誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    沢木耕太郎

沢木耕太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「沢木耕太郎」のブログを一覧表示!「沢木耕太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「沢木耕太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「沢木耕太郎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「キャパへの追走」沢木耕太郎著(文藝春秋 1,620円税込) 「キャパへの追走」沢木耕太郎著(定価:本体1,500円+税)発売日:2015年05月13日ジャンル:ノンフィクションhttp://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163902609 ... » more
テーマ キャパへの追走 ノンフィクション 沢木耕太郎

「キャパへの追走」沢木耕太郎著(文藝春秋 1,620円税込) 「キャパへの追走」沢木耕太郎著(文藝春秋1,620円税込)キャパがその激しい一生で捉えた一瞬の数々、その足跡を辿り、同じ現場に立つ。◆写真史上もっとも有名な作品のひとつ「崩れ落ちる兵士」をはじめ、数多の名 ... » more
テーマ キャパへの追走 ノンフィクション 沢木耕太郎

今年こそ読み続けるぞっ! 去年、林真理子の新聞小説「マイストーリー」を読み続けるぞ!と思ったのに、わりと早いうちに挫折した。「こころ」と二つ合わせてもたったの10分もかかるかどうかくらいなのに・・・読み始めたとき、物語の展開にさすがプロと感心したのだ ... » more
テーマ 生活 沢木耕太郎 新聞小説  コメント(2)

「銀の街から」沢木耕太郎著(朝日新聞出版 1,728円税込) 「銀の街から」沢木耕太郎著(朝日新聞出版1,728円税込)朝日新聞紙上で15年間続く、同名の名物映画エッセイ連載を待望の単行本化! 邦画洋画を問わず、各国の多様な映画を1本ずつ取り上げ、作品の主題や社会背景、監督の作意、 ... » more
テーマ 銀の街から 映画 沢木耕太郎

【著者に訊け】 沢木耕太郎が映画について綴った『銀の街から』 【著者に訊け】沢木耕太郎が映画について綴った『銀の街から』NEWSポストセブン2015.03.19 16:00http://www.news-postseven.com/archives/20150319_309774.html ... » more
テーマ 銀の街から 著者に訊け 沢木耕太郎

妻の失踪事件で夫婦間の秘密が次々と暴かれるサイコロジカルスリラー映画「ゴーン・ガール」を観る 全米で600万部以上を売り上げたベストセラー小説を原作にしたデビッド・フィンチャー監督の映画「ゴーン・ガール」を観ました。妻の失踪事件をきっかけにして円満と思われていた夫婦間の秘密が次々と明らかにされていくサイコロジカルスリラーの成人映画で ... » more
テーマ ゴーン・ガール 沢木耕太郎 デビッド・フィンチャー監督

【北上次郎のこれが面白極上本だ!】  「波の音が消えるまで」(上・下)沢木耕太郎著(新潮社) 北上次郎のこれが面白極上本だ! 「波の音が消えるまで」(上・下)沢木耕太郎著(新潮社 各本体1600円+税)日刊ゲンダイ2014年11月28日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/ ... » more
テーマ 北上次郎のこれが面白極上本だ! 波の音が消えるまで 沢木耕太郎

「波の音が消えるまで 上巻・下巻」沢木耕太郎著(新潮社 各1,728円税込) 「波の音が消えるまで 上巻」沢木耕太郎著(新潮社1,728円税込)波の音が消えるまで 上巻新潮社 沢木 耕太郎 Amazonアソシエイト by 波の音が消えるまで 上巻 [ 沢木耕太郎 ]楽天ブックス 沢 ... » more
テーマ 波の音が消えるまで 上巻・下巻 沢木耕太郎 小説

封印された藤圭子の評伝 運命を大きく変えた、大物作家との知られざる悲恋 封印された藤圭子の評伝運命を大きく変えた、大物作家との知られざる悲恋日刊サイゾー2013.08.27(火)http://www.cyzo.com/2013/08/post_14335.html『藤圭子 ベスト・ヒット ... » more
テーマ 藤圭子 日刊サイゾー 沢木耕太郎

