誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    大伴家持

大伴家持

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「大伴家持」のブログを一覧表示!「大伴家持」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「大伴家持」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「大伴家持」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

海行かば水漬く屍山行かば草生す屍大君の辺にこそ死なめかへり見はせじ日本の戦争映画ではこの歌が挿入歌として使われる事が多くあります。ちなみに広辞苑で《海行かば》で検索すると『信時潔(のぶとききよし)が1937年に作曲した日 ... » more
テーマ 海ゆかば 天皇 大伴家持

8-1663淡雪の 庭に降り敷き 寒き夜を 手枕まかず ひとりかも寝む 淡雪の庭に降り敷き寒き夜を手枕まかずひとりかも寝む沫雪乃庭尓零敷寒夜乎手枕不纒一香聞将宿 ... » more

8-1649今日降りし 雪に競ひて 我が宿の 冬木の梅は 花咲きにけり 今日降りし雪に競ひて我が宿の冬木の梅は花咲きにけり今日零之雪尓競而我屋前之冬木梅者花開二家里 ... » more

8-1635佐保川の 水を堰(せ)き上げて 植ゑし田を【尼作】 刈れる初飯(はついひ)は ひとりなる 佐保川の水を堰(せ)き上げて植ゑし田を【尼作】刈れる初飯(はついひ)はひとりなるべし【家持續】佐保河之水乎塞上而殖之田乎【尼作】苅流早飯者獨奈流倍思【家持續】 ... » more

8-1634衣手に 水渋付(みしぶつ)くまで 植ゑし田を 引板我(ひきたわ)が延(は)へ まもれる苦 衣手に水渋付(みしぶつ)くまで植ゑし田を引板我(ひきたわ)が延(は)へまもれる苦し衣手尓水澁付左右殖之田乎引板吾波倍真守有栗子 ... » more
テーマ大伴家持 万葉集

8-1632あしひきの 山辺に居(を)りて 秋風の 日に異(け)に吹けば 妹をしぞ思ふ あしひきの山辺に居(を)りて秋風の日に異(け)に吹けば妹をしぞ思ふ足日木乃山邊尓居而秋風之日異吹者妹乎之曽念 ... » more

8-1631今造る 久迩(くに)の都に 秋の夜の 長きにひとり 寝(ぬ)るが苦しさ 今造る久迩(くに)の都に秋の夜の長きにひとり寝(ぬ)るが苦しさ今造久邇能京尓秋夜乃長尓獨宿之苦左 ... » more

8-1630高円の 野辺のかほ花 面影に 見えつつ妹は 忘れかねつも 高円の野辺のかほ花面影に見えつつ妹は忘れかねつも高圓之野邊乃容花面影尓所見乍妹者忘不勝裳 ... » more

8-1629ねもころに 物を思へば 言はむすべ 為(せ)むすべもなし 妹と我(あ)れと 手携(てたづ ねもころに物を思へば言はむすべ為(せ)むすべもなし妹と我(あ)れと手携(てたづ)さはりて朝(あした)には庭に出で立ち夕(ゆふへ)には床(とこ)うち掃(はら)ひ白栲の袖さし交へてさ寝し夜や常にありけるあしひきの山鳥こそば峰向(をむか)ひに妻問 ... » more

8-1628我が宿の 萩の下葉(したば)は 秋風も いまだ吹かねば かくぞもみてる 我が宿の萩の下葉(したば)は秋風もいまだ吹かねばかくぞもみてる吾屋前之芽子乃下葉者秋風毛未吹者如此曽毛美照 ... » more

8-1627我が宿の 時じき藤の めづらしく 今も見てしか 妹が笑(ゑ)まひを 我が宿の時じき藤のめづらしく今も見てしか妹が笑(ゑ)まひを 吾屋前之非時藤之目頬布今毛見壮鹿妹之咲容乎 ... » more

7-1626秋風の 寒きこのころ 下に着む 妹が形見と かつも偲(しの)はむ 秋風の寒きこのころ下に着む妹が形見とかつも偲(しの)はむ秋風之寒比日下尓将服妹之形見跡可都毛思努播武 ... » more

7-1625我妹子が 業(なり)と作れる 秋の田の 早稲穂(わさほ)のかづら 見れど飽かぬかも 我妹子が業(なり)と作れる秋の田の早稲穂(わさほ)のかづら見れど飽かぬかも吾妹兒之業跡造有秋田早穂乃蘰雖見不飽可聞 ... » more

1619玉桙の 道は遠けど はしきやし 妹を相見に 出でてぞ我が来し 玉桙の道は遠けどはしきやし妹を相見に出でてぞ我が来し玉桙乃道者雖遠愛哉師妹乎相見尓出而曽吾来之 ... » more

8-1605高円(たかまと)の 野辺(のへ)の秋萩 このころの 暁露(あかときつゆ)に 咲きにけむか 高円(たかまと)の野辺(のへ)の秋萩このころの暁露(あかときつゆ)に咲きにけむかも高圓之野邊乃秋芽子此日之暁露尓開兼可聞 ... » more

