誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教科書検定

教科書検定

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教科書検定」のブログを一覧表示!「教科書検定」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教科書検定」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教科書検定」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

日本国民の良識の勝利!教科書検定で関東大震災発生時の朝鮮人虐殺が否定される 反日ハンター・神功正毅です。教科書検定で関東大震災発生時の朝鮮人虐殺が否定されたそうです。まずはこの画像をご覧ください。検定後の記述で軍隊や警察の関与の文言が削除されているのがわかります。これは2期連続で自公連立 ... » more
テーマ 関東大震災 朝鮮人虐殺 教科書検定

三鷹の一日「政府見解尊重」検定
「政府見解尊重」検定 文部科学省は4月6日、来春から中学生が使う教科書の検定結果を公表しました。特に社会科教科書では、領土問題や歴史認識で政府の立場を押しつけようとする安倍政権の意向に従った内容になったことが知られます。『東京新聞』2015年4月7日付朝 ... » more
テーマ 教育 日本近現代史 教科書検定

下村文科相、東日本大震災は、愛国心を失った日本人への天罰!愛国心教科書検定、戦前回帰の平和教育否定! 下村文科相、東日本大震災は、愛国心を失った日本人への天罰!?愛国心教科書検定、戦前回帰の平和教育否定! LITERA/リテラ(SP)本と雑誌の知を再発見安倍政権による愛国強制教育が具体化し始 ... » more
テーマ 愛国心 下村文科相 教科書検定

ようやく、本日、教科書検定基準の近隣諸国条項について撤廃を求めるパブリックコメントを送付しました。政府見解・最高裁判例を重視せよという項目を新設しないように求めるパブリックコメントに続くものです。論点ごとに分けてコメントを送れということなの ... » more

本日、1月11日、読売新聞には、次のような記事が一面で踊っていた。「尖閣・竹島は領土」明記−−政府方針中高教科書指針に政府は10日、尖閣諸島と竹島について、中学校と高校の教科書編集の指針となる学習指導要領の解説書に「我が国 ... » more

目先に囚われず、原理のレベルでの闘いを今回の検定基準改正案を見ると、日本人の根本的欠陥が浮かびあがってくる。それは、物事の原理というものを軽視することだ。論争において原理を握ったものは強い。検定基準のレベルでの原理は、近隣諸国条項に ... » more
テーマ 「日本国憲法」無効論 教科書検定  コメント(2)

再度いうが、今回の教科用図書検定基準改正に関するパブリックコメントを送っていたただきたい。パブリックコメントの中では、近隣諸国条項の撤廃を要求していただきたい。また、政府見解・最高裁判例条項の新設に反対していただきたい。切に希望する。特に、 ... » more
テーマ 「日本国憲法」無効論 教科書検定

ずっと本務が忙しく、教科書検定基準改正問題について考えられなかったが、前記事で述べたように、検討してみると、今回の改正案はとんでもない代物であると言わざるを得ない。いわば、第二の近隣諸国条項制定というべきものである。もう一度記すが、 ... » more
テーマ 教科書検定

この間、本務の方が忙しく、教科書問題や憲法問題について考える暇が全くなかった。その間に、思慮が足りないのか、教科書問題に関して、安倍政権はおかしなことを始めてしまった。12月20日、教科用図書検定調査審議会は、「教科書検定の改善につ ... » more
テーマ 教科書検定

『史』百号記念座談会の準備のために、過去の『史』を眺めていて気になった記事があった。通巻26号の平成13年5月号掲載の八木秀次「公民教科書検定合格にあたって」という記事である。この中で、八木氏は次のように記している。私たちの教科書は ... » more
テーマ 教科書検定

『史」の九月号は百号にあたる。これを記念して座談会がもたれた。この百号記念座談会が九月号に掲載されている。座談会には私も参加したが、座談の中で改めて認識を新たにした点がある。それは、「つくる会」が設立以来、中韓という外国と結びついたマスコミ ... » more
テーマ 教科書検定

今回は、『公民教科書検定の攻防---教科書調査官と執筆者との対決』の紹介のために、目次を掲げることにする。公民教科書検定の攻防―――教科書調査官と執筆者との対決―――はじめに序章『新しい公民教科書』の思想とは何か ... » more
テーマ 教科書検定

『公民教科書検定の攻防---教科書調査官と執筆者との対決』刊行 今月下旬、ようやく、私が記した『公民教科書検定の攻防---教科書調査官と執筆者との対決』が自由社から発売される。この書物は、『新しい公民教科書』の第三版をめぐる調査官との攻防を、執筆者の立場から記したものである。恐らくは、検定過程を報告する ... » more
テーマ 教科書検定

今日から、心機一転、新たな話に入る予定でした。が、Takao IMAI 氏の、重大な tweet 発言があり、それに RT していたら、いろいろ書きたいことが出てきました。RT だけでは、追いつかないので blog entry で ... » more
テーマ 教科書調査官 教科書検定 英語表現  コメント(2)

『史』掲載の「公民教科書は改善されたか」のシリーズは、第四回の「天皇をめぐる記述」で終了した。この論文を以下に掲げる。小論でも触れているが、公民教科書記述の中で、あるいは公民教科書検定の中で最も歪んでいるのが天皇記述をめぐるものである。 ... » more
テーマ 恐るべき公民教科書 教科書検定

