家ではないし熟考し尽くしているわけではないので、自分なりに印象的だったことを書きます。この作品を読み始める前に、他の批評家やあらすじを結 ... » more

久しぶりの純文学に新鮮さを覚えながらの読了となりました。この先品は、志賀直哉20代の自伝的作品となっている。内容をいろいろ書こうにも、ちょっと気恥ずかしさが混じる文章が多い為、困ってしまう。しかも、男性であれば共通して抱く思いを、剥き出しの ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 22:15

「志賀直哉」のブログ関連商品

» 「志賀直哉」のブログレビュー をもっと探す

「志賀直哉」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る