誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    神道

神道

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「神道」のブログを一覧表示!「神道」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「神道」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「神道」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

来年のカレンダー、ダイアリーそして暦(こよみ)が書店の棚に並ぶ季節となってきました。暦をご覧になって、意味のわからない用語が載っていて「これは、どういう意味?」と思われるかたが多いと思います。これは吉日なのか、凶日なのか判断に迷うことが ... » more

賽銭(さいせん)とは、神や仏に供える金銭のことで、多くは神社、寺院の前に置いてある賽銭箱に投入する金銭のことを言います。お賽銭の「賽」というのは、”報いる”という意味で、神様から福を受けたことに対して、報い祭ることです。つまり、お賽銭は ... » more

10月26日に春日部周辺の神社で相次いで不審火があった記事を書きましたが、その容疑者が逮捕されたそうです。今日の朝日新聞の朝刊によると、春日部を中心とした埼玉県東部の神社で10月20日から10月25日にかけて不審火が続いた。このため ... » more
テーマ 新聞 神道

神仏と人間の気持ちが通じ合う喜び 感応道交(かんのうどうこう)とは、仏と人間の気持ちが通じ合うことを言います。つまり、衆生の機根と仏の応化が相互に通じて融合することです。仏教の天部の神さまである大聖歓喜天(聖天)の信仰において、とくにその境地、状態にはいることが、聖天信 ... » more

願いごとを叶えるためには・・・ 神職には、「神様に伝える力、神様を動かす力」を求められているようです。確かに我々は、仲執り持ち(なかとりもち)として、皆さんのお願い事をお伺いし、祝詞に乗せて神様にお聞き届けいただくよう、ご神前にて熱誠祈願いたします。さらに祈りを深 ... » more

南都方(なんとがた)の楽所に属し、興福寺の舞人であった狛行光(こまゆきみつ。1092-1152)は16歳の時始めて父、狛行高から賀殿(かてん)の曲を伝えられました。それ以来、折りにふれて春日の社頭へ行って、この舞を奉納していました。ある ... » more

大国さまと大黒さまは、どう違うの? 福をもたらすとして信仰されている七柱の神である「七福神」の中に、「大黒さま」と呼ばれる神様がいらっしゃいます。大きな袋をかつぎ、小槌をお持ちになっています。お顔はニコニコと笑顔をふりまいてらっしゃいます。この「大黒さま」と「大国さま」は ... » more

伏見稲荷大社の火焚祭(ひたきさい) 十一月八日におこなわれる、伏見稲荷大社の火焚祭(ひたきさい)は、秋の収穫の後に、五穀の豊饒をはじめ万物を育てたもう稲荷大神のご神恩に感謝する祭典で、古来から伏見稲荷大社の伝統ある行事として広く知られています。当 ... » more

八百万の神の会議場はここです〜出雲大社の上宮 旧暦の十月十日から十月十七日(平成22年は 11月15日から 11月21日)まで、八百萬神(やおよろずのかみ)の神々が出雲大社に集い、神議り=会議をされるので、他の地方ではこの月を神無月といい、出雲地方では、神在月と呼びます。旧暦十 ... » more

お葬式での神職の装束 神道式のお葬式=神葬祭では、神職は無紋の鈍色の衣冠、あるいは無紋の鈍色の狩衣を着用します。この鈍色とは、葬祭奉仕時に神職が着装する装束に使われる専用色で、灰色に近い色です。「にびいろ」または、「にぶいろ」と読みます。この鈍色は忌色と ... » more

結合すること、それが「ムスビ」のちからです 天地開闢(てんちかいびゃく)の後、高天原に現われたとされる三柱の神さまを、造化三神(ぞうかさんしん)といいます。この三柱の神さまは、天地と万物を創造しました。『古事記』上巻の冒頭で、いずれも「独神」(対となる夫婦神を持たない神。ひとりがみ) ... » more

11月の「一粒万倍日」〜幸せの種を大きく楽しく育てましょう 「一粒万倍」とは、『一粒の籾(もみ)が万倍にも実る豊かな稲穂になる』という意味です。一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、新しいことをスタートするのに良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金の支出に ... » more

このところ、パワースポットとかスピリチュアルスポットを紹介した書籍や雑誌が書店にならび、よく売れているようです。またテレビの番組でも特集が組まれ、放映された後、その場所に人が殺到するという現象が起きています。このような動きに便乗して、パ ... » more

くじ引きで当ることの良し悪し 室町幕府4代将軍 足利義持は子の 5代将軍義量に先立たれた後も、後継者を定めず自ら政務を執り続けたため後継者が定まらず、危篤状態に至った際に、側近の三宝院満済らが義持の 4人の弟の中からくじ引きによって後継者を選ぶことを承諾させました。 ... » more

私は埼玉県春日部市に住んでいますが、10月25日の夜に春日部の八坂神社と備後須賀稲荷神社、となりの杉戸町の稲荷神社で不審火があったそうです。八坂神社は木造平屋本殿約15平方メートルを全焼、備後須賀稲荷神社は木造平屋拝殿約100平方メートルを ... » more