8-1603このころの 朝明(あさけ)に聞けば あしひきの 山呼び響(とよ)め さを鹿鳴くも このころの朝明(あさけ)に聞けばあしひきの山呼び響(とよ)めさを鹿鳴くも頃者之朝開尓聞者足日木篦山呼令響狭尾壮鹿鳴哭妙見石原荘の風呂の壁画、隼人の平和を描いているんだろうなあ。 ... » more
テーマ 大伴家持

1602山彦の 相響(あひとよ)むまで 妻恋ひに 鹿鳴(かな)く山辺(やまへ)に 独りのみして 山彦の相響(あひとよ)むまで妻恋ひに鹿鳴(かな)く山辺(やまへ)に独りのみして山妣姑乃相響左右妻戀尓鹿鳴山邊尓獨耳為手妙見石原荘の近くにある熊襲の穴、は必見。霊感に乏しい私でもここではなにかを感じる。 ... » more

8-1599さを鹿の 胸別けにかも 秋萩の 散り過ぎにける 盛りかも去(い)ぬる さを鹿の胸別けにかも秋萩の散り過ぎにける盛りかも去(い)ぬる狭尾壮鹿乃胸別尓可毛秋芽子乃散過鶏類盛可毛行流 ... » more

8-1598さを鹿の 朝立つ野辺(のへ)の 秋萩に 玉と見るまで 置ける白露 さを鹿の朝立つ野辺(のへ)の秋萩に玉と見るまで置ける白露棹壮鹿之朝立野邊乃秋芽子尓玉跡見左右置有白露先週は東京に行った。 ... » more

8-1597秋の野に 咲ける秋萩 秋風に 靡ける上に 秋の露置けり 秋の野に咲ける秋萩秋風に靡ける上に秋の露置けり秋野尓開流秋芽子秋風尓靡流上尓秋露置有 ... » more

8-1596妹が家の 門田(かどた)を見むと うち出(い)で来(こ)し 心もしるく 照る月夜(つくよ 妹が家の門田(かどた)を見むとうち出(い)で来(こ)し心もしるく照る月夜(つくよ)かも妹家之門田乎見跡打出来之情毛知久照月夜鴨湯治の宿だ。 ... » more

8-1591黄葉の 過ぎまく惜しみ 思ふどち 遊ぶ今夜(こよひ)は 明けずもあらぬか 黄葉の過ぎまく惜しみ思ふどち遊ぶ今夜(こよひ)は明けずもあらぬか黄葉乃過麻久惜美思共遊今夜者不開毛有奴香 ... » more

8-1572我が宿の 尾花が上の 白露を 消たずて玉に 貫(ぬ)くものにもが 我が宿の尾花が上の白露を消たずて玉に貫(ぬ)くものにもが吾屋戸乃草花上之白露乎不令消而玉尓貫物尓毛我 ... » more

8-1569雨晴れて 清く照りたる この月夜(つくよ) またさらにして 雲なたなびき 雨晴れて清く照りたるこの月夜(つくよ)またさらにして雲なたなびき雨晴而清照有此月夜又更而雲勿田菜引 ... » more

8-1568雨隠(あまごも)り 心いぶせみ 出で見れば 春日の山は 色づきにけり 雨隠(あまごも)り心いぶせみ出で見れば春日の山は色づきにけり雨隠情欝悒出見者春日山者色付二家利 ... » more

8-1567雲隠り 鳴くなる雁の 行きて居む 秋田の穂立 繁くし思ほゆ 雲隠り鳴くなる雁の行きて居む秋田の穂立繁くし思ほゆ雲隠鳴奈流鴈乃去而将居秋田之穂立繁之所念千葉の野田にあるホワイト餃子が、なぜか佐賀にあった! ... » more

8-1566久方の 雨間も置かず 雲隠り 鳴きぞ行くなる 早稲田雁(わさだかり)がね 久方の雨間も置かず雲隠り鳴きぞ行くなる早稲田雁(わさだかり)がね久堅之雨間毛不置雲隠鳴曽去奈流早田鴈之哭 ... » more

8-1565我が宿の 一群萩(ひとむらはぎ)を 思ふ子に 見せずほとほと 散らしつるかも 我が宿の一群萩(ひとむらはぎ)を思ふ子に見せずほとほと散らしつるかも吾屋戸乃一村芽子乎念兒尓不令見殆令散都類香聞 ... » more

8-1563聞きつやと 妹が問はせる 雁が音は まことも遠く 雲隠るなり 聞きつやと妹が問はせる雁が音はまことも遠く雲隠るなり聞津哉登妹之問勢流鴈鳴者真毛遠雲隠奈利 ... » more

8-1554大君の 御笠の山の 黄葉(もみちば)は 今日の時雨に 散りか過ぎなむ 大君の御笠の山の黄葉(もみちば)は今日の時雨に散りか過ぎなむ皇之御笠乃山能秋黄葉今日之鍾礼尓散香過奈牟 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 21:08

「大伴家持」のブログ関連商品

» 「大伴家持」のブログレビュー をもっと探す

「大伴家持」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る