誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    奥田英朗

奥田英朗

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「奥田英朗」のブログを一覧表示!「奥田英朗」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「奥田英朗」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「奥田英朗」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

東京物語(奥田 英朗著、集英社文庫) 主人公田村久雄が名古屋から親元を離れて東京の予備校に通うため上京します。そこから彼の東京物語がはじまります。時は1978年4月、後楽園球場(現東京ドーム)ではキャンディーズの解散コンサートが行われています。初めて地方都市から東京に出てきて、 ... » more
テーマ 大衆小説 奥田英朗

イン・ザ・プール 観ました! ずっとレンタル中だったので長期戦を覚悟していたのに、やった!こうも早く借りられるとは。毎日買い物帰りにのぞいていた甲斐があったというもの。さて、鑑賞・・・・一言で、印象を述べるなら、原作の伊良部さんとはかなり別人。松尾スズキさん ... » more

以前、隣の駅のTSUTAYAにしかないので、未見だと書いたことがありましたが、やっと、来たのです。ついに近所のレンタルショップに一つだけ入荷しましたーー\(^O^)/しかし、いつ行っても貸し出し中・・・・長期戦になりそうです。 ... » more

「港町食堂」 奥田英朗 港町食堂posted with 簡単リンクくん at 2006. 7. 8奥田 英朗著新潮社 (2005.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明N木賞受賞でさらに多忙に、もっとワガママ ... » more

『空中ブランコ』 by奥田英朗 読み終えました。やっぱり面白い★奥田英朗さんの本って次へ次へってどんA読みたくなるんですよね。読むペースが他の作家の誰よりも早いです。しかもこの『空中ブランコ』、直木賞受賞作ですし。読み応えあり。今回 ... » more
テーマ 日記 奥田英朗

「泳いで帰れ」 奥田英朗 泳いで帰れposted with 簡単リンクくん at 2006. 6.25奥田 英朗著光文社 (2004.11)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明行動しない作家、オリンピックへ!長嶋ジ ... » more

【読んだ本】ガール/奥田英朗 評判通り!おもしろかったーっ!「奥田英朗ってもしかして女性なんじゃないの?」という巷の感想も頷けます。この本に出てくるような、30代独身の働く女性が読むと、こりゃぁ、共感するどころか、小説の主人公の居所を探し出して訪 ... » more

町長選挙(奥田英朗著、文藝春秋) 精神科医伊良部シリーズの最新作です。前作「空中ブランコ」ですっかり伊良部の強烈なキャラクターにはまり、読んでみました。今回も伊良部の「いらっしゃーい」という甲高い声で診察は始まります。ナベマンなるプロ野球オーナーが患者の「オーナー」(モデル ... » more
テーマ 大衆小説 奥田英朗

『邪魔』 by奥田英朗  『邪魔』を読み終えました。松尾スズキ見たさで映画の『イン・ザ・プール』を見て結構面白かったんで奥田英朗ものを読んで見ようと思いまして。で、今のとこ『イン・ザ・プール』と『最悪』は読破。『イン・ザ・プール』はやっぱ ... » more
テーマ 日記 奥田英朗

空中ブランコ(奥田英朗著、文藝春秋刊) NHKBSの週刊ブックレビューで取り上げられ、おもしろいと激賞されていましたので、遅ればせながら読んでみました。第131回直木賞受賞作品(平成16年度)です。精神科医伊良部一郎と彼を訪れる患者との話なのだけれどまさに抱腹絶倒の話が満載です。 ... » more
テーマ 大衆小説 奥田英朗  トラックバック(1)

「サウスバウンド」 奥田英朗 サウスバウンドposted with 簡単リンクくん at 2006. 5. 6奥田 英朗著角川書店 (2005.6)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明型破りな父に翻弄される家族を、少年 ... » more

【読んだ本】イン・ザ・プール/奥田英朗 いやー、なんで今まで手を出さなかったんだろ。自分でもびっくり。すーげーおもしろかったっす!患者じゃなくても、イヤ、むしろ患者じゃないから(?)、伊良部にくびったけです。奥田ファンには、なにをいまさら騒いでるの? ... » more

夢幻Uガール/奥田英朗
奥田さんといえば、伊良部医師のシリーズが大好きで、実は今も「町長選挙」を首を長くして待っているのですが……。こちらは、あのおかしな展開は全然ありません。収録されている五編はすべてちょっと昇進して、部下を持つ位の中堅の女性が主人公。 ... » more

奥田英朗のとんでも精神科医伊良部が活躍(暴走?)する小説は、現実の出来事、登場人物をモデルにしているので、読んでいて頭にその人物が浮かび、くすっと笑える。4本の中篇が入っているのだが、「オーナー」は人気球団オーナーで大新聞の取締役会長の ... » more

町長選挙 奥田英朗 文藝春秋  「空中ブランコ」「イン・ザ・プール」に続く伊良部先生シリーズの三作目。ああ、これはまぎれもなくあの人のことだわ、というモデルがある。息子も読んで、まさしくそうと思ったらしいんで、これは誰が読んでもわかるんでしょうね。一話目は ... » more