遊びをせんとや生まれけむ 後白河法皇(1127 - 1192)は少年のときより、今様(いまよう)と呼ばれる歌謡を好みました。歌の上手=名人を召して多くの歌謡を知ったのですが、死後それらが伝わらなくなることを惜しんで、書き留めて本にしました。{%ノートwebry% ... » more

秋の大祭 斎行報告 平成22年10月23日に執り行われました、秋の大祭(おおみまつり)斎行報告をいたします。大変多くの方にご参拝いただきありがとうございました。祭典は、午後10時30分より斎行。大太鼓の合図とともに、祭典開始。祓詞奏上、参列 ... » more

森と湖の丘から狭山の観音様
秋の白い日差しが庭に影を落とす、心地よい日でした。夕方から埼玉県所沢市、東京都の県境にある金乗院 山口観音へ行って参りました。このお寺は千手観音が本尊なのですが、七福神やぽっくりさん、チベット仏教のマニ車…ではなくネパールのプレ ... » more
テーマ 仏教 日記 神道

八百万の神々さまの宿泊所! 旧暦の十月十日から十月十七日(平成22年は 11月15日から 11月21日)まで、八百萬神(やおよろずのかみ)の神々が出雲大社に集い、神議り=会議をされるので、他の地方ではこの月を神無月といい、出雲地方では、神在月と呼びます。{%キラキラw ... » more

海苔の神様をご存じですか? 海苔(のり)は、海産物のなかでも日本人にとって、もっとも親しまれている食材のひとつです。海苔には12種類ものビタミンと現代人に不足しがちなタンパク質、食物繊維、ビタミンなどが豊富に含まれています。{%キラキラw ... » more

出雲大社の龍蛇神さま 旧暦十月(神無月)に全国の八百万の神々は出雲大社のご祭神であります大國主大神の御使神の「龍蛇神」(りゅうじゃしん)のお迎えをうけられて、出雲の稲佐の浜にお着きになります。これは、大國主大神を中心として私たちが幸 ... » more

出雲大社の神迎神事と神迎祭 旧暦の十月十日から十月十七日(平成22年は 11月15日から 11月21日)まで、全国の神々が出雲大社に集い、神議り=会議をされるので、他の地方ではこの月を神無月といい、出雲地方では、神在月と呼びます。旧暦十月十日(平成22年は 1 ... » more

蔵王権現の威力 修験道の本山として名高い、吉野山・金峯山寺(きんぷせんじ。奈良県吉野郡吉野町)の本堂 蔵王堂には、国内最大級の秘仏本尊 金剛蔵王権現(こんごうざおうごんげん)三体が安置されています。金剛蔵王権現は、修験道の開祖 役行者(えんのぎょうじゃ ... » more

祝詞奏上のポイント ご家庭や会社、お店などの神棚に拝礼の際に、祝詞をあげておられることと思いますが、祝詞奏上にあたっては、以下のポイントに留意なさってください。祝詞は神様へのご挨拶です。丁寧かつ、失礼のないようにいたしましょう。 ... » more

鎮魂(ちんこん、たましずめ)とは、人の魂を鎮めることです。今日では、死者の魂(霊)を慰めること、すなわち「慰霊」とほぼ同じ意味で用いられますが、神道においては、自らの霊魂を振い起こし、神の「氣」を招き鎮めることで、自らの霊魂を安定・充実 ... » more

神社のお参りに適した時間 近年のパワースポットブームによって、多くの方が神社に興味をもち、また神道に理解をしめす傾向にあることは、たいへん喜ばしいことです。しかしながら、立ち寄ってお参りすればよい・・・というものではなく、神様の「氣」が ... » more

お祓いを受ける意味 私たちは、日常生活のなかで知らず知らずに「穢れ」(けがれ)を身にも心にもうけて、曇りがちな心身になります。”直ぐ(すぐ)な心”こそ、御親大神=大國主大神の道に通ずるものがあります。つま ... » more

大和路の霊(みたま)を想ふ 奈良には、日本史における悲劇の主人公がたくさん眠っています。悲劇の主人公に同情し、その鎮魂を願う儀式や風習があちこちに残っていて、その土地の人々は、無念の気持ちを抱いて世を去った貴人や武人に思いをいたし、その霊(みたま)が安かれと今も祈 ... » more

笑いはあらゆる困難を解決する 笑いは、太陽神である天照大神が隠れ、世界が真っ暗になってしまった状態を解決しました。これを「天岩戸開き」といいます。笑いは、それ自体が音霊(おとだま)で、清めと救いの力があると言えます。{%キ ... » more

出雲大社の願開舟 江戸時代の中頃、土佐国本山村(現在の高知県長岡郡本山町)に住む志和九郎左衛門(しわくろうざえもん)さんは、疫病に苦しむ村民を救おうと出雲大社へ一心に祈りを捧げました。その効あって無事に疫病は平癒しました。ところが出雲大社への御礼参拝が叶 ... » more

 

最終更新日: 2017/07/13 00:08

「神道」のブログ関連商品

» 「神道」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る