この間、本務が忙しく、ブログの更新が出来なかった。しかし、公民教科書の検定過程を明らかにする作業が残っている。これまで20回にわたって、『新しい公民教科書』検定過程について報告してきた。今回は、その作業の一応の締めとして、感想風に、まとめ ... » more
テーマ 恐るべき公民教科書 教科書検定  コメント(2)

前二回の記事から知られるように、我々は、歴代の天皇と国民を主権者と捉える立場から、日本歴史をふまえた最高権威として天皇を位置づけてきた。これに対して、調査官は、徹頭徹尾、天皇以外の現在生きている国民を主権者と捉える立場から、日本歴史と切り離 ... » more
テーマ 恐るべき公民教科書 教科書検定

主権=権威説は許さない前記事で述べてきたように、我々と調査官は、立憲君主制論を認めるか否か、天皇を権威、元首、君主として認めるか否かで対立してきた。両者の対立の根底には、国民主権とは何かということをめぐる解釈の相違がある。我 ... » more
テーマ 教科書検定

前回記事の最後に触れたように、単元18「日本国憲法の原則」では一応7原則と記すことができたが、立憲君主制の原則は、象徴天皇の原則に変えられてしまった。何故にそうなったのか、調査官と我々との間の論争を振り返っていこう。我々は、検定申請本の中 ... » more
テーマ 恐るべき公民教科書 教科書検定

7原則という表現をした申請本申請本は、単元18「日本国憲法の原則」で、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義のいわゆる三原則に加えて、立憲君主制、法治主義、間接民主主義、三権分立の四原則を「日本国憲法」の原則として挙げていた。この単元 ... » more
テーマ 「日本国憲法」の原則 教科書検定

核抑止論――「核の傘」政策とを展開した申請本申請本は、終章の単元64「日本の安全と世界の安全」で、核兵器の問題を中心に扱った。この単元については133番から135番まで3つの検定意見が付いた。このうち最も重要な意見が核抑止論などをめ ... » more
テーマ 恐るべき公民教科書 教科書検定

立憲主義の問題についてはまだ多くの報告すべきことが残っているが、後回しにすることにして、核兵器の問題をめぐる検定について2回に分けて報告していこう。非核三原則と「核の傘」を記す「日本国憲法」の唱える念仏平和主義の弊害が最も明 ... » more
テーマ 恐るべき公民教科書 教科書検定

「日本国憲法の改正問題」単元19「日本国憲法の改正問題」では、改正手続きに触れた上で、改正の論点として、九条、二院制、環境権などの新しい権利という三つの問題とともに、天皇を元首と規定すべきだという議論、前文に歴史・伝統・文化につい ... » more
テーマ 恐るべき公民教科書 教科書検定

大日本帝国憲法に続いて、「日本国憲法」の記述をめぐる検定について紹介していこう。最初に、「日本国憲法」成立過程に関する検定について見ていく。 画期的だが、不十分な申請本 『新しい公民教科書』の申請本は、単元17「日本国憲法 ... » more
テーマ 教科書検定

「公民の言葉国体」近世までの日本に続いて大日本帝国憲法に関する記述に対する検定について見ていこう。単元16「大日本帝国憲法」の記述には、4つの検定意見が付いた。だが、意見が対立するものは「国体」という用語に関するものだけであった。 ... » more
テーマ 教科書検定

検定申請本の内容―――「権威としての天皇」我々は、近代になる以前に、権威と権力の分離という立憲主義の要素が既に存在していたという立場から検定申請本を記していた。すなわち、大コラム「もっと知りたい日本史に見る立憲主義」で、「日本では ... » more
テーマ 教科書検定

教科書調査官と我々とが一番対立したのは、立憲主義をめぐってであった。まず、西欧で成立した立憲主義をめぐる違いについて見ていきたい。 西欧の立憲主義で書くべき5つのポイント西欧で成立した立憲主義とはどういうものであろうか。第 ... » more
テーマ 教科書検定

検定申請本の内容 激しく意見が対立したわけではないが、大きく意見が対立したのが男女平等をめぐる記述である。『新しい公民教科書』は、「もっと知りたい正しい(傍線部は引用者、以下同じ)男女平等」という大コラムで2頁の分量を使って、この問 ... » more
テーマ 教科書検定

単元12のところで記したように、教科書調査官は、国家対国民個々人ではなく、政府対国民個々人との関係と言う形で書かせようとした。そして、愛国心と独立心の関係を論じた部分から「愛国心」を削除させた。調査官は、国家論を書くなとは決して言わないけ ... » more
テーマ 恐るべき公民教科書 教科書検定

この間、育鵬社歴史教科書盗作事件の報告と南出偽無効論の批判に時間を費やしてきた。しかし、何としても、平成22年度公民教科書検定についての報告を済ませておきたい。再び、この作業に取り掛かることにしたい。今回は、国家と国民個々人との関係の在り ... » more
テーマ 恐るべき公民教科書 教科書検定

 

最終更新日: 2016/11/20 18:26

「教科書検定」のブログ関連商品

» 「教科書検定」のブログレビュー をもっと探す

「教科書検定」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る