誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    奥田英朗

奥田英朗

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「奥田英朗」のブログを一覧表示!「奥田英朗」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「奥田英朗」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「奥田英朗」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

風のない場所サウスバウンド
小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思っていたら、小学生になって級友ができ、 ... » more
テーマ 読書 奥田英朗

珈琲Time『家日和』奥田英朗
あくまで脱力系、ほのぼのとした味わいの中に現代人にとっての“家”の意味が調味された短編集です。私が気に入ったのは『家においでよ』という一編。妻と別居し一人になった主人公が思うままに家をしつらえ、自分の空間としてバージョンアップしていくス ... » more

空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)奥田 英朗 文藝春秋 2008-01-10売り上げランキング : 181おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools出版社/著者からの内容紹介傑作『イン・ザ・プール』から二 ... » more
テーマ 奥田英朗

風のない場所町長選挙
離島に赴任した精神科医の伊良部。そこは、島を二分して争われる町長選挙の真っ最中だった。伊良部もその騒動に巻き込まれてしまい…。(『町長選挙』)□感想□伊良部シリーズ第三弾。『オーナー』『アンポンマン』『カリス ... » more
テーマ 読書 奥田英朗

風のない場所空中ブランコ
傑作『イン・ザ・プール』から二年。伊良部ふたたび!ジャンプがうまくいかないサーカス団の団員、先端恐怖症のヤクザ……。精神科医伊良部のもとには今日もおかしな患者たちが訪れる □感想□伊良部再び。空中ブ ... » more
テーマ 読書 奥田英朗

秋野書庫。イン・ザ・プール
イン・ザ・プール 知人に昔借りた本なのですが。奥田英朗「イン・ザ・プール」精神科医が主人公の話。そこは総合病院の神経科。神経科だから、出でくる患者さんが病んでるのは仕方ない(?)。ただ、 ... » more

邪魔〈上〉 (講談社文庫)奥田 英朗 講談社 2004-03売り上げランキング : 15895おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools邪魔〈下〉 (講談社文庫)奥田 英朗 講談社 2004-03売り上げランキング ... » more
テーマ 奥田英朗

マドンナ奥田 英朗 講談社 2005-12売り上げランキング : 15514おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools40代サラリーマンのなんとはないお話を描いた短編5編”マドンナ”職場の若い子に恋心を抱く ... » more

愛のゴンズイ玉 9月の想い、いろいろ
9月の想い、いろいろ 飛行機だの電車だの徒歩だの日々是移動の毎日、違いのワカル貴兄&貴姉はいかがお過ごしでしょうか。クレイジーケンバンドの「SOUL電波」について書こうと思ったら、それ以上に香ばしいネタがいっぱい出てきて収集つかずです。今回は数で勝負!であります ... » more

サウスバウンド(上)(下)  ☆奥田英朗 サウスバウンド 上 (1) (角川文庫 お 56-1)サウスバウンド 下 (3) (角川文庫 お 56-2)内容(「BOOK」データベースより)小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞 ... » more

最悪  ☆奥田英朗 最悪 (講談社文庫)内容(「BOOK」データベースより)不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。和也は、トルエンを巡って ... » more
テーマ 奥田英朗

東京物語  ☆奥田英朗 東京物語 (集英社文庫)[要旨]1978年4月。18歳の久雄は、エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りする退屈な町を飛び出し、上京する。キャンディーズ解散、ジョン・レノン殺害、幻の名古屋オリンピック、ベルリンの壁崩壊… ... » more
テーマ 奥田英朗

イン・ザ・プール ☆奥田英朗 [要旨]「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変 ... » more
テーマ 奥田英朗

引き続き『奥田英朗』作品!!この作品の読み応えアリ!!サウス・バウンド元過激派であり、破天荒な父親に翻弄される家族を長男で小学六年生の二郎の視点から描いた長編小説。時にユーモラスで時にシリアスで…、今作も ... » more

書道楽ブログ『ガール』 奥田英朗
以前読んだ『マドンナ』系のオフィス小説。マドンナも面白かったけど、今作も秀逸!!ガールそれぞれタイプの違う働く女性が主人公の短編集。どの作品も、ドラマ性抜群。話の中に引き込まれる。読んでいてどきどきす ... » more
テーマ 読書 奥田英朗

B型陳情団  奥田英朗 1990年9月に発行されたエッセイ。著者紹介を引用すると、血液型B型。雑誌編集の丁稚奉公を経て、21歳の時ひょんな事から広告代理店の入社。コピーライターとなる。現在は、フリーランスで広告から雑誌、プランニングなど文字に関するあらゆる仕事 ... » more
テーマ 奥田英朗

