誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    金子みすず

金子みすず

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「金子みすず」のブログを一覧表示!「金子みすず」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「金子みすず」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「金子みすず」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

金子みすず 38  お堀のそば (今日の一枚 上野・不忍池)きのう、けんかはしたけれど、きょうはなんだかなつかしい。にっと笑ってみたけれど、知らぬ顔して水みてた。・・・「ごめんね」っていうと、「ごめんね」っていう。けど、いつもそうはいかないのが世のむずかしさ。 ... » more

金子みすず 37  井戸ばたで(下) (今日の一枚 美術洋書店)蜂さんになった私。青い空が翅に触れるのって、どんなに、どんなにいい気持。疲れれば花にとまて蜜吸って、花のお話きいてるの。・・・空想の世界で存分に遊びます。< ふろく >に、「エゴン・シーレについて」 ... » more

金子みすず 36  井戸ばたで(上) (今日の一枚 共同井戸)お母さまは、井戸端でお洗濯。しゃぼんの泡の一つ一つに、小さな私がのぞいている。つるべには蜂が。そうだ、私も蜂になって遊ぼっと・・・。蜂や蟻は働き者の昆虫として子どもの近しい友だちだった。各 ... » more

金子みすず 33  かたばみ(酢漿草) (今日の一枚 お寺の石段)駆け上がったお寺の石段。おまいりすませて降りかけて、ふっと思い出す、石のすきまのちいさな赤い・・・。庭の片隅などに見られた、なにげない草花ですが。カタバミ(酢漿草)画 ... » more

金子みすず 31  水と影 (今日の一枚 河辺)お空のかげは、水のなかにいっぱい。お空のふちに、木立もうつる、野茨もうつる。・・・包容力のある水。しかし、自分についてはどうか? ベルナール・ビュッフェ鐘楼とオルモー広場 ... » more

金子みすず 30  世界中の王様 (今日の一枚 お城)王様の御殿は広いから、どの王様も知らないだろう。世界中の王様の、その王様になるよりか、もっと、もっとうれしいもの、それはネ・・・。王様たちにこと寄せる大正デモクラシーの童謡でしょうか。各画 ... » more

金子みすず 29  影をつくる天使 (今日の一枚 築地塀の投影)おてんと様のお使いたちには持ち場があった。風にその持ち場を訊かれて最後にそっと答えたのが「影」のお使い。・・・光は影があってこその存在である。絵を描く者にとっても、影の表現で技量のほどが知れるとされ、重要 ... » more

金子みすゞの実家 金子書店発行の大正末期絵葉書「仙崎八景」 金子みすゞの実家書店発行の大正末期絵葉書「仙崎八景」画像へ金子みすず・現在のふるさと画像へ ... » more

金子みすず 28  あたりまえ という不思議 (今日の一枚 窓辺の花)不思議でたまらない。黒い雲からふる雨が銀色にひかり、青い桑の葉たべている蚕(かいこ)が白くなる。・・・あたりまえなことから、七色の詩をつむぎ出す金子みすずの不思議!各画像上をクリックすると ... » more

金子みすず 27  好きになりたいな、葱も、おさかなも・・・ (今日の一枚 青果)好きになりたいな、葱も、トマトも、おさかなも、そして、お医者も、鳥もみいんな、・・・好き嫌いの激しさを、詩情にからませてさらけ出してみせもした。各画像上をクリックすると、拡大してご覧になれます ... » more

金子みすず 26  花がほろりと泣いたこと (今日の一枚 花たち)誰にもいわずにおきましょう。お庭の隅で花がほろりと泣いたこと。・・・そこには働き者の蜂への配慮が。人の世に寄せる詩人の気遣いまでもが読み取れる。各画像上をクリックすると、拡大してご覧になれま ... » more

金子みすず 25  遠くで声がする (今日の一枚 晩春の野)空のあかるい日のくれは、いつも遠くで声がする。か〜ごめかごめ。子どもたちの声のよな、それとも波の音のよな。・・・日の暮れのノスタルジーが、そこはかとなく感じられる秀作。各画像上をクリッ ... » more

My Favorite Books金子みすず
「あそぼ」っていうと「あそぼ」っていう・・・・・こだまでしょうか。いいえ。だれでも。金子みすずさんの詩集です。こだまでしょうか、いいえ、誰でも。楽天ブックス 金子みすゞ詩集百選 金子みすゞ 宮帯出 ... » more

金子みすず 23   貝と月 (今日の一枚 書・和歌)夕焼け空の雲は染まって赤いのに、紺の夜空に浮かぶ月はなぜ白い。・・・わらべの素朴なこころになって、みすずは自然の神秘を謡う。書の和歌は、小倉百人一首にみえる阿倍仲麻呂(698〜77 ... » more
テーマ 金子みすず

絵入りエッセイ金子みすず21 広告塔
金子みすず21 広告塔 (今日の一枚 浅草繁華街)はなやかな、春のいい夜の街の空。広告塔の赤い灯は、みるまに青くなりました。・・・あるいはその詩想の先に、薄倖の画家佐伯祐三が好んで描いたパリの郷愁を誘う広告塔が。佐伯祐三広告塔 ... » more
テーマ 水彩画 町なみスケッチ 金子みすず  コメント(3)

