誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    短編

短編

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「短編」のブログを一覧表示!「短編」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「短編」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「短編」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

Dog tail Cafe熱視線。
熱視線。 こんにちは。^^。皆様いかがお過ごしですか?相変わらず夏那は水面下に潜ったままの生活ですが・・・==;さて、ひっさしぶりにスキビ妄想脳が働きましたのでUPしたいと思います☆←・・・***『熱視線。』 ... » more
テーマ 短編

Dog tail Cafeインタビュー。
『どれだけ君を愛しても3分の1も伝わらない純情な感情は空回りI LOVE YOUさえ云えないでいるMY HERT・・・・』この歌詞を見てあなたはどう思いますか?T氏の場合。T:・・・・・・・。これは不破の曲か?何 ... » more
テーマ 短編

永井路子 噂の皇子(みこ) 平安末期の人物を主人公にした永井路子の短篇集。「噂の皇子(みこ)」式部卿宮敦明三条天皇のときに皇太子(東宮)になるが、三条天皇逝去後、その位を降りる。ここでは、権力争いにぶら下がろうとする人たちに嫌気がさしたという感じ「桜子日記 ... » more
テーマ 平安時代 短編

グラビアDVD発売イベントに参加した主人公の悲劇 4スレ目270ゴルゴムの仕業第十五作目です。ひびきの高校の女生徒も出演するという(経緯不明)情報を入手し心を響かせエレクトリックパークへ出陣した彼に待ち受けていたのはハートのスイッチがOFFになりかねないナイトメアだった!! ... » more
テーマ 短編

余の名は腹黒主水之介助兵衛。   恵比寿屋、けしからん小童共を始末せい! 4スレ目252フォルトゥーニさん第二十四作目です。お馴染み「悪代官」の巻之三。新体系に生まれ変わっても腹黒主水之介助兵衛の活躍は止まらない!ファイルはこちらになります。 ... » more
テーマ 短編

昔、あるところに、不老不死を求める王様がいた。王様の治める国は豊かで、周囲にも脅かす存在はいなかった。だから、王様は自分の統治でさらに国を繁栄させるべく、不老不死を求めたのである。世継ぎとしては王子が一人いたのだが、王様は彼の能 ... » more
テーマ 王様王子様お姫様の話 短編 小説

今年もやってきたバレンタインデー♪今年はあいにくの雨ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?あ、いや・・・・「放置しておいていまさら何言ってる」って声が聞こえてきそうですがホン ... » more
テーマ 短編

チョコレートを買ってしまった。あげる相手もいないっていうのに、友達の付き合いで一緒に入ったお店を出る頃には、しっかり手に取っていた。だって、おいしそうだったんだもん。普段お目にかかれないようなチョコレートが並んでたら、そりゃ心奪 ... » more
テーマ 恋愛モノ 短編 小説

プラスマイナス1バーグtoバーグ
ある日、残業帰りの暗い夜道を歩いていたら、前から『ハンバーグ』が全力疾走してきた。ハンバーグっていうのは誰かのあだ名じゃない。そのものずばり、ハンバーグだ。玉ねぎとミンチと玉子とパン粉が材料の、こんがり焼いてソースをかけて食べる ... » more
テーマ 短編 小説

プラスマイナス1人形の報酬
ある国の王様へ、旅の商人がお目通りを願い出た。「珍しい物を持っております」と言うので、退屈していた王様はすぐさま面会の許可を出した。「こちらがその品でございます」商人がうやうやしく差し出したのは、両手で持てる程度の大きさ ... » more
テーマ 王様王子様お姫様の話 短編 小説

【短編】ジャファル・パナヒ監督の『アコーディオン』。 ジャファル・パナヒ監督について小さな更新をしたいと書きました。有言実行、今回はパナヒ監督が2010年に発表した短編『The Accordion(アコーディオン)』について更新します。youtubeにある映画本編、セリフの和訳、そして蛇足な気 ... » more
テーマ 映画紹介 ジャファル・パナヒ 短編  コメント(3)

プラスマイナス1姉弟と一羽の鳥
昔、あるところに姉と弟がいた。二人の両親は借金を返すため、遠い街へ出稼ぎに行った。しかし、それ以来音沙汰がなく、今となってはどうしているのかわからなかった。きっと生きている、帰ってくると信じて、二人はぼろぼろの家で身を寄せ合うよ ... » more
テーマ 短編 小説

プラスマイナス1酒を飲んだ男の話
昔、あるところに太郎という者が住んでいた。太郎は働き者だが、大酒飲みという欠点があり、金が入るやいなや入れ物を二つぶら下げて、酒を買いに行ってしまう。そして、道々、入れ物の一つの中身を飲みながら帰る。家で飲めば良いものを、我慢で ... » more
テーマ ホラー 短編 小説

覇道を阻む唯一の天敵へ総番長が講じた対策とは・・・? 4スレ目251ゴルゴムの仕業第十四作目です。本家のネタと逆で、これによって総番長の権威は失墜し多くの離隊者が出たという・・・(合掌)ファイルはこちらになります。 ... » more
テーマ 短編

プラスマイナス1○○に告白されました
「お、俺は、お前が好きだ。その……一目見た時からお前のことが忘れられなかった」ビルの屋上で、唐突に、思いもよらない相手から告白された。「もし、想う相手がいないのなら、恋人になってもらえないだろうか」「ええーっ!」 ... » more
テーマ 短編 小説

