誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人工知能

人工知能

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人工知能」のブログを一覧表示!「人工知能」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人工知能」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人工知能」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

7月5日(木)13:〜人工知能が開くこれからの社会と税理士の役割について、橋本敬先生の講義を聴講! 2018年7月5日(木)13:00〜17:00ホテル金沢でTKCの生涯研修が開催されたので、参加してきました。 研修テーマは、「人工知能が開くこれからの社会と税理士の役割」 講師は、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)知識科学系教授橋本 ... » more
テーマ IT TKC 人工知能

yukusu40三橋貴明??齋藤元章
http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/4549612/ ... » more

http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/4535519/ ... » more
テーマ 政治 人工知能

http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/4524168/ ... » more

yukusu40AI時代に誕生する5つの仕事
http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/4416913/ ... » more
テーマ 人工知能

『〈インターネット〉の次に来るもの』 『〈インターネット〉の次に来るもの 〜未来を決める12の法則〜』ケヴィン・ケリーNHK出版インターネットがブームになったのはWindows 95がでた1995年くらいからなのでかれこれ20年以上になる。その間に、インターネットに接続され ... » more

生き物にとって場所の認識は重要です。どこでエサを得たか、どこで危機に陥ったか、その認識と記憶がなければ、生き残りの確率が低下してしまいます。オキーフ博士とモーザー博士夫妻がこの仕組みを明らかにしています。オキーフ博士は海馬に特定の場所で発火 ... » more
テーマ グリット細胞 人工知能 嗅内皮質

『AIが神になる日 〜シンギュラリティーが人類を救う〜』松本 徹三SB Creative人工知能と神の取り合わせはなんだか異質だなと思っていたが技術の解説ではなく哲学の本だった。人工知能が発達して人の代わりができるようになる ... » more

『フューチャー・オブ・マインド 〜心の未来を科学する〜』ミチオ・カクNHK出版先月紹介した『「読まなくてもいい本」の読書案内 』からの1冊。ミチオ・カク教授が、脳に関する過去の研究から未来予測までをまとめて紹介した本である。 ... » more

ディープラーニングの一般的な弱点は、脳に似せた層化構造で計算処理を行わせると、なぜか、正解率が上がっていくが、なぜそうなるのか仕組みとの対応が取れない点にある。↓は、ディープラーニングアルゴリズムの構造を、細胞内の既知の分子システムの構 ... » more
テーマ ディープラーニング 可視化 人工知能

『「読まなくてもいい本」の読書案内 〜知の最前線を5日間で探検する〜』橘 玲筑摩書房いろんな本を読んできて、「はて、読まなければよかった」と思った本はどのくらいあるだろうか?どの本にも良いところが1か所くらいはあるものだ。それで ... » more

『人工知能の見る夢は』 『人工知能の見る夢は 〜AIショートショート集〜』新井 素子、他26+8人文春文庫学会というと、なんかお堅い会合と思われる。学会誌というとさらに近づきがたい難しくて読むのも大変だろうなどと勝手に思ってしまうが、人工知能学会はそれほど取っ ... » more

『ロボットの天才』ロボットクリエイタ-・高橋智隆メディアファクトリー一昨日のロボット学に続いてもう一つロボットの話である。人型ロボットを手づくりしている高橋氏。初めてロボットクリエイターという職業を名乗り、ロボ・ガレージを起 ... » more
テーマ 読書 人工知能

『大人のための「ロボット学」』PHP研究所編PHPビジネス選書コンピュータ関連技術が進歩するにつれて、ロボットも進化している。ロボットと言っても、いろんなタイプがある。昨年あたりからホットな話題になりつつあるのは、ソフト ... » more

すべてはマイクロチップ埋め込み計画の前哨戦として・・・・・・ アメリカに無人AIコンビニ「アマゾン・ゴー」が誕生するヘッジファンドで働く無名な一人にすぎなかった男ジェフ・ベゾスが、いつしかアマゾン・ドット・コムの前身であるカダブラ・ドット・コムを誕生させると、その勢いはとどまることを知らず、昨 ... » more
テーマ 仮想通貨 新世界秩序 人工知能  コメント(8)

『DEEP THINKING ディープ・シンキング 人工知能の思考を読む』ガルリ・カスパロフ日経BP社人工知能の歴史を語ると必ずでてくるのが、コンピュータチェスが初めて人間のチャンピオンを破った時の話である。1997年のIBMの ... » more

人工知能による戦争と経済、そして作為犯 映画『ターミネーター』の世界観が本気で話し合われるなにかと世間を騒がすイーロン・マスク氏[起業家。スペースX(ロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送業務のベンチャー)社の共同設立者およびCEO]が昨年の夏、全米知事協会で講 ... » more
テーマ 仮想通貨 新世界秩序 人工知能  コメント(9)