書道楽ブログ「町長選挙」奥田英朗
トンデモ精神科医『伊良部』の活躍(?!)するシリーズ第3弾!なんか、気がつけば、最近『続編モノ』ばかりよんでますなあ〜?!(笑)町長選挙「イン・ザ・プール」の文庫化からFANになった私にとっては、絶妙のタイミングでの ... » more

二年ぶりに、伊良部先生の爆走ぶりを堪能いたしました。今回は、明らかにモデルとなった人物が特定できるお話が、三編ありました。プロ野球再編の時話題の渦中にいた、野球界のドン。今は、塀の中で読書中・・・・?の、もと IT企業社長 ... » more

眠れない夜のことば遊び町長選挙
町長選挙 待ちに待った伊良部さんシリーズ第三弾本日、本屋の新刊コーナーに見慣れた逆さ赤ちゃんのニッコリが・・・!(^^)!おーおーおーっ!感動!即、買いました。今月は本代節約と心に決めていたけれど伊良部さんだけは別格( ... » more

書道楽ブログ「マドンナ」奥田英朗
40代の会社員が主人公のユーモア・オフィス小説の短編集です。マドンナ主人公たちの年代って、ホント大変なんですよ!気持ちは若いつもりでいても、もうオジサンだし。会社では「上司」であり「部下」でもあり。家では「夫」で ... » more

イン・ザ・プール この本に出会ったのは、二年以上前。最近、文庫になって店頭に平積みされています。表紙の深い海のような青に惹かれて手に取ったのですが、帯にはちょっと引いてしまいそうなコメントが・・・。興味をひかれつつも、精神病の見本市か?と中を見ずに、戻し ... » more

「ガール」 奥田英朗 ガールposted with 簡単リンクくん at 2006. 3.18奥田 英朗著講談社 (2006.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明きっとみんな焦ってるし、人生の半分はブルーだ ... » more

PAOの本読み日記イン・ザ・プール
イン・ザ・プール 奥田英朗「イン・ザ・プール」はデブでマザコンのヘンな精神科医、伊良部が登場する短編集。水泳中毒、ケータイ中毒などの患者がやってくるのですが、この伊良部博士が本気で患者を治そうと思って治しているのかどうか・・・読み終わっても良く分から ... » more
テーマ 奥田英朗

「文庫化されるまでなんて、待ちきれない!!」『イン・ザ・プール』読了後、スグに書店へ走りました。空中ブランコハチャメチャな精神科医・伊良部先生は、前作よりパワーアップ?!!表題作「空中ブランコ」では、サーカスの空 ... » more
テーマ 読書 奥田英朗

以前から気になっていた作品です!いや〜!ついに文庫になってくれたか!イン・ザ・プール伊良部総合病院の地下一階。そこを訪れる患者さんは「いらっしゃ〜い」という(長嶋監督みたいな)甲高い声でむかえられる。精神科医・伊良部と話 ... » more

ガール 奥田英朗 講談社 小説は女が書けたら一人前、といわれますが。奥田さん、グッジョブ!でした。仕事をしてる女の人の物語、5編。どれも「あ〜あ、わかるよ、これ・・」と思い、クスクス笑って、共感して、ほろっとできて。読後感さわやかです。「 ... » more

【読んだ本】サウスバウンド/奥田英朗 前々から気になっていたのですが、ついに読みました。これが初・奥田英朗さんです。奥田さんについても、作品についてもまったく予備知識を持たずに読みましたが、おもしろかった!笑ったし、ハラハラドキドキしたし、元気になったし ... » more

「延長戦に入りました」 奥田英朗 延長戦に入りましたposted with 簡単リンクくん at 2006. 1.21奥田 英朗〔著〕幻冬舎 (2003.6)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明客席の集団エゴと案内嬢のひと ... » more

奥田英朗「サウスバウンド」(角川書店)を読了。いろいろなタイプの小説を書く小説家だ。ハードボイルドな「邪魔」「最悪」、サラリーマン小説「マドンナ」、なんだか正体不明な「ウランバーナの森」。そして、この「サウスバウンド」と本当に幅が広い。 ... » more

通勤のお供に、AMラジオの深夜放送を録音したものを聴いています。いまはもう降板してしまったけど、古田新太のX(バツ)ラジをよく聴いてました。(バツラジ自体は今でも聴いてますよ)ある日のゲストとして古田敦也選手が出演してたときに、「奥 ... » more

2001年7月16日 だらしのない亭主のカミさんは怖いですぞ 奥田英郎『邪魔』に見る女の自我?奥田英朗の『最悪』、零細な町工場のオーナー、銀行勤めのOL、その日暮らしのチンピラ青年の三者が様々なトラブルに見舞われたあげく、最悪の結果に向かって暴走するクライムノベルだった。それぞれのキャラク ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 17:06

「奥田英朗」のブログ関連商品

» 「奥田英朗」のブログレビュー をもっと探す

「奥田英朗」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る