プラスマイナス1やまんばのお堂
昔、あるところに太吉という少年がいた。母親と二人暮しの、働き者で親孝行という評判の少年だ。その太吉の住む村には、一つの決め事があった。毎年、祭りのたびにやまんばに村の若い娘を一人差し出すというものである。娘を集めてくじを引き ... » more

プラスマイナス1アリ達の愉しみ
太陽がジリジリと照り付ける、まぶしくて熱い夏。アリ達は今日も、冬にそなえてせっせと食べ物を蓄える仕事に精を出す。食べ物を探しに行く列と、探してきた食べ物を持ち帰る列に別れ、道を行き交う。そんな、黙々と仕事に励むアリ達の列を道 ... » more
テーマ 童話パロディ 短編 小説  コメント(2)

余の名は、羽流内匠頭助兵衛。準備は万全であろうなぁ弁天殿ぅ〜 4スレ目248フォルトゥーニさん第二十三作目です。名作、悪代官の続編の紹介。三つの頃より悪の訓練に磨きを掛け天賦の才に目覚めた男が並み居る刺客を手討ちにする!ファイルはこちらになります。 ... » more
テーマ 短編

駄菓子屋でお馴染みのアレとはまた違った味わい 4スレ目242フォルトゥーニさん第二十二作目です。グルテンうめぇえええ!ファイルはこちらになります。 ... » more
テーマ 短編

プラスマイナス1世界崩壊その後で
某月某日。世界中の国々の政府が、一斉にあることを発表した。それは「近々地球に巨大な隕石が落ちる。もはや手の打ちようがない。地球はこの隕石で滅亡する」というものだった。当然、科学技術や軍隊、兵器を結集してどうにかしろという意見が相次い ... » more
テーマ 短編 小説

プラスマイナス1ある人魚
昔、ある人魚がいました。人魚は美しい顔立ちに豊かな金色の長い髪、雪のように白い肌、笑えば鈴の転がるような可憐な声の持ち主でした。その愛らしさときたら、一目見ただけで誰もが恋をするほどでした。そればかりか、人魚には珍しく魔法の才能 ... » more
テーマ 童話パロディ 短編 小説

プラスマイナス1エル氏のペット
秋が終わりかけ、朝晩めっきり冷え込むようになったある日のこと。遅寝をしていたエル氏は、小さなくしゃみの音で目を覚ました。自分のものではない。となると、思い当たる相手はただ一つ。エル氏はベッドに起き上がり、掛け布団の上に乗って ... » more
テーマ アルファベットシリーズ 短編 小説  コメント(1)

清々しい陽気に思わず秋の好時節を言ってみたが、関心は他にある模様 4スレ目241フォルトゥーニさん第二十一作目です。なあ、バナナはおやつに入るのか?ファイルはこちらになります。 ... » more
テーマ 短編

プラスマイナス1絞首台の奇跡
昔、あるところに一人の若者がいた。若者はたいそうな猫好きで、家にいる猫をかわいがっていた。ある時、若者は二人の男女が言い合いをしているところに出くわした。見れば、男の方は地元で有名な悪党の息子である。悪党は方々にわいろを ... » more
テーマ 短編 小説

競合店をあっと言わせるバーガーを開発してみよう 4スレ目237フォルトゥーニさん第二十作目です。PS用ゲームソフト「バーガーバーガー」が題材。オトナの事情で新作の話が出てきません。このまま「早過ぎたゲーム」で終わってしまうのでしょうか・・・?ファイルはこちらに ... » more
テーマ 短編

プラスマイナス1悪あがき
「いたか?」「いえ、見当たりません」「くそっ、どこに隠れたんだ」「まだ遠くには行っていないはずだ。とにかく探せ!」バタバタと何人かが走り去っていく足音。人の気配がなくなったのを確かめ、俺は息を吐いて起き上がった。 ... » more
テーマ 短編 小説

「はあ、はあ、はあ・・・」自分の息遣いだけが聞こえる。嫌に静かな森は、自分の乱れた息遣いだけを吸い込んで端から消していく。暗い森。獣道。そこを息を切らしながら走る男の体は傷だらけだった。整備されていない道は男 ... » more
テーマ 短編  コメント(2)

Show the ショウ立原正秋 薪能
立原正秋の「薪能」タイトルの「薪能」のほか、「四月の雨」、「情炎」、「焼けた樹のある風景」という短編集。「薪能」では親を失ったいとこ同士が、同じ家に預けられていた時に愛し合っていて。その後、大人になったものの、子供の頃の ... » more

できるか?出来るか?できる【嘘】
「嘘」「涙」「風」「嘘、ついたんだね。」静かな声で、彼はそういった。いつも仔犬のようにじゃれ付いてきたときとは違う、感情のない目。責めるような声音でもなく、軽蔑するような声音でもない。ただただ、無感動な声。 ... » more
テーマ 短編

心残りに気付いた。もう、何もかもどうでもよかったけど、最後の最期、どうしてもやっておきたいことに気付いた。それはどうしようもないほどの衝動で、もう終わりかけていた私を再起動させた。重くてもうほとんど動かない体を起こして、首を ... » more

 

最終更新日: 2018/01/07 10:51

「短編」のブログ関連商品

» 「短編」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る