「流星ひとつ」沢木耕太郎著(新潮社 1575円)…三十数年の時を越えて明かされた藤圭子の真実 「流星ひとつ」沢木耕太郎著(新潮社1575円)三十数年の時を越えて明かされた藤圭子の真実「何もなかった、あたしの頂上には何もなかった」--1979年秋。歌を捨てる決意をした美しき歌姫・藤圭子に、沢木耕太郎がインタ ... » more

今日のオススメ本 : 『キャパの十字架』 沢木耕太郎 「崩れ落ちる兵士」――スペイン内戦において共和国軍兵士が銃弾に倒れるまさにその瞬間を捉えた写真として、若き報道写真家ロバート・キャパの名を一躍有名にした一枚。しかし、キャパは死ぬまでその写真の詳細を明らかにすることはなかった。 ... » more

「深夜特急2」沢木耕太郎著 20代半ばだった著者が香港をスタートしロンドンに至る長い旅路を綴る全6冊の旅行記、その2冊目のマレー半島・シンガポール編である。主な滞在地はバンコク/クアラルンプール/ペナン/シンガポール、それにいくつかの経由地である。そんな名だた ... » more

なにも小説にこだわることはないじゃないか、という結論に達した。というわけで、短いものなら詩であろうと、ルポタージュであろうと、エッセイであろうと、スポーツノンフィクションであろうと、評論であろうと、とにかく取りあげる ... » more
テーマ ルポタージュ 沢木耕太郎

ホンノムシ。深夜特急/沢木耕太郎
深夜特急(1)楽天ブックス 商品副データ香港・マカオ新潮文庫沢木耕太郎新潮社この著者の新着メールを登録する発行年月:1994年 楽天市場 by あーーーーーーー旅にでたい!自由になりたい!そんなふうに思っちゃう1 ... » more

イルカと墜落 人生最大の出来事かもしれないのに、それを淡々と描ききってしまう沢木さんの文章がたまりません。いつものように冷静な筆致で目の前で出来事が起きているかのように感じさせてくれます。それがブラジルの大地であり、それが乗っていた飛行機の墜落という ... » more

路上の視野 ノンフィクションライター沢木耕太郎のごく初期のエッセイ集です。今も変わらない落ち着いた静かな語り口の中でも、ノンフィクションとは違ってこのエッセイ集には沢木さんの心が見え隠れするのがおもしろいです。深夜特急や一連の初期のインタビューを思 ... » more

個人趣味沢木耕太郎「無名」
沢木耕太郎「無名」 沢木耕太郎と言う作家の作品の中では、異国の日常と異なった空気間の中での作品では無く、日常の生活の中で進んでいくストリーに、他の作品には無い穏やかな興奮を覚える事になった。自分も父親にとっての子供であり、子供にとっての父親である事をも ... » more
テーマ 沢木耕太郎

個人趣味沢木耕太郎「凍」
沢木耕太郎「凍」 以前購入しておいた文庫本を、少し前の週末に読破しました。沢木耕太郎は、「深夜特急」以来のファンですが、「深夜特急」以外では一番満足の行く読みごたえでした。作者の、海外を情景描写する能力は、素晴らしいと感じます。「凍」 ... » more

Tudo Bem ? 沢木耕太郎
・『旅する力』・『深夜特急1』・『深夜特急2』・『深夜特急3』・『深夜特急4』・『深夜特急5』・『深夜特急6』・『世界は「使われなかった人生」であふれている』・『一瞬の夏(上)』・『一瞬の夏(下)』 ... » more

Tudo Bem ?『旅する力』(沢木耕太郎)
沢木耕太郎さんの『深夜特急』の最終便と表現されてましたが,整理ノートといった風情でした.深夜特急の時に巡った思い出を振り返っている印象です.旅の魅力って何でしょうか.そもそも,旅とは何でしょうか.この答えは無数にありますが, ... » more