家日和  奥田英朗 久しぶりの奥田作品。らしいな〜〜と言うのがまず素直な感想。この方はこの手の短編で外すことはホントに無いですね。『マドンナ』『ガール』のテイストながら、今回は会社ではなく、全て「家」がテーマになっています。全六編。第一話、ネットオ ... » more
テーマ 奥田英朗

「家日和」 奥田英朗 家日和奥田 英朗集英社 2007-04売り上げランキング : 19880Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情 ... » more

家日和 奥田英朗 集英社 熟練の気配ですね〜、奥田さん。どこにでもある生活の、どこにでもある人生の一コマ。それを、喜怒哀楽、きっちり掬って過不足なく物語として描き出す。今、テレビでいいホームドラマって、少なくなったじゃないですか。なんかこう・・こんな ... » more

奥田英朗の自伝?みたいな本でした。田村久雄という人物の1978〜1989年(18歳〜30歳あたり)の間のお話。6つのエピソードからなってます。彼が一浪して大学に入って演劇部に入るんですが、そこら辺の話が読んでてうきAしま ... » more

「イン・ザ・プール」奥田英朗著 主人公は精神科医。積極的に治療するでもないのになぜか寛解する患者たち。を描いた短編集。続編は直木賞を受けている。とだけ情報を得ると、エンタテインメントでありつつ現代日本の病理をえぐったカウンセリンぐな、もしかして癒し系(^^)な、そ ... » more

ぐっだぐだ日記『ガール』 奥田英朗
試験中に勢いでざーっと読んじゃった本だけども、かなり楽しかったです。やっぱり奥田英朗大好き★『マドンナ』よりはこっちの方が好きですね。やっぱり題にもなってる“ガール”がズドーンと来ました。笑それにしても、なんで奥 ... » more
テーマ 奥田英朗

奥田英朗の本は『最悪』→『インザプール』→『邪魔』→『空中ブランコ』→『マドンナ』ときて今回で5冊目になります。この本は34篇からなるエッセイです。スポーツのお話。もーね、奥田さん。最高でーすヽ(*゚∀゚)ノ ... » more
テーマ 奥田英朗

先日”衝動買い”しちゃった本の中の一冊です。真夜中のマーチパーティー屋の横山健司(ヨコケン)、一流商社のダメ社員の三田総一郎(ミタゾウ)、謎の(?)美女黒川千恵(クロチェ)。この3人が、何の因果か(?)手を組んで、美術詐 ... » more

風のない場所イン・ザ・プール
イン・ザ・プール 著:奥田英朗出版:文春文庫初版:2006/03/10本体価格:476P279ISBN:4-16-771101-X□あらすじ□どっちが患者なのか? トンデモ精神科医伊良部の元を訪れた悩める者たちはそ ... » more

サウスバウンド  奥田英朗 う〜〜ん、すごいお父さんだった。その一語に尽きます。とにかく主人公6年生の二郎君に感情移入していたので(我が家にも6年生が居るので、女の子ですが)前半は、なんて迷惑な父親なんだ、母のさくらも何故黙っているんだ〜〜〜〜、その上怪しい居候に ... » more
テーマ 奥田英朗

奥田英朗の『ララピポ』という本。図書館で借りてきた本である(久しぶりである)。先週は合併のシステム統合だとかで週末に利用できなかったんだよね。だから出張から帰ってきてようやく借りられたって訳。合併により図書館の利用カードも変わった。よりかわ ... » more

マイペースでちょっとズレた精神科医、伊良部一郎の患者との妙なつながりを描いたシリーズ、第三弾。今回は四作が収録されていますが、印象としては、伊良部よりもゲスト(というのか?患者?)のパーソナリティーのほうが強くて、伊良部自身のおかしみが ... » more

『マドンナ』 by奥田英朗 読み終えました。奥田さんの本はすごく読みやすいです。引き込まれますね。短編集、って事もあってさーっといけます★しかも読み終わったあとがいつも爽快です。ホントあーあるあるみたいな感覚になりますね。主人公がてんや ... » more

「野球の国」 奥田英朗 野球の国posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 5奥田 英朗著光文社 (2003.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明大藪賞作家・奥田英朗が、文化としての野球を ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 17:06

「奥田英朗」のブログ関連商品

» 「奥田英朗」のブログレビュー をもっと探す

「奥田英朗」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る