『AI経営で会社は甦る』冨山 和彦文藝春秋デジタルの活用で社会が動いていく今の世の中、産業革命の核心はAIの進化と「S(シリアス)の世界」だという。AI革命の核心的な技術は、ディープラーニングにあり、ディープラーニングを働かせる ... » more

2018年の正月2日。昨日も今日も好い天気。でも、暮れにデイケアで風邪を移されたらしく、喉がガラガラする。今のところ平穏無事だが、病気で倒れる危険性は大きい。何だか今の日本みたい。日本は、少子高齢化の進展による、労働力不足や財政危機 ... » more
テーマ 社会・時事問題 人工知能

趣味のつぶやき今年の囲碁のまとめ
今年の囲碁のまとめ 早いもので、もう冬至が過ぎ1年のまとめをする時期となった。今年は、年男で何かいいことないかと若干の期待はあった。しかし集中豪雨が続き土砂崩れ、山火事やラニーニャ現象などの世界的異常気象、地震と火事の多発、テロの続 ... » more

『人は、なぜ忘れるのか』 『人は、なぜ忘れるのか 〜脳と記憶の不思議な関係〜』ロブ・イースタウェイアスペクト人は、物忘れをする。年齢が上がるにつれて、物覚えが悪くなる。コンピュータはそういうことがない。コンピュータ(C)と人間の脳(H)の違いは次のような ... » more
テーマ 読書 人工知能

こころの文庫つれづれ・ドライブ
つれづれ・ドライブ いまだかってカーナビを頼ったことがないのが自慢です。といっても私は方向オンチ。道に迷えば、道沿いの商店や派出所へ飛び込むのです。そして道案内をしてもらいます。これが実に楽しい。各地域の人情と直接触れ合 ... » more

理系スタイルAIの3つの弱点
AIが人間の仕事を奪ってしまう!ビジネス雑誌やビジネス書でも、こんなことを主張するものが多くなりました。確かに、それは一面では正しいでしょう。例えば、AIで自動運転車が実現されれば、普通のタクシー運転手は仕事 ... » more

10/11、シンギュラリティ研究会「シンギュラリティの与えるインパクトとは?」を開催しました! 10/11、シンギュラリティ研究会「シンギュラリティの与えるインパクトとは?」を開催しました!中山達樹さん(シンギュラリティ大学エグゼクティブ・プログラム修了生/弁護士、中山国際法律事務所代表)に「シンギュラリティの与えるイ ... » more
テーマ 戦略経営研究会 人工知能 シンギュラリティ

『なぜ、歩くと脳は老いにくいのか』久恒 辰博PHPサイエンス・ワールド新書老化防止には、歩くなどよく身体を動かすことと、頭(脳)を使うようにすることだろうとは思っていた。ウォーキングなどの歩くことが脳の老化を防ぐと言われても、な ... » more

兎夢のつれづれ日記『錯覚する脳』
『錯覚する脳〜「おいしい」も「痛い」も幻想だった〜』前野 隆司ちくま文庫人間が意識していることは、イリュージョン(幻想)だという。人間が作り出しているモノ、人間がそう考えているから、そういう風に存在する。考えなければ存在しな ... » more
テーマ 読書 人工知能

『宇宙・肉体・悪魔』 『宇宙・肉体・悪魔〜理性的精神の敵について〜』J.D.バナールみすず書房ロンドンで1929年に出版された本書。日本語版の発行も1972年と古いものだ。Amazonでは古書扱いになっている。それでも、内容を読むと、ものすごく示唆に ... » more
テーマ 読書 人工知能

『世界を変える7つの次世代テクノロジー』洋泉社MOOKカーツワイル氏が、シンギュラリティがおきる技術として、遺伝学、ナノテクノロジー、ロボット工学をあげているが、この本では7つの技術をあげて解説している。それは、・人工知能 ... » more

『シンギュラリティは近い[エッセンス版] 〜人類が生命を超越するとき〜』レイ・カーツワイルNHK出版2月に『ポスト・ヒューマン誕生』を紹介したが、そのエッセンス版が本書である。『ポスト・ヒューマン誕生』は、661頁もありかなり分 ... » more

『コンピュータが小説を書く日〜AI作家に「賞」は取れるか〜』佐藤 理史日本経済新聞出版社松尾先生は「言語と概念のグラウンディング」が実現するのは、2025年ごろと予測している。そんな中で、コンピュータに文章を書かせようと研究して ... » more

 

最終更新日: 2018/07/15 11:45

「人工知能」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る