浅沼稲次郎と山口二矢の事件。教科書でしか知らない事件が目の前で起こっているかのような、そしてそこにたどり着くまでのストーリーがよくできたドラマのように進んでいきます。ひとこと「右翼の少年が刺した」というだけでは済まされない背景を知り、もしか ... » more

沢木耕太郎のごく初期の作品なんですが、このときから既に綿密な観察力としっかりした人物描画がじっくりと楽しめます。所得倍増論を打ちあげた池田勇人とそのブレインたちが、今ここで語りかけてくれてるようです。インタビューする力、それに答える力、その ... » more

おっちゃんの備忘録激しく倒れよ
激しく倒れよ このなかの誰の誰についてのノンフィクション読みたくて借りたのか分からなくなったのですが、全体的に面白く読めました。沢木耕太郎ってボクシングが好きなんだな。知らんだった。。この人といえば「深夜特急?急行?」のイメージしかなかった。 ... » more

「「シネマと書店とスタジアム」沢木耕太郎 著(新潮文庫)」読みました! 「シネマと書店とスタジアム」沢木耕太郎著(新潮文庫)を読みました。沢木耕太郎さんは、1947年東京生まれのノンフィクション作家。『シネマと書店とスタジアム』は、1992年5月から2002年9月の間に新聞に書かれた映画評や書評や観戦記 ... » more

「「杯(カップ)  緑の海へ」沢木耕太郎 (新潮文庫)」読みました! 「杯(カップ)緑の海へ」沢木耕太郎著(新潮文庫)を読みました。沢木耕太郎さんは、1947年東京生まれのノンフィクション作家。日本と韓国の共同開催となった2002年の「FIFAワールドカップ2002コリアジャパン」に朝日新聞社発行 ... » more

「「冠(コロナ)  廃墟の光」沢木耕太郎(朝日文庫)」読みました! 「冠(コロナ)廃墟の光」沢木耕太郎著(朝日文庫)を読みました。沢木耕太郎さんは、1947年東京生まれのノンフィクション作家。IOCが、巨大資本やマスメディアの力にひれ伏して開催されたといわれた1996年アトランタオリンピックの開会式 ... » more

ギャチュンカンギャチュンカン (Gyachung Kang)は、標高、7,952 mのネパール・チベット国境、エベレストとチョ・オユーの間にある山。中国名、格仲康峰、百谷雪嶺。シェルパ語で百の谷が集まる山の意味。8,000 mに ... » more
テーマ ギャチュンカン 沢木耕太郎

「「無名」沢木耕太郎(幻冬舎文庫)」読みました! 「無名」沢木耕太郎著(幻冬舎文庫)を読みました。沢木耕太郎さんは、1947年東京都生まれの作家。この作品は、2003年9月に単行本が出て2006年8月に文庫本になったらしい。「その秋、なぜか親しい人が次々と死んでいった。そし ... » more
テーマ 人生 その日 沢木耕太郎

「「危機の宰相」沢木耕太郎(魁星出版)」読みました! 「危機の宰相」沢木耕太郎著(魁星出版)を読みました。沢木耕太郎さんは、1947年(昭和22年)東京都生まれの作家だ。この本は、1977年に「文藝春秋」誌上に発表された作品に29年かかって加筆されて、ついに2006年4月に単行本化され ... » more

足袋人の柳チェーンスモーキング
日々常人なら何気なく過ごしてまう日常。それが沢木さんの目に映ったとき、あまりにもドラマチックで、ドキドキした冒険の世界に変わる!何事も考え一つで大きく変えられる、その事を教えられた小説でした。彼の考え、生き方は俺 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 18:18

楽天市場のおすすめ商品

「沢木耕太郎」のブログ関連商品

» 「沢木耕太郎」のブログレビュー をもっと探す

「沢木耕太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る