金子みすず 20 明るい方へ (今日の一枚 夕焼け)明るい方へ明るい方へ。一つの葉でも日の洩るとこへ。一分でもひろく日の射すとこへ都会の子等は。・・・被災地のみなさんもシブトク明るい方へ明るい方へ。寸劇『夕焼け』ーーー「ワーイ、ワーイ、世界中 ... » more

金子みすず19 買い食い (今日の一枚 町かど)昔の子どもは買い食いを知らなかった。第一、サイフなど持ったことがない。それが、ふとしたことから小遣を手にする。さあ、たいへん・・・。「しろい銭」、白銅貨のこと。5銭玉が知られていて、いまの貨幣にして5千 ... » more
テーマ 水彩画 町なみスケッチ 金子みすず  コメント(2)

金子みすず18 女の子 (今日の一枚 若葉のころ)女の子ってものは、木のぼりしないものなのよ、と親から叱られた。・・・私の知っている里山のお転婆さんは、山栗の木にのぼってがさがさと揺すり、たくさんの実を落としてくれたっけ。各画像上をクリ ... » more

金子みすず17  美しい町 (今日の一枚 セーヌ川)ふと思い出す、あの町の、川のほとりの、赤い屋根、川岸の草の上で、若い絵描きの小父さんが・・・幻想的な世界が胸いっぱいに広がります。各画像上をクリックすると、拡大してご覧になれます ... » more

金子みすず16 花のたましい (今日の一枚 花)やさしいお花おてんとさまが呼ぶときに、ぱっとひらいて、ほほえんで、蝶々にあまい蜜をやり、人にゃ匂いをみなくれて、なきがらさえも・・・さて、ここのところが、オチに。各画像上をクリックすると、拡大し ... » more

金子みすず15 お花だったら (今日の一枚 花・旧作に加筆)もしも私がお花なら、とてもいい子になれるだろ。ものが言えなきゃ、あるけなきゃ、なんでおいたをするものか。・・・花賛美にいたずらっ子の自分をダブらせて。万葉かな混じり文にしてみました。昔の人は文字 ... » more

絵入りエッセイ金子みすず14 帆
金子みすず14 帆 (今日の一枚 出帆)光りかがやく白い帆は、ほるかに遠く行くんだよ。・・・明治・大正時代はまだ帆掛け船が近海の主役だった。当時の若い女性のあこがれだった竹久夢二の絵にも帆舟がロマンを誘っていた。竹久夢二光れる水(水彩) ... » more

金子みすず13 みえない星 (今日の一枚 踊り子)星のおくには何がある。おくにも見えない星がある。ひとりの好きな、かくれていたいたましい が。・・・「みんないい子」とばかりは歌っていない。人の心の機微に触れもする、凄さを秘めて。各画像上 ... » more

金子みすず12 空の色 (今日の一枚 夕焼け)夕焼け、なぜ赤い。夕日が赤いから。お昼のお日さま青かないのに、なぜ青い。(これはもう、科学の目。たしかに頭上のお日さまはかっと青い。)それは、空が青いから、だったら空はなぜ青い。・・・油断なく、初な疑問はつづく ... » more

金子みすず11 わたしは砂漠の王 (今日の一枚 みすずの王国)私は今、砂漠のなかの王様。山や谷、野、川を思うとおりに変える。お伽噺の王様だって、こんなに出来はしないのよと、鼻高々。不毛の地を杖の一振りで豊穣の王国に!みすずさん、東北の被災地にも一振りを!! ... » more

金子みすず10 木(定年は?) (今日の一枚 桜)お花が散って実が熟れて、その実が落ちて葉が落ちて、それから芽が出て・・・。この繰り返し、果たして木に定年は?誰も意に介しないことに、やさしい気遣いが。各画像上をクリックすると、拡大してご覧になれ ... » more

金子みすず9 私がさびしいとき (今日の一枚 花祭り)さびしいときに友だちは笑うけど、お母さんはやさしいの。そして、もうひとり、私には強い味方がいるのよ、と、さらに愁眉を開いてみせる。そのひとりとは・・・。各画像上をクリックすると、拡大して ... » more

金子みすず8  こころ(母と私) (今日の一枚 母子像)私は子供でちいさいけれど、ちいさい私のこころは大きい。・・・と、こころの大きさでは母さんに負けていないのよ、と歌う。。その愛らしい意地っ張りに思わずくすりと笑ってしまう。各画像上をクリックす ... » more

金子みすず7. 空の山羊追い (今日の一枚 山羊)目に見えない空の山羊追い。群れて流れる雲を山羊と見立てている。空が夕日に染まるころ、遠くで山羊たちを牧舎へ急がせる角笛が・・・。感性豊かな楽しい童謡。各画像上をクリックすると、拡大してご覧にな ... » more

金子みすず6・ 土と草 (今日の一枚 路傍の麦)母さん知らぬ草の子を、なん千万の草の子を、土はひとりで育てます。・・・母なる大地の隠れた偉大さを、みすずは歌う。土金子みすずこッつんこッつん打たれる土はよい畠になつ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 17:48

「金子みすず」のブログ関連商品

» 「金子みすず」のブログレビュー をもっと探す

「金子みすず」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る